My Precious Kitchen 世界一楽しいわたしの台所

みんなのお家のキッチンやごはんのこだわりをちょっぴり教えてもらいましょう。我が家にも使えるヒントや暮らしがもっと楽しくなるコツがあるかもしれません。好きなものに囲まれて美味しい料理と笑顔があれば毎日もきっと楽しくなるはずです。

Text : Shunsuke Ohno Photo : Urara Nakamura(前編1~2p、後編1~3p), JUNA(前編3p)

JUNAさんQuality of Life by JUNA

家庭料理研究家。日々の家庭料理の紹介を中心に、ご主人や娘さんとのエピソード、カメラや趣味の話も交えながら更新中のブログ「Quality of Life by JUNA」が大人気。最新著書『ほめられおせち』(宝島社)が発売中。モットーは「日常を大切に生きること」。

  • 拡大
長く使いたいから、とにかく丈夫なキッチンを
「とにかく長年愛用できるよう、『頑丈』であることにまずこだわりました」というJUNAさんのキッチンは、パープル×ブラック。「汚れが目立ちにくいダークなものに統一しました」というカラーリングは落ち着いてゆったり過ごせる雰囲気です。このシックな色合い、広いキッチンにさらに奥行きを感じさせてくれる効果も。
大好きなお菓子作りやパン作りをしても余裕のある作業スペースが確保できるよう、キッチンには1×1.7mのワイドな作業台(写真手前)も設置。仕上がったお料理もここに次々と並んでいきます。
日々の料理に使うものと製菓製パンに使うものは収納場所を分けてあるくらいで、収納のルールはとくになし。「調理中に動線が激しくならないよう、よく一緒に使う道具はひとまとめにしてあります」というものの、「あくまで乱雑にひとまとめです(笑)」。それでも、こうして使いやすさや取りだしやすさをとことん考えていくとキッチンって自然と片づくんです。
  • 拡大

リビングつながりのキッチンということもあって、「収納スペースを各所に確保し、見せる収納はほとんどせずにキッチンそのものがすっきりシンプルに見えるようにしています」
油はねで汚れやすいレンジまわりにはガラスのレンジガードを置いて、最低限の道具と調味料だけをスタンバイ。これならお掃除も簡単です。
そして壁は全面がマグネット仕様!マグネットタイプのフックや調味料の棚などがピタッと貼りつきます。壁を汚したり穴をあけたりすることなく、常に自分の使いやすい場所に収納スペースが確保できますね。

もっと見る>>みんなの投稿コーナー
コスパ最高!豆苗レシピ
もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑PAGE TOP