皮も時短手作り♪四角い五香レタス餃子by いくみさん

【料理紹介】

皮作りから焼き上がりまで計50分の時短レシピです。サニーレタスを使えば刻むのが簡単です。大判なので一人5個でも満足でき、包む時間も短縮出来ますよ。。

【人数】:4人分 【調理時間】:30分~1時間
【材料】
薄力粉 60g
強力粉 60g
熱湯 70cc
打ち粉(片栗粉) 適宜
鶏または豚ひき肉 150g
リーフレタス/サニーレタス 200g
干しシイタケ(みじん) 中2枚
おろしにんにく 小さじ1.5
おろししょうが 小さじ1
A:しょうゆ 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
砂糖 大さじ1/2
胡椒 少々
五香粉 小さじ1/10
片栗粉 大さじ1
ごま油 大さじ1
ごま油(仕上げ用) 小さじ1

【作り方】

  1. ボウルに粉を入れ分量の熱湯を加え箸を手早く回しながら混ぜ合わせる。ミトンの上にビニール袋をかぶせ生地をこねる。
      
  2. 生地を一まとめにしてボウルに入れてラップをし15分ほど休ませる。
    生地がなめらかになります。
  3. のし台に打ち粉を振り、生地を置き薄く大きい四角になるように伸ばしていく。
    スケッパーで正方形が20枚になるように切る。
  4. 皮の両面に打ち粉を多めに付けて重ねておく。(冷蔵する場合はラップで1枚ずつはさむ)
  5. .リーフレタスは千切り後、長さを3cmに切る。
    軽く塩をして10分、水洗いし手で絞る。戻した干し椎茸はみじん切り。
  6. にんにくしょうがはおろす(みじん切りでも可)
    ボウルに鶏ひき肉とBを入れて混ぜ、粘りを出す。
    Aの野菜も入れて混ぜる。
  7. 餃子の皮の中心にあんを乗せ手前と向こう側の角を合わせて閉じる。
    手作りの皮で柔らかいので閉じ目は水をつけなくてもよい。
  8. 餃子の皮の中心にあんを乗せ、手前と向こう側の角を合わせて閉じる。
    左右両側の角も合わせて閉じる。
  9. 中央のはみ出た閉じ口は折り込んで指で挟み閉じ目をしっかり閉じる。
    バットに片栗粉をはたき、そこに並べておく。
  10. 加熱したフライパンに油を引き、餃子を間隔を取りながら並べて、中火で焼く。
  11. 底に焼き色をつけたら、湯を1/2の高さに回し入れ、蓋をして強火で3分蒸し、餃子に火を通す。
  12. 水分が減ってきたら蓋を取り、@ごま油をたらしてかりっとするまで焼く。
    皿をかぶせ一気に裏返し酢醤油をつけて食します。

【ワンポイントアドバイス】

*水餃子やもっちり厚めの餃子にする時は粉と水を増量して下さい。
*野菜はキャベツや白菜でも出来ますがその場合は普通にみじん切りにします。
フードカッターだと早いですね。
*五香粉が苦手な方は不要です。