我が家に伝わる【広島 牡蠣雑煮】by Little Darling (佐々木 美恵)さん

【料理紹介】

母の家庭に代々伝わるお雑煮は、牡蠣雑煮。かつお出汁で済まし仕立てです。お餅は丸餅。シンプルですが 牡蠣と鰹の出汁がきいたおいしいお雑煮です。

【人数】:2人分 【調理時間】:5~15分
【材料】
かつおだし 2カップ
白だし醤油(薄口しょうゆ) 小さじ2(小さじ1.5)
しお 少々
日本酒 小さじ2
むいた牡蠣 4~6個
白菜 2枚
紅白の薄切りかまぼこ 各2枚
干ししいたけの甘辛煮 2枚
丸餅 2個
三つ葉・柚子の皮 小量
*好みでゆでた青菜 適量

【作り方】

  1. 牡蠣のむきみをざるに入れて、分量外の塩をまぶして、振り洗いします。流水できれいに塩を流します。白菜をひと口に切ります。
  2. 鍋にだし、白だし醤油、酒、塩を入れ、白菜を加えて火にかけます。白菜が柔らかくなったら、牡蠣を入れます。
  3. 牡蠣に火が通りぷりぷりっとしてきたら、かまぼこと丸餅を入れて火を止めます。*焼いた餅が好きな人は焼いて入れてください。
  4. 白菜を1,2枚汁椀の底に敷きます。その上に餅、干ししいたけの甘辛煮、かまぼこを乗せます。
  5. 汁を注ぎ、ゆず、三つ葉を香り、彩りに乗せて出来上がりです。
  6. 椎茸の甘辛煮は戻した椎茸を1/2カップの水、醤油、みりん、酒、砂糖全部大さじ1で煮て味付けをします。

【ワンポイントアドバイス】

汁椀の底にまず白菜を敷くことで、丸餅が溶けて器に付くのを防ぎます。

大根やにんじんを入れる家庭もありますが、わが家は牡蠣の味を楽しむためシンプルに作っています。焼いたブリを入れる家庭も広島には多いそうです。