TOP > 連載 > フードスタイリスト・丹羽彰子のNiwa's Heartful Days
Niwas Heartful Days

ブログをお引越しいたしました!
ブックマークされている方はお手数ですが
以下へご登録をお願いいたします。
http://www.recipe-blog.jp/blog/akikoniwa/

ハワイアンドーナツ&サーバー移行のお知らせ

091119dounuts.JPG


いまだにクリスピードーナツもマラサダドーナツも上陸していない大阪。
東京の流行にはまったく影響されない土地柄のようで(笑)。
奈良からはじまった「フロレスタ」はどんどん広がっているみたいですが。


ハワイアンドーナツがどんなものなのかどうしても気になり、明日の撮影の
準備をしながらレシピを検索して作ってみました。
見た目は特に変わりませんが、食べてみるとしっとりもっちりとした食感でした。
卵が多いので、切ってみると黄色っぽいのですね。
美味しかったけれど、こんな感じでいいの???


****************************************************************************


サーバー移行に伴い、ブログをお引越しいたしました!
ブックマークされている方はお手数ですが
以下へご登録をお願いいたします。


http://www.recipe-blog.jp/blog/akikoniwa/

2009年11月19日 22:34コメント (4)

クリスマスの準備

091118christmas.JPG


新しい家での初めてのクリスマスにむけて、少しずつ準備をはじめました。
まずはリビングの扉横の棚の上からということで、木でできたツリーは自分で
作りました。
といってもホームセンターで木材を選んで、ちょっと加工しただけですが。
棒を通す穴はホームセンターで開けてもらいました。
簡単な作りですが、飾りを付けたら何となく雰囲気は出てます・・・?


091118christmas2.JPG


実は大きなツリーも木で作るつもりなんです。
似たような感じになると思うので、骨組みだけ?って言われそう(笑)。

2009年11月18日 16:35コメント (2)

キッシュ

091117quiche1.JPG


今日は一日中ひどい雨でした。
にもかかわらず、午前中は幼稚園の参観へ。
ぼんやりしていて遅刻しましたが(笑)。
いつもと変わらず元気に過ごしているりくたんや同じクラスのお友達の姿を見て、
大いに楽しませてもらいました。


そしてその後は、友人の新居祝いへ。
和室だった部屋をうまくリフォームしていて、古くて新しいナチュラルな空間に
していたのが素敵でした。
新しいおうちでランチをいただき、ほっこりまったりおしゃべりタイム。
雨の日でもこんなふうに楽しめたら最高だね♪


091117quiche2.JPG


ランチのお供にと思って焼いたキッシュ。
お友達の福田淳子さんの『野菜がたくさん食べられるキッシュの本』を見て
作りました。
この本は先日出版されたばかりの本で、パート・ブリゼやアパレイユのアレンジが
たくさん載っていて、作り方も丁寧に説明されています。
さらに私の好きな伊東朋恵さんというスタイリストさんがスタイリングをされていて、
眺めているだけでも幸せな気持ちになります。
これからの季節にぴったりのレシピが満載のキッシュの本、おすすめです。
福田さん、美味しかったですー。ありがとうございました。

2009年11月17日 21:56コメント (2)

豚角切り肉とじゃがいもの炒め物

091116itamemono.JPG


仕事に追われると、晩ごはんはどうもマンネリ化してしまいがちです。
そこで、カレー用の豚角切り肉をカレー以外に使うとしたらどうする?という課題を
自分に課して献立を考えてみました。
酢豚とか?ポークビーンズのような煮込みとか?
いろいろ案がありましたが、気軽なお惣菜にしたいと思ってできたのがこちら。
炒め物にして最後に合わせ調味料を絡めるというもの。
なーんだ、というくらい単純な組み合わせのおかずですが、薄切り肉やひき肉では
なく、角切り肉というところがポイント。
お肉にはしっかりと火を通して、お野菜に旨みを閉じ込めてくださいね。


<豚角切り肉とじゃがいもの炒め物>


 ■材料  3〜4人分


 豚角切り肉・・・250g
 じゃがいも・・・中3個
 いんげん・・・10本
 塩・・・少々
 こしょう・・・少々
 薄力粉・・・少々
 サラダ油・・・適宜
〔A〕
 すりおろし玉ねぎ・・・1/4個分
 しょうゆ・・・大1+1/2
 はちみつ・・・大1
 酒・・・大1
 水・・・大1


 ■作り方


 1.じゃがいもは皮付きのままラップで包み、電子レンジで加熱して火を通す。熱い
   うちに皮をむいて、ひとくち大に切る。
 2.いんげんは茹でて、軸と筋を取り、1/3の長さに切る。
 3.豚角切り肉は塩、こしょうをし、薄力粉をまぶして軽くはたく。フライパンに
   サラダ油を熱し、転がしながら焼く。
 4.肉にしっかりと火が通ったら、じゃがいもといんげんを加えて炒める。
 5.4をいったん取り出し、フライパンに残っている脂を拭き取ったら〔A〕を
   入れ、軽く煮詰める。4を戻し入れ、絡めるように炒め合わせたら出来上がり。
 
 

2009年11月16日 08:55コメント (3)

床のメンテナンス

091115kakurenbou.JPG


この家に住みはじめてから半年以上が経ちました。
すべてがピカピカという感じも薄れはじめ、リビングの床のキズが目立って
きました。
ということで、特にひどい凹みをこのかくれん棒で補修。
かくれん棒をドライヤーで温めて凹みに埋め、表面をものさしなどで削り取ると
だいぶ分からなくなります。
いたちごっこのような気がしますが、長い間住むことを考えるとやはりメンテ
ナンスは必要。
とはいえ、キズもいい思い出ですよね♪

2009年11月15日 21:02コメント (0)

テーブルに春

091114sushi.JPG


ひなまつりの桃色のお寿司。
錦糸卵といくらは黄色い菜の花畑のよう。
先日、手に入れた菜の花はこれに使いたかったのです。
ほんのひとときでしたが、テーブルに春が来ました!

2009年11月14日 23:25コメント (2)

また延期

091113obento.JPG


2日前に延期になった遠足ですが、再び延期になりました。。。がーん。
朝こそ雨が降っていたものの、帰ってくる頃にはお日様も青空も見えていて、
なんという間の悪さ。
次の遠足予定日は来週の金曜日ということです。
今度こそ晴れるといいのですが。


ということで、今日もお弁当。
りくたんのリクエストは「焼きそば」入り。
2日前と似たようなアングルで似たようなウインナーが横たわっていますが(笑)。
結構たくさん詰めたのですが、今日も完食でした。
いつのまにかこんなに食べるようになったのね〜。知らなかった。

2009年11月13日 16:13コメント (5)

あった、あった

091112nanohana.JPG


菜の花、無事に入手しました。
中央卸売市場へは時々行くのですが、毎回緊張します。
基本的に一般の人が小売りしてもらうところではないので、私の存在、かなり
浮いてます。
しかも今日は、幼稚園がお休みだったりくたんも連れて行ったのでなおさらです。
でもお店の人は、りくたんにお菓子をくれたり、からかったりしてくれたので(笑)、
いつもよりも場が和んでいたかも。
ただ、こちらも必要に迫られて行っているので「緊張<必死」なんですけどね〜。


高きびの入手も結構大変だったけれど、どちらも揃ってひと安心です。

2009年11月12日 19:17コメント (2)

雨で延期

091111obento.JPG


今日、りくたんは遠足に行く予定だったのですが、雨で延期になりました。
延期になった金曜日も雨模様らしいので、今回の遠足は中止かも・・・?
もともと給食がない日なので、お弁当を持っていきました。
教室で食べるお弁当は普段と違うから、これはこれで楽しいかもしれないね(笑)。


私は午前中にレンタルした食器を返却し、必要な野菜があったので中央卸売市場まで
足をのばしました。
にもかかわらず!・・・市場は休みでした。あぁ、ショック!
この時期、さすがに菜の花はスーパーには売っていないので、明日も市場へGOです。

2009年11月11日 12:54コメント (2)

チョコとココアはこれにて終了・・・?

091110vt.JPG


長い道程だった2010年バレンタインレシピもこれにて終了。
昨日の撮影は順調に進み、今はやり終えた充実感があります。
ただ、チョコとココアからはしばらく遠ざかっていたい気分です。


なのに来週はパンの撮影でチョコ&ココアを使うのだった!!
また甘〜い香りに包まれそうです。

2009年11月10日 16:16コメント (0)

ザクザクごはんビスケット

091109biscuits.JPG


おはようございます!
早速ですが、今日のレシピです〜。
見た目には分かりませんが、このビスケットには冷ごはんが入っています。
しかも、焼き上げるとザクザクの食感になるので食べだすと止まりません。


実はこのレシピを作るきっかけになったのが、私が日頃お世話になっている
「よつ葉連絡会」という宅配で紹介されていた「玄米バー」というお菓子。
甘さ控えめで、噛めば噛むほど味わい深い不思議な美味しさだったのです。
これをレシピ化したいと思い、玄米ではなく白米で作ってみました。
素朴な味わいですが、結構クセになりますよ♪


<ザクザクごはんビスケット>


 ■材料  約25本分


 薄力粉・・・100g
 全粒粉(細挽き)・・・100g
 冷やごはん・・・100g
 三温糖・・・40g
 菜種油・・・50g  ※サラダ油でOK
 水・・・大2程度


 ■作り方


 1.大きめのボウルに菜種油、三温糖を入れて泡立て器でよく混ぜる。冷ごはんを
   加えてゴムベラでごはんをほぐしながら混ぜ合わせる。
 2.ふるった薄力粉と全粒粉を1のボウルに加え、ゴムベラで切るように混ぜる。
 3.生地がひとつにまとまるまで水を少しずつ加えて調節する。台に軽く打ち粉(分量
   外)をして、めん棒で生地を厚さ3mm程度にのばす。
 4.お好みの大きさに切り分けて、フォークでいくつか穴を開け、オーブン皿の上に
   オーブンシートを敷いて生地をのせる。
 5.180℃に予熱しておいたオーブンで20分焼き、110℃に下げて30分ほど
   乾燥焼きをする。
 

2009年11月09日 07:47コメント (2)

眺めるだけで

091108flower.JPG


今日はとてもいいお天気だったのに、りくたんも夫もなぜかずっと家にいました。
何故??
朝からずっと作業をしていたら、あっという間に日暮れ。
何とか明日の撮影用のお菓子を作り終え、スタイリングも決まり、別の案件の
試作までできました。
我ながらよく働いたー!


お部屋に飾ってあるトルコキキョウを眺めてほっと一息。
疲れたときに眺めるだけで幸せな気分になれます。

2009年11月08日 22:26コメント (0)

深呼吸!

091107recipe.JPG


時間がないときや余裕のないときは深呼吸をしよう、といつも自分に言い聞かせて
います。
今日も何度も深呼吸して落ち着きを取り戻しました。
あさってはバレンタインの撮影、今週中にひなまつりの試作&レシピ制作、その他
にもレシピの締め切りがあります〜。
時間が足りないけれど、何とか工夫して時間をひねり出さなくちゃ。


それから、落ち着いたら連絡するねと言いながらそのままになっている友人たち、
もうすぐ連絡します。ゴメン!

2009年11月07日 23:11コメント (0)

5歳の記念に

091106kinen.JPG


早めに七五三の写真を撮りました。
我が家は写真館で撮るのは実はこれが初めて。
5歳の記念にと思い、りくたんと一緒に衣装を選んで撮影していただきました。
わりと素直にポーズをとることができたのですが、さすが男の子だけあって、
刀を抜きたがってしょうがない。
最後に、刀を抜いていいよとカメラマンさんに言われ、うれしそうに掛け声を
かけて刀を振り上げていました。


あとはお参りに行くだけです。

2009年11月06日 22:25コメント (3)

鳥のさえずり

091105hue.JPG


神奈川に住んでいる私の父がやってきました。
地元から深夜高速バスに乗り、早朝に奈良に到着。
正倉院展などを楽しみ、京都に移動して散策、夕刻に我が家へ。
明日は姫路城を見学して帰るんですって。
相変わらず元気で何よりです(笑)。


写真にある道具は、山歩きや自然観察が大好きな父からのおみやげ。
銀色の金具を回すと音が鳴り、鳥のさえずりのように聞こえるものです。
山歩きのときに首から提げておいて、時折り鳴らして鳥との対話を楽しんだり
できるそうです。
キュッキュと回してみると、たしかに鳥がさえずっているかのよう!
面白〜い。
りくたんよりも私の方が喜んでいました。

2009年11月05日 22:03コメント (2)

なごみの空間

091104kaidan.JPG


我が家にいくつかあるニッチ(壁面の凹み)のひとつが階段横。
雑貨を飾る「なごみの空間」になっています。
季節やその時々の気分によって変えているいるのですが、今はこんな感じです。


091104kaidan2.JPG


『ラチとライオン』のポストカード、グリーン、りくたんが赤ちゃんの頃に
遊んでいた車のおもちゃ+りんごetc・・・。
階段を上ったり、下りたりするたびに目に触れる場所だから、さりげないけれど
温かくやさしい世界を作りたいと思って飾っています。
ただ、夫もりくたんもあまり興味のない場所のようなので、あくまでも自己満足
ということで。

2009年11月04日 22:05コメント (2)

よもぎ餅

091103sora.JPG


お彼岸から遅れること1ヶ月以上、ようやくお墓参りに行ってきました。
年3回のお墓参りはだいたいこんな感じで時季外れ。
ご先祖様、申し訳ありません。。。


いつもはお参りに行って、周辺で少し遊んでから帰るというパターンなのですが、
今回は帰りによもぎ餅専門の和菓子屋さんに寄ってみました。
これが大ヒット!

091103yomogimochi.jpeg


『中将餅』という名前のよもぎ餅です。
奈良にお住まいの方はご存知でしょうか。
お餅のやわらかさとよもぎの入り方のバランスがとてもいい!
上にのったあんこもお餅の美味しさを引き立てる甘さと舌触りで、なんとも
いえない美味しさです。
これは私の中で上位に入る好きな和菓子になりました。
『みむろ』の最中に加えて、お墓参り後のお楽しみが増えてうれしい♪♪

2009年11月03日 21:43コメント (3)

さつまいものマッシュサラダ

091102salad.JPG


おはようございます。
現在、さつまいも祭りの我が家では、おやつもおかずもさつまいもづくし。
洋風も和風もなんでもありです(笑)。
もちろん今日のレシピもさつまいも!
皮ごとマッシュしたサラダをご紹介します。
マヨネーズを使わずにヨーグルトでまろやかさを出すので、とてもさわやかな
味わいです。
ディルを加えてちょっぴり大人味に仕上げてくださいね。


<さつまいものマッシュサラダ>


 ■材料  2〜3人分


 さつまいも・・・150g
 ツナ缶・・・1/2缶
 玉ねぎ・・・30g
 プレーンヨーグルト・・・大2
 塩・・・少々
 こしょう・・・少々
 ディル・・・少々


 ■作り方


 1.さつまいもは皮付きのまま厚さ約1cmに切り、10分ほど水にさらす。
  (途中、2回ほど水を替えてください)
 2.玉ねぎは細かくみじん切りにし、ツナ缶と和えておく。
 3.小鍋にさつまいもを入れ、かぶるくらいの水を加えて火にかける。
   沸騰したら火を弱め、やわらかくなるまで煮る。
 4.お湯を捨てて再び火にかけ、鍋をゆすりながら水分を飛ばしたら、ボウルに
   あけてマッシャーでつぶす。
 5.4に2、ヨーグルトを加えて混ぜたら、塩、こしょうで味をととのえる。最後に
   ディルを加えて混ぜ、器に盛る。

2009年11月02日 08:09コメント (3)

お芋いっぱい

091101imo.JPG


先日作ったおいたいも餡で「黄金芋」を作りました。
やわらかめの生地でいも餡をを包み、シナモンをまぶして焼き上げるのですが、
焼き上げ直後は外はサクサク、中はしっとり。
時間が経つにつれ、外もしっとりとしてきます。
たくさん作っておくと、味わいの変化も楽しむことができていいですね。


週末は焼き芋をする予定だったのですが、結局できませんでした。
まだまだお芋は残っております(笑)。

2009年11月01日 20:55コメント (0)

堺クラフトフェアへ

091031%20sakai.JPG


今日は大阪・堺で開催されているクラフトフェア『灯もしびとの集い』に
行ってきました。
第一回ということでどんなフェアになるのだろうとワクワクして行って
みましたが、なかなかの見ごたえ。
70ものブースがあり、陶器、金属、革、ガラス、布などの作家さんが
ご自身の作品を展示販売されていました。
心ひかれるものがたくさんありましたが、今回は見るだけにしてぐっと我慢。
といいつつも、端材で作られたお家を2つ買っちゃいました。
だってかわいいでしょ?(プライスもかわいかったのです)


開催場所は公園の広場なので、お天気がよければ周囲の芝生でランチも楽しめます。
ただ飲食を出店されているブースは少ししかないので、すぐに売り切れてしまう
可能性大。
ちなみに11時前に着いたのに、お弁当、パン、お菓子はすでに完売でした〜。
来年はさらに充実した内容になるといいな♪


2009年10月31日 21:29コメント (0)

黒枝豆のモンブラン

091030mont-blanc.JPG


少し前のことになりますが、記録として残しておくために。。。
冷凍していた黒枝豆を使ってモンブランを作りました。
茹でてフードプロセッサーにかけた黒枝豆に、クリームチーズを加えて固さを
調整しています。
土台はスポンジがいいかなと思い、ロールケーキを作ってカットしたのですが、
黒枝豆の風味にスポンジが負けていました。
見た目と違って、黒枝豆クリームはかなり素朴な味なんですよね。
パイ生地の方が合うのかな?
それともやっぱりずんだもちにするがベストなのかな。

2009年10月30日 22:39コメント (0)

たこやきかぞく

091029book1.JPG 091029book2.JPG


近所に不思議な雰囲気の雑貨屋さんがあります。
自転車ではよく通りかかるのに、なぜか一度も入ったことがありませんでした。
でも今日は何かに呼ばれたかのように、ふらりと立ち寄ってみました。
すると、店内はいたるところに雑貨がひしめいていて、まるで宝探しをしている
かのよう。
器、布もの、皮製品、絵本、ポストカードetc・・・どれもこれも店主さんの
思い入れのあるセレクトばかりで、ひとつ質問すると次から次へとそのモノに
まつわる話がこぼれて落ちてきます。
それがまた楽しいのです♪


でも今日はそれだけではなく、スペシャルな出来事がありました。
『たこやきかぞく』を書かれた絵本作家の「にしもと やすこ」さんが来店されて
いたのです〜。
別の作家さんの個展を見に来られていたということで、まさに奇遇!
スラリと背の高い美しい方で、描かれる絵とのギャップに驚かされました。
少しお話をさせていただいて、絵本の最後のページにサインをしてください
ました。感激♪
にしもとさん、ありがとうございました。


帰ってからりくたんに読んであげると、ニヤリと笑いながら聞き入っていました。
話の展開が面白いんですよ〜。
大阪のご家庭にぜひ一冊!そんな感じの楽しい絵本ですよ。

2009年10月29日 22:15コメント (0)

今月のパン

091028bread.JPG


今日はパン教室へ。
ますます複雑になるパンの製法。
いつもギリギリに教室に着くので、何の理解もせずにいきなり生地を分割していたり
して、これではいけないなぁと思う日々。
少し落ち着いたら、講師カリキュラムあたりから復習しなくちゃと真剣に思って
おります、はい。

2009年10月28日 22:27コメント (0)

お芋掘り

091027satsumaimo.JPG


今日は幼稚園のお芋掘りでした。
前日の雨の影響が気になるところでしたが、いいお天気に恵まれて絶好の
お芋掘り日和。
幼稚園の裏庭にはよく手入れされたさつまいも畑が広がり、年少〜年長さんの
全園児が掘れるくらいの広さがありました。
みんな楽しそうに掘っていましたよ〜。そして大収穫!
役員さんが全園児分を均等になるように分けてくださり、こんなにたくさんの
お芋をいただきました。
一番大きいお芋の重さを量ったら、なんと750gも。
こんなにたくさんあるんだからどんどん使わなきゃ〜ということで、とりあえず
今日はこの一番重いさつまいもを使ってLet's Cooking!


091027satsumaimo1.JPG


さつまいもの炊飯器プリン
実はこのレシピは私が作りました。
甘さ控えめが好みの方は仕上げのメイプルシロップはかけない方がよいかも。


091027satsumaimo3.JPG 091027satsumaimo2.JPG

左は素揚げしたもの、右はさつまいも餡。
素揚げしたものにゲラントの塩を少し振って食べたら美味しかったです。
さつまいも餡は『黄金芋』しようと思って作りました。


これでやっと1本消費。
まだまださつまいも生活が続くわよ〜(笑)。

2009年10月27日 22:06コメント (2)

エリンギと春菊の混ぜごはん

091026%20mazegohan.JPG


雨の月曜日。
週の初めから雨というは、テンションがちょっと下がってしまいます。。
でも、たまっているPCワークをこなすには雨の日が一番!と思い直して、前向きに
過ごしたいと思います♪


それでは今日のレシピです。
先週に引き続いてごはんものになります。
冬野菜が出始めて、きのこ類もおいしい季節なのですが、食わず嫌いのりくたんが
手を出さないのが春菊、エリンギ。
わりと野菜は何でも食べるほうなんですが、クセがあると難しいみたいです。
それで何とか美味しく食べてもらえないかなぁと思って作ったのがこの混ぜごはん。
エリンギは細かく切ってよく炒めると、ちくわとうまくなじんでくれます。
春菊の味もアクセントになってくれたようで、りくたんもモリモリ食べてくれました!


<エリンギと春菊の混ぜごはん>


 ■材料  2人分


  温かいご飯・・・お茶碗2杯分
  エリンギ・・・2本
  春菊・・・1株
  ちくわ・・・2本
  塩・・・少々
  しょうゆ・・・小1
  白炒りごま・・・大1
  サラダ油・・・大1


 ■作り方


 1.エリンギは小さめの角切り、春菊は1cm幅に切り、ちくわは縦半分に切ってから
   薄切りにする。
 2.フライパンにサラダ油を入れて火にかけ、エリンギ、春菊、ちくわ、塩少々を
   入れてよく炒める。
 3.ボウルに温かいご飯、2で炒めた具、白炒りごまを入れて混ぜる。しょうゆ、
   塩で味をととのえたら出来上がり。

2009年10月26日 09:01コメント (2)

チューリップ柄の飴

091026candy.jpeg


あぁ、懐かしい!
チューリップ柄のビニールに入った色とりどりのキャンディ。
カラーモールで留められただけのこの素朴さ。
細くて長い透明の棒に三角の飴がちょこんとついているこのアンバランスさが
好きでした。
それから飴ちゃんの表面のザラメも。


“色とりどり”って言いながら赤しかないのは、りくたんが緑や黄色など他の色を
みんな食べちゃったから。
キャンディの中でイチゴ味があまり好きではないみたいです。
でもこのチューリップ飴はイチゴ色をしているけれど、イチゴ味ではないので
OKなんですって。

2009年10月25日 22:42コメント (0)

温かい灯り

091024dining.JPG


日が暮れるのが早くなり、夜が長くなりましたね。
ダイニングテーブルを照らす灯りが温かく感じます。
ここ最近、明るい時間はめいっぱい働くことにして、りくたんが寝た後は、
ゆっくりとした時間を過ごすようにしています。
しかーし、ソファでのんびりしているとすぐに眠くなる・・・ZZZ
今日もすでに瞼が重い、ということでもう寝ます。
おやすみなさーい。


2009年10月24日 21:58コメント (0)

無難にならずに

091023minicars.JPG


もう言うまでもありませんが、相変わらず車好きのりくたん。
先日、マスキングテープでミニカーをデザインチェンジすることを覚えてから、
いろんな模様のテープを駆使し、自分が格好いいと思う車を目指してがんばって
います。
そして今度は塗装するという方法があることを知り、夫に頼んで黒に塗り直して
もらっていました。
ポンティアック・ファイヤーバードは黒が格好いいんですって。
我が子ながら、ミニカーに対する想いの強さに驚くばかりです。


仕事をしていると、つい無難におさめたくなるときがあるのですが、子どもの
独創性に触れるとハッとさせられます。
もっとこんなふうにしたい、こんなことができたら・・・という純粋な気持ちが
ものづくりには大切だと思います。
親にまとわりついて「一緒に遊ぼう!」と言ってくれる時期はあと少し。
そのキラキラとした感性を、お母さんと遊んだときにちょっとだけ分けてください。

2009年10月23日 14:05コメント (0)

きかんしゃやえもん

091022yaemon.jpeg


『きかんしゃやえもん』を読みました。
遠い昔に読んでもらった記憶があるのですが、話はすっかり忘れてしまっており、
初めて聞いたような気分でした。
今の絵本にはない話の展開と言葉のリズムが面白くて、長く愛されている理由が
分かります。


実は少し前に、りくたんと「東映アニメまつり」を見に行きまして、そのときに
現代バージョンにアレンジされた「きかんしゃやえもん」が上映されていたのです。
その影響でこの絵本を読んだ訳です。
ちなみにりくたんは、映画のきかんしゃやえもんを見て感動して泣いていました(笑)。

2009年10月22日 22:20コメント (2)

ぜいたくモンブラン

091021montblanc.JPG


丹波栗100%のぜいたくモンブラン。
市販のマロンペーストと違って、栗の美味しさそのものをいただくといった感じ。
一年に一度だけ作ることができるこのモンブランは、手間ひまをかけることで
より一層美味しく感じられます。
ちなみに上にのせた渋皮栗は去年作ったもの。
きちんと保存できていたので活用することができました♪


今日はこのモンブランを友人宅に持っていったのですが、見事に倒れていました。
あぁ、ショック〜。
これからはきちんと持ち運べるための資材を準備しなくてはと反省した次第です。

2009年10月21日 22:42コメント (0)

フルーツピッツァ

091020pizza.JPG


バナナとベリーのフルーツピッツァ。
300℃で5分焼きました。
1回目の試作でしたが、出来上がりはなかなか。
冷えても美味しいので、おやつにもぴったり!

