TOP > 連載 > かな姐さん連載:本日オープン☆かな姐の子どもお料理教室 > お誕生日おめでとう(なーちゃん編)
教えて!かな姐さん かしこいママの(秘)時短レシピ

2014年3月をもって連載を終了させて頂きました。
たくさんの方にご愛読いただきましてありがとうございました。

« お待たせ!戻ってきたデータの中から♪      学校から帰ってきたらみんなでおやつの時間»

お誕生日おめでとう(なーちゃん編)

てんきちとなーちゃんは5歳の歳の差がある。

なーちゃんとすぅは1歳と11カ月の歳の差。

「二人目不妊」という言葉があるそうだが、わたしはてんきちを産んだ後なかなか2人目を授からなかった。

婦人科に行って検査を受け、注射も打っていたのだが、その当時は働くお母さんだったわたし。

休みを取って通うこの注射が辛かった。

血管が細いのかなかなか注射の針が入らなくていつも何度も刺し直しされるため両腕や手首などは注射の跡だらけ(一度は薬が血管にちゃんと入っておらず、ありえないほど腕が腫れあがった)。

それまでは注射は特に嫌いでも何でもなかったはずなのに、この時以来注射が大の苦手になったほど。

そして何よりこの注射で髪の毛も抜けたし、気分も悪くなる。

貧血体質を直そうってことで始めた治療だったと記憶しているが、そのうち仕事が忙しくなり(そして先生が怖かったこともあり 笑)やめてしまった。

やめてしまった半年後か1年後だったか、ついに妊娠した。

ついにやってきたこの命に、喜ぶのもつかの間・・・・・

 

妊娠した!と同時に始まるのだ、わたしの場合。

悪夢の悪阻が。

食べ物は一切食べられない、水分も取れないほど気分が悪く、でもおなかがすくと余計に気分が悪いため、レモン水で常に口の中を湿らせる。

でも自分の唾液すら気持ちが悪くて飲み込めなくなる。

だいたい妊娠6カ月ごろまで続くこの果てしない悪阻のせいで、妊娠するたびにわたしは7キロもやせる(その後それ以上に太ります、雪だるまのように)。

しかしそれでも仕事へ行かねばならなかった。

自転車でてんきちを保育所へ預け、その足で駅まで向かって電車で三宮へ。

真っ青な顔で仕事をこなして倒れそうになりながら夕方電車に乗る。

 

で。

出血してしまったのだ。

かなりの量だった(生理2日目くらいの量だった)。

店長に申し出てその日はそのまま帰らせてもらった。

昼間のガラ空きの電車に乗り、おなかをかばうように手で覆って前のめりになり、ボーっと座ってこんなことを考えたのを今でもよく覚えている。

 

「もうダメかもしれない。この子を産んであげられなかったら、それはわたしのせいだ」

 

普段は節約のために絶対に乗ることのないタクシーに乗ってそのまま病院へ行った。

先生から言われたのは

「絶対安静」

 

仕事は次の日から休みにしてもらい(その節は多大なるご迷惑をおかけいたしました、関係者の皆様がた・・・涙)家で寝ていた。

あまりにしんどくなったら点滴を打ってもらいにも行ったが、病院へ行くのすらしんどかった(何度も入院を勧められたが、てんきちが居るのでと言って断って家で寝ていた)。

悪阻が終わるまで。

その間、てんきちはじーじに保育所へ連れて行ってもらい、食事の支度は一切せず(たしかオットは外で済ませ、てんきちはじーじのところで晩御飯とお風呂も済ませて帰ってきてたんじゃなかろうか。しかしこのてんきちがじーじ宅で使うシャンプーのにおいにさえ吐き気)わたしはオットに買ってきてもらったレモン水とカロリーメイトで生きていた(シンクの前に鏡台の椅子を運び、一日中そこへ座って過ごしていたよ、げーげー吐きながら)。

でも、思った。

絶対にこの子を産もう。

おなかの中で今、この子もがんばってるんだ。

あと何カ月か後にはこの子を絶対に抱っこしているんだ。

 

その後も少し動いただけで出血する日々は続いたように思う。

しかしおなかの中の赤ちゃんは生きようと頑張った。

必死にわたしにしがみついていた。

 

