TOP > 特集&連載 > Recipe&Life インタビュー
レシビブログインタビュー:recipe & life「おいしい暮らし」前・後編  毎月二回更新
第27回目 トイロイロ ***happy color life*** トイロさん 後編
トイロイロ ***happy color life*** トイロさん  へ

2010.04.16up text rumiko igaki photo toiro


〔インタビュアー(以下イ)〕 
初のレシピ本、重版が決まったそうでおめでとうございます! さっそくですが後半も引き続きよろしくお願い致します。
トイロさんというと、お料理もそうですがハンドメイドの小物やおうちのお写真も素敵で、そちらのお話をお伺いしてもよろしいですか? 


〔トイロさん(以下ト)〕 
はい。なんでも作るのが好きです。お友達に素敵にハンドメイドをする方がすごく多いのでいつも色んな刺激を受けています。
特に、自分の家を住みやすく、心地よい空間にするために小さな家具や雑貨なんかを手作りする、いわゆるDIYをするのが好きです。 買うと高いものも、どうにか自分で作ろうと試行錯誤する時間や完成した時の喜びが大きくて。のこぎりでギコギコやったり、ペンキ塗りを無心でするのが癒しの時間です。一時期、突然思いつきで壁を塗ったり大きな棚を設置したりして、帰宅した主人を驚かせた(引かせた)こともあります(笑)。


〔イ〕  それは、びっくりしますね!(笑) 朝出た状態と明らかに違う風に家が変わっているんですものね。


〔ト〕  はい(笑)。あとは写真かな〜。デザインを勉強していたころに少しだけ授業で勉強はしたのですが、当時の知識は何年も役立たず状態で。でもブログを始めたことや子供が出来たことをきっかけにカメラにどんどん引き込まれました。今ではデジタル一眼レフと、コンパクトカメラのどちらかを常に持ち歩き、子供たちや景色、好きなもの、記憶に残したいものを撮りまくって楽しんでいます。


〔イ〕  お写真も素敵ですよね。デジタル一眼レフとコンパクトカメラのふたつ使いは凄いですね。どういう風に使い分けていらっしゃるんですか?


〔ト〕  基本的には大きさが全然違うということで、コンパクトカメラの方を普段お出かけに連れて行きます。バッグに入れられるサイズと軽さはやっぱり子供連れには嬉しいですからね。一眼レフはどうしても大きいし重いので、車で遠出の時とかじゃないと持って行けなくて。両手は子供たちで埋まってるので(笑)。 私の使ってるコンパクトカメラはすごく機能が充実していて一眼レフで撮ったの? と言われるくらいきれいなんです。だからどちらを持ち歩いても十分楽しめてます♪ 
出来上がったお料理を撮るのは一眼レフで工程写真を撮るのはコンパクトカメラっていう風にも使い分けてます。 うちはキッチンが暗いので、自動で明るさ調整してくれるコンパクトカメラの方がきれいに工程写真は撮れるし、出来上がったお料理やお菓子は自然光の入る窓際で、そのおいしさや可愛さを表現できるようにと一眼レフのレンズを使い分けながら撮ったりしてるんですよ〜♪ 
レンズといえば、最近新たに欲しいレンズもできちゃって・・・ハマるとお金かかっちゃいますけど、やっぱりカメラは楽しいですね!


〔イ〕  同じようにインタビューさせて頂いたかめきちパパさんもカメラが趣味でたくさんカメラやレンズを持っていらっしゃいました。カメラに、はまっていらっしゃる方は、機材やレンズにもこだわりを持たれていますね。
では、ちょっと話を変えて、今はご出版後などでお忙しいかと思いますが1日のスケジュールを教えてください。


〔ト〕  はい。起床時間は朝7時です。朝がとっても苦手なので寝坊してしまうこともしばしばなのですが、子供の幼稚園があるので気合いで起きてます(笑)。朝ご飯食べさせて幼稚園に送りだしたら9時。そこからは家事タイムです。掃除や洗濯、買い物などをします。その合間で昼ごはんの準備や、晩御飯のおかずの下ごしらえなどをちょこちょこと同時進行でやっていきます。
買い物は、スーパーに行くこともあるのですが、最低でも週に一度は市場に出向きます。主人が仕入れしている市場なんですが、旬の食べ物があふれていて活気があってぬくもりがある市場の雰囲気が大好きで、知ってるおばちゃん、おじちゃんに会いに行くのも楽しみで通っています。



