野菜ソムリエMidoriさんのお野菜レッスン
« 【ブロッコリー】栄養詰まった、野菜のブーケ。     

【キャベツ】カラダにやさしい、キッチンの守護神。

2009年2月 6日

皆様こんにちは!Midoriです。


立春を過ぎて、暦のうえではもう春ですね。


仙台も、まだまだ風は冷たいですが、お天気のいい日に窓辺にいると
日ざしはほんのりあたたか…。

ちょっとずつ、春の兆しを感じます。


早いもので、この「お野菜レッスン」も12回、
ついに最終回となりましたーーー。


最終回のテーマは、キッチンの定番野菜、キャベツです。

cabbage1.jpg cabbege1.jpg
一年中出回りますが、季節によって違った持ち味がありますね。


■■キャベツの栄養■■

淡色野菜(色のうすい野菜)の中では、ビタミンCの量はトップクラスです。
また、特徴的なのは、ビタミンUが含まれていること!
「キャベジン」という別名のほうが、むしろ有名かもしれません。


ビタミンUは胃壁の粘膜を修復・強化し、健康に保つ働きをします。
古代ギリシャ人や古代ローマ人も、
キャベツ(原種に近いもの)を薬草として利用していたそうですから
まさに、「食べる胃腸薬」と言えそうですね。


ビタミンCは、芯やその付近に豊富
できれば芯も捨てずに利用しましょう!


■■おいしいキャベツを選ぶワンポイント■■

時期によって、特徴がちがいます。
冬キャベツは、しっかりかたく巻いていて、重いもの。
春キャベツは、ふんわり巻いているもの。


カットされたものを選ぶ際は
芯の高さが、全体の1/2〜2/3程度のものを選ぶとgoodですよ。


■■おいしさUP!のワンポイント■■

千切りキャベツは、切ってから冷たい水にさらすと
歯ざわりが良くなります。


ここで気になるのは、水溶性のビタミンC・・・。

水にさらすと、20%程度失われてしまうというデータがあるのですが、
Midoriとしては、ここは「おいしさ」を重視してもいいのでは?と思います。


これからのシーズン出回る春キャベツは、特にやわらかいので
ざっくりちぎったサラダや、軽く火を通す調理法がおすすめです。


    □    □    □   □   □    □


それでは、最近見かける、キャベツの仲間たち
ここでちょこっとご紹介しまーす!!


○コールラビ

kohlrabi.jpg

 見た目はちょっと「カブ」のようですが
 食べる部分は、肥大した「茎」です。
 食感や味は、おいしいキャベツの芯^^に近いでしょうか?
 皮をむき、スライスしてサラダに。または、スープで煮てもおいしいです♪


○プチベール

petitvert.jpg

 結球しないタイプの芽キャベツ。
 小さな緑色のバラ(?)のような形をしています。かわいいですよね。
 冬〜春先に出回ります。軽く茹でて、付け合わせにどうぞ^^
 シチューとの相性もいいのでおすすめです。
 (あまり煮込まず、茹でておいて、あとからプラスする方が仕上がりがきれいです)


■■じょうずに保存するコツ■■

用途にもよりますが、外側の葉から一枚ずつはがして使うほうが
長持ちします。


少しずつしか使わない場合は、ちょっとだけ手間はかかりますが
芯をくりぬき、水を含ませたキッチンペーパーを詰めて、
全体を新聞紙やラップで包んでから冷蔵庫へ入れれば
より、長持ちしますよー。


それでは、レッスン最終回の、お勧めレシピです。


春らしい彩りのオードブル♪♪♪

一足早く春気分をどうぞ^^


キャベツとサーモンの春色サンド〜やわらかい春キャベツで〜
cabbagerecipe.jpg

◇◇材料(4人分)◇◇

キャベツ 6枚
青じそ 10枚
スモークサーモン 10枚
紫玉ネギ 中1個


ソース(A)
 クリームチーズ 30g(常温にしておく)
 マヨネーズ 大さじ1
 レモン汁 小さじ1
 牛乳 小さじ1〜2(お好みで調整)
 塩こしょう 少々


◇◇作り方◇◇

(1)キャベツは塩少々(分量外)を入れた熱湯で色よく茹で、ざるにとって冷ます。

(2)キャベツは1枚を半分に切る。紫玉ネギは薄くスライスする。

(3)キャベツ2枚、青じそ、スモークサーモン、紫玉ネギのスライス、と順番に重ね、
   繰り返して5層にする。最後にキャベツを重ねて、一番上になるようにする。

(4)(3)をラップに包み、軽く重石をして、20分〜30分程度おく。 

(5)(A)の材料をすべて合わせてソースにする。
   好みの大きさに切り分け、ソースを添えて召し上がれ♪


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


去年の8月から半年間お送りしてきました、シチューブログ「お野菜レッスン」
残念ながら、今回でお別れ…となりました(涙)。


あっという間の半年間でした!!


この「お野菜レッスン」を通して、野菜をより身近に、シチューをよりおいしく。
そして…
「野菜って、愛おしいなぁ」と感じていただけたら、うれしいです。


皆様、本当にありがとうございました(^0^)
またどこかで、お目にかかりましょう!!!


野菜ソムリエ(ベジタブル&フルーツマイスター)Midori

2009年2月 6日 11:20 | この記事のURL | コメント(6) | トラックバック(0)

« 【ホウレンソウ】真冬の「緑」は、元気のモト!!      【キャベツ】カラダにやさしい、キッチンの守護神。»

【ブロッコリー】栄養詰まった、野菜のブーケ。

2009年1月16日

こんにちは!Midoriです。
寒いですねー。皆様お変わりなくお過ごしですか?


風邪のとっても流行りやすい時期。
うがい・手洗い・野菜たっぷりの食事♪の3点セットで
寒さ厳しい季節を元気に乗り切りましょう!!!


と、いうことで、今回のテーマは…

brocco1.jpg

ブロッコリー
お店で見る限り、カタチがかなり違うのですが、キャベツの仲間です。


でも、畑で見ると、キャベツの仲間だなぁ、ってわかります。
↓写真は、去年秋の「ぽたじえ」のブロッコリー。
 キャベツのような葉っぱの真ん中に、蕾のかたまりが見えますよね^^
potager-bro.jpg

カリフラワーとは、兄弟のような関係です(見た目も色違いみたいですもんね♪)。


■■ブロッコリーの栄養■■
ブロッコリーの食べる部分は、蕾のかたまりと茎
「これから咲くよ!」というパワーにあふれています!!!
だから私たちは、野菜の「ブーケ」を食べているようなもの…。
broccoflower
 ↑こちらが、ブロッコリーの花。黄色い菜の花に似たお花が咲きます。


ブロッコリーには、体内の粘膜を保護してくれるβ-カロテン
ウィルスに対する抵抗力を高めるビタミンCが豊富です。
寒さが厳しく、風邪が流行りやすい今の時期には
ほんとうに頼もしい存在ですね。


また、貧血の予防に欠かせない葉酸も多く含みます。
葉酸は、胎児の発育のためにとても大切な成分。
妊娠・授乳中の女性はもちろん、これから妊娠する可能性のある方は
特にしっかりとりたい栄養素です。女性は要チェックですね。


つい捨ててしまいがちな茎にも栄養がたっぷり
皮を厚めにむいてから火を通すと、おいしくいただけますよ。


■■おいしいブロッコリーを選ぶワンポイント■■
緑色の粒々(蕾)が引き締まり、密集しているもの。
粒々が黄色っぽくなっているのは、鮮度が落ちている証拠です。

brocco2.jpg
また、蕾が紫がかっているのは、寒さにあたったため。
…むしろ甘みがのっていておいしいですよ。
茎に「す」が入っていない(空洞ができていない)ものの方が、良品です。


■■おいしさUP!のワンポイント■■
ブロッコリーに含まれるビタミンCや葉酸は、水溶性で熱にも弱い成分なので
加熱はなるべく短時間で、というのが大事なポイント!!

そこで、下準備は「蒸し煮」がお勧めです!


・鍋かフライパンに、小房に分けたブロッコリーを並べ、
 深さ1cm程度(200cc位)の水と塩ひとつまみを加え
 フタをして強火で加熱します(1分ぐらい)。
・パッと緑が鮮やかになったら、竹串などで火の通りを確かめます。
 余熱で火が通るので、少ーし早めに、ざるにとります。
・火が通ったら、水にはとらず、ざるに上げて冷まします


■■じょうずに保存するコツ■■
ブロッコリーは蕾のひとつひとつが呼吸をしているので
とても鮮度が落ちやすい野菜です。
新聞紙やキッチンペーパーに包んでから、ポリ袋に入れ
冷蔵庫に「立てて」保存してくださいね。


…それでは、本日のお勧めレシピです!!
ビタミンたっぷりのブロッコリーをまるごといただく、若草色のスープ。
簡単なので、ぜひお試しください♪


ブロッコリーのポタージュスープ


b-soup.jpg

◇◇材料(作りやすい分量・約4人分)◇◇

ブロッコリー 1個
玉ネギ 中1個
ジャガイモ 中1個
ブイヨン 1個
水 300〜400cc
牛乳 200cc
塩・こしょう 少々
バター お好みで


◇◇作り方◇◇


(1)薄切りにした玉ネギを少量のオイル(分量外)でよく炒める。
   薄く切ったジャガイモを加えてさらに炒め、
   ブイヨンと水を加えてやわらかくなるまで煮込む(10分〜)。
(2)ブロッコリーは小房に分け、茎は皮をむいて適当な大きさに切り
   蒸し煮する。←「おいしさUP!のワンポイント」参照
(3)(1)と(2)をミキサーにかけ、なめらかになったら
   鍋に戻して牛乳を加え、塩・こしょうで味をととのえる。
(4)お好みでバターをおとす。

※(2)のブロッコリーを少量残して、浮きみとして添えてもgood。


ブロッコリーの栄養素をたっぷりいただきたいので、一緒に煮込まずに
別に蒸し煮にしてあわせるのがMidori流、です。
このほうが色もきれいに仕上がりますー。

2009年1月16日 11:20 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

« 【大根】元気に新年を迎えたいあなたに!      【ブロッコリー】栄養詰まった、野菜のブーケ。»

【ホウレンソウ】真冬の「緑」は、元気のモト!!

2009年1月 9日

nenga2009.jpg

皆様こんにちは! Midoriです。
2009年も、野菜&シチューをおいしく食べて
Healthy&Happyに過ごしたいですね^^
どうぞよろしくお願いいたします。


今年ご紹介する最初のお野菜は、「ホウレンソウ」
hourennsou2.jpg

寒さの厳しいこの季節、最もおいしい時期を迎えています!!!


私の住んでいる仙台では、冬場「縮みホウレンソウ」が出回ります。
寒さに当てて育てたもので、「寒じめホウレンソウ」とも。


見た目は「???」なのですが、食べてみると「!!!」
寒さに耐えるため、糖分をためる…という習性を利用した
真冬のスペシャルなホウレンソウ
最近は、広く知られるようになってきました。
機会がありましたら、ぜひお試しくださいね。

hourensou.jpg


■■ホウレンソウの栄養■■
ホウレンソウと言えば、緑黄色野菜の王様
栄養価の高い野菜の代表格ですね!


カラダの免疫力を高めてくれるβ-カロテンビタミンC
もちろんのこと、鉄分も豊富

ちなみに、植物性の食品に含まれる非ヘム鉄は
動物性の鉄分に比べて、吸収率が低いのですが
ビタミンCと一緒にとることで、吸収率がおよそ2倍になると言われています。


カラダの冷えが気になる方、貧血気味の方は
ぜひ鉄分豊富なホウレンソウをしっかり召し上がってくださいね。


また、寒さのなかでじっくり育った冬のホウレンソウは
うまみもUP↑↑しているのに加え、
夏場のものに比べ、より多くの栄養分が含まれています^^


■■おいしいホウレンソウを選ぶワンポイント■■
葉の先までピンとしている。葉が肉厚で、ボリュームがある。
軸が太く、根元が赤いのは甘みがのっている証です。
鮮度を見るには、束の真ん中の葉っぱが黄色くなっていないか、チェック♪


■■おいしさUP!のワンポイント■■
シンプルに「ただ茹でただけでおいしい」コツは、
水に浸して葉っぱまでピン!とさせてから茹でること、です。
(ホウレンソウに限らず、葉もの全般に言えます)

茹でる時はたっぷりのお湯で。根元から先に入れ、時間差で葉先を入れます。
また、根元が太い時には、十字に切れ目を入れておくとgoodですよ。


■■じょうずに保存するコツ■■
必ず「立てて」冷蔵庫に入れましょう!
冬場のホウレンソウは、一度水に潜らせてしっかり水を切ってから
新聞紙やキッチンペーパーに包み、ポリ袋に入れると、長持ちします。


また、冷凍もOK。
かために茹でて、しっかり水気をしぼり、一回分ずつラップに包みます。


それでは、今回のレシピです。
ホウレンソウが手軽に、たーっぷり食べられちゃいます^^

ホウレンソウのチヂミ風
hourensourecipe.jpg


◇◇材料(2人分)◇◇
ホウレンソウ 1束
ニンニク 1片
桜エビ(乾物) 適量
松の実 適量
塩・こしょう 少々
ごま油 少々

 (A)卵 1/2個
  小麦粉 大さじ1.5
  マヨネーズ 小さじ1
  塩・こしょう 少々


◇◇作り方◇◇
(1)ホウレンソウはかために茹でて、水にさらしたあとよく絞り、
   一口大に切る。
(2)フライパンで少量の油(分量外)とニンニクを弱火で香りが立つまで
   熱する。
(3)(2)に(1)のホウレンソウと桜エビ、松の実を加えて軽く炒め、
   塩こしょうする。
(4)(A)をボールで混ぜ、そのボールに(3)を加えて全体を混ぜたあと
   フライパンに戻して弱火でじっくり火を入れる。
(5)裏返して、ターナーで押しつけながら焼きあげる。
   仕上げにごま油を塗って出来上がり!


※お好みで、キムチを添えてどうぞ!
  (キムチを混ぜて焼いてもおいしいです♪)
※フライパンは、テフロン加工のものを使うと、焦げ付かず楽に焼けます。  

2009年1月 9日 11:20 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

« 【レンコン】見通し利く、縁起もの♪      【ホウレンソウ】真冬の「緑」は、元気のモト!!»

【大根】元気に新年を迎えたいあなたに!

2008年12月19日

snowman.jpg santa.jpg
皆様こんにちは^^Midoriです。
早いもので、今年もあと2週間を切りましたね。
街はすっかりクリスマス&年の瀬ムードですが、
何かと、気ぜわしい時期でもあります。

皆様、いかがお過ごしですか?


さて、今回はお正月に欠かせないお野菜・第二弾!
大根をご紹介します。

daikon.jpg
↑こちらは、「ぽたじえ」で収穫した、大根さんたちです。右はおなじみの「青首大根」。
左の丸くて皮がグリーンがかっているのは、「紅芯(こうしん)大根」。
切ると内側は、鮮やかな赤。サラダに使うと、ぱっとお皿が華やぎます。


■■大根の栄養■■
ヘルシー野菜というと、β-カロテンやビタミンCが多く含まれる「緑黄色野菜」
…というイメージが強いかと思いますが
色の薄い野菜にも、大切な働きがあるんです。


大根には、ジアスターゼなどの消化酵素がたっぷり。
食べすぎ&飲みすぎがちょっと心配な年末年始、特に助かりますね。
辛味成分には胃液の分泌を促す、腸の働きを助ける、解毒などの作用が。


元気に新年を迎えるための必須アイテム(野菜)といえそうです!


じつは、葉っぱも立派な緑黄色野菜。
β-カロテンやビタミンC、カルシウムなどが豊富です。
もし青々とした葉っぱがついていたら、捨てずに、ぜひ使ってくださいね。


radish.jpg
ラブリーなラディッシュも、大根の仲間。
紅白の色合いも、これからの季節にぴったりです^^


■■おいしい大根を選ぶワンポイント■■
青首大根の場合、色のコントラストがはっきりしているもの。
肌に、つやと張りがあり、ずっしり重いもの。
ひげ根のあと(小さな穴)が一直線に並んでいるものが、
おいしいと言われています。


■■おいしさUP!のワンポイント■■
部位によって味わいが違いますので、じょうずに使い分けるのがポイントです。


青首(上部)はビタミンCが一番豊富⇒サラダや、大根おろしで。
真ん中は甘みが集中⇒煮物なら、ココがお勧め。
先は辛味が強い⇒薬味、炒めものなどに。
葉っぱ⇒炒めて常備菜に。お味噌汁の具にもOK。


茹でる際、茹で汁にお米のとぎ汁(or少量のお米)を入れると
苦味を残さずに茹でられます。


■■じょうずに保存するコツ■■
葉つきのものは、すぐに葉と根を切り離します。
これからの季節は、軽く湿らせた新聞紙などに包んで、
冷暗所で保存できます。
または、しっかりとラップして、冷蔵庫で保存してくださいね。


それでは本日のレシピですー。


えーっ、大根で揚げ物???

…そうおっしゃらずに、ぜひお試しくださいね。
意外なおいしさに、最初、私もびっくりしたんです^^;


パーティにお勧め!ダイコンタツタ

daikonrecipe3.JPG


◇◇材料(作りやすい量)◇◇
大根 1/4本
片栗粉 適宜
揚げ油 適宜

(A)
 醤油 大さじ2〜3
 みりん 大さじ1
 酒 大さじ1
 生姜 1片
 ニンニク・柚子の皮 お好みで


◇◇作り方◇◇
(1)大根は一口大の乱切りにして、やわらかく茹でる(串がすっと通るくらいに)。
(2)(1)は熱いうちに(A)に浸けて30分以上おく。
  ※ビニール袋に入れて、空気を抜いて浸けます。
   途中上下をひっくり返して、まんべんなく味がしみるようにします。
(3)(2)はペーパーで水分をよく拭き取り、片栗粉をつけて
   中温(170℃程度)でカリッとするまで揚げる。
(4)お好みで黒七味などを振って召し上がれ♪


アツアツはもちろん、冷めてもおいしいんですよ。
ビールのおつまみや、ホームパーティーにもとってもお勧めです♪

さて、次回の更新は、来年になりますー(早いですね、びっくりです)。


どうぞ皆様、季節の野菜をおいしく食べて
お元気に、ステキな新年をお迎えくださいね^^


I wish you a Merry Christmas & Happy New Year!!

2008年12月19日 11:20 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

« 【サツマイモ】キレイをつくる、「美」の味方♪      【大根】元気に新年を迎えたいあなたに!»

【レンコン】見通し利く、縁起もの♪

2008年12月 5日

皆様こんにちは。Midoriです。

早いもので、あっという間に12月ですね!
カレンダーをめくって、残り一枚になると
あー今年もわずかなんだなぁ…と、あらためて実感。
残り一か月、日々丁寧に過ごしたいですね^^


今回の主役のお野菜は、レンコン
漢字で書くと「蓮根」…字の通り、ハスの地下茎です。
穴が開いていて先が見通せるので、「縁起の良い食材」とされています。
煮しめや酢ばすなど、お正月のおせち料理には欠かせません♪

DSCN0010.JPG
さすがに、我が家の家庭菜園「ぽたじえ」ではレンコンは作っていません(笑)ので
以前、産地を訪ねて、レンコンの収穫の様子を拝見したときに
撮影させていただいた写真をご紹介します。


収穫は、腰まで冷たい水につかりながら…。
頭が下がりました。
DSCN0007.JPG


■■レンコンの栄養■■

見た目のイメージからは意外かもしれませんが、ビタミンCが豊富です。

切ったときに糸を引くことがありますが、これは「ムチン」という成分。
ネバネバが粘膜を保護して、消化吸収を助けてくれます。
クリスマスパーティ、忘年会etc…胃腸もさらに忙しく(?)なる
これからの季節には、特にありがたいですね!


すぐに茶色っぽくなってしまうので、切ったら水に放します。
変色するのはポリフェノールの一種「タンニン」のしわざ。
レンコンのすりおろし汁がのどの痛みを緩和する…といわれるのは
タンニンに、消炎作用があるためなんです。


■■おいしいレンコンを選ぶワンポイント■■
ふっくらしていて、色のむらや傷が少ないもの。
外側が赤っぽい褐色をしているのは、自然な(本来の)色です。


■■おいしさUP!のワンポイント■■
シャキっとした食感が特徴ですが、おろして加熱するとモチモチに。
肉団子やハンバーグの具に加えると、
ぐっとヘルシーになりますね♪♪♪

「切った後、酢水につける」「酢水でゆでる」といわれますが
真っ白に仕上げたいとき以外は、普通の水でOKです。


■■じょうずに保存するコツ■■
買った時のビニール袋に入れたままにしておいて、傷んじゃった…
そんな経験、ありませんか?
ひと手間かけて、軽く湿らせた新聞紙orキッチンペーパーなどに包んでから、
ラップするかビニール袋に入れるとgoodですよー。

使いかけのものは、保存容器などに入れ、全体を水につけておきます。
保存は冷蔵庫で^^


では、本日のお勧めレシピです。
レンコンって、和風のおかずばっかりになっちゃう…
…という方も多いかもしれませんが

そんなイメージを一掃^^しちゃう(?)マスタードマリネです。


ビーフシチューに合わせて、いかがでしょう♪♪♪

レンコンのマスタードマリネ

renkonrecipe.jpg


◇◇材料(作りやすい量・3〜4人分)◇◇

レンコン 中1節(200〜250g)
紫玉ネギ 1/2個
(A)
 米酢 大さじ2
 白ワイン(一度沸騰させアルコールを飛ばす) 大さじ2
 オリーブオイル 大さじ1
 粒マスタード 小さじ2
 塩 小さじ1
 にんにく(つぶす)1片分
 ローリエ 1枚
 胡椒 少々


◇◇作り方◇◇

.譽鵐灰鵑惑い輪切りにして、切るそばから水にさらし、さっと茹でる。
∋膓魅優は薄切りにしておく。
(A)の材料全部を合わせて、マリネ液を作り、,鉢△鯆劼厩む。
と焼〜おいてからが、食べごろです。

※写真では、イチジクのワイン煮をトッピングしてみました。
ドライフルーツなども良く合います^^♪

2008年12月 5日 11:30 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

« 【白菜】寒さが、おいしさ引き出す秘密。      【レンコン】見通し利く、縁起もの♪»

【サツマイモ】キレイをつくる、「美」の味方♪

2008年11月21日

皆様こんにちは。Midoriです。
寒くなりましたー。初雪が降った、という地域の方もいらっしゃいますよね。
季節は駆け足で冬に向かっています。
あったかシチューで、カラダの中から温まりたいですね☆☆☆


今回のレッスン、テーマはサツマイモです。


「石焼きーいーも♪」のメロディは、秋の風物詩。
だぁい好き☆☆☆という方も、多いのではないでしょうか^^


最近は近くのスーパーでも、様々な品種を見かけます♪


sweetpotato1.jpg

写真は、左から…
紫色の色素成分・アントシアニンが注目の、紫イモ「パープルスイートロード」
種子島特産の「安納芋(あんのういも)」
焼酎の原料として知られる「黄金千貫(こがねせんがん)」
上品な甘さが人気!「鳴門金時(なるときんとき)」


他にもさまざまな品種があって、甘みの強いもの、ねっとり感が特徴のもの…など
持ち味もいろいろです。

サツマイモ大好きさんなら、食べ比べしてみるのも楽しいかもしれません^^


■■サツマイモの栄養■■

主な成分はでんぷん
このでんぷんの一部が、加熱することで「甘さ」に変身!します。

また、食物繊維も豊富
切ったときに出る白い汁の成分との相乗効果で、便秘の解消に役立ちます。
さらに、ビタミンCも比較的多く含まれているんです。

見た目は美形でも、スマートでもない(?)サツマイモですが
実は「キレイの素」がたっぷり!ですよ。


■■おいしいサツマイモを選ぶワンポイント■■

ずんぐりむっくりしていて、皮に張りがあるもの。
傷やひげ根がないもの。


■■おいしさUP!のワンポイント■■

サツマイモの甘みは、30分以上かけて
「ゆっくりじわじわ加熱」することで引き出されます。
だから、石焼きいもはおいしいんですね♪
一方、一気に加熱すると、水分が飛びます。
だから、天ぷらもおいしい…というわけです♪


サツマイモを食べると、胸焼けしちゃって…という方は
なるべく皮ごと、そしてお塩を振って食べると、緩和されるそうですよ。


また、切った後そのままにしておくと色が変わってしまうので
切ったそばから、水に放します
でも、さらしすぎると大切な成分や風味が抜けてしまいますから
「さっと」でOKです。


■■じょうずに保存するコツ■■

サツマイモは寒さが苦手。冷蔵庫はNGです。
新聞紙に包んで、冷暗所で保存します。
サツマイモにとって快適な温度は、13℃前後なのだそう。
冬場は、室内でも寒くなりすぎないようにご注意くださいね。


お待たせしました!それでは今回のレシピ。

みんな大好き☆カレー味で、サツマイモを炒めちゃいました!!

フルーティーな赤ワインにもぴったりだと思います^^
(例えば、解禁になったばかりのボージョレ・ヌーヴォーとか♪)


サツマイモ&キノコのカレー炒め

sweetpotatorecipe.jpg


◇◇材料(作りやすい量・3〜4人分)◇◇

サツマイモ(鳴門金時がおすすめ) 1本(150g位)
ベーコン 3枚
キノコ(シメジ) 1パック(100g位)

(A)ハウスカレーパウダー顆粒 小さじ2
  チキンコンソメ(顆粒タイプ) 1/2本(3g位)
  酒(白ワインでもOK) 大さじ2
  水 大さじ3
塩・こしょう 少々


◇◇作り方◇◇

(1)サツマイモは皮つきのまま、薄い輪切りにし
   切ったそばから水に放して(2〜3分程度)、よく水を切っておく。
(2)ベーコンは一口大に切る。シメジは細かく分ける。
(3)フライパンでベーコンを炒めて、軽く油を出し、別の皿に取り出す。
(4)フライパンに残った油でサツマイモ・シメジの順に炒め、
   調味料(A)とベーコンを加えてさらに火を入れる。
(5)水分がなくなったら、味をみて塩こしょうで調味。


※カレーパウダー&チキンコンソメの代わりに
  お持ちのカレールーひと山ぶんを細かく刻んでもOKですよー。

2008年11月21日 11:30 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

« 【ジャガイモ】世界中で愛される、「大地のリンゴ」      【サツマイモ】キレイをつくる、「美」の味方♪»

【白菜】寒さが、おいしさ引き出す秘密。

2008年11月 7日

autumnleaf.jpg  autumnleaf2.jpg   

皆様こんにちは。Midoriです。

早くも、11月。秋もすっかり深まって、風もかなり冷たくなってきました。
シチューに加えて、そろそろ、鍋料理も恋しくなってきますねー。

そんな、これからのシーズンに欠かせないのが
きょうのレッスンの主役、白菜です。


冬に食べたくなる野菜の代表格ですね^^

白菜は、寒くなるにつれて、甘みやうまみを蓄えるので
これからの時期、まさにベストシーズンを迎えます!
hakusai1.jpg
↑こちらは「ぽたじえ」の白菜です。
結球し始めて、だいぶ白菜らしくなってきました^^


お漬物は定番中の定番ですし、名前も「和テイスト」なので
うーんと昔から日本にあるようなイメージ、ありませんか?

白菜は、中国生まれの野菜なのですが
(英語ではchinese cabbageといいます)
日本での栽培が本格化したのは、日清・日露戦争後…というのですから
わずか100年あまり前のこと。

ちょっと、意外?な感じもします。


■■白菜の栄養■■

水分が多く、食物繊維が豊富で、低カロリー
ダイエットや便秘の改善に役立ちます。

加熱するとかさが減るので、たっぷり食べられますね。
シチューとの相性も、もちろん、ばっちり!!!


比較的ビタミンCも多いのですが、残念ながら熱に弱いので
ビタミンCを摂りたいときにはサラダやお漬物etcが効果的、です。
キムチもいいですね♪


■■おいしい白菜を選ぶワンポイント■■

水分が多いのが持ち味なので、切り口がみずみずしく
持った時にずっしりと重みがあること。
カットされたものは、断面が盛り上がっていないこと。


■■おいしさUP!のワンポイント■■

じつは、白菜で一番甘みが強いのは「まんなか」って、ご存知でした?
でも、外側からはがして使っているうちに、まんなかは鮮度が落ちて
残念ながら、スカスカになってしまいます。

そこで。
私は、まんなかだけ先に外して、最初に食べてしまいます^^
hakusai2.jpg
だまされたと思って(笑)、ぜひ一度試してみてください♪
秘密のレシピは…
 :
 :
 :
まんなかを、さっと塩ゆでして、
お好みでオリーブオイルをかけるだけ^^

ですっ。


■■じょうずに保存するコツ■■

丸ごとなら、新聞紙に包んで冷暗所で立てて保存します。

でも、近頃はカットものを買う方も多いのでは…?
一度切ったものは、しっかりラップで包んで冷蔵庫で保存してくださいね。


(まんなかを先に食べちゃうと、ご紹介しましたが、
 じつは、まんなかを先に外しておくと、かえって長持ちするんですよー)


使いきりサイズが魅力的な「ミニ白菜」も出回っていますので
鍋以外にも、もっと気軽に食卓に登場させてくださいね。


さて、それでは本日のお勧めレシピ。
お子さんたちにもぜひチャレンジしてほしい、簡単レシピです。


まきまき白菜のクリーム煮〜シチューミクスを使って

hakusairecipe.jpg

◇◇材料(2人分)◇◇
フランクフルトソーセージ 4本
白菜 4枚
ニンジン、ブロッコリー 適宜
オイル 少々


水 300cc
ハウスシチューミクス(クリーム) 大さじ3
牛乳 150cc
こしょう 少々


◇◇作り方◇◇
(1)白菜は茎と葉に切り分け、塩をひとつまみ入れた熱湯で軽く茹でる。
   ニンジン、ブロッコリーも同様に茹でておく。
(2)葉の部分を広げて、フランクフルトソーセージを包み、楊枝でとめる。
(3)鍋にオイルを少々熱して、(2)を入れ、軽く油をなじませる。←焦がさないように^^
(4)油がなじんだら、水を加えて5分程度煮込み、
   いったん火を止めて、シチューミクスを加えてさらに弱火で煮込む。
(5)仕上げに牛乳を加えて味をととのえ、(1)のニンジン・ブロッコリーを添える。 
   お好みでこしょうをふる。


☆おまけに、(1)で切り分けた「茎」を使ってもう一品♪☆


辣白菜(ラーパーツァイ)
(白菜の辛甘酢漬)

hakusairecipe2.jpg

◇◇材料◇◇
白菜の茎  100〜150g程度
赤唐辛子 1〜2本
ごま油 小さじ1
(A)酢 大さじ2、砂糖 大さじ1〜2、塩 小さじ1/2


◇◇作り方◇◇
(1)水大さじ2に赤唐辛子を漬けてやわらかく戻す。
(2)(1)の水に(A)の材料を合わせて漬け汁をつくる。
  ※赤唐辛子はお好みで輪切りにし、中の種を抜きます。
(3)熱湯で軽く茹でた白菜の茎を、長さ3〜4cm、幅1cm程度に切り、
   しっかり水気をきっておく。
(4)(3)の白菜を(2)に入れ、味がなじむまで漬け込む。(30分以上〜)
(5)食べる直前にごま油をまわしかける。


※写真では、茹でた菊花をあしらっています。


こちらは、ぴりりと辛い、オトナ向けの一品です^^。
はしやすめや、おつまみにおすすめ☆

2008年11月 7日 11:40 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

« 【カブ(蕪)】緑の葉っぱも、実力者。      【白菜】寒さが、おいしさ引き出す秘密。»

【ジャガイモ】世界中で愛される、「大地のリンゴ」

2008年10月17日

こんにちは!Midoriです。
halloween.jpg
一気に肌寒さを覚えるようになったからか…どうやら風邪ひきさんが多いようです。
皆様は大丈夫ですか?


私も、喉がチクチク…ひょっとして風邪?と思うような、ちょっとアヤシイ状態に…
そんなときは、お野菜メニュー + あったかいジンジャーティー。
本格的な風邪になるまえに、無事、撃退しましたよ。


さて、今回のレッスンのテーマは、ジャガイモ
シチューの定番野菜でもありますね!!


ジャガイモの原産地は、南米のアンデス山脈。
コロンブスのアメリカ大陸発見後、ヨーロッパに伝わりました。


日本にやってきたのは、江戸時代。
オランダ船が長崎に持ち込んだのが最初で
「ジャガタラ(=インドネシアのジャカルタ)」経由でやってきたお芋、
…というのが名前の由来です。
potatoflower01.jpg  potatoflower02.jpg ←ジャガイモのお花です^^

春の九州産から始まって、6月ごろ関東、7〜8月に東北、9月からは北海道…と
産地が移動していきます。
だから、産地によって、旬もいろいろ…という訳ですね。


私が住んでいる仙台では、ちょうど夏休みが「ジャガイモ堀り」のシーズン。

ジャガイモは、家庭菜園でも気軽に栽培できるので、お勧めです。
最近はいろいろな品種が出ていますから、少しずつ育ててみるのも楽しいですよー♪
potato01.jpg
↑我が家の「ぽたじえ」産。
ジャガイモの世界も、なかなかカラフルです^^


■■ジャガイモの栄養■■

ジャガイモの主な成分はでんぷん
主食にもなる重要な作物として、世界各地で栽培されています。
「大地のリンゴ=pomme de terre」とは、フランス語での呼び名で
リンゴに匹敵する栄養がある…というのが、そのいわれのよう。
ジャガイモは、その昔ヨーロッパの飢饉を救った歴史もあるんですよ。


意外なイメージかもしれませんが、ビタミンCも豊富!!です。
ジャガイモのビタミンCは、でんぷん質に守られているので
加熱しても失われにくい
(70%程度残ります)のが特徴。
また、カリウムも多いので、体内の余分な塩分の排出を助けて
むくみを予防してくれますょ。


■■おいしいじゃがいもを選ぶワンポイント■■

まるーくふっくらしているもの。
表面に傷やしわなどがなく、張りがあるもの。
芽が出ていないもの。


■■おいしさUP!のワンポイント■■

近頃はいろいろな品種が出ていますね。
大きく分けると、味わいは2つのタイプ。

1)煮崩れしにくい「粘質系」 
  ☆代表:メークイン、レッドムーン、とうや etc

2)ホクホク食感「粉質系」  
  ☆代表:男爵キタアカリ、インカのめざめ etc

お好みや、用途によって、ぜひ使い分けてみてくださいね。


■■じょうずに保存するコツ■■

新聞紙などに包んで、冷暗所で保存します。

光にあたると、皮が緑になってしまいますので、注意してください。
※もし皮が緑になったり、芽が出たりしていたら
  その部分は毒素(ソラニン)を含みますので、
  しっかり取り除いてから使ってくださいね。
保存するとき、リンゴと一緒に入れておくと、芽が出にくくなりますよ。


さて、それでは今回のお勧めレシピですー。


煮崩れしにくい粘質系(メークイン等)のジャガイモを使って
チャレンジしてみてくださいね。

ホームパーティのオードブルに…そんなイメージで作ってみました☆


ほっとポテト・ブラックペッパー風味

hotpotato.jpg

◇◇材料(作りやすい量・2〜3人分)◇◇

ジャガイモ(メークイン) 中・2個
海老(冷凍モノでOK) 4本
エリンギ 中・2本
パセリ(小ねぎでもOK) 適宜
塩・こしょう 少々
白ワイン 少々
オリーブオイル 適宜
ブラックペッパー お好みで


◇◇作り方◇◇

(1)海老は殻つきのまま、塩と白ワイン少々を加えた熱湯に入れ
   再び沸騰したところで火を止めて、そのまま冷ます。
   冷めたら、殻をむいて薄くそぎ切りする。
(2)エリンギは細く裂いてフライパンで空焼き(オイルを入れないで)し
   白ワインと塩・こしょうをふる。
(3)ジャガイモ(メークイン)は皮をむいてスライサーで薄切りする。
   水にさらしたあと、塩を少々入れた水から茹でる。
   ⇒茹で時間は、沸騰してから1分ほど。シャキシャキ感が残る感じです。
(4)(1)〜(3)をあわせ、熱々のうちに皿に盛り、塩・こしょうで調味。
   仕上げに、オリーブオイルを回しかけ、パセリ(or小ねぎ)をあしらい
   ブラックペッパーをふる。


※海老以外に、帆立でも美味しいです♪
 帆立(生食用)は、薄くそぎ切りして、霜降り程度に火を入れてくださいね。
※お好みで、粉チーズをふってもOKです^0^

2008年10月17日 12:00 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

« 【玉ネギ】おいしさ支える、名脇役!!      【ジャガイモ】世界中で愛される、「大地のリンゴ」»

【カブ(蕪)】緑の葉っぱも、実力者。

2008年10月 3日

こんにちは!Midoriです。皆様いかがお過ごしですか?
日中は暖かくても、朝晩はちょっと(かなり?)肌寒い日もあって、いよいよ本格的な秋の訪れを感じます。
「食欲の秋」の到来ですね〜。
chestnut1.jpg autumn1.jpg
↑先日、プチ旅行で見つけてきた「小さな秋」を皆様にプレゼントします♪


さて。お野菜レッスンの連載も、早くも4回目になりました。
今回ご紹介するのは、カブ

turnip1.jpg
春の七草の「すずな」はカブのことで、日本でも古くから栽培されてきた野菜のひとつです。
「日本書紀」(←歴史で勉強しましたねぇ)の中にも記録が残っているというのですから、
驚きですね。


長い間親しまれてきただけあって、
それぞれの地方で地域の気候や土壌にあった数多くの品種が生まれました。
スーパーなどでおなじみなのは、白くて丸い「小カブ」ですが、
品種によって、色も形も大きさも様々…と、個性派ぞろいです。


皆さんのお住まいの地域には、どんなカブがありますか?


■■カブの栄養■■

カブは、民間療法では「おなかの薬」として利用されてきました。
冷えからくる腹痛を緩和するのにカブのおろし汁を使っていたそうですが、
これは、カブに消化を助ける酵素・ ジアスターゼ などが含まれているから…
というわけなのですね。


最近ハードワーク(or飲みすぎ・食べ過ぎ)で、胃腸がちょっとお疲れ気味…
そんな方は、カブがおなかをやさしくケアしてくれますよ。


そして、緑の葉っぱもお忘れなく!!!
β-カロテン、ビタミンC、それにカルシウムなどが多い、立派な「緑黄色野菜」です。
捨てずに、ぜひ利用してくださいね。


ちなみに、私は、かために茹でたカブの葉っぱを、炊きたてのご飯にさっくり混ぜて
ゴマ塩をかけて食べるのがだぁい好き^^です。


■■おいしいカブを選ぶワンポイント■■

肌の張りがあるもの。斑点やシミのないもの。
茎や葉がしっかりしていて、黄色く変色していないものを選んでくださいね。

turnip2.jpg


■■おいしさUP!のワンポイント■■

地域や品種によっても異なりますが、
おもに春(3〜5月頃)と、秋〜初冬(10〜12月頃)、特においしい時期を迎えます。


春のカブはやわらかいので、サラダにしてもgood♪ですね。
また、秋〜初冬にかけてのカブは、ぐっと甘みを増しています。
さっと煮込んでポトフ、そしてもちろん!シチューにもぴったり^^♪
カブは火の通りが早く、煮崩れしやすいので、あまり煮すぎないようにご注意くださいね。


■■じょうずに保存するコツ■■

葉っぱは付け根の部分から切り落とし、根っこと葉っぱを分けて冷蔵庫で保存します。


葉っぱは、新鮮なうちにまとめて茹でてしまいましょう!!
かために茹でて小口に切っておき、一回分ずつラップに包んで冷凍したり、
炒めて常備菜にしたり、もお勧めです。


それでは、今回のお勧めレシピです〜。


これからおいしい時期を迎えるフルーツ・リンゴとあわせた
シンプルサラダをご紹介します。

カブとリンゴのサラダ〜ヨーグルト風味で、おなかに優しく
turnipsarad.jpg

◇◇材料(2人分)◇◇

カブ 1個
カブの葉 少々
リンゴ 1/4〜1/3個
くるみ 少々

A)プレーンヨーグルト 大さじ4
  マヨネーズ 大さじ1
  レモン汁 少々
  塩・こしょう 少々


◇◇作り方◇◇

(1)カブは皮をむき、厚さ2〜3mm程度のいちょう切りに、
   リンゴは皮つきのまま、厚さ1mm程度のいちょう切りにして
   薄い塩水につけておく(3分位)
(2)カブの葉は塩少々(分量外)を入れた熱湯でさっとゆがき、
   冷水にとってかたく絞る。お好みの量を小口に切っておく。
(3)Aを合わせてヨーグルトドレッシングを作る。
(4)(1)の水気を切り、(3)のドレッシングで和える。
   仕上げに、(2)のカブの葉とくるみをあしらう。


※カブが1個余っちゃった…そんなときにお勧めの、このサラダ。
  シチューのサイドディッシュにいかがですか?


---もひとつ、おまけです^^---

カブのピクルス〜秋の夜長、ワインのおともにぜひ♪

turnippickles.jpg


◇◇材料(作りやすい量)◇◇

カブ 2個
塩 小さじ1/2
レモン、お好みのハーブ、鷹の爪、粒胡椒 適宜
B)酢 50cc、水 50cc、白ワイン 25cc、蜂蜜 大さじ1〜2


◇◇作り方◇◇

(1)カブは皮を厚めにむき、1/8のくし型切りにする。
   ⇒茎の部分を少しつけておくと可愛いです。
    その際は竹ぐしを使って根元を良く洗ってくださいね。
(2)(1)に塩をしてそのまま5分くらいおく。
(3)酢以外のBの材料を鍋に入れ、沸騰させてアルコールを飛ばす。
   その後酢を加えて火を止め、あら熱をとる。
(4)(2)の水気をきり、ビンなどの容器に入れる。
   お好みで、薄切りのレモン、鷹の爪、ハーブ、粒胡椒も入れる。
(5)(3)のピクルス液を(4)に注ぐ。


※一晩おいたくらいからが、食べごろです♪

2008年10月 3日 11:40 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

« 【ニンジン】トレードマークのオレンジ色が元気の素♪      【カブ(蕪)】緑の葉っぱも、実力者。»

【玉ネギ】おいしさ支える、名脇役!!

2008年9月19日

onion.jpg

こんにちは!Midoriです。仙台は、だいぶ秋らしくなってきました。
シチューが恋しい季節、いよいよ到来です♪♪♪
皆様、「ファーストシチュー」は、もう召し上がりましたか?
(「ファーストシチュー」については、なべくまさんの屋根裏ブログをご覧くださいね♪)


今日のお話は、シチューの定番選手・玉ネギについてです。
一年中見かけますし、日持ちもするので、皆様のお家にもたいてい常備されているのではないでしょうか?

我が家の家庭菜園「ぽたじえ」では、毎年玉ネギも育てているんです。
仙台では、6月頃が収穫どき。
onion1.jpg


これ↑が、収穫当時の「ぽたじえ」の玉ネギ。手前味噌ですが、なかなかおいしくできたんですよ♪
我が家の車庫は、今も玉ネギがぶら下がってます…ふつうの、住宅地なのに…。


 そうそう、玉ネギも、産地が前線を描くように北上していきます。
 春先出回るのは佐賀・長崎・兵庫などが主な産地。
 秋以降の玉ネギは、北海道産が多いですよ。


■■玉ネギの栄養■■
玉ネギの個性は、やはり、あのツーンとくる香り成分「硫化アリル」です。
硫化アリルは、ビタミンB1の吸収を助けることで、新陳代謝や疲労回復を促進してくれます。


玉ネギに「血液サラサラ効果」があるといわれるのは、血栓を予防する働きが期待できるから。
その場合のポイントは、スライスなど「生で食べること!」です。
ただし、硫化アリルは水に溶けやすいので、水にさらすときは「さっとくぐらす程度」に。
15〜30分位空気にさらすことで、ぐっと食べやすくなりますよ。


また、加熱すると甘ーくなるのも、玉ネギの良いところ!ですよね。
玉ネギはもともと糖質が多いのですが、加熱することで、
辛味に隠れていた甘みがぐーっと引き出され、コクと旨みがでます。
とろーり甘い玉ネギは、シチューのおいしさを支える名脇役!!!
ぜひたっぷり食べたいですね。


■■おいしい玉ネギを選ぶワンポイント■■

しっかりとかたく、ぶよぶよしていないもの。
頭の部分から傷んできますので、きゅっとしまっているものを。


■■おいしさup!のワンポイント■■

玉ネギのうまみを生かした簡単ドレッシングはいかがですか?
野菜サラダはもちろん、お肉やお魚料理のソースにもおススメです^^

o-dressing.jpg


○細かく刻んだ玉ネギ1個分と、レモン汁大さじ1・酢大さじ2・オリーブオイル50cc・
 塩小さじ1・はちみつ小さじ1〜2・こしょう少々をフードプロセッサーに入れ、
 全体がとろとろになるまで混ぜます。
○キレイなビンに詰めて冷蔵庫で保存。1週間くらい持ちます。
○お好みで、お醤油、梅やパセリ、フルーツのすりおろしなどをプラスすると、ゼイタクなお味に。


■■じょうずに保存するコツ■■

風通しの良い、涼しいところに保存しましょう。ネットやかごに入れて吊るしておくのがgood。
主に春先に出回る「新玉ネギ」は、日持ちがしないので早めに召し上がれ♪


普段は名脇役…の玉ネギを、メインディッシュにしちゃう、お勧めメニューをご紹介しますね。
お肉は少ーしなのに、不思議と満足感がありますよ^^

『くるくる肉巻き♪オニオンフライ』〜ご家族皆さんでどうぞ♪

friedonion.jpg


◇◇材料(2人分)◇◇

玉ネギ 1個
豚肩ロース薄切り肉(しゃぶしゃぶ用など) 8枚
塩・こしょう 少々

※粒マスタード
 コチジャン
 トマトケチャップ…などなど お好みで

揚げ油 適宜
パン粉、小麦粉、全卵 適宜


◇◇作り方◇◇

(1)玉ネギは1/8のくし型に切る。
(2)豚肉は平らに広げ、※のお好みの調味料をぬる。
(3)(2)に(1)の玉ネギをのせて、くるくると巻き、塩こしょうをふる。
(4)(3)に、小麦粉、卵液、パン粉の順番でつけて形良くまとめる。
(5)低めの温度(160℃程度)の油で、じっくりと色よく揚げる。


※レシピでご紹介した粒マスタードやコチジャン、トマトケチャップのほか、
 お好みの調味料をぬって、くるくる巻いてみてくださいね。

2008年9月19日 22:52 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

« 【カボチャ】ビタミンA・C・Eが揃った野菜のエース。      【玉ネギ】おいしさ支える、名脇役!!»

【ニンジン】トレードマークのオレンジ色が元気の素♪

2008年8月29日

こんにちは!Midoriです。 このところ、仙台は肌寒い日が続き、長袖を引っ張り出して着た日もありました。

皆様の地域はいかがですか?

数日間雨が続いて、家庭菜園「ぽたじえ」にも行くことができず、畑の様子が気がかりでした・・・。


そんななか、ちょっとした晴れ間を見て、父が「ぽたじえ」へ。

ダメになってしまったのでは…と心配していた畑の夏野菜たちは、けなげにも、しっかり実っていてくれました。


carrot1.jpg

↑この日の収穫です♪


さて、今回の主役、ニンジン。存在感あるオレンジ色は、シチューには欠かせませんね♪


おもに春と秋に美味しい時期を迎えますが、お店では一年中見かけるので、
あまり「旬」を感じないかもしれません。
それは、産地が「リレー」されているからなんです。


夏から秋にかけては北海道産や青森県産が多く出回り、
秋が深まるにつれて、千葉や茨城などの関東地方へ…と産地が移っていきます。


お店では、ぜひ「産地の表示」にも目を留めてみてください。


■■ニンジンの栄養■■

ニンジンの栄養といえば、やはり、オレンジ色の素・ご存知「β-カロテン」


β-カロテンは体の中で必要に応じてビタミンAに変わり、目や皮膚、粘膜を健康に保ちます。
またβ-カロテン自体も、カラダの錆びつきを防ぎ、免疫力を高めてくれる働き(抗酸化作用)を持っています。


疲れ目が気になる、日焼けして肌が荒れ気味、最近どうも風邪をひきやすい…という方は
ニンジンをはじめとした緑黄色野菜をぜひしっかり食べてくださいね。


β-カロテンは油に溶ける性質があるので、油分と一緒に食べると吸収率がupするとされています。
ただし、茹でる・煮るなど加熱することによってもカロテンは吸収されやすくなりますので
油は控えめでも大丈夫。


炒め物に限らず、煮物・スープ・サラダ、そしてシチューなどなど…
いろいろな食べ方で楽しんでいただくことが、野菜ソムリエMidoriとしてはお勧めです。


ちなみにシチューは、炒める+煮る+脂肪分(シチューのルーや牛乳に含まれます)が揃っていますから
ニンジンの栄養をしっかり美味しく食べられる「カシコイ食べ方」と言えそうです^^!

■■おいしいニンジンを選ぶワンポイント■■

茎(軸)の切り口を見ること!!ここが太いと、中の芯も太くてかたいことが多いんですよ。



■■おいしさup!のワンポイント■■

ニンジンは、皮の下においしさ&栄養が凝縮!されていますので、皮はなるべく、薄〜くむきましょう。
通常は出荷の際に一度ブラシで洗われ、すでに「ひと皮むけた」状態で店頭に並んでいます。
ですから、皮はあまりむきすぎない方がお勧めですょ。



■■じょうずに保存するコツ■■

乾いたキッチンペーパーや新聞紙で一本づつ包んでから(蒸れ防止のため)
ビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に入れます。
冬場は、冷暗所でもOKです。


それでは、ニンジンを使った、オレンジ色が目にも楽しい、簡単ゴハンをご紹介しましょう。

ニンジンがちょっと苦手…なお子さんでも、大丈夫かも…?!

『にんじんゴハン』〜ホワイトシチューのお供にオススメ♪


carrot_recipe2.jpg



◇◇材料(お米2合分)◇◇

米 2カップ
にんじん 1本(すりおろして1カップ位)
ツナ缶 1缶(80g)
スイートコーン 1/2缶(65g)…茹でたトウモロコシでもOK!!
パセリ 少々
固形スープの素 1個(刻む)
白ワイン 大さじ1
バター 10g(ツナ缶がオイル漬けのときは、入れません)
こしょう 少々

◇◇作り方◇◇

(1)米は洗って、30分くらいざるに上げておく。
(2)にんじんをすりおろす。
(3)炊飯器に(1)の米と固形スープの素(刻む)、白ワイン、バターを入れ、
  目盛まで水を入れる。
(4)おろした人参とツナ缶、スイートコーンを入れて、炊飯器のスイッチをON!
(5)炊き上がったら10分程度蒸らして、軽く混ぜる。
盛りつけたらパセリを散らす。

2008年8月29日 12:08 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

     【ニンジン】トレードマークのオレンジ色が元気の素♪»

【カボチャ】ビタミンA・C・Eが揃った野菜のエース。

2008年8月22日

皆様はじめまして!

きょうからこのページで連載を担当させていただきます
野菜ソムリエ(ベジタブル&フルーツマイスター)のMidoriです。


初めに、簡単に自己紹介をさせてくださいね。
仙台で「季節のベジフルレッスン」というサロンスタイルの教室を主宰しています。
※ベジフル=ベジタブル&フルーツ→野菜&果物、です


小さい頃から野菜好きで(食は細かったのに)、
お客様に出したキャベツの千切りまで手を伸ばしてむしゃむしゃ食べた(…苦笑)というエピソードから、
祖父がつけたあだ名が「青虫」…ちょっと変わった子でした。


「野菜ソムリエ」という資格が出来たことを、ある日ボーっと見ていたTVで知り、
なんだか面白そうだなぁ☆とピンと来て、初級の「ジュニアマイスター」を取ったのが2004年のこと。
以来、野菜好きに拍車がかかり、今は最上級「シニアマイスター」を目指しながら、
定年退職後の父と家庭菜園、料理上手の母と日々レシピの研究…と
家族総出でベジフルライフを満喫しています。


このページをご覧いただいた方に、野菜をもっとおいしく、楽しく食べていただきたい!
そして、ワクワクしながらお料理していただきたい!
そんな思いでお伝えしていきますね。

皆様、どうぞよろしくお願いいたします♪


pumpkin_01.jpg

さて、それでは本題に入ります!!


本日の主役は「カボチャ」
冬至カボチャのイメージが強いですが、収穫のシーズンは、おもに夏です。


収穫してから1か月ほど置くと、デンプンが糖に変化して、おいしく(食べ頃に)なります。
かたい皮に守られて、丸のままなら数か月間保存できるので、
昔は野菜が少なくなる冬場にも食べられて重宝だったのですね。


pumpkin_03.jpg


大きく分類すると、1)日本カボチャ 2)西洋カボチャ 3)ペポカボチャの3種類があります。
店頭でよく見かけるタイプは西洋カボチャがほとんど。甘みが強く、ホクホクした味わいが特徴です。


ちなみに、最近人気の「ズッキーニ」もカボチャの仲間ってご存知でしたか?
ペポカボチャの一種で、花が咲いた後、一週間ほどの若いうちに収穫したものなんですよ。


■■カボチャの栄養■■


カボチャの栄養価の高さは野菜の中でもトップクラス。
β-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、ミネラルなどが豊富に含まれます。
β-カロテンは、体の中で必要に応じてビタミンAに変わり、肌や粘膜を守ってくれる働きをするのですが、
カボチャがすごいのは、このビタミンA・C・E(エース)が揃っているところ!!!
それぞれの抗酸化作用が、相乗効果で、より強力に働くんです。
カボチャは、錆びないカラダ作り&生活習慣病の予防には欠かせない
「野菜のエース」と言えそうですね!


また、今の時期、冷房などでカラダが芯から冷えてしまう…という方、いらっしゃいませんか?
カボチャに含まれるビタミンEは、血のめぐりを良くしてカラダを温めてくれますので、
冷えが気になる方にもおススメですよ。

pumpkin_02.jpg

■■おいしいカボチャを選ぶワンポイント■■


…皮がかたいか、ヘタの周辺がちょっと凹んでいるかをチェック!
…カットものは、果肉の黄色が濃く、種がしっかり太っているものを選んでくださいね。


■■じょうずに保存するコツ■■


丸のままなら、常温で保存できます(ただし、熟成が進むとべちゃっとした食感になることも)。
カットものは、種とワタを取ってラップに包み、冷蔵庫で保存します。

それでは、カボチャをたっぷり食べられる簡単レシピをご紹介しましょう。


『かぼちゃのコロコロマリネ』〜ビーフシチューのサイドディッシュに♪


pumpkin_04.jpg


◇◇材料(2〜3人分)◇◇

カボチャ 1/4個…250g位
大根 4〜5僉100g位
玉ネギ 1/2個
ピーマン 1個
ミニトマト 2〜3個

オイル 適宜
(A)米酢 大さじ2、砂糖 大さじ2、白ワイン 大さじ1、塩・こしょう 少々


◇◇作り方◇◇


(1)カボチャ、大根、玉ネギ、ピーマンは1.5cm角に切る。
 ミニトマトは1/4に切る。
(2)カボチャは電子レンジで2分程度加熱する。
(3)フライパンにオイルを熱し、玉ねぎを炒める。
 油が回ったら大根、ピーマン、(2)のカボチャと調味料(A)を加えてふたをする。
(4)火が通ったら冷まし、塩こしょうで味を調える。
(5)仕上げにトマトを散らしてできあがり!


◎大根やピーマンは火を入れすぎないように注意してくださいね。

2008年8月22日 10:03 | この記事のURL | コメント(6) | トラックバック(0)