野菜ソムリエMidoriさんのお野菜レッスン
     【ニンジン】トレードマークのオレンジ色が元気の素♪»

【カボチャ】ビタミンA・C・Eが揃った野菜のエース。

2008年8月22日

皆様はじめまして!

きょうからこのページで連載を担当させていただきます
野菜ソムリエ(ベジタブル&フルーツマイスター)のMidoriです。


初めに、簡単に自己紹介をさせてくださいね。
仙台で「季節のベジフルレッスン」というサロンスタイルの教室を主宰しています。
※ベジフル=ベジタブル&フルーツ→野菜&果物、です


小さい頃から野菜好きで(食は細かったのに)、
お客様に出したキャベツの千切りまで手を伸ばしてむしゃむしゃ食べた(…苦笑)というエピソードから、
祖父がつけたあだ名が「青虫」…ちょっと変わった子でした。


「野菜ソムリエ」という資格が出来たことを、ある日ボーっと見ていたTVで知り、
なんだか面白そうだなぁ☆とピンと来て、初級の「ジュニアマイスター」を取ったのが2004年のこと。
以来、野菜好きに拍車がかかり、今は最上級「シニアマイスター」を目指しながら、
定年退職後の父と家庭菜園、料理上手の母と日々レシピの研究…と
家族総出でベジフルライフを満喫しています。


このページをご覧いただいた方に、野菜をもっとおいしく、楽しく食べていただきたい!
そして、ワクワクしながらお料理していただきたい!
そんな思いでお伝えしていきますね。

皆様、どうぞよろしくお願いいたします♪


pumpkin_01.jpg

さて、それでは本題に入ります!!


本日の主役は「カボチャ」
冬至カボチャのイメージが強いですが、収穫のシーズンは、おもに夏です。


収穫してから1か月ほど置くと、デンプンが糖に変化して、おいしく(食べ頃に)なります。
かたい皮に守られて、丸のままなら数か月間保存できるので、
昔は野菜が少なくなる冬場にも食べられて重宝だったのですね。


pumpkin_03.jpg


大きく分類すると、1)日本カボチャ 2)西洋カボチャ 3)ペポカボチャの3種類があります。
店頭でよく見かけるタイプは西洋カボチャがほとんど。甘みが強く、ホクホクした味わいが特徴です。


ちなみに、最近人気の「ズッキーニ」もカボチャの仲間ってご存知でしたか?
ペポカボチャの一種で、花が咲いた後、一週間ほどの若いうちに収穫したものなんですよ。


■■カボチャの栄養■■


カボチャの栄養価の高さは野菜の中でもトップクラス。
β-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、ミネラルなどが豊富に含まれます。
β-カロテンは、体の中で必要に応じてビタミンAに変わり、肌や粘膜を守ってくれる働きをするのですが、
カボチャがすごいのは、このビタミンA・C・E(エース)が揃っているところ!!!
それぞれの抗酸化作用が、相乗効果で、より強力に働くんです。
カボチャは、錆びないカラダ作り&生活習慣病の予防には欠かせない
「野菜のエース」と言えそうですね!


また、今の時期、冷房などでカラダが芯から冷えてしまう…という方、いらっしゃいませんか?
カボチャに含まれるビタミンEは、血のめぐりを良くしてカラダを温めてくれますので、
冷えが気になる方にもおススメですよ。

pumpkin_02.jpg

■■おいしいカボチャを選ぶワンポイント■■


…皮がかたいか、ヘタの周辺がちょっと凹んでいるかをチェック!
…カットものは、果肉の黄色が濃く、種がしっかり太っているものを選んでくださいね。


■■じょうずに保存するコツ■■


丸のままなら、常温で保存できます(ただし、熟成が進むとべちゃっとした食感になることも)。
カットものは、種とワタを取ってラップに包み、冷蔵庫で保存します。

それでは、カボチャをたっぷり食べられる簡単レシピをご紹介しましょう。


『かぼちゃのコロコロマリネ』〜ビーフシチューのサイドディッシュに♪


pumpkin_04.jpg


◇◇材料(2〜3人分)◇◇

カボチャ 1/4個…250g位
大根 4〜5僉100g位
玉ネギ 1/2個
ピーマン 1個
ミニトマト 2〜3個

オイル 適宜
(A)米酢 大さじ2、砂糖 大さじ2、白ワイン 大さじ1、塩・こしょう 少々


◇◇作り方◇◇


(1)カボチャ、大根、玉ネギ、ピーマンは1.5cm角に切る。
 ミニトマトは1/4に切る。
(2)カボチャは電子レンジで2分程度加熱する。
(3)フライパンにオイルを熱し、玉ねぎを炒める。
 油が回ったら大根、ピーマン、(2)のカボチャと調味料(A)を加えてふたをする。
(4)火が通ったら冷まし、塩こしょうで味を調える。
(5)仕上げにトマトを散らしてできあがり!


◎大根やピーマンは火を入れすぎないように注意してくださいね。

2008年8月22日 10:03 | この記事のURL | コメント(6) | トラックバック(0)



     【ニンジン】トレードマークのオレンジ色が元気の素♪»


トラックバック
このエントリーのトラックバックURL
http://www.recipe-blog.jp/blogtool/stewblog/mt-tb.cgi/22

コメント(6)

かぼちゃのコロコロマリネ美味しそうです〜☆
大根とかぼちゃの組み合わせで食べた時の食感も楽しめそうですね!!
お酒のおつまみにもよさそう。

投稿者: nabekuma | 2008年9月17日 12:40

nabekumaさん、コメントありがとうございます☆そうなんです〜食感の違いが楽しいですよ。お酒のおつまみにもとってもお勧めです(赤ワインにもいいですよ♪)

投稿者: midori | 2008年9月20日 17:01

母が、かぼちゃの皮はビタミンを壊すから食べない方がいいのだ
と友人から聞いたそうなのですが、そうなのですか?

投稿者: どみん | 2008年9月29日 20:21

どみんさん、コメントありがとうございます。
お母様は、きっと、「カボチャの皮には、アスコルビナーゼという酵素があってビタミンCを壊すから」食べない方がいい、とご友人から聞いたのではないかしら?と思います。

でも、この「アスコルビナーゼ」。熱と酸に弱いので(カボチャは生では食べないですよね?)、ビタミンCを壊す心配はないですよ^^。

さらに、「アスコルビナーゼがビタミンCを破壊する」というのも…じつは誤りなんです。
ビタミンCは「破壊される」のではなく、「酸化する」だけで、カラダの中で還元されるのだそうです。

ですから、あまり心配せずに
(皮はところどころむいた方が、味がしみやすくて食べやすいと個人的には思いますけど…)、
♪皮までβカロテン豊富なの♪なので、ぜひ皮もおいしく召し上がってくださいね^^…というのが、私Midoriの見解です。

どみんさん、ご質問、ありがとうございました!!

投稿者: midori | 2008年9月30日 01:38

参考にさせていただきます

投稿者: 綾子 | 2009年2月22日 17:43

綾子さん、コメントありがとうございました!

投稿者: midori | 2009年3月 9日 02:13
コメントを書く
ニックネーム: 
メールアドレス: 
コメント: 
   


     【ニンジン】トレードマークのオレンジ色が元気の素♪»