TOP > 連載 > カフェBungaBungaのオーナーMariの HeartWarmingごはんrecipe > 豚ロースのホーレン草ソース
BungaBunga Mariさんの、「暮らしのなかのレシピ。」
2009年5月をもって連載を終了させて頂きました。
たくさんの方にご愛読いただきましてありがとうございました。


豚ロースのホーレン草ソース

%A5%DD%A1%BC%A5%AF.JPG

この料理は久々に作りました。
イタリアに居た時は、お肉がとっても美味しかったのです。
豚肉は特に香もよく値段も手ごろで、よく使いました。
色々な食材やソースのバラエティーを試す事が出来たのも、イタリアの食材の豊富さにあったと思います。

フィレンツエはとてもコンパクトな街なので、町並みも人々もまとまっています。
フィオレンティーナはこの町のサッカーチームで、ホームの試合の日には、町が、チームカラーの紫に色に染まります。
八百屋のおじさんも、肉やのお兄さんも魚屋さんも皆紫色のマフラーを巻いて、朝から応援です。
この光景は本当に素敵でした。
別名ビオラと呼ばれるこのチームは2001年にオーナーの離婚が原因で、資金不足になり、チームがなくなるところを町ぐるみで救い、今でもセリエAで活躍しています。こんな町に住めたことすごく光栄に思っています。
又いつかこの町へもどれる日が来る事を願います。

‐材料‐ (2人分)
豚ロース 少し厚めの薄切り120g 〜150g
ほうれん草 3株
白ワイン  カップ1/3
牛乳  1/2
バター 10g
オリーブオイル 大さじ 3
塩コショウ  少々
小麦粉  大さじ2
ニンジン 少々 (付け合せよう)

‐作り方‐
1.豚肉へ塩コショウを少し多めに振る
2.豚肉に小麦粉をまぶす
3.ほうれん草を茎と葉に分けて、葉の部分をみじん切りにする。
4.フライパンにオリーブオイルをいれ温め、3のほうれん草を入れていためる
5.ほうれん草が炒まったら、2の肉を入れて両面に焦げ目が付くように中火で焼く。
6.肉が両面焼けたら、ワインをいれ強火で煮立たせるようにしてアルコールを飛ばす。アルコールが飛んだら、フタをして弱火2〜3分で煮る
7.6に牛乳を足して更に1〜2分中火で煮て、火を止めてからバターを入れて出来上がり。
8.ニンジンは皮むき用のピーラーで、皮をむくように切る
9.ニンジンとトーストを添えて盛り付ければ出来上がり

2008年11月04日 21:58コメント (0)





コメントを投稿
ニックネーム
メールアドレス  (非公開です)
URL 
コメント 
 




レシピブログHOMEへ>>

↑PAGE TOP