豚ばら肉のはちみつチャーシュー、オーブンで簡単レシピ

  

はちみつチャーシュー006.jpg


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!

皆さん、お元気ですか~今日の料理は豚ばら肉のチャーシューです。豚ばら肉ブロックを自家製タレに漬け込み、オーブンで焼き上げます。豚ばら肉を漬け込んでオーブンで焼くだけだから簡単!そして美味しいチャーシューが作れます。

はちみつチャーシュー026.jpg


チャーシューは漢字で書くと叉焼、豚肉を焼いた料理のことで、豚ブロック肉を塩で味付けし、ホンザオという調味料に漬け込んでから炉で焼くそうです。日本ではラーメンの具材としておなじみですが、日本式のチャーシューは煮豚が多いのは面白いところです。今日のレシピはスーパーで売っている豚ばら肉ブロックを使い、スーパーで買える調味料で電子レンジのオーブン機能を使って、チャーシューを作ります。意外にと言うか、かなり美味しいチャーシューが作れます。ここでは上の画像の豚ばら肉を使っています。豚ばら肉は部位により脂の量が違うので、脂の少ない部位を選びました。

豚ばら肉でチャーシュー

材料4人分

豚ばら肉ブロック   500g

長ねぎ(白髪ねぎにします) 1本

カイワレ大根     1パック

練からし       適宜

A

しょう油(あれば刺身しょう油) 大さじ4

はちみつ        大さじ3

日本酒         大さじ2

おろし生姜、おろしにんにく 各小さじ1/2

五香粉(ウーシャンフェン) 2振り

作り方

1)豚ばら肉の全体をフォークで刺して筋切り、味が入りやすいようにし、加熱中は脂が抜けやすくします。ポリ袋に入れやすいように半分に切ります。

はちみつチャーシュー029.jpg

はちみつチャーシュー030.jpg


2)筋切りした豚ばら肉をポリ袋に入れ、Aを加えて口をとじ、手でしっかり揉んだら冷蔵庫で一晩馴染ませます。※Aのおろし生姜とおろしにんにくですが、フレッシュを使うのが良いのですが、加熱調理の場合、チューブ入りを使っても味の変わりは少ないです。こういう場合、チューブを使って楽をするのがお薦めです。※しょう油は刺身しょう油を使っています。刺身しょう油は色が濃く、料理に深い色が付きます。そして甘みと旨味が強いので料理が美味しくなります。

はちみつチャーシュー031.jpg

はちみつチャーシュー033.jpg

はちみつチャーシュー036.jpg


3)一晩漬け込んだら焼きます。オーブントレイにクッキングシートを敷き、上に網(金属製のすのこ)を置いて、サラダ油を薄く塗ります。この上に漬け込んだ豚ばら肉の脂がついている方を上にしてのせます。※ポリ袋に残ったタレは捨てずにとっておきます。※金属製のすのこにのせるのは、脂を下に落とすためです。

はちみつチャーシュー044.jpg


これを180℃に予熱したオーブンで30分焼きます。※20分焼いたところで取り出し、ポリ袋のタレを塗りつけてからまた焼きます。

はちみつチャーシュー043.jpg

はちみつチャーシュー047.jpg


30分焼いたら取り出さず、オーブンに入れたまま、10分予熱で熱を入れ、その後、オーブンから取り出して冷まします。

はちみつチャーシュー049.jpg


冷めたら薄く切ります。

はちみつチャーシュー057.jpg



皿に盛り付け、白髪ねぎ、カイワレ大根、練りからしを添えたらできあがりです。

はちみつチャーシュー002.jpg


豚ばら肉のはちみつチャーシュー、オーブンで簡単レシピの完成です!

はちみつチャーシュー011.jpg

はちみつチャーシュー016.jpg

はちみつチャーシュー022.jpg


はちみつと日本酒を使ったタレに漬け込んだ豚ばら肉は、オーブンで焼くと適度に脂が抜け、柔らかく美味しく焼きあがっています。はちみつを多めに使うので甘めの味なので口に優しく、五香粉の香りで中華の香りを強く感じます。そのままおかず、酒のつまみにするのもいいし、チャーハンの具材、ラーメンのトッピングにもお薦めです。

関連動画






danshigohan.jpg筋肉料理人の男子ゴハンレシピ

筋肉料理人

佐賀県在住、料理ブロガー、料理研究家、ボランティア活動、レシピ本著者など、雑多な活動をやりながら、ブログYouTube等を使い、簡単で美味しい魚料理、簡単レシピの作り方について専門的に説明しています。

こちらもチェック!

カテゴリー

月別アーカイブ

新着!公式連載