TOP > 特集&連載 > Recipe&Life インタビュー
第15回目 ほんわか*おうちcafe〜幸せのおいしい食卓〜 のんのんさん 後編
ほんわか*おうちcafe〜幸せのおいしい食卓〜 のんのんさん  へ

Update:2009.04.17  text:Rumiko Igaki photo:のんのん


〔インタビュアー(以下イ)〕 お子さんが3人いらして、ブログも書いて・・・と毎日お忙しいと思いますが、1日のスケジュールはどんな感じですか?


〔のんのんさん(以下の)〕 だいたい、朝は5時半頃に起きます。6:00くらいに主人が出勤してから、子どもが起きてくるまでボーっとしてて・・・(笑)。7:00くらいに朝ごはん、子どもたちは小学校へ、主人は出勤して、8:00〜お昼くらいまで掃除、洗濯、買い物、時間が余ったら自分の時間ですね。
12:00〜お昼ごはんを食べて、午後の1:00くらいからおやつを作ったり、子どもと公園に行ったり・・・ 夕方から晩ご飯のしたくをして、19:00くらいにいつも晩ご飯を食べます。21:00頃までは家族団らんの時間。それ以降、子どもが寝たらパソコンを開いたり、パンやケーキの仕込みをしたり、趣味のミシンをやったり。毎日、夜中の12時ごろ寝ています。ブログのチェックや更新は、子どもがまだ小さいですし、毎日の予定が コロコロ変わるので、空いた時間を見つけてって感じです。
何も予定が無い日は時間をかけて更新したりチェックしたりしていますが・・・。ただ、ブログも開かない日は無いですね。記事はそんなに時間を掛けずにパパッと書きます。


〔イ〕 記事を書くときに気を付けていらっしゃることとかはございますか?


〔の〕 外食の話は基本的に載せないようにしています。のんのんさんは外食なされないんですか? って質問がたまに来たりするのですが、外食もしますけど、家庭料理という軸からはぶれないようにしています。


〔イ〕 ブログを更新していて、大変なことってございますか?


〔の〕 私は楽な感じでやっているので・・・(笑)。時間もそんなに取れないですしね。頑張りすぎたり、嘘を付くのも嫌ですし・・・。お料理のプロではないですから、素人ができることしかできない、だから自分が楽しく、無理をせずって思っています。ブログは新婚の頃、レシピの覚え書きをパソコンに打ち込んでいたこともあるのでそんなに大変じゃないですし、今も自分の覚え書きのレシピ帳という感覚なんですよ。



〔イ〕 そういえば、アメリカで生活していらした頃の美味しかった料理や反対に海外の方に好評だったレシピってございますか?


〔の〕 アメリカンフードはね・・・あまり口に合わなくて・・・(笑)。高級ステーキ屋さんに行こうって誘われてウキウキして行ったら、お肉が固くて歯でちぎれないんですよ!(笑)。実は、旅行に行く時も、炊飯ジャーを車に乗せて、ふりかけや卵を持参して行ったりしていました(笑)。


〔イ〕 ある意味、お米によって圧力鍋から土鍋まで使い分けるのんのんさんらしいとも言えますね・・・(笑)。


〔の〕 そうそう、フルーツは美味しかったですよ!ラズベリーやブラックベリーなど、ベリーの種類が豊富で、安いんです! 日本では、なかなか手が出ないですけど、それは嬉しかったです。それからスープは外れがなかったですね。


〔イ〕 では、好評だったレシピは?


〔の〕 アメリカのお菓子とか凄い甘かったりしますよね?(笑)。色々な国の海外赴任された奥さんとランチョンをする機会が度々あって、そこにお菓子を持っていくのですが、みんな、『どんだけ甘くしなきゃいけないの〜?』ってほど、甘くしなきゃいけないんですよ(笑)。ただ、そこは、『日本人よ!』って、こってこてでもいけないし、日本の文化をアピールしつつ、外国人の方が好きそうな見た目にしてみたりしました。
そうそう、アップルパイを作ったのですが、パイ生地をアップル型の型抜きでカットして表面に小さなリンゴが並ぶような感じで載せて焼いたものは好評でしたね。 それからギリシアの方と仲良くしていたのですが、アメリカの豆腐は日本のように美味しいお豆腐じゃなくて、それならかわいくアレンジしようと、ひょうたんの型で抜いて雪だるまみたいにアレンジして出したら喜ばれました。


〔イ〕 のんのんさんはアイディアが豊富で、お話を聞いてても、海外の方とも楽しく過ごされていらしたような気がします。小さい頃はどんなお子さんだったんでしょう?


〔の〕 小さい頃はお転婆で(笑)。料理好きでした。父がコックさんだったので、料理に関心が強くて、妹のお弁当を私が作っていたりもしました。朝ごはんや晩ご飯は母が作りますから、じゃあ、お弁当を作るよ!と・・・。玉子焼きやタコの形のウィンナーなんか作ってましたね。ただ、お料理を仕事にしようとは思ってなかったですね。今ほど、フードコーディネーターというお仕事が私が学生の頃は確立されてなかった気がしますし・・・。今のブログとは全然関係の無い道に進んで、早くに結婚しました。


〔イ〕 それでは、最後にご自身の今後の夢を教えてください。


〔の〕 今はまず、子どもと過ごす時間を大切にしたいと思っています。去年、ある雑誌に我が家のおせちのレシピを紹介する機会があって ブログ以外で形に残るものを作る楽しさを知りました。 ちょうどその頃、別の出版社から、本の出版のお話を頂き、出版に向けてがんばっているところです。
子どもが大きくなったら好きなアンティークの雑貨を扱うお店もいいなーって思いますし、以前日本に居た時に、友人を呼んで無料でやっていた料理教室をまたやりたいとも思います。
ギョウザやパンなどレシピを起こして、それこそ、オーブン1個で焼いて、私が作ったものをワイワイおしゃべりしながら試食して、みんなが作ったものは今日のお夕飯に、と。そんなことにも興味があります。


気負いなく語るのんのんさんからは、3人のお子さんが居るように思えないような、ゆったりとした時間と 癒しオーラが溢れていました。最後、3人のおちびちゃん達も、スクスク健やかなかわいい笑顔で見送ってくれて・・・ひとり持って帰りたい・・・(笑)と、後ろ髪を引かれながらのんのんカフェを後にしました。
次回はcoupe-fetiのvivianさんが登場! 5月1日(金)アップ予定です。 どうぞお楽しみに!


のんのんさんのオススメレシピ  ラズベリーと林檎のゼリー

BACK NUMBER

もっと見る>>みんなの投稿コーナー
アレンジいろいろ!秋鮭レシピ
もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑PAGE TOP