My Precious Kitchen 世界一楽しいわたしの台所

みんなのお家のキッチンやごはんのこだわりをちょっぴり教えてもらいましょう。我が家にも使えるヒントや暮らしがもっと楽しくなるコツがあるかもしれません。好きなものに囲まれて美味しい料理と笑顔があれば毎日もきっと楽しくなるはずです。

Text : Shunsuke Ohno Photo : Urara Nakamura(前編1~2p、後編1~3p), fumie(前編3p)

  • 拡大
キッチンのあちこちで見つける、ホーローのやさしさ
キッチンスペースの入り口にはラックを置いて、食器やキッチン小物を「できるだけデッドスペースを作らないようにして」収納。それでいて迷子にならないように見やすくスタッキングされているのはさすがです。
「一目惚れ以外は、用途をはっきりさせて盛り付けのイメージが浮かぶものを選ぶようにしています」という食器は、骨董市やアンティーク屋さん、陶芸展などで探したり、「取り皿はシンプルで割れても補充ができるように無印良品が多いです」。最近はボタニカルなデザインで人気の「HANOVE」もお気に入りとか。
じゃがいもたちがごろっと顔をのぞかせるホーローのバケツ、気になります。「ケータリングに使えそうと思って買ったものなんですが、いつの間にやら根菜入れに。畑からそのまま持ってきたイメージで気に入ってます」。

拡大

シンク側の壁には3段の棚を取り付け、スパイスや乾物を。ちょうど手が届いて、それでいて邪魔にならない高さはDIYならではです。「よく使う塩・砂糖・唐辛子や八角・花椒はわかりやすいようにガラス瓶に。その他の細々したスパイスやナッツや乾物はかごに入れています」。シンプルなお料理の仕上げに使うことが多い、という旨みのある昆布塩はfumieさんのレシピには欠かせません。
  • 拡大
ダイニング側に置かれた無印良品の大きな棚には、お料理関連の本、美術書などたっぷりの本を収納。置く場所を選ばないシンプルさと、どれだけ入れてもへこたれないタフなつくり、さすがは無印良品です。
fumieさんお気に入りの1冊は「こぐれひでこさんの『おいしい画帳』。読んでいて楽しくなる1冊で、いつかこんな本が作りたいと思う目標の本です」。下段に並ぶ世界各国の名前が背表紙に記された美術全集はお母様から受け継いだもの。子どもの頃のいたずら書きが残っている思い出の本なんだとか。よく見ると棚の上には焼きあがったパンが置かれていたりして、何かと便利な棚なんです。
もっと見る>>みんなの投稿コーナー
体が温まる♪キムチ料理
もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑PAGE TOP