鶏肉と絹揚げの照り焼き丼

  
厚揚げとは、1丁から半丁ほどの大きさに切った豆腐を油で揚げた食品です。
厚揚げには木綿豆腐を油で揚げた綿厚揚げと
絹豆腐を油で揚げた絹厚揚げがあります。
スーパーにもよりますが、値段はほぼ同じくらいだと思います。

絹揚げの方が舌触りが滑らかで、食感はもっちりとしています。
焼いたり、炒めたりする料理には、形も崩れにくいので絹揚げを使うことが多いです。
豆腐とはまた違った美味しさがあるので、たまに食べたくなります。

はいでは本日のお料理です。
鶏もも肉100g70円と特売だったので1枚だけ購入〜
絹揚げと同じ大きさに切って、甘辛く照り焼きにしました。
【材料】4人分
鶏もも肉・・・1枚
絹揚げ・・・1丁
サラダ油・・・大さじ1
★酒・・・大さじ2
★醤油・・・大さじ2
★砂糖・・・大さじ2
★みりん・・・大さじ1
★生姜のしぼり汁・・・小さじ1
ごはん・・・4杯
刻み海苔、刻みネギ・・・各適量
【作り方】
1.フライパンにサラダ油を熱し、一口サイズに切った鶏もも肉を加えて炒める。8割ほど火が通ったら、賽の目に切った絹揚げを加えて炒め合わせる。
IMG_2098.JPG
2.絹揚げの表面に焼き色がついたら、★印の調味料を加えてタレを煮絡める。
IMG_2100.JPG
3.茶碗にごはんをよそい、刻み海苔を敷き、2を盛り付け、フライパンに残ったタレを回しかける。刻みネギを散らして完成です。
IMG_2106.JPG

モチモチ〜美味しい❤

絹揚げの滑らかでもっちりとした食感に、照り焼きの甘辛いタレが絡んで最高〜
普通に鶏肉だけでもいいのですが、それだとちょっとつまらないし、コストも高くなるので
絹揚げで食感をプラスすると共にカロリーとコストをダウン!
しょうが汁の効果で甘ったるくなく、後味もキリッとしまります。
お好みで七味や山椒をかけるのも良いですね^^

IMG_2094.JPG
これは昨日の煮物なんだけど、微妙に残ってしまったの・・
このまま食べても味が染みて美味しいんだけど、これを大きいものは半分に切ります。
あとはたっぷりのだし汁で煮て、沸騰したら火を止めて味噌を溶きます。
IMG_2102.JPG
あっという間にけんちん汁の完成です。
一から作ると、時間のかかる根菜入りの汁物も
煮物から作れば時短で美味しくて、あっという間に完成です!

IMG_2104.JPG
ボウルにさやから出した枝豆、ざく切りトマト、めかぶを加え、三杯酢で和えました。
冷蔵庫でよく冷やしてからお召し上がり下さい。
冷たくて、甘酸っぱい味わいでズルズルっといけます。

胡瓜は乱切りにして、白だしと鷹の爪と共に保存袋に入れて、冷蔵庫で寝かせて浅漬けにしました。

IMG_2112.JPG
最後にまとめ!本日の献立予算はこちら(合計494円)

●鶏肉と絹揚げの照り焼き丼(277円)
●なんちゃってけんちん汁(45円)
●枝豆とトマトとめかぶの三杯酢和え(112円)
●キュウリの白だし浅漬け(60円)

残り物を使ったり、段取りよく作れたので30分ほどで完成しました〜!
マイティ

都内の人気レストランで店長をつとめた後、結婚。現在は二児のママとして愛する家族のために、おいしくて簡単な節約レシピを日夜、研究中。趣味はゴルフと料理、お酒を嗜むこと。旦那様の転勤で現在は、アメリカのテキサスに在住。

著書に「マイティさんち家の満足ごはん」(成美堂出版)がある。ブログ「1ヶ月2万円の節約レシピ」も要チェック!

こちらもチェック!

カテゴリー

月別アーカイブ

新着!公式連載