まぐろと焼き茄子のやまかけ

  

レシピブログ読者の皆さん、∩・∀・)こんにちは?筋肉料理人です。

毎日暑いですね。。。。
こちら佐賀県は昨晩、凄い雨でしたが今は曇り空に時々晴れ間が見える天気です。
風があるので何とかクーラー無しで記事を書いています。
Co2削減が議論される昨今、できるだけエアコンは使いたくないですからね。

今日は記念すべき料理記事1回目です。
題材を何にしようか迷ったんですが、簡単に作れて季節感がある料理ってことで、
「まぐろと焼き茄子のやまかけ」にしました。
刺身用のマグロは何処のスーパーに行っても手に入るし、
茄子も旬に入ってお値段安く、美味しくなっていますからね。
茄子には体を冷やす効果があるし、長芋は滋養強壮にいい、マグロはタンパク質たっぷりで、
夏場のお摘み、ご飯のおかずにぴったりだと思います。 

マグロ焼き茄子やまかけT5.jpg

焼き茄子ってのは簡単な料理ですが、簡単だからこそ焼き方で味ががらりと変わると思います。
料理屋さんの焼き茄子は美味いですよね。
あれはツボを押さえた焼き方をしているからで、

☆強火の直火でしっかり焼くことと

☆焼く前に竹串で指して水蒸気の逃げ道を作ること

☆新鮮で張りのあるナスを選び、焼く前に水に漬けて戻すこと

☆水に漬けて冷やさない事。
 (水に漬けっぱなしにしない)

上の点を押さえれば誰でも美味しい焼き茄子が作れると思います。
今回は美味しい焼き茄子を焼いてマグロと長芋を組み合わせますよ?


sakana_line21.gif



マグロと焼き茄子のやまかけ


材料     2人分

刺身用マグロブロック             120g
茄子                        1本200g程度の物                      
長芋                        100g
刻み葱                      少々
しょうが                      少々
 
づけタレ
刺身醤油                    大さじ2杯
味醂(みりん)                 大さじ1杯
穀物酢                     大さじ1杯
 
作り方
 
1)焼きナスを作ります。
  ナスは水に15分程漬けます、こうすると茄子がパンパンに張ってきます。
  水で戻した茄子の皮に焼いた時剥きやすいように切れ目を入れます。
  へたの下にぐるりと浅く切れ目をいれ、身の部分には縦に何本か切込みを入れてください。
  包丁の刃先や刃元をもって切り込むと、ちょうどいい深さに切り込みを入れられますよ。
  次に竹串を深く刺して蒸気の逃げ道を作ります。(何箇所か刺してください)
  こうして蒸気の逃げ道を作ることで焼き茄子がべちゃべちゃにならないようにします。
  魚焼きグリルを強火で予熱し、グリルが熱くなったら茄子を焼きます。
  全面をこんがり、皮が焦げるまで焼きます。
  菜箸で触ったらぶかぶかに柔らかくなるまで焼いてください。
  焼けたら皮を剥きます。
  水で冷まさずに熱い内に手早くむいてください。
 マグロ焼き茄子やまかけT8.jpg
  (・∀・)とても熱いので火傷に注意してください。
      私の手は皮が厚く、ちょっとの事では火傷しませんが、
      女性は特に気をつけてくださいね。
      ゴム手袋とかしてむいた方がいいかも?
  
  熱いので、ボールに水を入れておき、指先をぬらしながら剥くと少しはましです。
  もしくは焼いた茄子を一瞬、水に漬けるのもいいかも?
  水に漬けっぱなし、冷めるまで放置は絶対に避けてください。
  水に漬けっぱなしでは水っぽくなっちゃうし、冷めるまで放置すると焦げ臭さと、
  皮の紫色が茄子に移っちゃいます。
  皮を剥いたら一口大に切り、下味に醤油を小さじ1杯振り掛けます。
  粗熱が取れたら冷蔵庫で冷ましてください。
 
  焼き茄子の作り方は→魚料理と簡単レシピ「焼き茄子」
  
 
2)マグロのヅケを作ります。
  買って来たマグロのブロックを見て下さい。
  もしもパックの下に血がたまっていたら、厚手もキッチンペーパーでブロックを包み、
  血を吸い取ってください。
  マグロのブロックは長方形の形をしていますので、これを縦に切って棒みたいな形にします。

  切ったマグロのブロックをフライパンで焼きます。
  焼く前にボールに氷水を用意してください。
  フライパンにサラダ油を薄く敷き、強火で余熱します。
  フライパンが熱くなったらマグロの表面に軽く色がつくくらい焼きます。
マグロ焼き茄子やまかけT9.jpg  
  上の画像の?位に火を入れてください。
  4面に焼き目をつけたらボールの氷水に入れて冷やします。
  こうするとカツオのタタキみたいに表面だけに火が入った状態になります。
  2分ほど冷やし水からあげたら、厚手のキッチンペーパーで包み水気を吸い取ります。
マグロ焼き茄子やまかけT10.jpg
  焼いたマグロを切ってタレに漬け込みます。
  マグロは一口大に切り、刺身醤油大さじ2、ミリン大さじ1、穀物酢大さじ1のタレに
  漬け込んでください。
  このまま15分ほど漬け込みます。
 
3)長芋の千切りを作ります。
  長芋は皮を剥き縦半分に割ってから繊維に添って薄くスライスします。
  これを細かい千切りにします。
  ヌメリで滑りますので手を切らないように注意してください。
  切ったら寿司酢を小さじ1杯振りかけ、変色防止と下味にします。

  (・∀・)長芋千切りでなく摩り下ろしてトロロにしてもいいですよ。
 

4)茄子とマグロを混ぜて皿に盛り付け刻み葱を振り掛けます。
  長芋千切りを添え、天におろし生姜を乗せます。
  お好みでづけタレをかけて頂きます。
  
マグロ焼き茄子やまかけT6.jpg 
 

焼き茄子とマグロ、長芋の組み合わせはカナリいけます。
夏バテ気味で食欲が無い時でも食べれると思います。
これを丼にしても良いでしょうね、ガツガツいっちゃいそうです。
お酒が好きな方なら飲みすぎちゃうかも?

(・∀・)お互い、飲みすぎには注意しましょうね!


 sakana_line21.gif


一口アドバイス

夏場に刺身を買いに行く時は魚屋さんで氷を貰い、冷やしながら持ち帰るか、
クーラーバック持参で買いに行きましょう。
温度が上がると鮮度が落ちるばかりか食中毒の原因になります。



次の記事は何になるか?
来週またお会いしましょう。
筋肉料理人

佐賀県在住、料理ブロガー、料理研究家、ボランティア活動、レシピ本著者など、雑多な活動をやりながら、ブログYouTube等を使い、簡単で美味しい魚料理、簡単レシピの作り方について専門的に説明しています。

こちらもチェック!

カテゴリー

月別アーカイブ

新着!公式連載