〔イ〕  いいですね。人情味が溢れていて。スーパーとはまた違った人とのふれあいや温もりを感じますね。


〔ト〕  下の娘を連れてるとちょっとおまけ♪ なんて言ってもらえるのも嬉しくて。 そしていつもは、ランチを済ませたら娘と遊んだり、昼寝しちゃった場合はそこで仕事やブログ用の写真を撮影したり加工したりします。 午後3時過ぎに長女が幼稚園から帰ってくるのでお迎えに行って、おやつを食べて、近所の公園に行ったり主人のお店に散歩に出かけたり♪ 晩御飯はだいたい6時からなので、それに間に合うよう残りの準備をします。 ご飯を食べたらそのままお風呂! お風呂から上がったら果物などを食べさせて寝かしつけ! と怒涛の数時間を過ごします(笑)。
子供たちが寝たら、後片付けや家事をしたり、翌日の朝食準備。ブログを書く準備をしたり、PCや趣味の時間です。主人の帰りが遅いこともある上に、やりたいことが多すぎる人間なので(苦笑)。 ブログの更新を終えて、寝ようとするのはいつも深夜2時半ごろなんです。いつも読者さんからも「早く寝てください! 」って怒られちゃうんですけどね。デザイナー時代に徹夜慣れしたり夜型で何年も過ごしてきたのでどうしても夜早く寝ることが苦手なんですよね。一応、主人が夜中に帰ってきたときに家に明かりがついてる方がほっとするかな〜なんて余計なおせっかいの気持ちもあるんですよ〜(笑)。
毎日、睡眠時間は3〜5時間ですが、元気いっぱいです。(こんなこと言うとサイボーグだとか実は3人トイロがいるとか変なうわさが流れたこともありますが…。笑)夜泣きされると寝ないまま朝が来たりしますけどね(笑)。そういう時は子供と一緒に思いっきり昼寝してますしね! あんまりゆっくり座ってテレビを見るなんて時間を取らないんですが、今は子供たちと遊んだり友達を招いたり、趣味に費やす時間の方が楽しいので毎日充実しています。


〔イ〕  毎日を楽しく、充実した日々を送っていらっしゃるのが1日の様子からも伝わってきます! お子さんもきっと、お母さんがウキウキ、楽しく過ごしているととても楽しいのでは・・・? と思いますが・・・。


〔ト〕  そうですね。子供たちも自由奔放で私にそういうとこよく似てて(笑)。一緒に楽しんでくれてるようです。お姉ちゃんの方は最近やっと「ママ=トイロ」ということが理解出来てきたようで(笑)。幼稚園のママ友にも「ハナのママはトイロチャンなのよ! 」なんてなぜか自慢してるようです。
リクエストしたものを作ってもらえるから「ママは魔法が使えるんやね〜」なんて嬉しいことも言ってくれるので私も楽しめてるんでしょうね。たまに「出来ないよ〜! 」って真剣に頭を悩ませることもありますけどね(笑)。 自分のことだけではなく、子供たちと遊ぶ時間も全力投球しちゃうので、子供並みに疲れちゃうんですけどそういうお馬鹿なママが好きだと言ってくれるのでこれからもきっとこんな私なんだろうなっ・・・て思います。


〔イ〕  「ママは魔法が使えるんやね〜」、かわいいですね♪ トイロさんが小さい頃はどんなお子さんでしたでしょうか? お料理は小さい頃からご興味があったのでしょうか?


〔ト〕  母がすごく料理が上手な人なので、興味は常にありました。でもね、昔っから人に教えてもらうっていうことが大嫌いな性格で。母が読んでる料理本とか雑誌とかをこっそり読んでは母のいないときに勝手に作ってみるとかそういうことしてましたね。たいていはなんじゃこりゃ〜! みたいなものが出来上がるわけですが(笑)。兄や妹が料理漫画が大好きで、実家には今でも本屋さん?! と思うほど料理漫画が並んでるんです。


〔イ〕  ふふふ。料理漫画、面白いですよね。「美味しんぼ」とか「ミスター味っ子」とか・・・。ちょっと古いですか!? (笑)。


〔ト〕  !! まさにそれなんですけど〜〜〜!! (大笑い)ほかにも「クッキングパパ」とか「味いちもんめ」とか・・・ね! 「美味しんぼ」は普通に勉強になりますし、そのほかの漫画はアイデアがすごく面白くて斬新でしょ?! (実際出来るかや、美味しいかは別として・・笑)。 当時の私は絵を見て楽しむ程度だったのですが、そういう漫画の中のアイデアも今お料理する時のヒントになったりしてることもあるんですよ。家族がほんとに全員食に興味があるというか食べることが大好きだったので、自然と私も好きになってた気がします。
学生時代はね、毎年バレンタインになると我が家に友達が集合して、母に教わりながらチョコレートを作ったり高校時代は私が教えたりしながらラッピングまで我が家でやって持って帰って渡す! みたいなのが恒例イベントになってました(笑)。 なので好きではあったけど、まさかここまでハマるとは昔の自分からは想像がつかないですね。


