TOP > 連載 > カフェBungaBungaのオーナーMariの HeartWarmingごはんrecipe > カブのきんぴら
BungaBunga Mariさんの、「暮らしのなかのレシピ。」
2009年5月をもって連載を終了させて頂きました。
たくさんの方にご愛読いただきましてありがとうございました。


カブのきんぴら

%A5%AB%A5%D6.JPG

【材料】

カブ 2株
インゲン 3本
牛挽肉 50g
塩 少々
タカの爪 1本
砂糖 小さじ半分
みりん 小さじ1
しょう油 大さじ1
オリーブ オイル 大さじ 1

【作り方】
カブは皮をむき半分に切り、3ミリぐらいの半月に切る。
インゲンはヘタを切りとり、幅幅に3cmぐらいに斜め切りにする。
フライパンにオリーブオイル を入れ温め牛挽肉を入れ中火で炒める
肉の色が変ったら、タカの爪を入れサッと炒め、塩、砂糖、みりん、しょうゆを入れ更に中火で炒める
そこへカブとインゲンを入れ、弱火でカブがしんなりするまで炒めて出来上がり。
(カブに葉がついている場合は、はをみじん切りにして、いんげんの変代わりに入れても美味しいです。)

毎日とても暑くて食欲も落ちがちです。
そんな時、短時間で出来るお手軽簡単、そして涼しい料理は如何でしょうか?
カブはやわらかいので、火のとおりも早く、味がしみやすいので、調理時間は約10分程のスピード料理です。
今の時期、カブはとても甘く、柔らかい。
生でもでも炒めても、とても美味しい便利な野菜です。

このお料理は、若い頃のお給料日前のピンチを救ってくれた料理でした。
栄養価も高く、食欲をそそる1品です。
冷めたらご飯にのせてお茶漬けでも、OKです。

2008年07月14日 23:25コメント (0)





コメントを投稿
ニックネーム
メールアドレス  (非公開です)
URL 
コメント 
 




レシピブログHOMEへ>>

↑PAGE TOP