アップル・クランブル【Apple Crumble】 レシピ

アップル・クランブル【Apple Crumble】
この記事をお気に入りに追加する 2 おいしそう!
りこりすさん
りこりすさん
  • 調理時間:1530
  • 人数:4人分

料理紹介

イギリスの家庭で、食後のプディング/デザートとしてよく登場するもののひとつ。
そぼろ状のほろほろとした生地、クラムとフルーツの相性が抜群の、非常に素朴なお菓子です。
カスタード、アングレーズ・ソースまたは生クリームと一緒にどうぞ。

材料

  1. 薄力粉 125g
  2. バター 40g
  3. グラニュー糖 40g+30g
  4. リンゴ 500g
  5.  50ml

作り方

  1. 1.

    リンゴは4つ割にし、芯を取り、スライスする。鍋にリンゴのスライスと水を入れ、弱火にかけ、やわらかくなるまで煮る。

  2. 2.

    薄力粉を2〜3度ふるう。バターを適当な大きさ(3cm角より小さいとよい)にカットする。フードプロセッサーに薄力粉とバターを入れ、そぼろ状になるまで回す。
    ※フードプロセッサーが小さい場合は、適度な量の粉類とバターを回し、その後でフードプロセッサーに入らなかった粉類と合わせる。

  3. 3.

    2をボウルに移し、グラニュー糖40gを加え混ぜる。

  4. 4.

    耐熱皿に1のリンゴを入れ、グラニュー糖30gをふりかけ、3をふりかけ、スプーンなどで表面をならす。
    ※表面をならすときにぎゅっと押さえつけないようにすること。

  5. 5.

    180℃のオーブンで30〜40分、表面がきつね色になるまで焼く。

ワンポイントアドバイス

下準備
*耐熱皿にバターを塗っておく。
*オーブンを180℃に温めておく。
リンゴは紅玉など酸味の強いものがおすすめです。
いろいろなフルーツでアレンジでき、プラム、ルバーブ、グースベリー、ブラックカラントなども適しています。
ルバーブのように酸味の強いものは、フルーツの上にふりかけるグラニュー糖の量を若干増やすとよいでしょう。
冷凍や缶詰のフルーツでもOKです。
グラニュー糖はきび糖でも三温糖でも可。
粉は、薄力粉と、ポーリッジ用オーツ、またはミューズリ、
はたまた刻んだナッツ類を半々でもまた違ったおもしろさです。
そぼろ状にするのにフードプロセッサーを使いましたが、
手でこすり合わせるやり方でもよし、です。

記事のURL:http://ricorice.exblog.jp/17435803/

  • (ID: r455548)
  • 2012/07/15 UP!

他のバターのレシピ(138,185件)

コメントを書くにはログインが必要です。ログインする>>

このレシピに関連するカテゴリ

もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑アップル・クランブル【Apple Crumble】 | レシピブログTOP