〔イ〕  料理漫画ネタ、乗って下さってありがとうございます(笑)。独特の面白さがありますよね(笑)。
バレンタインの家でチョコレート作り、懐かしいですねー。甘酸っぱい思い出ですね。ご家庭で、自然に食や料理に触れる機会が多かったんですね。小さい頃から元気いっぱいなトイロさんでしたのでしょうか?


〔ト〕  とにかく活発で男の子っぽい子だったと思います。小さいころから運動が好きで、特に短距離は自信があったんです! 50Mを6秒台で走るようなやんちゃな女の子でした(笑)。割と中心になって引っ張っていくタイプでもあったので、高校時代は体育祭で応援団長をしたりもしてましたね〜。高校まではずっとピアノをしていたこともあって音楽も大好きでしたよ。 中学時代にはピアノ教室の先生のお友達の方たちとレゲエのバンドみたいなこともやったりして。音楽も好きだけどファッションにも興味があって、一時期は古着ばっかり買い集めたり、フリーマーケットに出店したり、自分で作ってみたり。
今思うと、自分が「やりたい! 」と思ったらとりあえず何も考えずにやってみる! みたいな即決力というか行動力があった子だったなって思います。 間違いなく、今の私しか知らない人は想像がつかないだろうな〜ってくらい正反対だったかも知れません。 やんちゃが過ぎて、両親にはほんとに迷惑をかけっぱなしでした(笑)。


〔イ〕  運動も得意で音楽も好きでファッションにも興味を持たれて・・・と、何でも出来てしまうのは、子ども時代からの流れなんですね。多少、やんちゃなのは若い頃のご愛嬌ということで・・・(笑)。学生の頃のエピソードってございますか?


〔ト〕  とにかくバイトをしまくりました! よく働いたな〜〜って思います(笑)。見た目は、決して真面目そうじゃなかったですけど、根がまじめというか。バイトをしまくったというのには色々と事情があったわけなんですが、寝る間も惜しんで・・・っていう言葉がまさに! って感じだったですね。専門学校で勉強してる以外はバイト〜〜みたいな時期もありました。親に内緒で、遊びに行くふりしてバイトしてた時期もありました。 そんなこと何年か続けてたらぶっ倒れてしまったこともありましたけどね(笑)。 昔から自分がやると決めたら弱音をはく前にやってしまおうと思う、負けず嫌いなところがありました。でも、人懐っこいというか、誰とでもすぐに打ち解ける性格だったので、バイト先で沢山の素晴らしい出会いをして沢山の友達、信頼できる人ができました。今でも可愛がってくれる店長さんやオーナーさん、連絡を取り合うバイト仲間も数多いです。
バイト先がね、なぜか飲食店がすごく多かったんです。喫茶店や居酒屋、カレー屋さんにバー、あとはお弁当屋さん、魚屋さん、ラーメン屋さん。掛け持ちで一日に何個かバイトしてたんですけど、次のバイトまでのお昼ごはんを食べさせてくれたり、お弁当になるものを持たせてくれたりする人もいたんですよ。空き時間1時間あるなら仮眠を取ってから行きなさいって言って下さったり、体調が悪い時には、時間がある人が家まで送ってくれたり。とにかく、とても色々な事がしんどい時期だったのですが、出会った人が温かくて、どのバイトも楽しかった! お金目的というよりも、みんなに会うのが楽しみとか賄い食が楽しみ(笑)。みたいな気持で過ごせたバイト時代でした。


〔イ〕  (笑)。当時の楽しかった様子が映像で伝わってくるようでした。若い頃のアルバイトって、社会人になる前に人間関係や仕事の仕方や色んな経験が出来ますよね。きっと、トイロさんのお人柄だからこそ、色々と懇意にして下さったんでしょうね。



