体菜のきりざい レシピ

体菜のきりざい
この記事をお気に入りに追加する おいしそう!
gomaさん
gomaさん
  • 調理時間:515
  • 人数:2人分

料理紹介

体菜の塩漬けは冬の保存食です。塩出しをしてから「煮菜」という郷土料理にします。魚沼の郷土料理で「きりざい」という納豆を漬物でかさ増ししたものがあります。長岡と魚沼の合作?のつもりで作ってみました。

材料

  1. 体菜 40g
  2. 昆布 1枚
  3. 納豆 2パック
  4. ゴマ 少々

作り方

  1. 1.

    塩漬けの体菜は洗わずにそのまま沸騰したお湯に入れてひと煮立ちさせ、水を替えて4~5時間塩出しします。

  2. 2.

    3~4cmくらいに切りそろえます。幅が広いものは1cmくらいにそろえます。

  3. 3.

    戻した昆布に並べて挟み、一晩昆布締めにします。

  4. 4.

    体菜は筋が固いので、h鱧の骨切りのように繊維を断ち切ってから、細かく切ります。

  5. 5.

    納豆と和え、お好みで別添のタレや醤油少々で味をつけて、白ゴマを少々振って出来上がり。

ワンポイントアドバイス

体菜の塩出しはとても難しいです。食べてみてかむとじんわり塩味が出てくる程度で塩出しをやめてください。

記事のURL:

  • (ID: r1034326)
  • 2016/04/12 UP!

他の昆布のレシピ(53,198件)

コメントを書くにはログインが必要です。ログインする>>

このレシピに関連するカテゴリ

もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑体菜のきりざい | レシピブログTOP