メコン川の恵み、お魚のすり流し汁アジア風 レシピ

メコン川の恵み、お魚のすり流し汁アジア風
この記事をお気に入りに追加する 1 おいしそう!
  • 調理時間:30分1時間
  • 人数:4人分

料理紹介

日本でいうならさらさらタイ茶漬け?ご飯にこの汁をかけて食べると美味しい。生野菜は必ず付けて、すり流し汁と共に食べる。独特な香りの汁と香菜の香りが妙にマッチして、これも絶品!「トゥック・クルーン」。

材料

  1. 白身のお魚(カンボジアでは川魚) 300g
  2. プラホック(魚を発酵させたもの) 小さじ1と1/2
  3.  500cc
  4.  小さじ1
  5. A)魚醤 大さじ1
  6. A)砂糖 小さじ2/3
  7. ライム汁 1個分
  8. 香菜 適宜
  9. 生野菜(きゅうり、いんげん、ナスなど) 適宜

作り方

  1. 1.

    お魚は火が通りやすいように薄めにぶつ切り。水に塩を加えて沸かし、骨も皮も味が出るので一緒にゆでる。

  2. 2.

    10分くらい茹でて、火がとおったら、お魚を取り出す。ざるにお玉の裏でお魚をしごいて皮と骨を分けて身をほぐす。

  3. 3.

    ほぐした魚の身を1の鍋に戻す。ブラホックをざるに入れて、鍋のスープにつけて味噌を漉すように溶かし入れる。

  4. 4.

    調味料Aを入れて、少し煮る。最後にライムのしぼり汁を加えて火を止める。

  5. 5.

    香菜、生野菜を食べやすい大きさに切ってお皿にもる。好みで酸味を調整できるようにライムも。

  6. 6.

    器に4を入れて、5の野菜とよく洗ってちぎった香菜を添えて出来上がり。

ワンポイントアドバイス

カンボジアでは付け合わせの野菜にスダウ(ニーム)や、インゲン、白い丸ナスなどを薄切りにして付ける。日本人には生で食べるのになじまない野菜もあるので、お好みの好きな野菜でよい。

記事のURL:

  • (ID: r1029878)
  • 2016/04/11 UP!

他の魚のレシピ(142,837件)

コメントを書くにはログインが必要です。ログインする>>

このレシピに関連するカテゴリ

もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑メコン川の恵み、お魚のすり流し汁アジア風 | レシピブログTOP