きゅうりのにんにく焼酎漬け

  

きゅうりのにんにく焼酎漬け019.jpg

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆様、お元気ですか~きょうの料理はきゅうりのにんにく焼酎漬けです。きゅうりをにんにくと一緒に砂糖、塩、酢、香り付けに焼酎を使った漬け汁につけて作ります。面倒な下処理なし、漬け込むだけの簡単漬物です。

焼酎漬けは我家の定番漬物で、今の時期はきゅうりやなす、冬になると大根、白菜、変わったところではセロリを使っても美味しく作れます。酸味のある漬物なので、あっさり食べられて美味しいです。今日のレシピはにんにくで香り付けするので、ビール、酒のつまみにおすすめです。まずは作り方動画をご覧ください。

きゅうりのにんにく焼酎漬け

材料4~5人分

きゅうり        4~5本(500g)

ミニトマト       12個

にんにく        4~5かけ

昆布          3×5cm

タカノツメ       1本

A

砂糖         大さじ7

塩          大さじ1と小さじ1/2

焼酎         大さじ1と1/2

酢          大さじ4

作り方

1)きゅうりはヘタを切り取ります。まな板に並べたら塩(分量外、大さじ1くらい)をふりかけ、手で押さえながら転がします。これを板ずりと言って、皮が柔らかくなり、調味料が染み込みやすくなります。

2)にんにくは薄切りにします。ミニトマトはヘタを取り、爪楊枝の先で全体に穴を開け、調味料が染み込みやすくなるようにします。この作業を針打ちと言います。

3)フリーザーバッグにきゅうり、ミニトマト、にんにく、昆布を入れます。タカノツメはヘタを切って種を捨て、キッチンハサミで細かい小口切りにして入れます。Aを加えたら、中の空気を抜いて口を閉じます。冷蔵庫に入れて一晩から5日くらい漬け込みます。漬け混んでいる間、1日に1回はフリーザーバッグを返し、漬け汁が全体に行き渡るようにしてください。※漬け込んだ焼酎漬けは翌日から食べられます。翌日はサラダっぽい感じです。3日目から漬けものらしくなり、5日目には美味しい漬物になっています。保存は冷蔵で2週間位。漬け汁から上げて切ったら2~3日で食べてください。

きゅうりのにんにく焼酎漬け021.jpg

きゅうりのにんにく焼酎漬け027.jpg

上の画像が2日漬けたもので、味は入っていますが、食感は生のままなので、サラダ漬物って感じになっています。これはこれでフレッシュな食感で美味しいです。

下の画像は5日漬けたもので、食べた感じは漬物そのものになっています。水が適度に抜けて旨味が入り、カリッとした食感が心地よく、焼酎、にんにく、タカノツメの風味で酒がいけますし、ご飯のおかずにもいいと思います。

きゅうりのにんにく焼酎漬け051.jpg

きゅうりのにんにく焼酎漬けは簡単に作れて美味しいです。是非、お試しください。

筋肉料理人

佐賀県在住、料理ブロガー、料理研究家、ボランティア活動、レシピ本著者など、雑多な活動をやりながら、ブログYouTube等を使い、簡単で美味しい魚料理、簡単レシピの作り方について専門的に説明しています。

こちらもチェック!

カテゴリー

月別アーカイブ

新着!公式連載