ピンクの梅お稲荷さん♪春のおもてなしに レシピ

ピンクの梅お稲荷さん♪春のおもてなしに
この記事をお気に入りに追加する 2 おいしそう!
いくみさん
いくみさん
  • 調理時間:1時間以上
  • 人数:2人分

料理紹介

お花見や春のおもてなしに、色鮮やかで目にも楽しいお稲荷さんを作ってみました。
ピンク色にするのにビーツの天然色素を使っています。揚げにもお醤油は使わずにビーツ液を入れてピンクに仕上げました。

材料

  1.  1合
  2. ●米酢 大さじ1.5
  3. ●砂糖 大さじ1
  4. ●梅干し(裏ごす) 2粒
  5. 海老 6尾
  6. ■大根薄切り 2枚
  7. ■酢 大さじ1/2
  8. ■砂糖 小さじ1
  9. ■塩 ひとつまみ
  10. ビーツ 30g
  11. ○寿司揚げ(半分に切る) 3枚
  12. ○砂糖 大さじ1
  13. ○みりん 大さじ2
  14. ○塩 小さじ1/3
  15. ○ピンクのビーツ液 適宜
  16. @卵 1個
  17. @砂糖 小さじ1.5
  18. @塩 ひとつまみ
  19. グリンピース 6粒

作り方

  1. 1.

    ビーツをおろし水を入れ揉んで色を出し茶こしで濾す。
    その色素液は●■○に使います。他には食紅や紫蘇の葉などでも代用可。

  2. 2.

    米を研いだらビーツ色素液を混ぜた水に15分ほど浸け、ざるにあげて15分おいて炊きます。@で薄焼き卵を作り花形に抜きます。

  3. 3.

    大根は2mmの薄切りにし色素液と■に漬けて染まったら花形に抜く。
    揚げは半分に切り口を開き○で煮汁がほぼなくなる迄煮る。

  4. 4.

    海老は皮つきの状態で楊枝を刺して真直ぐにして茹でて皮を剥き、腹から包丁を入れ切り開く。背部分は左右繋がったままです。

  5. 5.

    ●を合わせるがまず梅は半量だけ加え混ぜる。
    炊いた米に●を混ぜ塩味を確認後足りなければ残りの梅を入れる。軽くあおぎます。

  6. 6.

    その寿司飯を稲荷に詰め、上に海老と大根、卵焼きの花を飾り、グリンピースか枝豆を飾ります。

  7. 7.

    寿司飯の塩分は梅干しの塩分だけですがお好みで調節して下さい。もし梅干しを入れない場合は塩を小さじ1/3入れて下さい。

  8. 8.

    ビーツはボルシチなどに使う根菜ですが、加熱後は生の時のような匂いはなく、何に混ぜてもおいしくいただけます。

ワンポイントアドバイス

*寿司めしに入れる梅干しの塩分と酸味は様々ですのでご注意下さい。
*ゆかりふりかけを水につけて出た色やしば漬けでもほんのりピンクに出来ます。
*すし飯には鮭や桜でんぶを混ぜたりするのもいいですね。

記事のURL:

  • (ID: r1040797)
  • 2016/04/15 UP!

他の米のレシピ(237,415件)

コメントを書くにはログインが必要です。ログインする>>

このレシピに関連するカテゴリ

もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑ピンクの梅お稲荷さん♪春のおもてなしに | レシピブログTOP