TOP > 特集&連載 > Recipe&Life インタビュー
第10回目 ちょりまめ日和 ちょりママさん 前編
ちょりまめ日和 へ

Update:2008.11.07 text&photo:Rumiko Igaki


〔インタビュアー(以下イ)〕  はじめまして。ちょりママさんのブログといえば、レシピがプリントアウトしやすいように 工夫されていますよね。いつも、見やすいなぁと思ってチェックしております。 レシピのブログをはじめたきっかけを教えてください。


〔ちょりママさん(以下ち)〕  私、インターネットが大好きで(笑)。 20台半ばのOL時代からお昼休みや休憩中にレシピのブログのネットサーフィンをしていたんです。


〔イ〕 ネットサーフィンはお料理ブログ以外は?


〔ち〕 お料理ブログばっかりでしたね。 YOMEさんやてんきち母さんも見ていましたよ! 出産を機に家に入って、私もやってみようかなぁと思ったのが始めたきっかけです。 こんなに見てもらえると思ってなくて、もし、良かったらどうぞ、っていう気持ちでした。 レシピを今のようにしたのは、みんなレシピはプリントアウトして使っていると思って、 プリントアウトしやすいように試行錯誤して、エクセルで表組みにしてからイラストレータで jpgにしています。


〔イ〕 エクセルでレシピを作っていたら管理しやすいですね。


〔ち〕 はい、ある程度工程が決まっているようなパンのレシピなんかは 修正がしやすいので簡単にレシピをアップできますね。


〔イ〕 お菓子やパン、おかずとレシピのレパートリーが豊富ですが、何か食に 携わったご経験などは・・・?


〔ち〕 3年半くらい、飲食関連の仕事をしていた事がありました。
シェフが居るレストランに併設されたカフェで、オーナーが色々任せて下さり メニュー開発などにも携わっていました。 手作りのピザをサーブしていたので、同様に手作りの生地でパニーニを作ったり、 1週間に1度メニューを変更するのを考えたり、季節に応じてドリンクを考えたり。 そんなレシピのプランニングをするのが楽しかったですね。
今、パンを手作りしているのもその頃にやっていたからかもしれません。 レストランの組み合わせを覚えていて、毎日の食卓のメニューにも生かされていたり・・・。
とは言っても独身の頃はお仕事優先だったので、今のような感じじゃなかったです。
結婚して子どもが出来て、子どもの苦手なものを食べやすく調理するように 工夫しました。なるべく馴染みのある食材で自家製のパンや 添加物の入っている調味料と入ってない調味料があったら無添加の調味料を 購入したり、極力薄味を心がけたり。
例えば、オススメレシピに挙げた「なめらかプリン*」も生クリームを使わずにとろけるようにできないかなぁって 考えて、練乳を使って砂糖を省いたり。 主人は結婚当初、濃い味が好きだったんですが、今ではすっかり薄味になりました(笑)。 私自身も、もともとあまり肉を食べなかったり、油っこいものを控えたり偏りがあったと感じるのですが 子どもが生まれてからは色んなものを口にしようと思うようになりました。
揚げ物をしようとか、お菓子を作ろうとか。 自分だけだったらそう思わないかもしれないですね、お菓子も保存料を使わずに出来るし、 出来る限りやってみようって。
ただ、外食する時は美味しければいいじゃない! って思いますし、 こだわりすぎると食べるものも限られてしまうので自分が楽しく工夫出来る範囲でって思っています。

*ちょりママさんのオススメレシピの「なめらかプリン」は某有名店のプリン級の美味しさに頂いた編集部一同感激。もちろん私も家に帰ってすぐレシピを保存しました・・・。


〔イ〕 ブログを始めて何か変化はありましたか? 良かったことや逆に大変なことは?


〔ち〕 お料理ブログを始めて、もっともっとお料理が好きになりました。
何でもっと早く始めなかったんだろうと思ってます(笑)。
始めて1年半の間で見に来てくれる方がたくさん居て、更新するのが大変だなぁと 思ったことは無いですね。 元々、インターネットが好きですし(笑)。
ブログが生活のサイクルの中にあるので更新しないと1日何か気持ち悪いです。 コメントを返すもの楽しいです。ついつい、丁寧に返そうと思い、長文になってしまいがちなのですが・・・(笑)。
レシピを載せるのが基本のスタイルで+α日記を書いて、 その半分半分のバランスが今、ちょうどいいですね。
それに、ブログを見ていて憧れていた方と話が出来たり、 年齢や地域に問わず友達が出来たのも嬉しいです。
自分より若い子の恋愛の相談に乗ったり・・・きっと会ってないから こそ言えるようなこともあるでしょうし・・・。
悩みとか相談されると、何か力になれたらと思いますし、 料理だけに限らず親密になれるのがブログの楽しいところですね。 それから、身内への近況の報告も兼ねています。


〔イ〕 ブログからレシピ本を出そうとか、何か目標などはございますか?


〔ち〕  目標と言うよりかは後から読み返して良い思い出になったらいいなぁって。 ここまで続けてきたから、ブログから何か形になると嬉しいなと思います。 ブログ=レシピ本と思われがちですが、本に限らず、どんな方法にしろ 自分のレシピが表現されていればいいなぁと、今はそんな風に思っています。 ブログがあるから私も世界が広がって、モニターの応募やコンテストに出たり、たまに 知らず知らずのうちにご紹介して頂いていて、 こんなところにURLがある! って嬉しくなったり・・ 今後は娘が幼稚園に行くようになって、子どもと共に自分もブログも 成長していければと思っています。



かわいらし外見に秘められた元気で朗らかな笑顔が魅力のちょりママさん。 テキパキとユニークな表現も交えつつお話なさる ちょりママワールドにいつしか引き込まれていき、まるで友達の家に お茶をしに行ったようなほっと安らぎ、楽しい楽しいひと時でした。
インタビュー後編は11月21日アップ予定です。 インタビュアー一同、共感&大爆笑した大好きな少女漫画についてなど ちょりママさんの料理ブログ以外の魅力をお伝えします! どうぞお楽しみに!


オススメレシピ なめらかプリン

BACK NUMBER

もっと見る>>みんなの投稿コーナー
土用の丑の日に!うなぎ&うなぎ“もどき”レシピ
もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑PAGE TOP