TOP > 特集&連載 > フードスタイリスト・丹羽彰子のNiwa's Heartful Days > 根菜いっぱいカレー
Niwas Heartful Days


根菜いっぱいカレー

061030konsaiwafu%20curry.JPG

寒くなってくると、根菜類が食べたくなりませんか?
ごぼう、れんこん、里芋。。。煮物が恋しくなります。
でも、根菜がゴロゴロ入った煮物は、子どもがなかなか食べてくれません。。
何かいい方法はないかな・・・と考えてみたところ、大好きなカレーの具にしたら食べてくれるかも!
と思いました。
そして作ってみたら、大正解。
小さく切ったごぼうもれんこんも里芋も、ちゃーんと食べてくれました。
ポイントはだし汁でやわらかくなるまでしっかり煮込むこと。
じゃがいもの代わりに入れた里芋のぬめりがいいトロミになってくれますよ。


 <根菜いっぱいカレー>


 ■材料  4人分

  豚ひき肉・・・150g
  れんこん・・・100g
  ごぼう・・・100g
  にんじん・・・1/2本
  里芋・・・4個(正味200g)
  さつまいも・・・100g
  玉ねぎ・・・1個
  青ねぎ・・・適宜
  しょうが・・・1片
  だし汁・・・1000ml
  みそ・・・小1
  カレールゥ・・・1/2箱(100g)
  サラダ油・・・少々
  塩・・・少々
  炊きたてご飯・・・お好みで


 ■作り方

  1.れんこんは皮をむき一口大に切って水にさらす。ごぼうは皮をこそげとぎ、乱切りにして
    水にさらす。にんじんは皮をむいて乱切りに、里芋は皮をむいて塩少々を振ってもんでから
    水で洗い流す。さつまいもはよく洗って皮をむかずに乱切りにして水にさらす。玉ねぎは半分に
    切って薄切りに、青ネギは小口切り、しょうがは千切りにする。
  2.フライパンを熱し、サラダ油少々を加え、香りが出るまでしょうがを炒めたら豚ひき肉を炒め、
    火が通ったらみそを加えてさらに炒めて火を止める。
  3.大きめの鍋にサラダ油少々を熱し、玉ねぎがしんなりするまで炒め、れんこん、ごぼう、
    にんじん、塩少々を加えてさっと炒めて蓋をして5分ほど蒸す。
  4.だし汁、里芋を加えて煮る。沸騰したら火を弱め、さつまいもを加えて蓋をする。
  5.時々かき混ぜながら約45分煮る。具が柔らかくなったらいったん火を止め、カレールゥを加えて
    混ぜながら溶かす。
  6.再び火にかけ、時々混ぜながら15分ほど煮たら出来上がり。器にご飯をよそってカレーをかけ、
    青ねぎを散らして召し上がれ。


061030konsaiwafu%20curry2.JPG

里芋から出るぬめりがとろみとなるので、ルゥが少なくてもトロトロのカレーになります。
子どもにはゴロゴロ野菜は食べにくいかも知れませんので、各野菜を少しずつ
小さく刻んで加えるといいですね。

2006年10月30日 06:00コメント (3)

コメント

根菜のカレー、美味しそうです。
小さく切ってしまえば、気付かれ無さそうですもんね。
以前、根菜を入れた和風クリームシチューもありましたよね。
どっちも美味しそうだと思いつつ、
なかなか作るに至らない自分が・・・(;´Д`)ノ

今日、パンのテストなんですね。
もう終了されたのかな?
忙しい中、頑張り続けられたのだから、
良い結果が出ると良いですね。

投稿者: まぐ | 2006年10月30日 13:06

早速昨日作りました♪
美味しかったですよ(^^)
丹羽さん〜ありがとう!!

投稿者: み〜ちゃん | 2006年10月31日 08:22

>まぐさん

豆乳のスープのこと、よく覚えておられますね。
根菜好きなので、翌日、カレーにカブも放り込んで煮たところ、りくたんには大変不評でした。美味しかったのに〜。
どうやら入れすぎは禁物のようです。

試験のこと、気にかけてくださってどうもありがとうございました。
何とか合格です!


>み〜ちゃんさん

早速作ってくださってありがとうございました!
お口に合ったようでよかったです。
ルゥを入れる前の匂いは豚汁のようにかんじませんでしたか?
余ったらさらにだしでといて、カレーうどんにしてもいいですね♪

投稿者: にわ あきこ | 2006年10月31日 16:11




コメントを投稿
ニックネーム
メールアドレス  (非公開です)
URL 
コメント 
 




レシピブログHOMEへ>>

丹羽彰子
丹羽彰子

洋菓子メーカーで販売促進を担当後、某大人気料理サイトにて料理&スタイリングを経験。日常にきらり輝く楽しみを見出す“暮らし愛好家“であることがモットーの、パン好きフードスタイリスト。

そのほかの人気ブロガー連載
最近の記事 カテゴリー アーカイブ レシピブログ コンテンツリンク

↑PAGE TOP