2015年4月をもって連載を終了させて頂きました。
たくさんの方にご愛読いただきましてありがとうございました。

ルバーブ&苺のジャムタルト

  
DSC_0198.jpg
ルバーブと苺のコンフィチュールを作りました。
フランス菓子ではとてもポピュラーな組み合わせ。
日本ではもうすぐ苺がなくなってしまうので、イチゴを見つけたら
出始めのルバーブと急いでコンフィチュールに!
イチゴは露地ものの小さめのものが色もかわいくてオススメ。

分量はルバーブ200g、イチゴ100g グラニュー糖100gくらい。
ルバーブは堅そうな顔をしているのにすぐ柔らかくなります。
(コンフィチュールのお写真はwww.tavechao.comを見てくださいね)

今日はこのコンフィチュールをマリーに載せて簡単ジャムタルトに。
下のクリームは生クリームにサワークリームを混ぜただけ。
サワークリームがかためなので泡だて器で軽く混ぜているとすぐホイップされて楽チン♪
しかも爽やかな後味がこれからの季節にぴったりなのです。
配合はお好みですが、生クリーム100ccにサワークリーム大さじ1〜2ってところ。
今回は無糖です。

ルバーブのジャムを手作りしなくても、ビスケットにこのクリームと
お好みのジャムを載せるだけでもおいしいですよ〜。

若山曜子

若山曜子

東京外国語大学フランス語学科卒業後、パリへ留学。ル・コルドン・ブルーパリ、エコール・フェランディを経て、フランス国家資格(C.A.P)を取得。パリのパティスリーやレストランで経験を積み、表参道のカフェでデザートメニューを監修。その他、雑誌や企業ウェブのお仕事のほか、自由が丘付近の自宅で少人数制のお菓子と料理の教室を主宰。著書「フライパンカフェ」(主婦と生活社)が好評発売中。

ブログ「la vie douce 甘くて優しい日々のこと」も要チェック!

こちらもチェック!

カテゴリー

月別アーカイブ

新着!公式連載