レーズン・ティー・ローフ【Raisin Tea Loaf】 レシピ

レーズン・ティー・ローフ【Raisin Tea Loaf】
この記事をお気に入りに追加する 3 おいしそう!
りこりすさん
りこりすさん
  • 調理時間:1時間以上
  • 人数:5人以上分

料理紹介

お菓子のようなパンのような食べ物を代表するものに、Bara Brith(ウェールズ語で“斑点のパン”の意。たっぷり入った
レーズンやドライミックスフルーツが斑点のように見えることから)があります。
このお菓子は紅茶を使っていますが、それがなければBara Brithに非常によく似ています。
ちなみにBara Brith、ベーキングパウダーを使うやり方もありますが、オリジナルはイーストを使います。
スライスし、そのままででも、バターを塗って食べてもよし。
ケーキ自体にバターやマーガリンなどの油脂が入っていないこともあり、個人的にはバターをたっぷりめに塗って食べるのが好きです。
ドライフルーツを使ったパンにブルーチーズが合うように、このケーキにもブルーチーズは合います。
食べきれなかったら。ラップにくるんで冷蔵保存もOK。
食べるときは、早めに室温に出して自然に解凍させます。
12×21.5cmのパウンド型1本分です。

材料

  1. 薄力粉 300g
  2. ベーキングパウダー 大さじ1
  3. 三温糖 110g
  4.  1個
  5. レーズン 250g
  6. ドライミックスフルーツ 100g
  7. ティーバッグ 2個
  8.  300ml+適量

作り方

  1. 1.

    湯をわかす。レーズン、ドライミックスフルーツ、三温糖をボウルに入れる。
    ※あとですべての材料を入れるので、大きめのボウルで。

  2. 2.

    ティーポットにティーバッグをおき、湯が沸いたら注ぎ、紅茶を作る。
    ※3〜5分かけて抽出させるとよい。
    ※紅茶として必要なのは300mlなので、このとき300mlよりやや多めに湯を注ぐ。

  3. 3.

    しっかり抽出させた紅茶300mlを1のレーズン、ドライミックスフルーツ、三温糖を入れたボウルに注ぎ、一晩おく。

  4. 4.

    ケーキを焼く当日の下準備
    *型にバターを塗り、クッキングシートを敷いておく。
    *オーブンを150℃に温めておく。

  5. 5.

    薄力粉とベーキングパウダーを合わせて、2〜3度ふるう。卵をよくときほぐす。

  6. 6.

    3のボウルに 5のふるった薄力粉とベーキングパウダー、卵を入れて混ぜる。

  7. 7.

    生地をパウンド型に入れ、表面をならし、150℃のオーブンで1時間30〜45分焼く。
    ※途中、表面が焦げそうになったら、アルミホイルで覆う。

  8. 8.

    オーブンから取り出したケーキは型に入れたまま10分以上、そのままにしておき、その後型から出し、網の上で冷ます。

ワンポイントアドバイス

ポイントはケーキを焼く前日に、レーズンやドライミックスフルーツ、三温糖を紅茶に漬けること。こうすることでしっとりした味わいになります。
あとは、材料を混ぜて焼くだけの簡単レシピです。

記事のURL:http://ricorice.exblog.jp/17263001/

  • (ID: r695621)
  • 2014/01/07 UP!

他のレーズンのレシピ(17,241件)

コメントを書くにはログインが必要です。ログインする>>

このレシピに関連するカテゴリ

もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑レーズン・ティー・ローフ【Raisin Tea Loaf】 | レシピブログTOP