マイティさん連載:朝・昼・晩おもてなしに!おうちで楽しむ♪ワンプレートごはん


マイティ

都内の人気レストランで店長をつとめた後、結婚。現在は二児のママとして愛する家族のために、おいしくて簡単な節約レシピを日夜、研究中。趣味はゴルフと料理、お酒を嗜むこと。旦那様の転勤で現在は、アメリカのテキサスに在住。著書に「マイティさんち家の満足ごはん」(成美堂出版)がある。ブログ「1ヶ月2万円の節約レシピ」も要チェック!
最新の記事
カテゴリー
アーカイブ

連載ブログランキング

6位

たっきーママさん

関連カテゴリ

節約のレシピ

 

芽キャベツの焦がし焼き、パプリカとマッシュルームのコンソメバターライス

IMG_2104 2.jpg

最近、芽キャベツにハマっていると書いたのですが、芽キャベツとは英語でBrussels sproutsと呼ばれていて、ベルギーのブリュッセル付近で栽培が始まったことから「ブリュッセルのキャベツ」を意味する名前が付いています。

キャベツをギュッと小さくしたような形をしていて、初めて見た時はちっちゃくてかわいいキャベツって思いました。
芽キャベツという名前から、キャベツの芽だと思われがちですが、キャベツの仲間を品種改良したもので、太くて長い茎にところ狭しと生えるわき芽です。
品種によって違いますが、このわき芽は通常1株に50個ほど生えていて、多い品種になると90個ほど生えるのもあるそうです。

またキャベツと同様にビタミンC、ビタミンB1などが豊富ですが、どちらも芽キャベツのほうが含有量が多く
ビタミンCにおいてはキャベツの約4倍も含まれているので美容にも良い食品です。

そんな芽キャベツですが、和え物、煮物、炒め物、サラダなどに使えますが、メインよりも付け合わせにされることが多いです。
芽キャベツってこんな生え方をします。

凄くないですか!

IMG 2014.jpg


はいでは本日は芽キャベツをニンニクとオリーブオイルで焦がし焼きにしました。

芽キャベツの焦がし焼き
【材料】
芽キャベツ・・・300g
ニンニク・・・1片
オリーブオイル・・・大さじ3
塩、こしょう・・・各適量
【作り方】
1.芽キャベツは十字に切る。
2.フライパンにみじん切りにしたニンニク、オリーブオイルを加えて弱火にかける。ニンニクの香りがしてきたら強めの中火にして1を加えて炒める。少し焦げ目をつけるようにして炒め、塩、こしょうで調味する。


パプリカとマッシュルームのコンソメバターライス
【材料】
パプリカ(赤、黄)・・・各1個
マッシュルーム・・・8個
バター・・・大さじ1
コンソメスープ・・・小さじ2
塩、こしょう・・・各適量
【作り方】
1.フライパンにバターを溶かし、みじん切りにしたパプリカ、マッシュルームを加えて中火で炒める。
2.良く炒めたらご飯を加えて炒め合わせる。
3.コンソメスープ、塩、こしょうを加えて調味する。

チキンステーキ
フライパンに潰したニンニク1片、オリーブオイル大さじ1を加えて弱火にかける。塩、こしょうを振りかけた鶏もも肉を加えて両面蒸し焼きにする。焼けたら取り出して食べやすい大きさに切る。

それぞれお皿に盛り付けて完成です。

IMG_2104 2.jpg

芽キャベツはほんのり苦みがあって、それがまた美味しいです。
少し焦がすように焼くと香ばしさがでて美味しさUPです!

2014年12月 3日 21:16 | この記事のURL | コメント(0)

 


新着!連載ブログ記事
肉なしでも満足♪ゴーヤ...
ぱおさん
0816 up!
ひょっこりカニさん弁当...
Mai*Maiさん
0812 up!
♡ピリッと甘辛スパイシ...
Mizukiさん
0811 up!
明太レタスチャーハン
筋肉料理人さん
0811 up!
ボリューム満点!ウェッ...
マイティさん
0811 up!
1人分80円調理時間1...
武田真由美さん
0810 up!
くまちゃんの顔弁
akinoichigoさん
0810 up!
ふんわりドーナツ♪
あいりおーさん
0810 up!
まかないメタルめし「ベ...
ヤスナリオさん
0809 up!
夏休みのランチに♡焼き...
おにゃさん
0808 up!
連載終了のお知らせ
珍獣ママさん
0807 up!
【レンジ5分で完成】厚...
たっきーママさん
0801 up!
夏のひんやり麺レシピ♪...
みるまゆさん
0801 up!
【冷凍作りおき】チンジ...
ゆーママさん
0731 up!
Nさんの話と、鶏そぼろ...
山本ゆりさん
0731 up!
連載一覧へ
もっと見る>>みんなの投稿コーナー
つるっといただく♪素麺メニュー
もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑PAGE TOP