トリッパの煮込み「マドリッド風カジョス」 レシピ

トリッパの煮込み「マドリッド風カジョス」
この記事をお気に入りに追加する 2 おいしそう! 5
  • 調理時間:1時間以上

料理紹介

「Callos(カジョス)」とは、ハチノス(牛の胃袋)をトマトソースで煮た、モツ好きにはちょっとたまらない1皿です。
翌日、翌々日のカジョスも味が染みて柔らかくワインが進みます!ソースはパンにつけて。

材料

  1. ハチノス(牛の第二胃袋) 600g~800g
  2. チョリソ 100g
  3. ガルバンソ豆水煮 150g
  4. 野菜くず(ネギ、セロリ、パセリなど) 適宜
  5. ワインビネガー 30cc
  6. レモン(国産)の皮 1個分
  7. トマト水煮 400g1缶
  8. 白ワイン 1カップ
  9. ニンニク 3片
  10. 玉ねぎ 1個
  11. オリーブオイル 大さじ2
  12. パプリカ 大さじ1
  13. ローリエ 3~4枚
  14. オレガノ、カイエンヌペッパー、タイム 各少々
  15.  適宜

作り方

  1. 1.

    ハチノスは水を換えてよく洗う。鍋にたっぷりの水、ワインビネガー、レモンの皮、ローリエ、野菜くずを入れて1時間ほどゆでる。

  2. 2.

    ハチノスを取り出し、水でよく洗い、水を換えてさらに1時間ゆでる。取り出して洗い、1口大に切る。

  3. 3.

    トマトの水煮缶を耐熱容器に入れ、ラップをせずに電子レンジ(900w)で10分加熱する。

  4. 4.

    鍋にオリーブオイルをしき、みじん切りの玉ねぎ、薄切りのニンニクを炒める。

  5. 5.

    4の鍋にハチノス、3のトマトソース、白ワイン、ローリエを入れて火にかける。途中でチョリソのスライスを加える。

  6. 6.

    ガルバンソ豆を加え、塩、パプリカで調味する。好みでオレガノ、タイム、カイエンヌペッパーを加え、さらに1時間ほど煮込む。

ワンポイントアドバイス

ハチノスの臭みを取るため、ゆでこぼすのに時間がかかりますが、決して難しくはありません。1日家でのんびり過ごせる日に、本でも読みながら作ってみてください。

記事のURL:

  • (ID: r1029564)
  • 2016/04/11 UP!

他の鍋のレシピ(194,726件)

コメントを書くにはログインが必要です。ログインする>>

このレシピに関連するカテゴリ

もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑トリッパの煮込み「マドリッド風カジョス」 | レシピブログTOP