スペシャルアンバサダー レシピ&コラム ヤミーさん
世界各国の料理をスパイスを使って簡単につくれるレシピを紹介!ヤミーさんと一緒に家庭で世界の美味しさを楽しもう♪
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  

2020年10月 1日

ナツメグで美味しく!ほうれん草のクリーム焼き、クリームド・スピナッチ

こんにちは!ヤミーです。

今月は、ナツメグを使って、家族でワイワイ食べるのにぴったりな、ホットディップのレシピです。

DA2B1BC8-7BBE-406A-88E2-932A30941D0F.jpeg


ほうれん草を炒めて、ホワイトソースと合わせて、チーズとパン粉をかけて焼いたら、アツアツとろりんな美味しいディップの完成です!

これは、我が家の家飲みの人気メニューのひとつなのですが、本来は、アメリカのステーキの付け合わせの定番。
それを、私はホットディップとして食べています。
だってパンに乗せるととーーーーっても美味しいんですよ〜!


50FFA324-638B-485A-8EE4-83EB1523F2FE.jpeg
ところで、ほうれん草というと、青臭さとちょっと鉄っぽいクセのある風味がありますよね。
これが、ナツメグを加えると、青臭さが抑えられ甘味が引き立つので、クセが美味しさに変身します。

ナツメグというと、ハンバーグに使うイメージですが、クセの強い野菜とも相性がよく、特に“青くささ”の強いものと相性が良いように思います。

なんというか、ナツメグの爽やかで甘い香りが、クセを弱めて旨みを引き出してくれる感じ。

乳製品とも相性がよく“乳臭さ”も解消されて、やはり甘味を引き立てるので、コクが加わるんですよね。



というわけで、ほうれん草もミルクも美味しく変わるので、老若男女に喜んでいただけるお料理じゃないかな〜と思います。


作り方は、ほうれん草をサッと湯がいてみじん切りにし、たまねぎ、にんにくとともに炒めます。
ホワイトソースは別に作らず、炒めた具に小麦粉を絡めて、牛乳を加えてとろみがつくまで煮ればOK。

その時に、牛乳を具にジャバっと加えるのではなく、少しずつ加えて温まったら混ぜる、というようにするとダマになりにくいです。

E192AE43-F0A7-49A8-80F4-6C10332A1E9F.jpeg

このように、フライパンに空き地を作ってそこに牛乳を注いで温めます。

これを耐熱容器に入れて、オーブントースターで焼いたら完成です!


耐熱皿に入れるところまであらかじめやっておいて、食べる直前に焼くと、アツアツをタイミングよくみんなで楽しめますよ。


カリッと焼いたバゲットにのっけてどうぞ〜♪

6B7DAA93-FE8A-4C7E-8092-4142D9701BAD.jpeg

クリームド・スピナッチ(ほうれん草のクリーム焼き)

材料:直径 16 ㎝の耐熱皿 調理時間:20

ほうれん草  1わ(約 300g

たまねぎ 1/2

にんにく 1かけ

バター(有塩) 30g

小さじ1/4

GABANナツメグ<パウダー> 小さじ1/2

薄力粉 大さじ 2

牛乳 1カップ

粉チーズ 大さじ2

パン粉 大さじ1

作り方:
1.材料を準備する

ほうれん草はさっとゆでて、水気をしっかり切って粗みじん切りにする。たまねぎ、にんにくも粗みじん切りにする。

2.クリーム煮を作る

フライパンにバターを入れて中火にかけて溶かし、たまねぎとにんにくをしんなりするまで炒める。ほうれん草も加えて炒め合わせたら、塩、ナツメグ、薄力粉を加えて粉っぽさがなくなるまでさらに炒め、牛乳を加えてとろみがつくまで煮る。

3.焼く

バター(分量外)を塗った耐熱皿に2を入れ、粉チーズとパン粉をかけ、あらかじめ温めたオーブントースターで 510 分、表面がこんがりするまで焼き、バゲット(分量外)を添える。



--------------------------------------------------------------------------------------

スパイスレシピや役立つ情報が満載♪☆スパイスブログTOPはコチラ>>

葉物野菜のスパイスレシピをチェック!レシピ検索はコチラ>>


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  

スペシャルアンバサダー連載記事

スペシャルアンバサダー スパイスレシピ&コラム