フードプロセッサーでカンタン餃子 レシピ

フードプロセッサーでカンタン餃子
この記事をお気に入りに追加する おいしそう! 3
lematinidealさん
lematinidealさん
  • 調理時間:30分1時間
  • 人数:4人分

料理紹介

おうちで作れば安全、そして何よりおいしいのが餃子。でも白菜を刻んだり、包んだり・・・ちょっと手間がかかるのが難。そこを一気に改善しているのがこのレシピです!

材料

  1. 豚ひき肉、あるいは薄切り肉(脂の多め) 100g
  2. 白菜 100g
  3. 長ネギ、水煮たけのこ、きくらげ 各20g
  4. にら 1束
  5. しょうゆ 小さじ1・1/2
  6. ウェイパー(万能中華調味料) 小さじ1
  7. しょうがのすりおろし 5g
  8. オイスターソース 小さじ1/2
  9. ごま油 小さじ2
  10. 酒(日本酒でも紹興酒でも) 小さじ2
  11. 餃子の皮 1袋(20枚程度)
  12.  100cc
  13. 片栗粉 小さじ2

作り方

  1. 1.

    白菜をフードプロセッサーに入れ、細かくなるまで刻む。

  2. 2.

    ボウルにひき肉を入れておき、1の白菜の水けを絞りながら加える。

  3. 3.

    1のフードプロセッサーのワークボウルの中に、たけのこ、きくらげ(水に入れ戻しておく)を入れ、細かく刻む。

  4. 4.

    ねぎ、にらは包丁で細かく切る。
    2のボウルに水けを軽く絞った3、にら、ねぎを加える。

  5. 5.

    調味料もすべて4のボウルに加え、手でよく粘りが出るまで混ぜる。餃子の皮に包む。

  6. 6.

    フライパンを熱し、油をひいたら餃子を並べる。水約100ccに片栗粉小さじ2程度を混ぜ合わせた水を入れ、ふたをする。

  7. 7.

    焦げ目がつくまでやや強火で焼く。
    フライパンより一回り小さいお皿をかぶせて餃子をひっくり返す。

  8. 8.

    再度フライパンに餃子を戻し、両面が少しかりっとなるように焼き付ける。少しごま油を流し込んでもよい。
    出来上がり。

ワンポイントアドバイス

フードプロセッサーで野菜を刻むと水気が出ることを、逆に利用して楽々餃子づくりができます

記事のURL:

  • (ID: r1033497)
  • 2016/04/12 UP!

他の餃子のレシピ(13,291件)

コメントを書くにはログインが必要です。ログインする>>

このレシピに関連するカテゴリ

もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑フードプロセッサーでカンタン餃子 | レシピブログTOP