動画でレッスン♪エリオットゆかりのおもてなし教室


エリオットゆかり

イギリス在住。かわいい息子とおちゃめな娘、日本語堪能なイギリス人の夫の4人家族。2002年に趣味が高じて、和食&アジアン料理を中心としたケータリングビジネスを立ち上げる。また自宅で料理やテーブルコーディネートの教室を開催。著書「エリオットゆかりのシンプルなごちそう」(宝島社)も好評発売中。簡単でおしゃれな創作料理が話題のブログ「Yukari's Happy Kitchen ~キレイになれる食べるビューティーライフ~」も要チェック!

最新の記事
カテゴリー
アーカイブ

連載ブログランキング

6位

たっきーママさん

2016年7月で本連載を終了し、
新連載「すぐできる!エリオットゆかりのラクうま麺レシピ」を
開始いたしました。是非お楽しみください!
新連載はこちら>>

1  2  3  4 >>

究極のフィッシュ&チップスを作ろう♪ ③主役のBattered cod (バタード コッド)

 

DSC_7322.JPG今日はいよいよこのフィッシュ&チップスの主役のフィッシュの登場です!

イギリスは島国なので新鮮なシーフードは手に入りやすい!

これはイギリスに住み始めて本当にありがたいな〜と感じる事の一つです。

このフィッシュ&チップスで使われるお魚はタラが主流ですが、白身のお魚が豊富なのでお店によっては好きなお魚を選べます。

私はいつも正統派のたら(COD)をオーダーすることが多いです。

やっぱり食べ慣れているお魚のほうが正直ほっとしますね^^

今回一番大事なのは衣!

 

DSC_7357.JPG日本に住んでいた時に何度かフィッシュ&チップスというメニューを見ると必ず頼んでいたのですが、衣はパン粉を使っている事が多かったのですが、本場イギリスはやっぱりこのちょっと天ぷら似の衣です。

いろいろ衣の配合を変えて試してみましたが、私が行きついたのが卵は入れない衣です。

そしてイギリスでは地ビールを入れて作る衣が多いのですが、私は炭酸たっぷりの(笑)日本でおなじみのシュワシュワたっぷりのビール。しかもそれをキンキンに冷やしたものを使ってみてください☆

 

DSC_7318.JPGそして揚げる直前にビールを開けて衣を作ります。

この炭酸がカリカリの衣を作る大事なポイントなのです。

衣を作ってしばらく寝かせるという方法もありますが、私はせっかち!!(笑)

思い立ったら一直線にお料理作ってアツアツを食べたい♪

こちらの配分と作り方でカリッと!サクッと!中はジューシーに美味しい本場フィッシュ&チップス作ってみてください♪

そして最後に一つだけ!!

揚げ物は自信を持つことがすごく大事です。

水が入らなければ跳ねることもありません。しっかり魚の水気を拭き取ってから、怖がらずに、温度もしっかり高温を保って作ってみてください!

タラは日本のような切り身はなかなかお目にかかれないんです><

こんな感じで売られてます!

 

DSC_7305.JPGダイナミックでしょ〜〜!!(笑)

この衣をつけて揚げると更に大きくなって!!

ゴージャス!(笑)

今回はどうやってレシピをご紹介するか悩みました。

イギリスのお魚を使っているので写真はイギリスの本場バージョンサイズですが、材料は日本の切り身4切れ分でもご紹介させていただきます。

材料 

イギリスなら写真の大きさ2枚分(1枚 約150g)

日本なら切り身4切れ分 (2切れずつぐらいがイギリスの1人分の量です。笑)

 

タラ 大2切れ(イギリスサイズ)←写真参照 4切れ (日本サイズ)

ビール 200cc

揚げ油 適量

小麦粉 100g

片栗粉 80g(コーンスターチで代用可)

ベーキングパウダー 小さじ1/2

塩 小さじ1/4

 

作り方

1、タラの皮を取り除き、しっかり水気をキッチンペーパーで拭き取る。(写真参照)

日本の場合は切り身だと思いますが、身と皮の間に包丁を入れて軽く滑らせて下の皮を引っ張りながら取り除いてくださいね。

 

DSC_7308.JPG

 

DSC_7311.JPG2、Aを大きなボールに入れ冷えたビールを勢いよく注ぎ入れ菜箸でよく混ぜて(この時ダマが残っていてもOK)、タラにくぐらせ、高温に熱した揚げ油で揚げて完成。

 

DSC_7313.JPG DSC_7314.JPG 

 

DSC_7324.JPG*ポイント*

1、衣をつけて油に入れた後、天ぷらレストランの要領で上から少し追加で衣かけるとボリュームたっぷりのさっくり衣ができます♪私はズボラなのでこのまま写真のような感じで作ってしまいましたが(笑)ナイフや菜箸を使うとやりやすい。

2、大きな鍋を使って揚げましょう。私は中華鍋を使いました。

 

3、揚げ油の高温のポイントは少量の衣を落とした時全く沈まず、油の表面で揚がる状態です。温度が低いとさっくりと揚がらないのでしっかり温度を守って作ってください。

 

DSC_7316.JPG

モルトビネガーというお酢をかけて食べるのが主流です。最近はタルタルソースとレモンも添えられてくる事も多いです。

次回は美味しいタルタルソースを作りましょう〜☆

2010年6月28日 15:57 | この記事のURL | コメント(10)

1  2  3  4 >>

 


新着!連載ブログ記事
簡単☆離乳食レシピ「か...
クーピーさん
1214 up!
まかないメタルめし「と...
ヤスナリオさん
1213 up!
おもてなしに♡ヘルシー...
おにゃさん
1213 up!
クリスマスのお弁当
akinoichigoさん
1211 up!
♡超簡単のっけごはん♡...
Mizukiさん
1209 up!
豚と紅玉のごちそうロー...
vivianさん
1208 up!
まいたけでボリューム感...
武田真由美さん
1208 up!
作り置きやお弁当に♪下...
ぱおさん
1208 up!
ふんわり雪だるまちゃん
あいりおーさん
1208 up!
野菜もたっぷり!塩にん...
みるまゆさん
1206 up!
さといもと長ねぎのとろ...
ゆーママさん
1202 up!
中華パーティー<後編>
HAPPYさん
1130 up!
ひつじさんサンド♪
Mai*Maiさん
1130 up!
鶏もも肉のガーリックト...
筋肉料理人さん
1129 up!
アメリカンクラブハウス...
マイティさん
1128 up!
連載一覧へ
もっと見る>>みんなの投稿コーナー
これぞクリスマスな王道レシピ!
もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑PAGE TOP