スペシャルアンバサダー レシピ&コラム かな姐さん
毎日お役立ち!かな姐さんが、ごはんがすすむ、お酒がすすむ簡単なスパイスレシピ&食卓の楽しみ方をご紹介!

2020年8月 3日

炊飯器で簡単!チキンとパプリカの炊き込みターメリックピラフ

こんにちは!かな姐です。

今年は夏休みの期間が短縮されている学校も多いと聞きますが、お宅ではいかがですか?

我が家の女子高生も8月のお盆前後くらいの時期に2週間ほどだけお休みがあるようなのですが、新学期も9月を待たずに始まりますし、なかなかこのご時世ではどこかへ遊びに行くこともままならず・・・休みと言えども。

きっと2週間は家にいることになるんじゃないかなという感じです。けんかをせず、穏やかに過ごしたいものです(笑)。


さてさて、そんなあわただしい8月のスパイスブログのテーマは引き続き【あまりがちスパイス使い切り大作戦】ということで、わたしのお題スパイスは「ターメリック」。

ターメリックと言えば、ご存じカレーの黄色の元となっているスパイスですが、日本語名では「うこん」といって、生姜の仲間。

同じく黄色の色素として使われる「サフラン」と比べるとぐっと安価になりますが、サフランが水溶性なのに対してターメリックは油溶性、つまり油と一緒に調理することにより、きれいに色づけすることが出来ます。

今回はこのターメリックを使って作る、夏に元気になりそうな黄色い炊き込みピラフをご紹介します。

夏休みのお昼ごはんにも使えます!


20200720.png


材料(4人分)

・米 2合

・鶏肉(もも) 1枚

・玉ねぎ 1/2個

・パプリカ(赤) 1個

・ニンニク 1片

・ブラックオリーブ あれば少し

・パセリ 少々

・レモン 1個

・GABANブラックペパー<パウダー> 少々

・GABANターメリック<パウダー> 小さじ2

・塩 小さじ1と半

・バター 20g


作り方

1)玉ねぎとパプリカは1センチ角に、鶏肉は2センチ角に切る。ニンニクはみじん切り、レモンは8等分のくし形切りに、パセリはみじん切りにする。

2)米はといで2合の目盛りのところまで水を入れ、そこから大さじ3の水を取り出しておく。

3)フライパンにバターとニンニクを入れて中火で炒め、香りが立ってきたら鶏肉を入れて色が変わるまで炒める。さらに玉ねぎも入れて透き通るまで炒めたら、ターメリックと塩を加えてよく混ぜ合わせ、火を止める。

4)2の米に3の具を乗せ、パプリカとブラックオリーブも上に重ねる。炊飯器にセットして、スイッチを入れる。

(夏は食中毒が気になるので、タイマー機能は使わず、セットしたらすぐ炊いてくださいね。)

5)炊きあがったら底からさっくりと混ぜて器に盛り、パセリとブラックペパーを振り、レモンを2切れずつ添える。


※ターメリックを入れることで鮮やかな黄色いごはんになります!

※具材から水分が出てべちゃっとしてしまうことを避けるため、水は少し減らして炊くのがコツ。

※カレーのスパイスとはいっても、ターメリック自体は全く辛くありませんので、お子様でも召し上がっていただけます。


ぜひお試しください!



--------------------------------------------------------------------------------------

スパイスレシピや役立つ情報が満載♪☆スパイスブログTOPはコチラ>>

スパイス使い切り活用レシピをチェック!レシピ検索はコチラ>>


スペシャルアンバサダー スパイスレシピ&コラム