小宮太郎のおうちでお気軽フレンチ


小宮太郎

千葉県木更津市の予約制フランス料理店『Cuisine & Wine TARO KOMIYA』料理長。併設の『芳信庵 陶芸ギャラリー・ワインショップ』オーナー。出張料理人・レシピプランナー。
2013年、千葉県木更津市で自らのレストランをオープン。レシピプランナーとして、某大手食品会社のレシピ開発を担当。出張料理人として、有名画廊、老舗料亭でのイベント、多くの家庭で料理を出している。数年毎にカリフォルニアのワイナリー訪問をし、訪れたワイナリーは100以上。陶器製作も行っている。料理ブログ『ヌーベル・オヤジ・キュイジーヌ』も要チェック!
http://nouvelleoyaji
cuisine.blogspot.jp/

最新の記事
カテゴリー
アーカイブ

連載ブログランキング

8位

たっきーママさん

2014年11月をもって連載を終了させて頂きました。
たくさんの方にご愛読いただきましてありがとうございました。

まかない的な...さらさら〜っと出来る鶏のトマト煮

ども。

ウチの父が風邪を引きました。
ゴルフに行った後、
8名様でウチのお店でコースを食べながら
日本酒2升
ワイン2本
ビール など...
がっつりいってましたからね(笑)
70代になっても健啖家なのはいいんですが、
はしゃぎすぎだよ親父さん...

僕が風邪を引いた時に食べたくなるのが
温かいトマトを使った料理。
さっぱり食べられますし、カラダがリコピンを欲しがるんでしょうかね?

ということで、
あった材料でさらさら〜っと作った鶏のトマト煮です。
分量は書きませんが、写真から察して下さい(笑)

ちなみに、煮込み料理って最も失敗の少ない料理なんです。
作り置きも出来ますし。
で、ポイントを押さえると色んな料理に応用する事が出来て、
技術的にステップアップ出来るんですね。
その辺りの事も解説していきます。


鶏のトマト煮

DSC_0011.jpg

【材料】
鶏 今回は手羽元とモモ肉少々
塩・コショウ
小麦粉
オリーブオイル
にんにく
玉ねぎ
にんじん
トマトホール
白ワイン
ブイヨン
ローリエ
キャベツ
ホワイトアスパラ
パセリのみじん切り


【作り方】
IMG_4479.jpg
1)鍋にオリーブオイルとにんにくの薄切りを入れ、弱火でにんにくの香りを出す。玉ねぎと人参を加え、焦げないように汗をかかせるように火を通す。
* 玉ねぎとにんじんは、汗をかかせるように火を通すと甘味と旨味が引き出される。

IMG_4482.jpg
2)1)に白ワインを加えて...
* 白ワインを加えるのは、酸味でさっぱりさせる事、加熱して引き出される旨味を加える事が目的。

ホールトマト投入.jpg
3)2)の白ワインを水分がほとんどなくなるまで煮詰める。ホールトマトを加える。
* 白ワインはしっかり煮詰める事。煮詰め方が足らないと酸味が強過ぎてしまう。また、酸は加熱する事で甘味に転化する特性がある。

IMG_4487.jpg
4)3)のホールトマトを潰しながら、水分がほとんどなくなるまで煮詰める。
* ホールトマトは焦がさないようにしっかり煮詰める。鍋の中でドライトマトを作るイメージ。乾燥させた食材は旨味が凝縮する特性を持つので、それを鍋の中で行うイメージ。また、煮詰める事で、トマトの酸が甘味に転化し、味がふくよかになる。

IMG_4489.jpg
5)4)ブイヨンを加えて、あくを取ったらローリエを加え、煮詰める。
* 今回は自分で作ったブイヨンなので塩分は後から加えられるが、市販のキューブや顆粒のブイヨンを使う場合はあらかじめ塩分があるため、塩辛くならないように。この後、塩・コショウした鶏肉が入るので、この時点では味を決めない事。

IMG_4492.jpg
6)鶏肉に塩・コショウし、小麦粉を付ける。
* 小麦粉を付けるのは、液体にとろみを付けるため。とろみがつくと味を感じやすくなり、結果、料理を美味しく感じる事に。

IMG_4501.jpg
7)フライパンにオリーブオイルを敷き、6)の鶏を色良く焼く。中まで火が入れず、表面に色がつけばOK。
* 焼くのは小麦粉臭さを飛ばすため。液体に小麦粉を直接加えると小麦粉臭くなってしまう。また、カラメル化させ風味豊かにするため。焼くというより、綺麗な色を付けるというイメージ。

IMG_4505.jpg
8)7)の鶏肉を5)のソースに入れて煮込む。
* 必要であれば、ここで一度塩・コショウで調味する。まだ味は決めない。

IMG_4517.jpg
9)7)の鶏を焼いたフライパンに残ったオリーブオイルでキャベツとホワイトアスパラを軽く炒める。
* たまたまあったので加えました。無くてOKです。

IMG_4521.jpg
10)9)を8)に入れ、液体が写真の分量になる位まで煮込む。
* 必要であれば塩・コショウで味を整える。

お皿に盛り付け、パセリのみじん切りを乗せて...
完成!


ね?
さらさら〜っと、簡単に出来るでしょ?
多くの料理のポイントがあるので、良い練習になるんですよね。

写真の解説では書ききれなかった全体のポイントを。
* 塩味は少しずつ重ねるイメージ。出来上がりの味のイメージに近づけて行く。
* 旨味は旨味成分のある食材を複数使うと複雑になる。
という2点。

「あの時こうやったな〜」
っていうのを思い出して、他の料理をする時に応用すると
一気に料理の腕が上がります。

という事で、
これから料理を始める方や、
煮込みを作ってもどうもいまいち... という方、
参考にしてみて下さいね。


それではまた次回!




2014年4月24日 10:25 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

 



トラックバック(0件)
このエントリーのトラックバックURL
http://www1.www.recipe-blog.jp/mt6/mt-tb.cgi/4250


コメントを投稿
名前: 
メールアドレス: 
URL: 
コメント: 
 



新着!連載ブログ記事
めんつゆでラクラク♪男...
Yuu*さん
0727 up!
イート・ザ・リッチたい...
ヤスナリオさん
0726 up!
和食上手になれるお水で...
SHIMAさん
0726 up!
夏の栄養満点!トマトと...
Kaeさん
0725 up!
太陽のお弁当
akinoichigoさん
0723 up!
夏の定番 ヘルシーゴー...
ゆーママさん
0722 up!
簡単☆離乳食レシピ「オ...
クーピーさん
0721 up!
暑い日でもラクチン☆揚...
武田真由美さん
0721 up!
Wカレーナン
あいりおーさん
0721 up!
♡簡単・時短・節約♡豚...
Mizukiさん
0721 up!
鯛の刺身
筋肉料理人さん
0720 up!
<最終回>夏の薬膳 簡...
清水えりさん
0720 up!
茄子は生で食べられる!...
加瀬まなみさん
0719 up!
鶏とパクチーの冷やし中...
エリオットゆかりさん
0718 up!
フライパンで簡単♪箸が...
ぱおさん
0716 up!
連載一覧へ
もっと見る>>みんなの投稿コーナー
土用の丑の日に!うなぎ&うなぎ“もどき”レシピ
もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑PAGE TOP