続!バジルパンの生地を使ってお手軽ピザパンとおすすめの食べ方

  

802レシピブログ連載3.jpg

みなさん こんにちは^^あいりおーです。

前回「バジルペースト」を残しておいてくださいね~と書きましたが残っているでしょうか?


残っていない方はバジルペーストを改めて作ってくださいね。→ 

まだある方はバジルペーストを引っ張り出してきてくださいね。

バジル生地を練りこんだパンに自家製のトマトソースを塗ってチーズをたっぷりかけて焼くパンです。

めちゃめちゃ美味しいのでぜひ作っていただきたいと思います。

2個は余裕って感じです(笑)

それでは早速レシピをご紹介します。

材料 バジルピザパン6個分

準強力粉(フランスパンなどに使う粉)・・・200g
・砂糖・・・15g
・塩・・・3g
インスタントドライイースト・・・3g
・バジルペースト・・・30g
・水・・・115g
・無塩バター・・・10g

お手軽トマトソース
トマトソース(作りやすい分量)
・カットトマト・・・1パック(390g程度入り)
・玉ねぎみじん切り・・・1/2個
・砂糖・・・小さじ2
・塩・・・小さじ1/2強(4g程度)
・ベーコンみじん切り・・・2枚分
・オリーブオイル・・・大さじ1
・にんにくみじん切り・・・1片
★トッピングのピザ用チーズ・・・お好みの量

※準強力粉ではなく普通の強力粉を使う際は水分が足りないと感じるかもしれないので
様子を見ながら5gくらい足してみてください。

作り方

719レシピブログ連載.jpg

1、無塩バター、★印のチーズ以外の・印の材料をホームベーカリーや捏ね機にセットし、スイッチオン。

10分後、無塩バターを投入しさらに10分ほど捏ねる。

生地が捏ね上がったら、生地を丸め直してボウルに入れて

シャワーキャップをかぶせて30度くらいのところで生地が

2倍~2.5倍になるまで1次発酵します。

この時うっすらボウルにショートニングやオイルスプレーなど塗っておくと

パン生地が1次発酵終了時に取り出すとき取り出しやすいですよ。


1218れしいブログとまとソース.jpg

2.1次発酵させている間にトマトソース作り。
(これは前日などにしていてもOK)

フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて炒め

ニンニクのいい香りがしたら、ベーコンと玉ねぎも炒め

玉ねぎが透き通ったらカットトマト、塩、砂糖、を入れて煮詰める。

ちょっぴりの砂糖がトマトの酸味を和らげ、ベーコンがうまみを出してくれるので

お子様も食べやすいマイルドなトマトソースです。


802レシピブログ連載6.jpg

3、1次発酵が終わった生地を6等分にし、丸めなおして10分ほど休ませる。

802レシピブログ連載.jpg

4、ませた生地を麺棒で10㎝程度に丸く伸ばして成形する。

成形した生地をオーブンシートを敷いた天板に乗せ、

オーブンの発酵キーを使って35度で一回り大きくなるまで2次発酵させる。


802レシピブログ連載2.jpg

 5、一回り大きくなった生地につまようじで数か所穴をあけ

オリーブオイルを塗ってトマトソース、ピザ用チーズの順に乗せる。

200度のオーブンで11分程度焼成する。

あればバジルやパセリを飾って熱々をお召し上がりください^^


802レシピブログ連載4.jpg802レシピブログ連載5.jpg


同じ生地で野菜フォカッチャのようにしたり、ウィンナーを巻いたり

いろんなアレンジができるのでよかったらお試しくださいね♪



最後まで読んでくださってありがとうございます。
。" ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚"

よろしかったらブログにも遊びに来てくださいね。
Happy Delicious Bakery パン

Happy Delicious Bakery スイーツ


あいりおー

福岡県在住。二人の女の子をもち、子どもたちの為に始めたキャラ弁づくりをきっかけに2006年からブログ「Happy Delicious Bakery」を開始。その後、パンやお菓子も作れるお母さんになりたいという思いから全く縁のなかったパンやお菓子作りを開始。写真の美しさにも定評があり、今では企業へのレシピ提供を行うなど、活躍の幅を広げている。

こちらもチェック!

月別アーカイブ

新着!公式連載