2015年4月をもって連載を終了させて頂きました。
たくさんの方にご愛読いただきましてありがとうございました。

発酵なし☆5分で焼けるパリパリクミンパン。

  
DSC_1160.jpg

先日伺ったお店の前菜がおいしかったので真似っこしました〜。

パンと言ってもパリパリとしていて軽いクラッカーのようなもの。

発酵も無し、寝かす時間もナシ。 5,6分で焼けるのでお手軽です。


この生地は「天板ひとつで作るたくさんの焼き菓子」のタルトフランベと同じもの。

本家タラうとフランベはチーズと玉ねぎとベーコンをのせたものですが、こちらもすぐ焼けて

これからの季節ビールや白ワインにぴったりなのでぜひお試しください☆


材料(直径28cm2枚分)

<生地>

 強力粉…50g

 薄力粉…100g

 塩…1つまみ

 水…60cc〜70cc

 オリーブオイル…大さじ1

クミンシード大さじ2分の1〜1



・オーブンは天板を入れたまま260℃で予熱する。 

作り方

1 生地を作る。ボウルに強力粉、薄力粉、塩、クミンシードを合わせてふるい入れる。

水、オリーブオイルを順に加え、そのつど手で混ぜる。

2 作業台に打ち粉(分量外)をし、生地ををひとまとまりにして手のひらで5分ほどこね、

カードなどで4等分に切り、それぞれ手でまるめる。

作業台に打ち粉(分量外)をし、それぞれ手のひらのつけ根でほぐしてからめん棒で

フライパン大きさ(28センチくらいにのばす)

3 生地めん棒で巻きつけてオーブンシートに乗せ、予熱したオーブンで5,6分焼く


4いろんなディップをつけていただく。

写真はワカモーレ。ワカモーレの作り方メモは

甘くて優しい日々のこと にて。




若山曜子

若山曜子

東京外国語大学フランス語学科卒業後、パリへ留学。ル・コルドン・ブルーパリ、エコール・フェランディを経て、フランス国家資格(C.A.P)を取得。パリのパティスリーやレストランで経験を積み、表参道のカフェでデザートメニューを監修。その他、雑誌や企業ウェブのお仕事のほか、自由が丘付近の自宅で少人数制のお菓子と料理の教室を主宰。著書「フライパンカフェ」(主婦と生活社)が好評発売中。

ブログ「la vie douce 甘くて優しい日々のこと」も要チェック!

こちらもチェック!

カテゴリー

月別アーカイブ

新着!公式連載