しっとりふわふわ生クリーム食パン

  

503生クリーム食パン.jpg

GW真っただ中、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

我が家は子ども達が部活で出かけているのでいつもの日常です。

お弁当は作らないといけないけど、家族元気で留守ならOKです(笑)

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭ではどこかへ遊び連れて行かないといけない

なんとなく罪悪感に駆られているのではないでしょうか?

私も昔はそう思ってお出かけしてました(笑)

今日はまた普通の日常が戻ったらぜひゆっくり焼いていただきたい

しっとりほわほわな生クリーム食パンを今日はご紹介します。

材料 食パン型1斤分内寸約214(204)X95(88)XH90mm

強力粉・・・270g(国産小麦は水を10%程度減らして様子を見ながら加える)
・砂糖・・・25g
・塩・・・5g
インスタントドライイースト・・・4g
・生クリーム・・・50g
・水・・・155g
無塩バター・・・22g

作り方
503生クリーム食パンresipi.jpg

1、バター以外のパン生地の材料をホームベーカリーや捏ね機にセットしスイッチオン。
10分後バターを投入しさらに10分ほど捏ねる。
捏ねあがったら綺麗に丸め直しボウルに入れてシャワーキャップをかぶせて
30度くらいのところで生地が2倍~2.5倍になるまで1次発酵します。

503生クリーム食パンresipi2.jpg

2、分割~成形
①1次発酵が終わった生地3分割して丸め直して15分~20分ほど生地を十分ゆるむまで休ませる。
この時生地が乾燥しないように大きなビニールシートをふんわりかぶせておく。
※新しい45Lのゴミ袋みたいなサイズが便利です。

②1を12cm×18cm程度に楕円に伸ばす。

③上から中心へ向かって空気が入らないように折り、
上から手でトントンと空気を抜くように押さえる。

④下から中心へ向かって空気が入らないように折り、
上から手でトントンと空気を抜くように押さえる。

⑤軽くめん棒をかけて向こう側の生地をひと巻きして芯を作る。

⑥芯を中心に生地を張らせるように巻いていく。
左右の生地は巻き終わりが中心に向っているように型に入れるときは配置します。

※この向きで型に入れます。
※この時あまりきつく巻くと発酵に時間がかかったり、生地がやぶれるので注意。

503生クリーム食パンresipi3.jpg

3、型にオイルスプレーやショートニングを塗って、2-⑥の向きで生地を入れて
型ギリギリまで生地が膨らむまで2次発酵します。
この時シャワーキャップをかぶせて発酵させると乾燥防止になります。

503生クリーム食パンresipi4.jpg

4、真横から見ると一番高いところが型ギリギリになったら
200度のオーブンで25分~27分ほど焼成する。
焼きあがったら少し上から型ごと落としてショックを与え、
中の蒸気を抜いて型から出して荒熱を取ります。


※ご家庭のオーブンに合わせて温度、時間は調整してくださいね
※1斤型もメーカーによって多少大きさが異なるのでご家庭の型に
合わせて発酵させてくださいね。

503生クリーム食パン2.jpg



まずはシンプルにそのまま食べて、今度はトーストさせてサクサクを。



503生クリーム食パン3.jpg


シンプルながら美味しい食パンなのでぜひお試しくださいね。






最後まで読んでくださってありがとうございます。
。" ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚"

よろしかったらブログにも遊びに来てくださいね。
Happy Delicious Bakery パン

Happy Delicious Bakery スイーツ

あいりおー

福岡県在住。二人の女の子をもち、子どもたちの為に始めたキャラ弁づくりをきっかけに2006年からブログ「Happy Delicious Bakery」を開始。その後、パンやお菓子も作れるお母さんになりたいという思いから全く縁のなかったパンやお菓子作りを開始。写真の美しさにも定評があり、今では企業へのレシピ提供を行うなど、活躍の幅を広げている。

こちらもチェック!

月別アーカイブ

新着!公式連載