My Precious Kitchen 世界一楽しいわたしの台所

みんなのお家のキッチンやごはんのこだわりをちょっぴり教えてもらいましょう。我が家にも使えるヒントや暮らしがもっと楽しくなるコツがあるかもしれません。好きなものに囲まれて美味しい料理と笑顔があれば毎日もきっと楽しくなるはずです。

Text : Shunsuke Ohno Photo : Urara Nakamura(前編1~2p、後編1~3p),Okazakitchen(前編3p)

オカザキッチンさん東京オカザキッチン

東京の何処かにある男子キッチンで作るレシピの紹介と、音楽や映画などのプロ顔負けのコラムが同居する『東京オカザキッチン』は毎日更新され、開始2年でレシピブログでも注目のブログに。季節ごとにテーマを決め、多くの仲間からレシピを募るブログイベントも大人気

  • 拡大
「センス+遊び心」でレイアウトした“男前”キッチン
毎日更新されるブログでは、レシピばかりかおすすめの音楽や映画のコラムも読みごたえたっぷりのオカザキッチンさん。そのキッチンは、「ひとり暮らし用キッチンゆえ収納量には限界がありますので、出せるものは出す “見せる収納”を意識しています」。
100均のワイヤーネットとマスキングテープを利用した吊るす収納にはS字フックが絶妙な間隔で配置され、ひっかける向きを写真のように反対にするだけで、ターナーやお玉もまるでインテリアアイテムのよう。また調味料もパッケージにこだわったり容器を移し替えたりと、「とにかく見栄えがシャレオツになるようにしています」。
限られたスペースを「センス+遊び心」でレイアウトしたキッチンはまさしく、男前!
  • 拡大

シンクまわりにはよく使う調味料、パスタ、洗剤、まな板など。「色々あるのですが、統一感は正直無いですね(笑)。工夫が足りないです」というものの、存在感あるスパイスラックにも、「3段すべてに詰め込んでしまうと見た目がうるさいので、中段にはソルトシェーカーとファイヤーキングのマグだけを」というこだわりがちらり。この引き算する感覚、参考になりますね。
ちなみにラックはアンティークの小棚で、「そもそもキッチン用なのかはわかりませんが「僕に買われた以上、スパイスラックとして活躍してもらうことにしました(笑)」。
無機質なキッチンの壁にひと味、加えてくれているのは趣味のトイカメラHolgaで撮った愛用の自転車の写真。ここでもマステが活躍です。

もっと見る>>みんなの投稿コーナー
運動会&行楽にぴったり!秋の味覚でお弁当
もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑PAGE TOP