My Precious Kitchen 世界一楽しいわたしの台所

みんなのお家のキッチンやごはんのこだわりをちょっぴり教えてもらいましょう。我が家にも使えるヒントや暮らしがもっと楽しくなるコツがあるかもしれません。好きなものに囲まれて美味しい料理と笑顔があれば毎日もきっと楽しくなるはずです。

Text : Shunsuke Ohno Photo : Urara Nakamura(前編1~2p、後編1~3p), Melonpan(前編3p)

めろんぱんさんめろんカフェ

2人の息子さんたちに、お菓子とキャラ弁をつくる毎日をつづったブログ「めろんカフェ」では、ホットケーキミックスをつかったパンやおやつが大人気!お子さんのひと言から生まれたという簡単サンドイッチ「サンドシナイッチ」も話題に。ハンドルネームは大好きなメロンパンから。

  • 拡大
今日のおやつのお品書きもある「ママのキッチン」
小窓からたっぷりの光が入るめろんぱんさんのキッチン。お子さんを笑顔にするおやつやキャラ弁は、やさしい雰囲気あふれるこの“ママのキッチン”で生まれています。
アイボリーをベースにナチュラルテイストでまとめたキッチンは、開口部が広くてとっても開放的。隣のリビングダイニングからもキッチンの中がこんなに見えるんです。
そこで、「スッキリとした見た目にするために、食器棚の扉にはレースの目隠しシートをDIYで貼り付けました」。100円ショップでも手に入るこんなシートを貼るだけで、キッチンの印象ってがらりと変わるんです。
冷蔵庫には、シールタイプの黒板をペタリ。その日のおやつや出かける予定などお子さんたちとのメッセージのやり取りに活躍していて、「書いておかないと、すっかり忘れられて外に遊びに行かれちゃったりするので(笑)」 この日も「おかえりなさい、れいぞうこにプリンあるよ!」とうれしいメッセージを見つけました。
  • 拡大

一方で、シンク&ガスレンジ側は徹底して見せる収納に。
「家族のうち誰が使っても何がどこにあるのかすぐにわかるよう、いつも同じ場所に同じものが置いてあるよう心がけています」。お子さんたちも毎日入るキッチンですから、見渡すだけで物が見つかりやすい配置になっているんです。そうそう、お子さんたちが使うかわいいエプロンもキッチンの片隅で見つけました。
とはいえ、グラスや調味料などを置いてしまうとその分、使えるスペースが限られてしまうのが見せる収納のウィークポイント。そこでめろんぱんさんのキッチンのルールはたったひとつだけ、「食洗機も活用して、食器は洗い終わったらなるべく早く片付ける」こと。一度習慣にしてしまえば、キッチンはいつでもスッキリ。何かとスペースが必要なお菓子やパンづくりも、思い立ったときにすぐ取りかかれます。

もっと見る>>みんなの投稿コーナー
コスパ最高!豆苗レシピ
もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑PAGE TOP