トップ > 子どもも大人も☆ちょりママさんのスパイスごはん

子どもも大人も☆ちょりママさんのスパイスごはん

2人のお子さんを持つ、ちょりママさん登場!
大人はもちろん、子どもと一緒の食卓でも楽しめるスパイスの使い方アイデアを月2回ご紹介します。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >>

Check

2017年10月 2日

こんにちは!

ちょりママです。


10月といえば、食欲の秋。

新米、きのこ、鮭、梨など味覚の秋。

そして忘れてはならない、ハロウィンです!

年々クリスマスに引けを取らないほどハロウィンのイベントが盛り上がってきましたよね。

スパイスでハロウィンメニューを子どもも大人も楽しもう!と意気込み十分です。^^



今月のテーマは

「ハロウィン」です。

GABANナツメグ<パウダー>

GABANジンジャー<パウダー>

GABANアニス<ホール>


この中からかぼちゃと相性抜群の「ジンジャー<パウダー>」で料理をしてみました。

パウダーになっているので、しょうがをすりおろしたり、刻んだりする手間もなく、手軽に風味を加えることができます。

香味野菜は料理において縁の下の力持ち的存在。

あるのとないのと大きな差が出る材料の一つです。


日頃の料理でも使っている ”しょうが”。

パウダーになっている分、料理になじむのも早く、後から加えることも可能です。

しょうがをたっぷり使うと子どもには辛味や刺激になることがあります。

その点においてもパウダーはやさしく風味づけされ、加えたり減らしたりの調節がしやすいです。

1本あると便利なスパイスの一つなのです。


和食でもなじみがありますが、その歴史は古く3000年も前から。

ヨーロッパ各地では甘い味を組み合わせて使われることも多いですね。

ジンジャーブレンドマンのクッキーは誰もが知るジンジャー菓子の一つです。

クリスマスも大いに活用できるスパイスでもありますね!


濃縮!かぼちゃのスパイスカレーR.jpg


今回はハロウィンがテーマなので、

かぼちゃと合わせたスパイスで仕上げるカレーを作りました。

息子がとてもとても推してました。笑

ポイントはしっかりと野菜を炒めて、うまみを凝縮させること!

時短かつ、とても簡単に子どもも大人も一緒に食べられるスパイスカレーが出来上がります♪


さて!レシピレシピ!!


●うまみ凝縮!かぼちゃのスパイスカレー


濃縮!かぼちゃのスパイスカレーR3.jpg


材料:2人分 調理時間:20分

かぼちゃ 200g

豚ひき肉 100g

トマト 1個(200g)

玉ねぎ 1/4個(50g)

ヨーグルト(無糖) 100g

A

∟GABANジンジャー<パウダー> 小さじ1/2

∟GABANクミン<パウダー> 大さじ1

∟GABANターメリック<パウダー> 小さじ1

∟GABANレッドペパー<パウダー> 少々

はちみつ 小さじ1

塩 小さじ2/3~

油 大さじ2


下準備

・かぼちゃはひと口大に切り、厚さ1cmに切る。

・トマト、玉ねぎはさいの目切りにする。


1.フライパンに油を入れて中火で熱し、かぼちゃを入れて炒める。トマト、玉ねぎを入れてかぼちゃに火が通るまでよく炒める。

2.【1】を片側によせ、空いているところに豚肉を入れて炒める。

3.豚肉に火が通ったら弱めの中火にし、Aを入れて炒める。

4.ヨーグルト、はちみつ、塩を入れてひと炒めし、味を見て足りなければ塩で味を調える。


濃縮!かぼちゃのスパイスカレーP.jpg


【POINT】

ごはんと合わせてどうぞ。


濃縮!かぼちゃのスパイスカレーR2.jpg



--------------------------------------------------------------------------------------

スパイスレシピや役立つ情報が満載♪☆スパイスブログTOPはコチラ>>
スパイスを使ったハロウィンレシピをチェック!レシピ検索はコチラ>>


2017年10月 2日 11:30

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >>

 

スパイスブログ 大好評!スパイスレシピ連載 毎月1日、16日に更新中!
  • てんきち母ちゃんのスパイスおかずdeおかわり!
  • ヤミーさんの魔法のスパイステクニック
  • ちょりママさんレシピは子どもにも人気!
  • スパイスで節約上手♪真由美さんの簡単レシピ
  • ぱおさんのハッピーレシピ

PROFILE

プロフィール画像

ちょりママさん

2児のママ。食育アドバイザーの資格を持ち、“子どもも大人も一緒のごはん”をテーマとした日々のごはんと育児日記が人気。
・ブログ : ちょりまめ日和

過去の記事

カテゴリ

アーカイブ