ゴーヤーと鶏肝のストロング煮 & スッキリ!! & 月刊宝島8月号

  
ゴーヤー鶏肝ストロング煮r1.jpg

∩・∀・)こんにちは〜筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか〜
先日、日本テレビのスッキリ!!に出させて頂き、沢山の方から励ましのメール、コメントを頂きました。
私、以前、サガテレビさんには出たことがありまして、佐賀県、福岡県、長崎県周辺の方には観て頂いていたんですが、全国放送で関東や関西のブログ友達にも観てもらえて良かったです。
実際、全国放送の威力は凄く、放送が始まったと単にアクセスが2倍になり、アマゾンや楽天、セブンイレブン等のネット通販から筋肉料理人の居酒屋ごはん帖があっという間に売り切れちゃいました。
そして、私のリアルな生活の中でも、生まれて初めて料理教室の講師依頼を受け、(;・∀・)僕でいいんですか?って聞き返しましたが、「地元にこんな面白い人がいるとは知らなかった」って事で引き受けちゃいました。
全国放送恐るべし!!です。

放送の内容は前回の記事で書いた通り、著者インタビュー、料理を作るシーン、自営のスタンドと居酒屋で働いているところ、それに何故かテレビに出るときのお約束になっている筋トレシーンでした。
サガテレビかちかちワイドの時もだったんですが、登場シーンが筋トレですもん。。。
いや、筋トレフィットネスが趣味の僕なんでいいんですが、やっぱ、知らない人が見ると、筋トレやってるイカツイ親父が料理するのが面白いのかなあ。
番組で登場したのはレシピブログでは皆さんご存知のヤミーさんと私。
ヤミーさんのレシピ本は40万部も売れてるんだそうで、しかも既に10冊くらい出しておられるんですよ。一緒に登場するのが僕でいいの?って感じなんですが、料理の方向性が全く違うし、キャライメージも180度違う、仕事も暮らしてる環境も全く違うので、番組的には面白い組み合わせだったんでしょう。
全国放送に出たのは非常にいい経験でした、おまけに本のPRも出来てマジ良かったです。放送でもインタビューされましたが、本の印税は生活の為にすっごく役立ってくれてます。

放送はヤミーさんと私、合わせて10分位だったんですが、撮影した時間は長かったですよ〜
私の撮影は午前11時過ぎから午後5時半までかかりました。
日本テレビの小川さんが見えたのは11時くらい、自己紹介もそこそこに撮影に入り、

☆スタンドで働いているシーン
実を言うと私のスタンドは凄い暇!!お客さんが少ないの。だから居酒屋でアルバイトしてるんですが、心配なのがお客さんが来るか?ってこと。撮影には時間の制約があるんで、親戚にサクラを頼んでいたんですが、カメラが珍しかったからか、お客さんがまとめて来ちゃいまして、お客さんの対応に追われたんですが、放送されたのは水をまいてるシーンでしたね。
(・∀・)中年の哀愁が漂っていませんでしたか?

☆著者インタビュー
このシーンも1時間以上撮影しました。インタビューに入る前に小川さんが我が家を訪ねるシーンがあり、NG3回、すいませんでした。
インタビューは色々話しました。当日暑かったんですが、音を拾うのでエアコン、扇風機はなし、汗ばんでるのはその為です。

☆筋トレシーン
料理に入る前に筋トレシーンの撮影。ベンチプレス、スクワット、ダンベルカール、チンニング(懸垂)を披露しました。ベンチプレスは100キロまで撮影。
カメラマンさんがチンニングを撮影しながら「ランボーみたいだ」って言われました。
ちょっといい気分になっちゃいました

☆料理をつくり、撮影
料理は海鮮ゴーヤーチャンプルーと鶏皮のピリ辛ポン酢を作りました。両方、放送されるって話だったんですが、私のキャラが面白すぎた為か放送されたのは鶏皮レシピ、筋トレシーンとか語ってるシーンの時間が長かったですね。レシピブロガーとしては少し寂しいなあ。
レシピは→鶏皮のピリ辛ポン酢和え
     →海鮮ゴーヤーチャンプルー

料理の撮影はとても面白かったです。過去にレシピ本を作るときにプロの写真家さんの仕事を見てる訳ですが、テレビのカメラマンが本気で料理を撮影するのは、写真家さんとはまた違ったノウハウがあって面白かったです。動画独特の「しずる感」の出し方など勉強になりましたね。
ここで面白いエピソードがあります。
料理の撮影場所を茶の間にしていたんですが、カメラマンさんが照明の準備をする間に、エアコン入れましょうか?ってカメラさんに言ったんです。そしたら反応が「レシピ本を作っただけあって、流石にわかってる」って言われたんです。何故にエアコンを入れるかと言うと暑いからじゃ無いんです
室温を下げて料理の湯気を出やすくするんですよ。そして、いかにも出来立ての美味しそうな湯気を出すんです。テレビは動画ですから湯気がたなびくシーンは凄い印象的なんですね。
そうやって撮影しましたので、海鮮ゴーヤーチャンプルーの撮影では見事に美味そうな絵が撮れてました。

