パンガシウスとキャベツのコンソメ鍋

  

パンガシウスのコンソメ鍋042.jpg


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆様、お元気ですか~きょうの料理はパンガシウスとキャベツのコンソメ鍋です。最近、スーパーでよく見かけるようになったパンガシウスのフィレを使い、キャベツと一緒にコンソメ風味の鍋にします。パンガシウスは癖のない白身で、骨抜きのフィレが売ってるので、お子さんやお年寄りにもオススメ。煮込んでも固くならないので、これからの季節、鍋料理の食材におすすめです。

パンガシウスとキャベツのコンソメ鍋

材料2人分

パンガシウスのフィレ     1枚

キャベツ           1/4個

玉ねぎ            1/2個

にんじん           1/3本

ブナシメジ          1/2株

塩              少々

固形コンソメ          2個

日本酒            1/2カップ

ぽん酢しょう油、柚子こしょう   お好みで

作り方

1)キャベツは芯を切り取り、4等分のクシ型に切ります。玉ねぎもクシ型に切り、にんじんは千切り、ブナシメジは石突きを切り取ってほぐしておきます。

パンガシウスのコンソメ鍋055.jpg

パンガシウスのコンソメ鍋059.jpg


2)パンガシウスの切り身を大きめのぶつ切りにし、軽く塩をふって15分置いて水出しします。鍋にたっぷりの湯を沸かし、切り身を穴あきお玉にのせて湯に2~3秒漬け、冷水に落として冷まします。冷めたらザルにあげておきます。※この処理を霜ふりと言って、魚の臭みを抑えるためにします。

パンガシウスのコンソメ鍋063.jpg

パンガシウスのコンソメ鍋064.jpg

パンガシウスのコンソメ鍋065.jpg


3)2~3人用の土鍋にキャベツ、玉ねぎ、固形コンソメ、日本酒、水500mlを入れて火にかけ、フタをして、軽く沸騰する火加減で、キャベツが柔らかくなるまで煮込みます。

パンガシウスのコンソメ鍋060.jpg


キャベツが柔らかくなったら、ブナシメジ、にんじん、一口大に切った豆腐を入れます。

パンガシウスのコンソメ鍋069.jpg


霜ふりしたパンガシウスの切り身をのせ、フタをして5~6分煮ます。

パンガシウスのコンソメ鍋005.jpg

パンガシウスのコンソメ鍋012.jpg


パンガシウスに熱が通ったら出来上がりです。

パンガシウスのコンソメ鍋014.jpg

パンガシウスのコンソメ鍋049.jpg


コンソメの薄味がついたパンガシウスの身は柔らかく、プリッとして、結構いけます。カレイの切り身に似ていますが、脂ののった感じではなく、淡白な味です。淡白な味だから、コンソメ風味が合うようです。味的に物足りない時は、ぽん酢しょう油を少しかけ、柚子こしょうでピリッとさせて食べるといいでしょう。締めは雑炊がおすすめです。






筋肉料理人

佐賀県在住、料理ブロガー、料理研究家、ボランティア活動、レシピ本著者など、雑多な活動をやりながら、ブログYouTube等を使い、簡単で美味しい魚料理、簡単レシピの作り方について専門的に説明しています。

こちらもチェック!

カテゴリー

月別アーカイブ

新着!公式連載