My Precious Kitchen 世界一楽しいわたしの台所

みんなのお家のキッチンやごはんのこだわりをちょっぴり教えてもらいましょう。我が家にも使えるヒントや暮らしがもっと楽しくなるコツがあるかもしれません。好きなものに囲まれて美味しい料理と笑顔があれば毎日もきっと楽しくなるはずです。

Text : Shunsuke Ohno Photo : Urara Nakamura(前編1~2p、後編1~3p), Satomi Yugi(前編3p)

柚木さとみさんさときっちん ~日々のごはんと宴のレシピ~

料理家、カフェプランナー。2012年、友人たちとセルフリノベーションした築55年の平屋でキッチンスタジオ「スタジオさときっちん」をオープン。“おもてなしにも対応できる野菜たっぷりのおうちごはん”をコンセプトにした「さときっちん料理教室」を主催。企業向けレシピ開発や、雑誌、Webサイトへのレシピ提供も手掛ける。『からだがよろこぶ!菌活レシピ』(幻冬舎ルネッサンス)が発売中。

  • 拡大
オーダーメイド?いえいえ、セルフメイドです
改装自由な物件を探していた柚木さん。「Twitterで入居者募集のつぶやきをしている方がいると友人から聞き、即連絡をとりました」と出会った物件は、「床が斜めに傾いていました(笑)」という築56年の平屋の一軒家。味のある柱や梁はうまく生かしつつセルフメイドで全面改装、お住まい兼お料理教室の「さときっちん」が完成しました。
主役は真っ白なアイランドタイプのキッチン。
「友人が住んでいた取り壊し予定のアパートからもらって来た大きなシンクを活用しました」。ここを中心に、作業導線にもこだわった手作りスペースが広がります。「食器棚や収納棚、調味料ラックなど、どれも棚板の間隔や奥行きを自分なりに使いやすく仕上げられたところも気に入っています」。
そんな棚に並ぶ道具たちも、「とにかく機能性が第一」、キッチングッズの色は自然とステンレスか白が中心になったそうです。「可愛らしいものより、業務用のものなど、機能美が美しいものに惹かれるんです」。効率よく作業できるよう配置も完璧です。
  • 拡大

シンクの背面に位置する収納棚ももちろん手作り。ボウルやバット、ざるやまな板、鍋など、よく使うものが置かれています。「この棚は奥行きを浅めにして、何が並んでいるか一目瞭然なところがポイントです。奥にものがあるととりにくいし、必要ないものが増えてしまう原因にもなりますよね」。省スペースと機能性、さらに十分な収納力を兼ね備えたすぐれものなのです。
キッチンツールが置かれた棚の上は、「食材やそのとき使用する器をおくスペースとして、常に3/4は空いている状態にしています」。数あるキッチンツールのなかからは、「お教室で生徒さんが使いやすい!と感激されます」というZwilling Twin Cuisineのフローティングピーラーをレコメンドいただきました。

もっと見る>>みんなの投稿コーナー
体が温まる♪キムチ料理
もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑PAGE TOP