My Precious Kitchen 世界一楽しいわたしの台所

みんなのお家のキッチンやごはんのこだわりをちょっぴり教えてもらいましょう。我が家にも使えるヒントや暮らしがもっと楽しくなるコツがあるかもしれません。好きなものに囲まれて美味しい料理と笑顔があれば毎日もきっと楽しくなるはずです。

Text : Shunsuke Ohno Photo : Urara Nakamura

ぱおさんぱおの簡単おうちごはん

料理研究家。世界の料理やスイーツを研究し、家庭でも作れるよう簡単にアレンジしたレシピやおもてなし料理が人気。雑誌やウェブの連載、企業へのレシピ提供などを中心に活動。最新刊『忙しい日のスピードごはん~20分で3品作る』(KADOKAWA)には、いつもの料理も大幅にスピードアップできるちょっとしたテクニックと裏技がたっぷり。

お料理は楽しむ、が一番

  • 拡大
「簡単だけどおいしい!が理想です。あとは、息子に嫌いな食べ物ができないよう色々な食材を使うようにしています」というぱおさん。
料理のお仕事からお子さんの部活動のサポートまで忙しい毎日でも、「お料理は楽しくないと毎日続けられないので、楽しむ!!が一番ですね」。大好きなものに囲まれたキッチンでは、テンションも自然に上がります。
どれだけ忙しくても、料理の写真は出来るだけ自然光で。日がある時間帯、夕方くらいまで済ませるのが撮影のルールです。「ダイニングテーブルの窓際で、カーテン全開で撮影しています」

拡大

キッチンの壁を彩るタイルは、スタイリングの小物としても大活躍。数え切れないほどのタイルを見せていただきました。「コースターやカトラリー置きに、テーブルで塩胡椒を置くトレイに、4枚合わせれば鍋敷きにもなったりと色々使えるので、ついつい集めてしまいます」
メキシコやベトナム、シンガポールのお土産だったり、壁に貼るものを選ぶためにサンプルで取り寄せたり、100円ショップで見つけたもの(写真の右の2つ)だったり。
お値段も手ごろなので、ショップや旅先でお気に入りを探してみたいですね。

拡大

ぱおさん愛用の調味料たち。(左から)「バランス」のナンプラー、シンガポールで買ったオイスターソース、「甘さと辛さのバランスがちょうどよくて浮気できません」というモラドックのスイートチリソース、そしてオリーブオイル。
「これ1つでアジアの香り!というくらいおいしいです」というオイスターソースは、「魯肉飯(ルーローハン)風どんぶり」のレシピをおすすめいただきました。
オリーブオイルは、料理上手のお友達に教えてもらってからのお気に入りで、「マリネやカルパッチョにしたり、パンにつけたり、加熱せずに食べる時には必ずこれを使っています」
もっと見る>>みんなの投稿コーナー
運動会&行楽にぴったり!秋の味覚でお弁当
もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑PAGE TOP