「もってのほか」菊ちらし レシピ

「もってのほか」菊ちらし
この記事をお気に入りに追加する おいしそう!
  • 調理時間:30分1時間
  • 人数:2人分

料理紹介

今回つかった食用の菊、地元山形県では「もってのほか」とよばれています。「天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか」とか、「もってのほかおいしい」といったことが名まえの由来なのだそう。^^

材料

  1. 食用菊 (薄紅紫) 50g
  2.  1合
  3. れんこん 100g
  4. 乾燥こえび 50g
  5. 昆布(5cm角) 1枚
  6. 米酢  ★ 大さじ2
  7. みりん  ★ 大さじ1.5
  8. 塩  ★ 小さじ1
  9. 白ごま 適量

作り方

  1. 1.

    ① 食用菊はガクから花びらをちぎる。酢・塩各少々を入れた熱湯でサッとゆがき、冷水にとり、ざるにあげ水を切る。

  2. 2.

    ②れんこんはみじん切りにして、酢水にさらし、①の湯に入れてサッとゆでてから、よく混ぜた合わせ酢(★)につける。

  3. 3.

    ③米に昆布、酒を加え、炊く。炊き上がったら、熱いうちに盤台に広げる。合わせ酢(★)を回しかけ、全体を切るように混ぜる。

  4. 4.

    ④すし飯をうちわであおぎ、人肌くらいの温度になるまで冷ます。食用菊、れんこん、乾燥こえび、白ごまを加え、さっと混ぜる。

ワンポイントアドバイス

菊の花は熱湯でさっと湯がいた後、塩漬け、酢漬け、冷凍などで長期保存ができます。パーティ、ちょっとした祝いの席にピッタリ。この一品で、食卓がぐっと華やかになり、喜ばれますよ。

記事のURL:

  • (ID: r1031621)
  • 2016/04/12 UP!

他の酢のレシピ(58,911件)

コメントを書くにはログインが必要です。ログインする>>

このレシピに関連するカテゴリ

もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑「もってのほか」菊ちらし | レシピブログTOP