晴れの日も雨の日も楽しく、Happyに過ごすトイロさん。そんなトイロさんが大切にしているのはお子さんたちとの時間だそう。
「子どもはまだ2歳と4歳になったばかりなので、小さいからどうしても手がかかります。主人が仕事柄ほとんど家にいないから、私が父親役も母親役もしないと! と、いつもその接し方や過ごし方を大事にしているつもりです。」とのこと。
そしてもうひとつ、日々の生活の中で大切なものがあります。それは・・・
「とにかく笑顔であること! ポジティブに考えること! 人間ですから嫌なことがあったり落ち込むことがあったり、私も当たり前のようにします。でもそれをそのまま受け止めて落ち込んだり、何日も引きずったり・・・ってことはほとんどないです。どちらかというと、これで済んで良かった〜♪ ラッキ〜♪ と思うタイプです(笑)。」
昔は、こういう考えがまったく出来ずに病気にまでなってしまったこともあるそうですが、
「その病気を克服するとともに考え方をポジティブに変えたら人生が驚くほど変化したんですよ〜! 自分自身も生まれ変われた気がします。だからいつも笑顔で過ごすことと、楽しい気持ちで、前向きな気持ちで過ごすこと、そんな自分でありながら子供たちと毎日を過ごすということを大切にしています。」
と、おっしゃる言葉からは元気をお裾分けして頂いているような気がして、 こちらも自然と笑顔になってきます。


〔イ〕  では、最後にトイロさんの今後の夢を教えてください。


〔ト〕  本も出版出来たので、次の夢は自分のお店を持ちたいなって思っています♪ 小さくっていいんです。大好きな古道具とかアンティークのある空間で、一日何人かでもいいから私に会いに来てくれて、私の作ったものを食べてくれて、一緒に楽しく過ごしてもらえる・・・そんな空間を持ちたいなと考えています。小さな子どもがいても気軽に遊びに行けるような、ママだって癒されるような場所を作りたいなって。そのために、自分自身がクリアしたい課題とか勉強とかがあるので、まずはその努力から始めたいと思います!
いずれは主人の小料理屋さんと合体して、もっともっと面白いものが出来たら・・・という野望もあるのですが、それはまだまだ遠〜〜い先のこと。 とりあえず、自分磨きを沢山して一歩ずつ前に進みたいと思っています! 一番近いところでは、小さなお料理教室をしたり、色んなイベントとかにも積極的に参加していこう! なんて思ってます。


〔イ〕  トイロさんのお店、楽しみですね! 昼はトイロさんのお店で過ごし、夜は旦那様のお店で過ごす、っていうのもアリですよね♪ 
次に出してみたい本などはござますか?


〔ト〕  「簡単で可愛いラッピングの本」とか出してみたいな〜って思います。 かなり頻繁にお友達にプレゼントをするのですが、ラッピングするのが本当に好きなんです。 相手のことを思いながら自分のつくったものを可愛くラッピングするって楽しいですもんね。私は100円均一のアイテムを使ったり、身近に手に入るものを使ってのラッピングもよくするので、手作り志向の高まる今、手作り品がさらに素敵に変身するようなラッピングの提案が出来たらいいな〜なんて思います。 インテリアや雑貨なんかも大好きなので、そういう可愛い雑貨の紹介やラッピングなんかも合わせてやってるような本、私も欲しいんですよね〜(笑)。


〔イ〕  いいですねー。私もあったら欲しいと思います。


〔ト〕  パンやお菓子作りも完全に独学なのですが、そんな普通の主婦の私でも出来る簡単なおやつやパンの本もいつか出せたらな〜なんて夢見ています。子供と一緒に出来る!とかだとなおいいですよね。そのためにもっともっと勉強したり作ったり色んなチャレンジもしていきたいです♪


〔イ〕  夢に向かって、どんどん新しい扉を開けるトイロさんを私も応援しています! ありがとうございました。



「いつも笑顔で過ごすことと、楽しい気持ちで、前向きな気持ちで過ごすこと」。それがトイロさんの魅力で魔法なんだと思える、清々しいインタビューでした。 いつまでも笑顔で楽しいブログを、そしていつかご自身のお店でたくさんの人を幸せにしてくださいね!

次回前編は5月7日(金)アップ予定。「1ヶ月2万円の節約レシピ」、“マイティ”さんのご登場です。どうぞお楽しみに♪


トイロさんのおススメレシピ とろ〜り♪ ふわ〜ん♪ カニカマ天津飯★
トイロさんのおススメレシピ とろ〜り♪ ふわ〜ん♪ カニカマ天津飯★
BACK NUMBER

c荀>>帥腮帥潟若
篏c羇紫≪ゃ≪激
c荀>>鴻激c篌
c荀>> h鐚篋堺若激
HOT TOPICS

↑PAGE TOP