大切な人によろこばれたレシピです
よろこばレシピって?>>

さんま蒲焼き丼

さんま蒲焼き丼
この記事をお気に入りに追加する 15 おいしそう! 10
はらっちさん
はらっちさん
  •     夫
  •    普段の食卓
うなぎのかば焼きに劣らず美味しかったので、うなぎが好きな夫は喜んだ。
  • 調理時間:1530
  • 人数:2人分

料理紹介

9月下旬からすっかり安くなってきたさんま。
季節が秋めくにつれて脂がのっておいしい♪
そんなさんまを使った蒲焼きです。
ウナギに劣らぬ美味しさは秋だけの味。

材料

  1. さんま 2尾
  2. 長ねぎ 1本
  3. 片栗粉 大さじ1と1/2
  4. サラダ油 大さじ1
  5. 粉山椒 少々
  6. (A)砂糖 大さじ1
  7. (A)しょうゆ 大さじ2
  8. (A)みりん 大さじ2
  9. (A)酒 大さじ2
  10. 温かいごはん 茶碗2杯分

作り方

  1. 1.

    長ねぎは5ミリ幅の斜め切りにする。(A)を混ぜ合わせておく。

  2. 2.

    さんまは三枚におろして、半分に切る。

  3. 3.

    さんまに薄く片栗粉をまぶす。

  4. 4.

    フライパンにサラダ油の半量を入れて熱し、長ねぎを加え中火でしんなりするまで炒める。

  5. 5.

    長ねぎがしんなりしたら、丼によそったご飯の上にのせる。

  6. 6.

    あいたフライパンに残りのサラダ油を入れて熱し、余分な粉を落としたさんまを皮を上にして入れ、中火で2~3分こんがり焼く。

  7. 7.

    身の側に焼き色がついたら、裏返し火を弱火に変えて皮目を2分ほど焼いて火を止める。

  8. 8.

    フライパンの油をキッチンペーパーでふき取ってから(A)を加えて再び火にかける。さんまを時々返しながら全体にたれを絡ませたら火を止める。

  9. 9.

    フライパンのたれを長ねぎをのせたご飯にかけ、その上にさんまの蒲焼きをのせて粉山椒をふる。

ワンポイントアドバイス

さんまはお魚屋さんやスーパーの鮮魚売り場で三枚におろしても裏と楽ちんです♪
三枚に下ろしやすいので、家でおろしても初めての人でも結構きれいにおろせるよ。
一度挑戦すると意外とうまくいくかも(^◇^)
片栗粉をまぶすときは茶漉しを使うとまんべんなくまぶせます。
さんまは焼く前に余分な粉を落としておくと、カリッとやけて美味しい。
脂ののったさんまからたっぷり脂がでてくるから、たれを入れる前にキッチンペーパーで脂をふき取っておくとさんまにたれがからみやすくなるよ。
火を止めて脂をふき取ってからたれをいれると、飛び跳ねない。
蒲焼きのたれは砂糖1に対してしょうゆ・みりん・酒が2と覚えておくと便利だよ。
煮詰めすぎるとご飯にかけるたれがなくなるから、さんま全体にたれがからまったくらいで火を止めてね。
丼物のご飯を炊くときには、たれをかけることを考慮して少し水を少なめに炊くと美味しいよ。

記事のURL:http://blog.goo.ne.jp/nyankokitchen/e/2d56b9998c8eb06f96f8d81a937787ad

  • (ID: r811525)
  • 2014/10/05 UP!

他のサンマのレシピ(5,928件)

コメントを書くにはログインが必要です。ログインする>>

このレシピに関連するカテゴリ

もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑さんま蒲焼き丼 | レシピブログTOP