豚バックリブのオーブン焼き

  

豚バックリブのオーブン焼き003.jpg


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!

皆さん、お元気ですか~今日の料理は豚バックリブのオーブン焼きです。豚バックリブのかたまり肉を玉ねぎベースのタレに漬け込み、オーブンで焼きます。タレに使う玉ねぎ、ケチャップ、はちみつ、タバスコの効果で豚バックリブが柔らかくなり、かぶりついて食べると美味しいですよ。

豚バックリブのオーブン焼き039.jpg


豚バックリブはスペアリブと同じく骨付きの肉ですが、スペアリブは豚バラ部分の骨付き肉で、バックリブは肩ロースのあたりの骨付き肉です。ですから脂が少なく、肉質が柔らかいのが特徴で、BBQ向きの肉と言えます。骨付きの肉なので、骨の周りの肉が美味しいです。手軽に焼くには1本づつに切り離して焼く方が楽ですが、かたまり肉のまま、タレに漬け込み、かたまり肉のまま焼くと旨味が逃げにくく、見た目も豪華に仕上がります。

豚バックリブのオーブン焼き


材料 4~5人分

豚バックリブかたまり肉    1.2㎏

玉ねぎ            1個

生姜             1かけ(15g)

にんにく           2かけ(10g)

塩              小さじ1

黒こしょう          小さじ2

オールスパイス(パウダー)  小さじ2


A

ケチャップ          大さじ6

ウスターソース        大さじ3

はちみつ           大さじ3

しょう油           大さじ1

タバスコ           小さじ2

付け合せの野菜:にんにく、ピーマン、ミニトマト  適宜


作り方

1)豚バックリブはフォークで全体を刺して、味が染みやすくなるようにします。塩、黒こしょう、オールスパイスをふりかけ、フリーザーバックに入れます。

豚バックリブのオーブン焼き041.jpg

豚バックリブのオーブン焼き045.jpg


フリーザーバックに入らない時は、半分に切ってから入れます。

豚バックリブのオーブン焼き053.jpg


2)玉ねぎ、生姜、にんにくをすりおろしてAと混ぜ、漬け込みタレを作ります。1)のフリーザーバッグに入れ、手で揉んでなじませたら、冷蔵庫に入れて一晩、漬け込みます。

豚バックリブのオーブン焼き049.jpg

豚バックリブのオーブン焼き055.jpg


3)一晩漬け込んだ豚バックリブをやきます。漬け込んだ豚バックリブは焼く1時間前に冷蔵庫から出して室温に戻します。オーブンは180℃に予熱します。オーブントレイにクッキングシートをかぶせ、漬け込んだ肉の表面についているタレを掻き落とし、骨が付いている方を下にしてのせます。

豚バックリブのオーブン焼き059.jpg


隙間に皮付きのにんにくをのせ、オーブンで1時間焼きます。

豚バックリブのオーブン焼き067.jpg


30分焼いたところで、焼きムラ防止にトレーの向きを変えます。

40分焼いたところでピーマンを丸ごと入れます。ピーマンは破裂防止に包丁の先で刺し、穴を開けておきましょう。

豚バックリブのオーブン焼き069.jpg


60分焼いたらできあがりです。オーブンから取り出して10分ほど置いて粗熱を取り、その後に骨と骨の間を切って食べやすくして皿に盛ります。

豚バックリブのオーブン焼き074.jpg


にんにく、ピーマン、ミニトマトを添えてできあがりです。

豚バックリブのオーブン焼き008.jpg

豚バックリブのオーブン焼き025.jpg

豚バックリブのオーブン焼き020.jpg


豚バックリブのオーブン焼きの完成です!漬け込みタレに一晩漬け、オーブンでじっくり焼いた豚バックリブは柔らかで美味しいです。下味にスパイスをふりかけ、漬けタレにはタバスコも混ぜるのでスパイシーでピリ辛風味もあり、ビールのつまみにバッチリな味に仕上がっています。手で骨を掴み、柔らかい肉を噛みちぎると、如何にも肉を食べてるって感じになります。骨付きの肉は骨にへばりついてる部分が美味しいので、存分に味わってください。バックリブはお値段が安めなので、コスパよく豪快な料理が作れます。



関連動画







danshigohan.jpg筋肉料理人の男子ゴハンレシピ

筋肉料理人

佐賀県在住、料理ブロガー、料理研究家、ボランティア活動、レシピ本著者など、雑多な活動をやりながら、ブログYouTube等を使い、簡単で美味しい魚料理、簡単レシピの作り方について専門的に説明しています。

こちらもチェック!

カテゴリー

月別アーカイブ

新着!公式連載