そんなわけで妊娠初期は切迫流産の危険、妊娠後期には切迫早産の危険と戦いながらの常に安静に安静に、安静のままのマタニティー生活。

てんきちは保育所を12月いっぱいでやめ、4月までは自宅でわたしと勉強し、春からは公立の幼稚園へ行くことに。

2月入ってすぐにてんきちと一緒にわたしの実家へ帰省し、それから生まれるまでの1カ月はまさに上げ膳据え膳生活。

 

そうしていよいよ3月。

いよいよ生まれるという前の日に、てんきちから貰った手紙だ。

 

 

 

090410_115739.jpg

わたしの宝物。

ままは いちばん かわいいね(笑)

 

 

 

090410_115808.jpg

ままは もうおこったらあかん。

はいはい、わかっております。

 

 

陣痛に気づいたのはその日の真夜中2時ごろ。

やっぱり陣痛なのかそれとも便意なのかがわからず、1時間ほどトイレで考えた。

そして3時ごろ、ばーちゃんに内線電話で「陣痛が来たような気がするんだけど??」と連絡し、ばーちゃんの運転する車で産院へ。

田舎の空はまだ星がいっぱいだなーなんて夜空を見上げた。

産院へ着いて診察してもらうが、

「まだまだでしょう」

という助産師さん。

その言葉を信じてばーちゃんはいったん帰宅した。

 

がしかし!

ばーちゃんが帰った途端に、やっぱりお産は超スピードで進んでしまい、あっという間に破水(破水してるじゃないの!すぐに報告しなかったと母さん大変怒られた)、あれよあれよというまに赤ちゃんは降りてきてしまい、なんと分娩台に上がるまでにこの床の上に産み落としてしまうんじゃないかってほどに焦りまくりで分娩室へ移動。

がしかし!

3人の中で一番巨大ベビーだったこの赤ちゃん。

いっちばん痛かったよ。

 

てんきちはスッポーン!

すぅはする〜り

 

なーちゃんはギシギシみしみし骨が鳴ったね。

めちゃめちゃ痛かった。

そしてやっとこさ出てきたお顔を見て笑った。

だっててんきちとまるで瓜二つだったから。

もう一度てんきちを産んだのかと思ったほどにそっくりの女の子(しかも巨大)。

人気のある産院だったため、ずらーーーーーーっと新生児室に赤ちゃんが並べられてるんだけど、その中で一人だけ「おや?1歳の子が混じってる?」と見紛うほどに巨大ベビーだったなーちゃん(しかも生まれた時から髪の毛が黒々と濃く、そして長かった)。

 

(今では3人の中で一番の小顔で、足も一番長くてスタイル抜群のイマドキの女子になったけど 笑)

 

なーちゃんはそんな風にして頑張って頑張って、生まれてきたのでした。

産まれるまでも産むときも大変だったなーちゃんだけど、産んでからも人一倍手が掛ったなーちゃん。

その話はまた機会があれば・・・

 

さてさて。

長くなってしまいました。

お誕生日から1カ月遅れてしまったけど、今日はなーちゃんのリクエストのお野菜レシピです。

 

 

P4053618.JPG

かぼちゃのサラダ、かぼ○さらです。

この頃「きれいになるお野菜」が気になるお年頃のなーちゃんでした。

レシピはこちらから→こちら 

 

 

 産んだ後、少しの間分娩室で生まれたてのなーちゃんと2人っきりになった。

時間にしておよそ3分かそこらだろうか。

赤くて柔らかな小さなこぶしを人差指でつつき、そのままかわいらしい口元をそっとつついてみた。

 

わたしの人差し指をちゅうちゅうと音を立てて吸ったなーちゃん。

好き嫌いをせずになんでもとりあえず一回食べてみるなーちゃんは、このころからずっと変わらないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年4月10日 12:40 | この記事のURL | コメント(13) | トラックバック(0)



« お待たせ!戻ってきたデータの中から♪      学校から帰ってきたらみんなでおやつの時間»


トラックバック(0件)
このエントリーのトラックバックURL
http://www.recipe-blog.jp/blog_sys/mt-tb.cgi/233
コメント(13件)

お産はホントに大変ですよね〜。私は3人共全くつわりは無かったのですが、そのかわり食べて食べて食べまくりました・・・1回の出産で10キロ以上増え続け、今も戻らずです(涙)そのおかげ?か3人の子供たちは超ビッグベビー!!!なーちゃんも大きかった様ですがウチは上から4180g、4200g、4374g(もちろん普通分娩)ですよ!でも今はみんな普通サイズで長男などは細すぎてズボンがないほどです。とにかく健康が一番ですよね☆

投稿者: まおはは | 2009年4月26日 10:18

初めてコメントさせていただきます。
涙が出ちゃいました。お誕生日おめでとうございます。やっぱり誕生日になると出産のことを思い出しますよね。本当に大変だったのですね。無事生まれてくれてそだってきてくれてありがとうって思わなくちゃいけませんね。ついつい毎日小言いっちゃうけど(^^;)長女ももうすぐ3歳の誕生日です。次女も6月には1歳。私もいろいろおもいだすかなぁ。

投稿者: tomato | 2009年4月18日 01:53

こんにちは、いつも楽しく拝見させて頂いてます。実は私、今日、4月13日が出産予定日の妊婦です。私も今日という日を迎えるまで、最初の4か月くらいは、切迫流産とつわりに悩まされずっと自宅安静しておりました。
その期間はまーったく動けないので、つわりがひどくない時はてんきち母ちゃんのブログを見て
「つわりが落ち着いたらこれ作ろう!」
とかいろいろ計画しながら、どうにか乗り切りました。本当にお世話になりました。

今回のお話しは、まるで自分の事のようで涙なしには読めませんでした…。
私も初めてのお産で不安だらけで今日を迎えましたが、がんばれそうです!
また出産して落ち着いたらブログを見に伺います〜!

投稿者: プレママ | 2009年4月13日 10:28

とても感動的なお話しを読ませて、ありがとうございました。
子供を産むってのは、かなり勇気と努力が要りますね。かな姐さんが無事になーちゃんを産んでよかった。私はまだ若いので子供がいないけど、かな姐さんは子供を育つ経歴は、色々な楽しかった時があったことが、かな姐さんのブログを読んだら分かります。かな姐さんみたいのいい母ちゃんになれたらいいなと思います。
それに、かな姐さんのブログに、いつも温かい気持ちを与えてもらえます。やっぱり素敵な家庭生活のお話がいっぱいありますから。ストレスがたまったとき、かな姐さんのブログを読むと、悩みなどが忘れられます。
なーちゃん、お誕生日おめでとう!

投稿者: チイ | 2009年4月13日 04:27

素敵なお話で涙が出ました。
かな姐と同じ年の私ですがまだ子宝に恵まれず、もうダメかと半ば諦めていますが、このお話を読んでもう少し頑張ってみようかと思い直しました。
これからも応援してます。

投稿者: ちくわ | 2009年4月12日 11:23

ページの最初から涙が止まりませんでした。
現在1歳8ヶ月の子をかかえ、妊娠4ヶ月です。上の子が寝て夜に一息つきながらかな姐さんのブログを毎日楽しみに見ています♪すごく出産が楽しみになってきました。再びまたあの感動に出会えるんだなと改めて幸せに思います。

投稿者: しーお | 2009年4月12日 11:06

時々こちらを拝見していましたがコメントをするのは初めてです。
レシピなども参考にさせていただいてます。
てんきち君のお手紙に涙をそそられました。私も子どもから手紙をもらうと泣けてきます。優しい、温かい気持ちになりますよね。もちろん宝物です。
日頃辛い思いをしても子どもの温かい言葉に励まされます。
私出産に関しては特に苦労はありませんでしたが、やはり子どもが生まれた幸せ、産めた幸せを噛み締めて子育てして行こうと思います。
かな姐さんのお子さんも思いやりのある優しい子に育っているのですね。これからも素敵な子育ての話し、レシピを楽しみにしてます。
頑張ってください。応援してます。

投稿者: 風花 | 2009年4月12日 09:32

素敵なお話、ありがとうございました
泣きそうです

投稿者: さんらいず | 2009年4月12日 09:24

うんもう!また・・・・泣いちゃったじゃないですか・・・(;;)

いつもは生まれたときのことなんて忘れちゃって怒ってばかり。
でも、たまに思い出すと優しくなれますね。
てんきち君の手紙にも(;;)
「だいぢょうぶ」には、ぷぷっ!でしたが・・・

投稿者: sotakoto | 2009年4月11日 21:49

感動的なお話をありがとうございます。
三ノ宮で働いていらっしゃったとは!!
約10年前まで働いていらっしゃったって
ことですよね。
私は17年前〜12年前まで通学途中や、
通勤途中に三ノ宮で降りてウロウロしていた
ので、どこかですれ違っていたかもしれませんね(^^)

投稿者: てるてる | 2009年4月11日 19:04

涙が出そうです。。。
子供を産むのがこんなに大変なことだとは、そしてそれと同時に本当に宝物ですね。親に感謝したいです

投稿者: ak | 2009年4月11日 16:16

てんきち君の手紙を読みながら泣いてしまいました。
我が家は6歳離れた姉妹なのですが、下の子妊娠中にお姉ちゃんが書いてくれた手紙によく似ていて余計に…
愛されているお母さんは幸せですよね。
そして、いろんな危機を乗り越えて産まれてきたなーちゃん!
お誕生日おめでとうございます!!

投稿者: あいマン | 2009年4月11日 14:00

私の夢は若いお母さんになることで、結婚したらすぐにでも子どもが欲しかったのになかなかできず、不妊治療に通い、2回体外受精に失敗し、そのたびに自分のせいだと責め、実家の母にはつらくなるのは私だからと反対されたけど、子どもがどうしても諦められず、3回目に挑戦してようやく授かることができたときの嬉しかったこと!その子どもも4年生になり、今では生意気で、言うことなんて聞いてくれなくてイライラの毎日ですがね!かな姐さんもそんな体験されてたなんて、ますます大好きになりました。これからも応援しています。

投稿者: ぱんお菓子 | 2009年4月10日 19:48



新着!連載ブログ記事
まかないメタルめし「肉...
ヤスナリオさん
1212 up!
クリスマスのお弁当
akinoichigoさん
1211 up!
♡超簡単のっけごはん♡...
Mizukiさん
1209 up!
豚と紅玉のごちそうロー...
vivianさん
1208 up!
簡単☆離乳食レシピ「ビ...
クーピーさん
1208 up!
まいたけでボリューム感...
武田真由美さん
1208 up!
作り置きやお弁当に♪下...
ぱおさん
1208 up!
ふんわり雪だるまちゃん
あいりおーさん
1208 up!
野菜もたっぷり!塩にん...
みるまゆさん
1206 up!
さといもと長ねぎのとろ...
ゆーママさん
1202 up!
中華パーティー<後編>
HAPPYさん
1130 up!
ひつじさんサンド♪
Mai*Maiさん
1130 up!
鶏もも肉のガーリックト...
筋肉料理人さん
1129 up!
アメリカンクラブハウス...
マイティさん
1128 up!
【永久保存版】子供が喜...
Kaeさん
1127 up!
連載一覧へ

かな姐

食べ盛り育ち盛りの3人兄妹のママ。子どもたちに好き嫌いなく食べて欲しくて編み出した母ちゃんレシピの数々をお試しあれ。ブログ「母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記」も要チェック!


最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

連載ブログランキング

1位

Mizukiさん

2位

あいりおーさん

3位

ぱおさん

4位

武田真由美さん

5位

Yuu*さん

6位

akinoichigoさん

7位

たっきーママさん

8位

筋肉料理人さん

9位

ゆーママさん

10位

山本ゆりさん

関連カテゴリ

子ども向き・食育のレシピ

 

関連テーマ

夏休み突入!子どもが喜ぶランチ

子どもの日に♪親子クッキング

親子で楽しむ♪ひな祭りパーティー

子供が喜ぶ♪お子さま定番メニュー

 


もっと見る>>みんなの投稿コーナー
これぞクリスマスな王道レシピ!
もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑PAGE TOP