水晶鶏と蒸し茄子のアンチョビ添え

  

鶏むね肉水晶のアンチョビ添え015.jpg


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆様、お元気ですか~きょうの料理は鶏むね肉水晶と蒸し茄子のアンチョビ添えです。鶏むね肉水晶は、一口大に切った鶏むね肉に片栗粉、日本酒、調味料を揉み込んで茹でたもので、加熱すると片栗粉が透明の膜になって光ることから水晶鶏と呼ばれます。これと電子レンジで蒸した茄子を合わせ、アンチョビペーストとわさび、ぽん酢しょう油で頂きます。

鶏むね肉の水晶鶏は、加熱するとパサパサになりがちな鶏むね肉が、しっとり柔らかく、あっさりとした仕上がりにします。これをわさびしょう油やわさびぽん酢で食べると、毎日食べても飽きないほどです。私は筋トレをやっているので、筋トレ日に鶏むね肉を食べることが多く、水晶鶏は定番メニューとなっております。今日は水晶鶏に蒸し茄子を添え、アンチョビペーストをつけて頂きます。

アンチョビペーストはアンチョビをペースト状にしたものです。私は使いやすいチューブ入りのものを使っています。通常はパスタなどに使いますが、細かいペースト状なので、豆腐などにトッピングしてもとても美味しいんです。あっさりした水晶鶏と蒸し茄子を、アンチョビで美味しく食べます。


水晶鶏と蒸し茄子のアンチョビ添え

材料 2~3人分

鶏むね肉   1枚(300g)

長なす    1本

ミニトマト  3個

アンチョビペースト  小さじ1(もしくはアンチョビフィレ2~3枚)

刻みねぎ、わさび、ぽん酢しょう油  適宜

A

片栗粉    大さじ2

日本酒    大さじ1と1/2

しょう油   大さじ1/2

おろし生姜  小さじ1/2

鶏ガラスープの素 小さじ1

作り方

1)蒸し茄子を作ります。なすはヘタを切り取り、ピーラーで皮をむきます。水にさらして濡れたままラップで包みます。電子レンジで柔らかくなるまで加熱します。※加熱の目安はなす100gあたり、電子レンジ600wで2分です。なすが150gなら3分加熱するといいです。加熱が終わったら取り出して冷まします。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。

鶏むね肉水晶のアンチョビ添え002.jpg

鶏むね肉水晶のアンチョビ添え003.jpg


2)鶏むね肉は皮を取り、1㎝の厚みの一口大に切ります。切ったらまな板に並べ、肉叩き、もしくは麺棒で両面をたたきます。肉の繊維が少し崩れるくらいに叩いていいです。これをポリ袋に入れてAを加え、肉が水気を吸うまで手でもみましょう。取り除いた皮は冷凍しておき、ある程度溜まったら鶏皮ぽん酢など作るといいです。

鶏むね肉の水晶鶏008.jpg

鶏むね肉の水晶鶏010.jpg


3)鍋にたっぷりの湯を沸かします。沸騰したら弱火にし、2)の鶏むね肉を一枚づつ広げて入れましょう。細切れになった肉は手でまとめて入れるといいです。10分ほど静かに煮ます。なべ底から時々、細かい泡が上がってくるくらいの火加減です。茹で上がったら流水で冷まします。冷めたらザルに上げ、しっかり水切りします。

鶏むね肉水晶のアンチョビ添え006.jpg

鶏むね肉水晶のアンチョビ添え007.jpg


4)蒸しなすが冷めたら一口大に切ります。

鶏むね肉水晶のアンチョビ添え010.jpg


皿に蒸しなす、鶏むね肉水晶を盛り付け、ミニトマト、わさび、アンチョビペーストを添え、刻みねぎをちらしたらできあがり。※アンチョビペーストがない時は、アンチョビフィレを包丁で叩いてペースト状にしてください。

鶏むね肉水晶のアンチョビ添え024.jpg

鶏むね肉水晶のアンチョビ添え025.jpg

鶏むね肉水晶のアンチョビ添え028.jpg

鶏むね肉水晶のアンチョビ添え031.jpg


水晶鶏と蒸しなすのアンチョビ添えの完成です!水晶鶏、蒸しなすにアンチョビとわさびをのせ、ぽん酢しょう油を少しつけて頂きます。あっさりした水晶鶏がアンチョビの強烈な旨味と塩気、わさびのツンとした辛味、ぽん酢しょう油のまろやかな酸味で美味しい!電子レンジで蒸したなすは甘く、これまたアンチョビ、わさび、ぽん酢しょう油が合います。どちらも美味しいのでお試しください。水晶鶏の作り方は下の動画も参考にご覧ください。





筋肉料理人

佐賀県在住、料理ブロガー、料理研究家、ボランティア活動、レシピ本著者など、雑多な活動をやりながら、ブログYouTube等を使い、簡単で美味しい魚料理、簡単レシピの作り方について専門的に説明しています。

こちらもチェック!

カテゴリー

月別アーカイブ

新着!公式連載