☆居酒屋でアルバイトしてるシーン
自宅から居酒屋までは30分弱、超特急で荷造りし居酒屋へ急行しました。
居酒屋では私がはまちをさばいているところを撮影、私は居酒屋チェーンの大庄、佐賀庄や松原店で働いています。急な撮影だったんですが会社には快く撮影を了解していただき、部長、料理長に立ち会っていただき撮影しました。
ここでの撮影は音声なし、何時ものように働いてくれって事でしたので手早くハマチをさばいて撮影終了です。


居酒屋で撮影が終わり、撮影スタッフの皆さんは福岡に帰り、ディレクターの小川さんはその足で東京のヤミーさん宅へ撮影に行かれました。
番組取材のオファーがあったのが木曜日、返事をしたのが金曜日、撮影が土曜、放送が月曜日!!
嵐のような週末でしたが面白かったです。
私を取り上げてくれた日テレの皆さん、撮影してくれたスタッフの皆さん、そして、放送を見てくれた皆さんに一番感謝したいです、ありがとうございました。



imageありがとうございます.jpg




月刊宝島8月号.jpg6月25日発売の月刊宝島8月号に私の著者インタビューがのっています。
月刊宝島は中高年の男性がメインターゲットの老舗雑誌です。レシピブログ読者の方にはイマイチ馴染みがないと思いますが、私が丁度、月刊宝島の年齢層に嵌る親父ですので取り上げていただいたようです。
取材して頂いたのは6月11日取材してくれたのは福岡県在住のライターさんとカメラマンさん、お二方とも女性で、おまけに私とは同じ歳、同級生でした。

同じ年だし、住んでるとこも近いんで話が弾みましてね。3時間以上話し込んじゃいましたよ。
取材の内容はテレビの取材とほぼ同じで、居酒屋のシーンが無いだけ、ここでも筋トレを披露しました。
(・∀・)料理ブロガーなのかフィットネスブロガーなのか、既にわからなくなっています。



取材してくれたライターさんは福岡在住で、ご主人さんは博多で明太屋さんを経営されているそうで、お土産に辛子明太子を頂きました。あとでネットで調べてみると、博多でトップクラスに人気のある、あき乃屋さんでした!!あき乃屋さんのワイン仕込みの辛子明太は上品でメッチャ美味いんです。

赤帯ゴーヤ明太和え2rr.jpg

上等の明太子は粒がしっかりして滑らか、頂いたのを赤帯ゴーヤの塩もみのソースに使ってみました。
ほぐしたワイン仕込み辛子明太子にオリーブオイルとレモン汁を混ぜて和え衣にしました。
赤帯ゴーヤは苦味が少なく生食に向いています。上品な明太ソースと合わせ、夏向けの小鉢になりました。

月刊宝島編集部の皆さん、ライターの野田さん、カメラマンの長岡さん、ありがとうございました。



ゴーヤー鶏肝ストロング煮r00.jpg



ゴーヤー鶏肝ストロング煮20.jpg

ゴーヤーと鶏肝のストロング煮です。
ゴーヤーと鶏肝を一口大のぶつ切りにし、ニンニクと一緒に醤油、オイスターソース、ミリン、日本酒、砂糖で炒め煮にしています。

ゴーヤーをぶつ切り?苦くて食べれんでしょう。

そう思われるかもしれませんがご安心ください。
ゴーヤーを甘めの味でしっかり炒め煮することで苦さがマスクされ、食べやすくなっています。
食感的にはゴーヤーと鶏肝が同じ食感、鶏肝に独特の食味があるでしょう、そこが鶏肝の美味しさであり、嫌いな理由になるんですが、ゴーヤーと鶏肝を一緒に食べると、ゴーヤーの適度な苦味がくわわり大人の味になります。正直、かなり美味しいので是非試していただきたいレシピです。
私の料理には辛口の嫁も太鼓判を押してくれましたよ。
詳しいレシピは→ゴーヤーと鶏肝のストロング煮をご覧ください。




このレシピで使った赤帯ゴーヤーは上のページでモニターキャンペーン中です。
このゴーヤーは苦味が少ないのでゴーヤーが苦手な方も食べやすいと思います。
是非、ご応募くださいね。






hyousi.jpg








(・∀・)僕のレシピ本、、筋肉料理人の居酒屋ごはん帖は絶好調発売中です、宜しくね〜
そんじゃ、またです〜〜

筋肉料理人

佐賀県在住、料理ブロガー、料理研究家、ボランティア活動、レシピ本著者など、雑多な活動をやりながら、ブログYouTube等を使い、簡単で美味しい魚料理、簡単レシピの作り方について専門的に説明しています。

こちらもチェック!

カテゴリー

月別アーカイブ

新着!公式連載