My Precious Kitchen 世界一楽しいわたしの台所

みんなのお家のキッチンやごはんのこだわりをちょっぴり教えてもらいましょう。我が家にも使えるヒントや暮らしがもっと楽しくなるコツがあるかもしれません。好きなものに囲まれて美味しい料理と笑顔があれば毎日もきっと楽しくなるはずです。

Text : Shunsuke Ohno Photo : Urara Nakamura(前編1~2p、後編1~3p), Kinnikuryourinin(前編3p)

筋肉料理人さん魚料理と簡単レシピ

レシピブログプラチナブロガー。料理研究家として料理教室やテレビ出演、企業のレシピ開発、ボランティア活動などを行う。ブログ、そしてYouTubeチャンネル「筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理」で紹介する簡単で美味しい魚料理や簡単レシピは、専門的ながらわかりやすいと人気。料理と筋トレをこよなく愛する九州男児。じつは本格的に料理を始めたのは40代になってからとか。

  • 拡大
魚も丸々一匹さばく、九州男児のマイキッチン
生まれ育った九州・佐賀の町で今日も料理と筋トレにいそしむ、筋肉料理人さん。4年ほど使っているという今のお住まいのキッチンの壁には、シミ1つありません。
「これといってこだわりはありませんが、調味料などいつも使うものは取りやすく整理するようにしています」
キッチンに出しておくものは最低限。出刃包丁で魚を一匹さばくこともよくあるだけに、作業スペースはたっぷりです。
奥さまやご家族と共用のキッチンで、「家族の食事の準備と仕事の料理が重ならないよう、相談しながら使っています」。ご家族が筋肉さんの料理を試食することもしばしば(これはうらやましい!)で、「大人数分の料理、例えばパーティー料理などを作る時には、家族の食事時間に合わせて作っています」
  • 拡大

塩コショウに砂糖、うま味調味料や油など、コンロまわりでは基本の調味料がラックに収まっています。このコンロから包丁をふるう作業スペース、そしてシンクと一直線に並んだキッチンをすべるように何度も行き来する筋肉さん。その後ろ姿は、動きに無駄がないというか、つい見惚れてしまうというか…。
勝手口のドアには、「筋肉料理人」のロゴ入り、黒いエプロンがスタンバイ。地元のテレビ番組では生放送で料理を披露することも多い筋肉さん、筋トレで鍛えた太い腕とこのエプロンがトレードマークです。

もっと見る>>みんなの投稿コーナー
アレンジふやそう♪ゴーヤおかず
もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑PAGE TOP