スペシャルアンバサダー レシピ&コラム かな姐さん
毎日お役立ち!かな姐さんが、ごはんがすすむ、お酒がすすむ簡単なスパイスレシピ&食卓の楽しみ方をご紹介!
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  

2021年6月 1日

【インドネシア】混ぜごはん風ナシゴレン

こんにちは!かな姐です。

今月も引き続き【スパイスを使って世界の朝ごはんを作ろう!<主食編>】ということで、おうちに居ながらにして世界の料理を味わってみようシリーズです。

今回わたしが旅するのは《インドネシア》。

インドネシアはご存じの方も多いかと思いますが、おなじみの観光地として人気のバリ島をはじめ、ジャワ島、スマトラ島などのたくさんの島々が集まった国。

そういえば昔旅行会社勤務だったオットは、バリ島へもよく仕事で行っていたようです(わたしは行っていませんがw)。



バリ島と言えばスパ!エステ!みたいなイメージがあるけど、どんなのだっけ・・・と今《バリ島 スパ》で画像検索してみたら、これこれ!!!!!これや!!!!ってなりました。

開放感あふれる、お庭や海が見える広々とした贅沢な空間で、バスタブにはたくさんの鮮やかな色の花びらが浮かべられていて、耳にプルメリアをさした女性がベッドに微笑みながら横たわり(わたしw)、神の手のマッサージを受けてる・・・3時間半コースで8700円です。

って奥様!

めっちゃ行きたい〜〜〜〜!!!!!!(スパの画像検索ぜひおすすめ!)

一気にインドネシア気分になれました。


そんなバリ島をはじめインドネシアの方々の朝ごはんは、断然お米派だそう。

インドネシア料理として有名なあの「ナシゴレン」も朝ごはんとして食べられることも多いとか。

ナシゴレンとは、日本でいうチャーハンのようなお料理で、ご飯と具材を炒めて現地の調味料で味付けされたもの。

具材はいろんなものが入るようで、これを入れなきゃダメ!というような、決まりは特にないようです。

我が家の朝食は最近ではもっぱらパン食だったけど、こんな朝ごはんなら腹持ちもいいし、お肉もお野菜もごはんも卵も一緒に食べられるからいいよね。

何より、ガラムマサラのスパイシーな香りで食欲もわきます!


しかし家族全員分のナシゴレンを1つのフライパンで一気に作るのはちょっと難しい。

2合分の炊いたご飯を炒める代わりに、炒めたような感じで混ぜご飯スタイルにしてみました。

これなら、白いご飯に混ぜるだけなので、例えば白いご飯としてちょっと残しておきたいときなどに便利!

具は2合分に混ぜる量で作りましたが、例えば1合だけに半分の量の具を混ぜて、あとの半分は冷凍しておくっていう方法でもよいと思います。



20210515.png


【混ぜごはん風ナシゴレン】

材料(4人分)調理時間15分(米の炊飯時間は含みません)

合いびき肉 200g

むきえび 100g

玉ねぎ 1/2個

パプリカ(赤) 1個

オリーブオイル 大さじ1

炊き立てのご飯 2合分(680g)

卵 4個

A

塩 小さじ1・1/2

GABANガラムマサラ<パウダー> 小さじ2

ケチャップ、ウスターソース 各大さじ1


作り方

1)玉ねぎは1センチ角に、パプリカは2センチ角に切る。フライパンで半熟の目玉焼きを作って取り出す。

2)フライパンにオリーブオイルをひき、合いびき肉、玉ねぎ、赤パプリカの順にどんどん入れて炒める。肉の色が変わって野菜がしんなりしてきたら、むきえびとAを入れてさらに炒める。

3)えびに火が通り、調味料がしっかりとなじんだら火を止める。

4)炊き立てのご飯に3を入れてよく混ぜる。

5)器に盛り、目玉焼きとバジルの葉(あれば)を乗せる。


※ガラムマサラはミックススパイスで、【コリアンダー・クミン・スターアニス・ターメリック・カルダモン・クローブ・唐辛子】などのスパイスが、混ぜ合わされたものです。

おうちカレーの仕上げにちょっと加えるだけで、一気に本格的な香りになりますし、炒め物などに使うと、とっても刺激的で食欲をそそる香りになります。



--------------------------------------------------------------------------------------

スパイスレシピや役立つ情報が満載♪☆スパイスブログTOPはコチラ>>

スパイスを使った世界の朝ごはんレシピ検索はコチラ>>


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  

スペシャルアンバサダー連載記事

スペシャルアンバサダー スパイスレシピ&コラム