TOP > 連載 > カフェBungaBungaのオーナーMariの HeartWarmingごはんrecipe > ホットサンド
BungaBunga Mariさんの、「暮らしのなかのレシピ。」
2009年5月をもって連載を終了させて頂きました。
たくさんの方にご愛読いただきましてありがとうございました。


ホットサンド

Hot%20sand.JPG

今日は卵のホットサンドです。
ホストマザーが作ってくれたアメリカで初めて食べたホットサンドを、今日はご紹介します。
ホストマザーは料理が苦手で、毎週日曜日の朝はホットサンドでした。
そして、それ以外の日はミートソーススパゲティー又は、ドーナッツでした。
自分で料理を作らない限りは、殆んど毎日夜はミートソース、朝はドーナッツ
かろうじてお昼に、外食で自分の好きなもの(ハンバーグやホットドック)を食べるという食生活でした。でも家族は全く文句なく食べていました。
日本人の食生活では考えられません。
余談ですが、アメリカでは、カリフラワーもブロッコリーも生で食べていました。

日曜日のホットサンドは新鮮でした。
そして初めて食べたホットサンドは、もう何十年も前なのに、とっても鮮明に覚えています。
そして、その時初めてすっぱくないマヨネーズと出会いました。
それ以来このマヨネーズは私のお気に入りになりました。
その後ブラジルに行った時、又このマヨネーズと出会ったのですが、
ブラジルではポテトサラダのサンドイッチのパンの上に、べったりマヨネーズを塗って、ケーキのようにしてサンドイッチをナイフとフォークで食べました。
所変われば・・・です。

【ホットサンドの材料】
パン(サンドイッチ用) 1人分4枚
卵  L3個
マヨネーズ カレー用スプーン山盛り 2杯
コンソメキューブ 半分
コショウ  少々
ナツメグ  少々
わけぎ  半本
アプリコットのチーズ  少々

【作り方】
1.鍋に水を入れ沸騰したら卵をゆっくり入れ(お玉を使うとうまく入ります)
10分間中火で茹でます。
2.卵が茹ったら冷水につけます。
3.卵が冷えたら皮をむき、白身と黄身に分けます。
4.黄身をボールに入れフォークでつぶします。
5.コンソメキューブを粉上になるまで包丁でみじん切りにします。
6.白身をサイコロ大の大きさに切る。
7.4.に5.のコンソメとマヨネーズを入れよくかき混ぜ、コショウとナツメグを入れて混ぜる。
8.7に白身とわけぎを入れて混ぜて卵サラダを作る。
9.サンドイッチ用のパンの中心部へ8.の卵サラダを入れサンドイッチにしホットサンドトースターへ入れる。
※ホットサンドトースターがない場合は、パンの端をフォークでつぶし、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼く。
10.トーストが出来たら、アプリコットのチーズをそえて出来上がり。

アプリコットのチーズはクリーミーなので、パンにマッチして美味しいです。

2009年05月13日 00:58コメント (0)





コメントを投稿
ニックネーム
メールアドレス  (非公開です)
URL 
コメント 
 




レシピブログHOMEへ>>

↑PAGE TOP