2009年10月20日 17:21コメント (2)

栗のバターピラフ

091019pirahu.JPG


さつま芋、栗、黒枝豆・・・皆さんも秋の味覚を楽しんでいますか。
我が家は日々満喫しております!
だからもちろん、今日のレシピは秋の味覚を使ったもの。
「栗」のバターピラフです。
味付けはコンソメを入れずにシンプルに栗、バター。塩だけ。
ドライハーブで風味で風味をプラスしています。
栗は大粒のものを選び、やわらかくなるまで茹でたものを使ってくださいね。


<栗のバターピラフ>


 ■材料  2合分


 ゆで栗(正味)・・・100g  ※やわらかく茹でて中身を取り出したもの
 米・・・2合
 バター・・・20g
 塩・・・小1程度
 ドライハーブ・・・適宜
 黒こしょう・・・適宜


 ■作り方


 1.米は炊く30分前にとぎ、ザルにあげておく。
 2.フライパンにバター10gを入れて火にかけ、ゆで栗を加えて炒めて取り出す。
 3.再び2のフライパンにバター10gを入れて火にかけ、米、ドライハーブを加え
   て炒める。米が透き通ってきたら火を止め、炊飯器の内釜に移す。
 4.水を2合の目盛りに合わせて入れ、2の栗と塩を加え、ひと混ぜして炊く。
   炊き上がったら器によそい、お好みで黒こしょうを振る。
   ※塩気が足りない場合は塩を振ってお召し上がりください。

2009年10月19日 06:25コメント (2)

1+2人分

091018obento.JPG


昨日突然、りくたんが「明日ピクニックに行くからお弁当作って!」と言って
きました。
そんな約束していたかな?と思って聞いてみると、同い年の従兄弟と決めてきた
そうです。
夫は自転車乗りでいないし、従兄弟の母は赤ちゃんを出産したばかりだし・・・、
ということは私ひとりで連れていくってこと??


ふたりとも行く気満々だし、これは行くべき!と判断して朝からお弁当づくり。
だけど、大人1人+子ども2人分の量がよく分かりません。
足りないかもと心配しながら持っていったら、やっぱり足りなかった・・・がーん。
これからお弁当レシピのお仕事もあることだし、レパートリーを増やすべく
がんばらなくちゃ。

2009年10月18日 22:03コメント (4)

黒枝豆づくし

091017edamame.JPG


我が家に黒枝豆が続々と届いております〜。
今日は義父からお気に入りの黒枝豆をいただきました。
早速、ずんだ団子と今はまっている焼き枝豆を作りました。
焼き枝豆は焼きたてよりもちょっと冷めたくらいが私好みです。

2009年10月17日 23:02コメント (0)

未完成な手土産

091016omiyage.JPG


お友達への手土産。
といっても試作中のものばかりです。
未完成のものを持っていくのはどうかと気になりつつも、おやつくらいには
なるかなぁと。ごめんね、みんな。
いろんな案件を同時進行していくので、こんなふうにリセットしながらやって
いかないと行き詰っちゃうのです。
ただ単に試食するのではなく、おやつの時間に食べるというのも大事なこと。
今日もいろいろと気づくことがあったので、それを踏まえてもう一度やってみよう。

2009年10月16日 22:34コメント (0)

丹波栗のマロンクリーム

091015marron.JPG


友人が丹波栗と黒枝豆を送ってきてくれました。
少し前には料理スタジオの先生方からも黒枝豆をいただきました。
そして初めて「焼き枝豆」に挑戦。
焼き枝豆は、塩水にしばらくつけておいた枝豆を高温のオーブンで焼くのです。
香ばしく焼けた皮とほこほことした豆が最高に美味しくて、手が止まりませんでした。


そして、大粒の丹波栗は茹でてから中身を取り出し、マロンクリームに。
丹波栗100%のモンブランを作る予定です。
なんて贅沢なんだ!

2009年10月15日 23:09コメント (0)

大詰め

091014brawnies.JPG


今日も一日バタバタしてました。
午前中は免許の更新、午後は電話にて取材を受けていました。
するとあっという間にお迎えの時間。
日が暮れるのが早くなってきて、一日がとても短く感じられます。


バレンタインレシピも大詰めになってきていて、今日はブラウニーが完成。
「ヘルシー」が今回のキーワードになっているので、一筋縄ではいかないのです。
ゴールまであと少し!

2009年10月14日 22:37コメント (0)

青空カレー

091012cooking.JPG 091012%20curry.JPG


昨日は、りくたんの従兄弟も誘って外でカレー作りをしました。
思いのほか暑くて、カレーよりもバーベキュー&ビールという感じでしたが。
久しぶりにダッチオーブンも登場し、雰囲気だけは本格的。
中身は子ども用のルゥを使った普通のカレーでしたが、青空の下で食べると
最高に美味しい!
食べ終わったら子どもたちと一緒に走り回りました。倒れそうなくらい・・・。
でも楽しかったな〜。


091012cooking2.JPG


作っている姿はこじんまりしてます(笑)。

2009年10月13日 22:36コメント (3)

さつまいもの豆乳カレーチャウダー

091011satsumaimo.JPG


連休最後の日。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
我が家は本日、「お外カレー」をするつもりです。
りくたんのいとこを誘って、外でカレー作りです。
みんなで食べたらさぞ美味しいことでしょう。今から楽しみ♪


さてさて本日のレシピはさつまいもを使ったチャウダーです。
あっさりとした豆乳仕立てにし、カレー粉で風味をつけます。
小麦粉を入れずに、さつまいものデンプンを生かしてとろみをつけるという点も
ポイントのひとつです。
出来上がってすぐにいただくよりも、いったん冷えてから再加熱するとよりとろみ
が感じられると思いますよ。


<さつまいもの豆乳カレーチャウダー>


 ■材料  2〜3人分


  さつまいも(皮付き)・・・200g
  玉ねぎ・・・1/2個
  ベーコン・・・40g  ※できれば上質のものを選んでください
  すりおろしにんにく・・・少々
  カレー粉・・・小1
  水・・・150ml
  豆乳・・・250ml
  チキンコンソメ(顆粒)・・・小1/2
  塩・・・少々
  パプリカ、チリパウダー、ドライパセリ・・・お好みで


 ■作り方


 1.さつまいもは2cm角程度に切り、水に10分ほどさらす。(途中、水を2回
   ほど変えてください)
 2.玉ねぎは1cm角、ベーコンは1cm幅に切る。
 3.厚手の鍋にベーコンを入れて火にかける。ベーコンの脂が十分出てきたら、
   玉ねぎを加えて透明になるまで炒める。
 4.さつまいもを加えて軽く炒めたら、すりおろしにんにく、カレー粉を加えて
   全体に絡める。水を加えて火を強め、アクを取り除く。
 5.中弱火にして蓋をし、5分ほど煮る。さつまいもがやわらかくなっていたら、
   豆乳、チキンコンソメを加え、時々混ぜながら10分ほど煮る。
 6.塩で味をととのえたら器によそう。お好みでパプリカやチリパウダーなどを
   振っていただく。
   
 

2009年10月12日 07:07コメント (2)

悔し泣きの運動会

091011undokai1.JPG


今日は幼稚園の運動会でした。
少し肌寒いくらいの秋風が吹く晴天の日。
夏休み明けからだいぶ長いこと練習していただけあって、なかなか見ごたえのある
種目がそろっていました。
りくたんはというと、かけっこで一等賞になる!といつになく意気込んでいて、
自信有り気な様子。
でもそういうときに限って・・・と心配していたら現実になってしまいました。


091011undokai2.JPG


転んでしまった!
すぐに起き上がったものの、混乱したのかコースの内側から勝手にショートカット。
泣きながらゴールして、一直線に先生に抱きついていました。
「一等賞になりたかったの」と大泣きしていたそうです。


残念な結果に終わってしまいましたが、「一等賞になりたい」「悔しい」という
去年の運動会では見られなかった感情に『成長』を感じました。
この悔しさをバネにして強くなって欲しいと思います。
がんばれ、りくたん!


気分は落ち込んだままでしたが、他の種目も何とかがんばりました。


091011undokai3.JPG


クラス対抗「だるま運びリレー」。
園児4人が協力して運ぶ姿にとても感動してしまいました。
このだるまさん、固定されていないんです。大人でも難しそう。


091011undokai4.JPG


パラバルーンもみんなで力を合わせてがんばりました。
一生懸命練習した様子が伝わってきて、これにも感動。


長かった練習も今日で終わり。
よくがんばったね。おつかれさまでした!

2009年10月11日 23:34コメント (4)

秋の和菓子

091010wagashi.JPG


今月で最後の和菓子教室。
くり茶巾と黄金芋を教えていただきました。
どちらも「これぞ秋の味覚」といったお味。
黄金芋は作ってから2〜3日が食べ頃なんですって。
んー、でも明日食べちゃうよ、きっと。

2009年10月10日 22:18コメント (0)

エプロン

091009.JPG


今日の午前中は撮影でした。
といっても、取材用の撮影なのでパン1品のみだけを作成。
あとはキッチンやお気に入りの品々などなど。
その中のひとつにエプロンがあったのですが、そのエプロンには特別な思いが
あったことを今回思い出しました。
会社を辞め、フードスタイリストを目指して歩み始めたとき、その決意として
買ったリネン100%のもの。
料理スタジオへ行くときには必ずそのエプロンを持っていきました。
今はプライベートでも使っていますが、多分一生手放すことはないような
気がします。
たとえどんなにヨレヨレになってもね(笑)。

2009年10月09日 22:15コメント (0)

臨時休園

091008flower.JPG


今朝はまだ台風の余波が残っていたため、幼稚園は臨時休園になりました。
また休みですよっ!(怒)
もぉ、忙しいと言っているのに〜!って台風に怒っても仕方がないですよね。


台風一過で午後からは青空でしたね。
久しぶりの太陽を見てちょっとうれしくなりました。(怒りもおさまりました)


2009年10月08日 21:22コメント (2)

感謝の日

091006flower.JPG


昨日は私の誕生日でした。
夫からは毎年恒例のお花とケーキのプレゼント。
友人や両親からはメールや電話のお祝いメッセージをいただきました。


歳を重ねていくうちに、誕生日はお祝いの日というよりも、多くの人に感謝する日に
なってきているような気がします。
こうして平和な日々が送れるのも、支えてくれるみんなのおかげ。
また一年、どうぞよろしくお願いいたします。


2009年10月07日 22:42コメント (7)

早すぎるメリークリスマス

091006%20satsuei.JPG


かなり早めのメリークリスマス♪
これは友人が撮影してくれた写真なのですが、いい雰囲気ですよねー。
昨日はクリスマスディナーの撮影で12品を作りました。そして試食♪
暑い間はレシピ作成になかなか手がつけられなかったので、無事に終わって
ほっとしました。


そして、今日は午前中に新たなお仕事の打ち合わせでした。
いいお話をいただけて頑張ろうという気持ちに。
今週末はもうひとつ撮影が入っているのでかなりハードですが、まだまだ頑張れ
そうです〜。

2009年10月06日 14:21コメント (0)

お豆腐入りハーブオムレツ

091005omuretsu.JPG


おはようございます!
昨日は気持ちのよい青空でしたね。
週末は運動会もあちこちで行われたようで、にぎやかな歓声が聞こえてきました。


さて今日のレシピは朝ごはんにぴったりのオムレツです。
木綿豆腐を入れるので、独特のふわっと感が楽しめます。
ハーブとの相性も◎なので、ぜひ加えてみてくださいね。
木綿豆腐は前日の夜から水切りをしておくと、朝ごはんにちょうど使えますよ♪


<お豆腐入りのハーブオムレツ>


 ■材料  3〜4人分


  卵・・・2個
  木綿豆腐・・・200g
  粉チーズ・・・小2
  塩・・・少々
  こしょう・・・少々
  ドライハーブ・・・少々
  オリーブオイル・・・約大1
  ケチャップ・・・お好みで
 

 ■作り方


 1.木綿豆腐は水切りをして150gにする。
 2.ボウルに1の木綿豆腐を入れ、泡立て器でつぶしながらなめらかにする。
 3.2に卵を割り入れてよく混ぜ、粉チーズ、塩、こしょうを加えて味をととのえ、
   ドライハーブを加えて混ぜる。
 4.テフロン加工のフライパンにオリーブオイル(1回につき小1)を熱し、3を
   流し入れる。形をととのえながら片面を焼き、裏返してお好みの固さに焼いたら
   器に盛る。これを人数分作る。
 5.お好みでケチャップをかけていただく。

2009年10月05日 06:40コメント (1)

こんな使い方も・・・

091004tapes.JPG


マスキングテープの種類がすごく増えましたよね。
我が家にもいくつかありますが、いろんなシーンで重宝しております。
先日、りくたんと一緒に行った雑貨屋さんでも2つ買いました。
でもこれはりくたん用。
りくたんががどうしても欲しいと言ったから。。。
何に使うの?と聞いたら、ミニカーに・・・っていったい・・?


奥に見えますでしょうか。
ミニカーのボディにマスキングテープを貼っていました。
貼り方は下手ですが、彼なりに工夫して改造しているようです。
こんな使い方もあったのね・・・いやはや驚きました。

2009年10月04日 22:24コメント (0)

お月見

091003otsukimi.JPG


今日は中秋の名月。
時折り雲がかかりつつも、きれいな満月を見ることができました。
もちろん、お月見団子はお月様を見てからいただきました♪
フライングした人が1名おりましたが(笑)。


そうそう、大阪にきて初めてこのお月見団子を見たときはかなり衝撃を受けました。
お月見団子といえば、真っ白でまん丸のものだと思っていましたから。
真ん中にのせられたあんこは、今日のように月にかかる雲を表現しているそうです。


091003susuki.JPG


ススキはりくたんと夫が持って帰ってきてくれました。
秋ですねー。

2009年10月03日 22:05コメント (0)

藤原みどりさんの椅子敷き

091002isushiki2.JPG


我が家に椅子敷きが届きました。


4月に新居に引っ越して新しい椅子になったのですが、座面が木なのでいつも
おしりが冷たいなぁと感じていました。
椅子の敷き物をお店で探すも見つからず、ネットでいろいろと検索をしていた
ところ、6月に藤原みどりさんが作る『椅子敷き』に出会ったのです。
早速、藤原さんのHPてくてく堂から連絡をとらせていただきました。
そのときは残念ながらシーズンオフで、秋になったら出来上がるとのお話でした。
それから待つこと数ヶ月。
待ちに待った椅子敷きが我が家にやってきたのです!


091002isushiki.JPG


柄はいろいろとあったのですが、色や糸が異なる同じ柄の4種類を選びました。
見た目もステキですが、その心地よさは格別です。
肌触りもとても良く、座るとじんわりと温かさが体の中に伝わってきます。
これからますます寒くなるので、椅子敷きのありがたさがより一層感じられそうです。


多くの人にこの椅子敷きの素晴らしさを伝えたいと思い、今回紹介させていただき
ましたが、藤原さんがすべて一人で作られているので数に限りがあります。
なので、すぐに手に入るかどうかは分かりませんが、興味を持たれた方は藤原さんに
ぜひお問い合わせくださいね。
こちらからどうぞ→てくてく堂

2009年10月02日 09:20コメント (3)

鹿の親子

091001shika.JPG


10月になりましたね。
今日は幼稚園がお休みでした。
来年度入園児の願書提出日のため・・ということです。
なんせマンモス幼稚園なので、いろいろとやることがあるのでしょうね〜。
にしても、ここのところ忙しいので休みが多くて困ります。はぁ。


ということで、りくたんを連れて雑貨屋さんに秋の小物類をチェックしに行って
きました。
そこで出会った『鹿の親子』。
東北の工芸品、イタヤ細工を参考にして、麻生地を貼り合わせて編んだものという
ことでした。
イタヤ細工の方では馬がモチーフになっていますが、奈良で作られたこちらは鹿。
小鹿が振り返って親鹿を見つめる様子がなんとも愛らしいです。
他にも小物や来年のカレンダーなどを買いました。


もう来年かぁ・・・一年経つのがホントに早いです〜。

2009年10月01日 22:12コメント (0)

雨の日のパン教室

090930bread.JPG


今日は一日中、雨が降っていました。
それでも自転車でパン教室へ向かう私。
当然濡れるわけですが、だって時間がないんだもーん。
でも本日教えていただいたパンは、かさばらないものばかり。助かりました。
私はずぶ濡れでもグリッシーニはカリカリのまま。
この湿気でも大丈夫!

2009年09月30日 21:55コメント (2)

恩返し、のつもりで・・・

090929kuri.JPG


今日はパンの撮影でした。
昔、アシスタントとしてお世話になった「E・recipe(Eレシピ)」から依頼をいただい
てのお仕事。
まさか自分が企画したコンテンツにこんなふうに関わることができるとは、あの頃は
思いも寄りませんでした。
4品だけでしたが、手順の撮影もあるので、いつもの撮影よりも時間がかかります。
りくたんのお迎えの時間までに終えられるかどうか・・・と頭の中で何度もシュミレー
ションをして取り組んだだけに、ぴったり終わったときにはちょっと嬉しかった(笑)。
連載なのでしばらく撮影は続きますが、恩返しのつもりでがんばります。


画像にある栗の渋皮煮はこれはお土産にいただいたものです。
先週末に栗拾いに行かれたそうで、作りたてのほやほや。
食感はしっかりしていながら、味はきちんとしみていてとっても美味しかったです。
どうもありがとうございました!

2009年09月29日 22:13コメント (0)

バジルソースのフォカッチャ

090928foccacia.JPG


おはようございます!
いよいよ明日が締め切りとなりましたレシピブログ×キユーピーさんのモニター企画
には応募されましたか?
「本格イタリアンでちょっといい週末♪」


今日のレシピは、モニタープレゼントにもなっている「バジルソース」を使ったパン、
フォカッチャです。
なすとピーマンをバジルソースで和えておいて、生地の上にのせて焼き上げます。
焼いているときに香るバジルが何とも言えず食欲をそそります。
ソース単独で使うのはもちろん、ピザソースの隠し味としても良さそうですね♪


 ■材料  8個分


  強力粉・・・200g
  ドライイースト・・・3g
  塩・・・2g
  水・・・120g
  オリーブオイル・・・15g


  なす・・・1本
  ピーマン・・・1個
  ミディトマト・・・1個
  バジルの葉・・・5〜6枚
  キユーピーバジルソース・・・大2
  粉チーズ・・・適宜
  オリーブオイル・・・適宜


 ■作り方


  1.ボウルに強力粉、ドライイースト、塩を入れてゴムベラでよく混ぜる。水を
    加えて混ぜ合わせ、粉気が残っている状態で台に取り出す。
  2.手で生地をまとめ、粉気がなくなったらオリーブオイルを加える。10分ほど
    こね、グルテンがつながったら生地を張らせる様に丸める。
  3.オリーブオイル(分量外)を薄く塗ったボウルに2の生地を入れ、ラップをかけて
    2倍に膨らむまで温かいところで発酵させる。
  4.発酵が終了したら台に取り出し、8個に分割する。生地を丸め直してとじ目を
    下にし、乾かないようにして15分ベンチタイムをとる。
  5.生地のとじ目を下にしたまま軽く手で押さえ、直径8cmになるようにめん棒
    をかける。オーブンシートを敷いたオーブン皿に生地をのせ、35℃で20〜
    25分発酵させる。
  6.なすは薄く輪切りにし、水にさらす。ピーマンは種を取り、小さめの乱切りに
    する。ミディトマトは16個になるように切り分ける。
  7.なすをザルにあげて水気を拭き取り、ピーマンとともボウルに入れ、さらに
    バジルの葉をちぎりながら入れ、キユーピーバジルソースを加えて和える。
  8.5の発酵が終わったら、生地の上になす、ピーマン、ミディトマトをのせ、
    粉チーズをふりかけ、オリーブをオイルを回しかけ、220℃に予熱しておい
    たオーブンで約10分焼く。
    ※ガスオーブンを使用しています。電気オーブンの場合は、設定温度を10〜
     20℃上げて、焼成時間も調節してください。

2009年09月28日 07:46コメント (2)

苗ならありました

090927basil.JPG


近所のスーパーにバジルを買いに行ったら売っていませんでした。
売り場の人に聞いたところ、取り扱いがないとのこと。
そこそこの品揃えがあるスーパーなのになぜ〜?!と驚いた帰り際、スーパー併設の
お花屋さんに寄ったらバジルの苗がありました。
しかも安い!
得した気分で帰宅し、早速植え替えをしました。うふふ。

2009年09月27日 21:02コメント (0)

はかどります

090926table.JPG


ただ今、レシピをPCに打ち込み中。
涼しいのでとてもはかどります。
夫とりくたんはお出かけをしているからなおさらのこと(笑)。


りくたんが根っこ付きで持って帰ってきてくれた植物を水に挿してみました。
何だか秋っぽくていい感じです。

2009年09月26日 16:13コメント (0)

これならOK

090925curry.JPG


給食のカレーは大好きと言っているのに、私が作るカレーがあまり好きでない
りくたん。
我が家のメニューにカレーを取り入れたくて、これまでいろんなカレーを作りました。
ルーの種類やメーカーを変えたり、ルーを使わずに自分で作ってみたり、具材や切り方
も変えたりもしました。
でも、全然ダメなんです〜。
口の中に残るヒリッとした感じがどうやら苦手だということは分かったのですが。。


で、お店で見つけた「くだものたっぷりのフルーツカレールゥ」をひき肉にして
作ってみたところ・・・これならOK!
たくさん食べてくれました。よかった〜。
でもスパイスは効いていないので大人にはちょっと物足りないかも知れません。
結局、大人用にはスパイスを適当に入れて調整してしまいました。

2009年09月25日 21:59コメント (9)

「キユーピー Italiantede」でおうちイタリアン

090924italiante.JPG


レシピブログ×キユーピーさんのモニター企画「本格イタリアンでちょっといい週末♪」
が本日より公開されました。
キユーピーさんの「Italiante(イタリアンテ)」は、ご家庭で“本格イタリアン”を
コンセプトに、アンティパストからセコンドまでが手軽に楽しめるシリーズです。
今回、これらを使って食卓コーディネイトを提案させていただいています。
実はこのときに撮影をしたのですが、結婚記念日に・・・と想定しながら、実際は
りくたんと食事をしていました(笑)。


本日より29日までモニターの募集を行っておりますので、皆さんふるってご応募
くださいませー♪

2009年09月24日 21:35コメント (3)

完走、おつかれさま

090923noto.JPG


昨日の深夜、能登半島より夫が帰宅しました。
「ツール・ド・能登」3日目のレースに出場し、無事完走したそうです。
気持ちのよい風に吹かれて自転車を走らせる・・・ということにはならず、
残念ながら雨模様。。
ただ昨年に比べて、今年はだいぶ早くにゴールできたようです。
よかった、よかった、おつかれさまー。


長かった連休も今日でおしまい。
私はゆっくり疲れを取らせていただきました♪

2009年09月23日 15:24コメント (2)

この貝はなに?

090922kai.jpeg


先日、和歌山の海で遊んでいたときに見つけたこの貝たち。
私は生まれて初めて見ました。
ヒトデのような模様があるのですが、まるで描かれているかのよう。
平べったくて、つるんとしていて・・・いったいこの貝はなんですか??

2009年09月22日 22:18コメント (6)

全粒粉とお味噌のザクザククッキー

090921cookies.JPG


おはようございます。
シルバーウィーク3日目、皆さんいかがお過ごしですか。
青い空、まぶしい日差し、心地よい風、そんなすがすがしい日が続いていますね。
思わずどこかに出かけたい気分になります。


さて今日のレシピは、ザクザクとした食感が楽しい全粒粉のクッキーです。
食感に負けないコクを出したかったので、お味噌を入れてみました。
信州みそを使うので主張はあまりありませんが、とてもいい味のアクセントに
なっています。
おうちでクッキーを焼いて、外で食べたら楽しそうですね♪


<全粒粉とお味噌のザクザククッキー>


 ■材料  約40枚分


  無塩バター・・・80g
  三温糖・・・60g
  信州みそ・・・15g
  全卵・・・1/2個分
  全粒粉(粗びき)・・・150g
  薄力粉・・・50g


 ■作り方


 ○下準備
  バターは常温に戻し、薄力粉はふるっておく。卵は溶きほぐし、信州みそと合わせ
  て練っておく。


 1.ボウルにバターを入れ、泡立て器でクリーム状になるまで混ぜる。三温糖を3回
   に分けて加え、そのつどよく混ぜる。
 2.卵と信州みそを混ぜたものを少しずつ加えて混ぜ合わせたら、薄力粉を加えて
   混ぜる。
 3.全粒粉を加え、ゴムベラに替えて粉気がなくなるまで混ぜる。
 4.生地を手でまとめたらラップに包み、できれば一晩冷蔵庫で休ませる。
 5.冷蔵庫から生地を取り出し、扱いやすい固さに戻す。めん棒で4〜5mmの
   厚さにのばして型で抜き、170〜180℃に予熱しておいたオーブンで
   約15分焼く。
   ※焦げやすいので注意してくださいね。

2009年09月21日 07:59コメント (0)

おいしい会 2009年秋

090920oishiikai.JPG


3日前に急遽決まった「おいしい会」。
前回、私が参加したのは2008年1月でしたから、みんなに会うのは一年半ぶりでした。
月日が経つといろんなことがあるもので、メンバーの一人が来月11月に結婚する
ことになったり、今回参加していないもう一人のメンバーのお子さんが1歳になって
いたり(前に集まったときはお腹の中でした)。。。


おいしいカレーパン(具が特に絶品でした)や自家製ローストビーフなどを持って
きてくれた今回のおいしい会。
久しぶりにりくたんと夫も参加し、背の高いグラスで乾杯♪
楽しいひとときを過ごせましたー。

2009年09月20日 22:53コメント (0)

「帰る」

090919itsuko1.JPG


清水いつ子さんの写真展「帰る」に行ってきました。


小野町デパートさんの空間にすっと入り込んだ彼女の作品。
心の中に眠っている何かをぎゅっとつかまれたような、切ない気分になります。
でも、見たあとには温かい気持ちになれる・・・そんな不思議な力があります。


090919itsuko3.JPG


作品を見て感じるものは人それぞれ。
思い思いの時を過ごしてください。


090919itsuko4.JPG


私が作らせていただいたお菓子とパンも置いてあります。
作品とともに味わっていただけたらうれしいです。


090919itsuko2.JPG


写真展は小野町デパートさんにて23日まで開催されています。

2009年09月19日 22:36コメント (5)

セカンドハンド

090918antieq.JPG


アンティークのカトラリーと器を買いました。
今、北の住まい設計社さんでは、セカンドハンド「北欧の暮らしを訪ねて」という
フェアをやっていまして、オーナーさんが買い付けてきた北欧を中心としたヨーロッパ
のアンティークの器やかご、リネンなどを販売しています。
状態もよく、お値段も手ごろなんですよー。
アンティークのカトラリーは撮影で使いたいと思っても、レンタルをしているところ
が少なく、探しても見つからないこともあったりして、結構苦労します。
だからこれは貴重!
貴重と言えども仕舞い込まずに、少しずつ日々の暮らしに取り入れていきたいなぁと
思います。


明日は清水いつ子さんの写真展に行く予定。
パンとお菓子をたくさん持って出かけます。
さあ、早朝に起きて焼くぞぉ〜。

2009年09月18日 21:43コメント (2)

セピア色

090917choco.JPG


連日、何を試作しているかというと―
チョコレート&ココアのお菓子なんです。
つまり、バレンタインですよ!


夏が終わったと思ったら、我が家はもう冬です。
来月はクリスマスの撮影、さらにバレンタインチョコも。
キッチンがセピア色に見えてきた〜。

2009年09月17日 20:57コメント (0)

佇  TATAZUMU

090916ryo.JPG


芸術の秋です。
従姉妹の陶芸家RYOちゃんこと、小西 良さんが展覧会を開きます。
タイトルは『佇 TATAZUMU』。
織・銅・照明を作られる井上弘子さんとの共同展覧会ということです。
場所は東京・青山のGalerie WA2(ギャルリー・ワッツ)。場所はコチラ→
期間は9月20日〜26日です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


送られてきた葉書の一説より〜


音にまつわるものたち。リズムにまつわるものたち。
二人自然と音にまつわるかたちにたどり着きました。
空間に佇むリズムのカケラを探してみてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


興味のある方、お時間のある方、ぜひ足を運んでみてくださいね。

2009年09月16日 20:14コメント (0)

無事出荷

090915sweets.JPG


友人の写真家「いっちゃん」こと、清水いつ子さんの写真展が17日(木)より
和歌山の小野町デパートにて開催されます。
それにともない、私が作るお菓子を販売させていただくことになっているの
ですが、今日は焼き菓子類を作って出荷いたしました。


ちなみに今回作ったお菓子は・・・
・ごぼうと黒糖のクッキー
・全粒粉の味噌クッキー
・米粉入りスコーン(クランベリー&レモンピール/カシューナッツ&黒こしょう)
・スティッククラッカー


です。
いっちゃんをイメージして作りました。
もちろんオリジナルで、どこにもない私だけの味(だと思っています)。
小野町デパート2階 茶室ゑびすでワンドリンクを注文していただければ
そこで召し上がることができます。
19日には、私が直接パンとお菓子を納品しに行きまーす!

2009年09月15日 21:53コメント (4)

茄子の七味マリネ

090914nasubi.JPG


秋です。
夏にも増して、茄子が美味しく感じられます。
焼きなす、麻婆茄子、揚げ茄子・・・いろんなお料理で楽しめますね。
ちょっとアレンジを加えたいなと思ったら、焼きなすをマリネにしてみてはいかが
でしょうか。
七味唐辛子とおしょうゆで味付けをするので、和食にも合いますし、冷奴にのせたり
丼ものとしていただいても美味しいですよ。


<茄子の七味マリネ>


 ■材料  2人分


  長なす・・・2本
  七味唐辛子・・・小1/2  ※辛さはお好みで
  しょうゆ・・・小1
  すりおろしにんにく・・・少々
  塩・・・少々
  オリーブ油・・・小2
  白いりごま・・・少々
 

 ■作り方


 1.長なすは丸ごとグリルで焼き、ヘタを取り、皮をむいて、縦に6〜8等分に
   切る。
 2.ビンやタッパー等に七味唐辛子、しょうゆ、すりおろしにんにく、オリーブ油
   を入れて混ぜ、1を加えて和える。
 3.塩で味をととのえたら、蓋をして30分以上なじませる。(粗熱が取れたら
   冷蔵庫で冷やしてもOK)
 4.食べる直前に再び全体を混ぜ、器に盛りつけて白いりごまを振る。

2009年09月14日 06:37コメント (4)

実り多い日

090913sweets.JPG


今日は朝から夕方まで、ほとんど休むことなく試作をしていました。
我ながらよく働いた!充実感!
というのも、ずっと温めていたアイデアに手ごたえが感じられたから。
ここ半月ほどうまくいかないことが多かったので、秋風が吹いたような
すがすがしい気分です。

さあ、明日もがんばろう〜♪

2009年09月13日 16:58コメント (0)

紅葉と菊

090912wagashi.JPG


今日は午後から和菓子教室へ。
紅葉(こうよう)と菊の『練りきり』と『きびぜんざい』を作りました。
練りきりを習うのは2回目とあって、前回よりちょっとだけ手際よく作ることが
できました。
とはいえ、菊の模様はいびつですし、紅葉の形もまだまだですけど。


味のほうはというと、なめらかでとても美味しく仕上がっていて、和菓子好きの
りくたんは2つもペロリと平らげてしまいました。
手間はかかりますが、練りきりが作れるようになると嬉しいです♪

2009年09月12日 21:16コメント (0)

臨時休園だったので

090911lunch.JPG


今日は幼稚園の都合により、臨時休園でした。
せっかくのお休みなので、幼稚園のお友達親子を誘って、我が家で試作パンを
食べてもらうことにしました。
突然のお誘いにも足取り軽く来てくれて、りくたんも大喜び。
もちろん私も!


我が家のダイニングテーブルは最大限に伸ばすと240cmありますが、今日は
はじめてその長さで使いました。
11人がテーブルにつくとなかなかのものです。
タンドリーチキンやクラムチャウダーを作って持ってきてくれたり、ケーキまで
用意してくれて、かなり豪華なランチタイムになりました。
母たちだけでなく、子どもたち同士も仲が良くて、おだやかで楽しい時間が流れて、
本当に幸せ。


新しい幼稚園に移って最初は分からないことだらけで不安でしたが、心強い同士が
できたような感じで、恵まれているなぁ、私・・・と心から周りの人たちに感謝して
います!

2009年09月11日 22:28コメント (2)

青いみかん

090910mikan.JPG


秋に出てくる青いみかんを見ると運動会を思い出します。
校庭にシートを敷いて、母が作ってきてくれたお弁当を家族みんなで食べる。
そして、デザートには大粒の巨峰と青いみかん。
みかんの皮をむくと、妙にすがすがしさを感じたものです。
巨峰は今みたいにしょっちゅう食べられるものではなくて(我が家だけ??)、
特別な日にしか出てこないフルーツでした。
一粒、一粒を大事に食べたっけなぁ。。。


空が高くなり、日増しに秋めいてきましたね。
味覚の秋も近づいてきています♪

2009年09月10日 23:23コメント (4)

効きました!

090909kusuri.JPG


『恵命我神散(けいめいがしんさん)』。
漢方薬の名前です。
先日、胃が痛いということを記事に書いていたら、コメント欄でmasayot1さんが
この薬のことを教えてくださったのです。
わらをもすがる思いで早速試してみることにしました。


薬剤師の方からは一言、「すごく苦いよ」とおどされていたので、封を開けるのを
躊躇していましたが、意を決してのんでみると・・・想像よりも苦くなかった!
でも粉が口の中に張り付いていて、水を飲んでもなかなか取れない。
それがつらかった〜。
まさに、良薬口に苦し。


この漢方薬はちょうど私の症状に合っていたようで、2回飲んだらすっかり
良くなりました。
重かった胃が軽々としています。
masayot1さん、本当にありがとうございました!

2009年09月09日 23:20コメント (4)

レモンバーベナ

090908herb.JPG


買ってきたときには20cmにも満たなかったレモンバーベナが、こんなに立派に
成長しました。
もうすっかり「木」になってきています。
葉をこすると爽やかなレモンの香りが広がってそれだけでも十分ですが、薬効が
あるというので、ハーブティーにしたり、お水にしばらく漬けておいてレモン水の
ようにいただくと良いみたいですね。

2009年09月08日 23:16コメント (0)

焼海苔クイックレシピ

090907yakinori1.JPG


夏が過ぎて、ストックしていた焼海苔の風味が落ちていた・・・なんてことは
ありませんか?
お弁当作りの習慣のない我が家では1年を通してよくあることです(汗)。
大量に残っている場合は、佃煮を作るのも手ですが、少量ならば今日ご紹介する
レシピなんていかがでしょう。
特にお味噌汁に焼海苔を入れるのはおすすめです。
今回はゆずこしょうを添えていますが、粉山椒をふりかけても美味しいですよ。


<焼海苔クイックレシピ>


≪京揚げの海苔煮浸し≫


090907yakinori3.JPG


 ■材料 2人分


  京揚げ・・・1枚
  焼海苔・・・全形1枚
  だし汁・・・100ml
  みりん・・・大1
  しょうゆ・・・小1
  塩・・・少々
  刻みねぎ・・・少々


 ■作り方


 1.京揚げはたっぷりの湯で油抜きをし、幅約2cm、長さ約4cmの大きさに
  切る。
 2.小鍋にだし汁、みりんを入れて煮立てる。細かくちぎった焼海苔、しょうゆを
   加えてざっと混ぜたら1を加えて蓋をし、2〜3分煮る。
 3.塩で味をととのえて器に盛り、刻みねぎを添える。


≪焼海苔とニラの炒め物≫


090907yakinori2.JPG


 ■材料  2人分


  焼海苔・・・全形1枚
  ニラ・・・1/2束
  エリンギ・・・2本
  ごま油・・・小2
  塩・・・少々
  しょうゆ・・・小1
  白ごま・・・少々


 ■作り方


 1.ニラは3cm幅、エリンギは3cmの長さの拍子切りにする。焼海苔は細かく
   ちぎっておく。
 2.フライパンにごま油を熱し、ニラ、エリンギを入れて炒める。エリンギに火が
   通ったら、焼海苔を加え、塩、しょうゆで味をととのえる。
 3.白ごまを加えて全体を混ぜ、器に盛る。


最後はお味噌汁のレシピです。


≪海苔のお味噌汁≫

 
 ■材料  2人分


  だし汁・・・400ml
  焼海苔・・・全形1枚半
  味噌・・・大1+1/2
  刻みねぎ・・・適宜 ※多めに入れるのがおすすめ
  ゆずこしょう・・・少々


 ■作り方


 1.小鍋にだし汁と大きめにちぎった焼海苔1枚分を入れて火にかける。
 2.沸騰したら火を止め、味噌を溶き入れ、刻みねぎをたっぷり加える。
 3.器によそい、焼海苔半分を4等分に切り、2枚をのせ、ゆずこしょう少々を
   添える。

2009年09月07日 12:30コメント (3)

週末

090906bread.jpeg


毎年9月に入ると、夫は週末のたびに自転車で出かけます。
9月連休に行われる「ツール・ド・能登」という自転車レースに出場するための
トレーニングだそうです。
暑いのによくやるなぁと思うのですが、かく言う私も暑い中、オーブンフル稼働で
パンを焼いています。


昨年初めて能登半島まで応援に行き、ゴールする人たちを見たのですが、その姿に
感動しました。
道中は苦しくても、ゴールではみんな爽やかな笑顔!
小学生くらいの少年、少女も立派にゴールをしていて、心から素晴らしいなぁと
思ったものです。
私も子育てがひと段落したら自転車をはじめてみたいと密かな野望を抱いています。
夫には内緒ですけど(笑)。


2009年09月06日 21:55コメント (0)

時計掛け

090906clock1.jpeg 090906clock2.jpeg


壁に穴を開けるのが嫌だったので、立てかけるようにして時計を置いていました。
でも、不安定なので何度も落ちてくる〜。
なんとかしなくちゃと思っていたら、時計掛けを夫が作ってくれました。
白木のシンプルな姿がとてもいい!なかなかやるじゃなーい。

2009年09月05日 22:31コメント (4)

090904bread.JPG


今日も汗をかきかき試作をすること数時間。
りくたんが帰ってくるまで全力投球です。
胃の調子はまだ戻りませんが、なんとなく光が見えてきた感じかな。

2009年09月04日 21:41コメント (0)

夏の疲れ

090903bread.JPG


試作が立て込んできたのですが、夏の疲れか胃の調子が悪くて試食があまり
できません。。
りくたんはパンを食べないし、人を呼んで試食をしてもらう気力もないので、
夫だけが頼りです。
日中はまだまだ暑く、体力的にも厳しい日が続きそう。
パンだけでなく料理やお菓子もあるので、とにかく早く寝て体調を立て直さなくては。

2009年09月03日 20:48コメント (2)

乾杯♪

090902flower.JPG


昨日のお昼前に2人分の食卓のコーディネイトを撮っていたのですが、りくたんの
お迎えの時間ギリギリまでかかってしまい、テーブルにお料理が並んだまま外へ。
何も知らないで帰ってきたりくたんは、テーブルを見てびっくり。
パーティーみたい!と大喜び。
結局、二人で向かい合ってテーブルにつき、背の高いグラスにジュースを入れて乾杯♪
何とも不思議な時間でした(笑)。


2009年09月02日 20:50コメント (2)

9月になりましたね

090901sweets%26.JPG


今日から9月。
日中は暑いものの、さわやかな秋風が吹いています。
そんな中、以前に料理スタジオでお世話になった先生方々が我が家にお見えになり
ました。
お仕事のご依頼をいただき、撮影場所となるキッチンをわざわざ下見にいらしたの
です。
来ていただいた上に、りくたんのためにミニカーのプレゼントまで用意してくださって
本当に申し訳ない限りです。。。ありがとうございました!


5年ぶりにお会いしたのですが、お二人ともとても元気そうで、ご趣味のお話も
興味深く聞かせていただきました。
来客ウェルカムのりくたんはお二人が帰った後もご機嫌にミニカーで遊んでいました。


9月、新しい季節です。
気分新たにがんばらねば!

2009年09月01日 22:54コメント (2)

そうめんかぼちゃのナムル

090831%20namuru.JPG


おはようございます。
今日は友人の熱い希望によるレシピのご紹介です。(私的な理由ですみません)
先日、我が家に集まったときにこの料理を出したのですが、私としては箸休めの
つもりくらいだったのですが、友人がいたく気にいってくれまして。
シャキシャキとして食感がおいしいそうめんかぼちゃ(金糸瓜)は、スーパーでは
なかなか見かけることが少ないですが、たまに扱っていることもあるようですので、
見かけたときにはぜひ♪


<そうめんかぼちゃのナムル>


 ■材料  2人分


 そうめんかぼちゃ・・・200g  ※輪切りにしたもの
 ごま油・・・小1+1/2
 砂糖・・・小1+1/2
 塩・・・小1/2
 白ごま・・・小2


 ■作り方


 1.そうめんかぼちゃは中心にある種とワタをスプーン等で取る。鍋にそうめん
   かぼちゃとかぶるくらいの水を入れて茹でる。沸騰してから5分ほど茹でて、
   中まで火が通ったら冷水にとり、皮を取り除く。
 2.水の中で身をほぐしてバラバラにしたら、ザルにあげて水気をしっかりと切る。
 3.ボウルに2を入れ、ごま油をまぶす。砂糖、塩、白ごまを加えて和えたら、器に
   盛り付ける。


  ※そうめんかぼちゃを茹でる時間はあくまでも目安です。竹串がスッと通るくらい
   になったらすぐに冷水にとって下さい。くれぐれも茹で過ぎに注意!
  ※そうめんかぼちゃから水が出やすいので、作ったら早めにいただきましょう。

2009年08月31日 06:11コメント (5)

怖いもの

090830minicar.JPG


おととい、海水浴に行き、大喜びしていたりくたん。
去年までは海で泳ぐことをとても怖がっていました。
一年で成長したのですね。


「怖いもの」と言えば、以前は「初めてのこと」に対して怖がっていました。
たとえば、海水浴、水遊び、泥遊び、高いところからのジャンプなど体験的なこと。
りくたんはもともとチャレンジ精神があまりない方なので(笑)、できないことは
やりません。
でも今は、チャレンジした後の達成できた喜びを知ったので、体験的なことに恐れを
感じなくなったようです。


そして「怖いもの」は「おばけ」「死ぬこと」など実態を超えた未知なるものへ
変化しました。
「交通事故」も怖いようです。
『死んだらどうなるの?』『人間はどうやって生まれてきたの?』など質問も
難しくなってきました。

2009年08月30日 22:16コメント (2)

小野町デパートにて

090829onomachi1.JPG


和歌山市の小野町デパートにて打ち合わせ。
いっちゃんこと清水いつ子さんが9月17日〜23日まで個展をされるのに
合わせて納品するお菓子やパンについて。
私は小野町デパートを訪れるのは初めてでした。
重要文化財にも指定されている建物で、中も趣があって素敵です。


090829onomachi2.JPG 090829onomachi3.JPG
090829onomachi4.JPG 090830onomachi5.JPG


個展は3階で行われます。
2階はカフェになっていて、お茶だけでなくランチもいただくことができます。
使われている器もステキなんですよー。


090830onomachi6.JPG


「デパート」という名前から、夫は地方デパートのひとつだと思っていたようで、
外観を見てかなり驚いていました(笑)。

2009年08月29日 21:41コメント (3)

検討の余地アリ

090828sweets.JPG


新たな企画にむけて試作中。
高カロリーゆえ、かなり美味しいです。
味はあと少しの調整でいけるかな。
器、見せ方・・・まだまだ検討の余地アリ。

2009年08月28日 23:04コメント (0)

子どもたちとお菓子作り

090827cokkies.JPG


帰宅後、幼稚園のお友達たちとお菓子作りをしました。
友人のマンションのキッチン付きキッズルームに集まったのは、親子合わせて
25人以上。わおっ。
そしてみんなやる気満々(笑)。


私が用意してきたのは白・黒の2種類のクッキー生地、発酵させたドーナツ生地。
子どもたちはクッキー作りが大好きですよねー。
まずは生地を伸ばし、型で抜いて、トッピング。
オーブンに入れた後もオーブンの前から離れずにずっと見ていました。
焼き上がるともう待ちきれなくて、あちこちで「早く食べたーい」とコールが
かかりまくり。
熱いからもう少し冷えてからね、と制御しつつ、今度はドーナツの成型へ。
分割・丸めは母たちに教えてあげると、ちゃちゃっとやっておいてくれました。
さすが〜。
これまたドーナツ生地がやわらかくて楽しいらしく、伸ばしたり縮めたり、思い思いの
ねじり具合にしていました。


どちらも美味しく出来上がり、みんな大満足。
そしてハイエナのようにお菓子の周りに群がり、争奪戦へと突入しました。
090827kids.JPG


ドーナツの仕上げはシナモンシュガーとアイシングの2種類にしましたが、
子どもたちにはアイシングが大人気。
母たちの分は、クッキーもドーナツもおすそ分け程度にしか残りませんでした。。
写真も撮る時間がなかったです(笑)。
でも充実した時間を過ごせたようで、こちらとしてもうれしい限り。
また何かこんな会ができたらなーと思いました。
あっ、りくたんですか?
りくたんは遊びに夢中で、一度もお菓子作りに参加してきませんでした。
家でいつも見ているから新鮮味がないのでしょうね。

2009年08月27日 21:26コメント (0)

編みパン

090826bread.JPG


今日は久しぶりにパン教室へ。
編みパンとピッコロというパンを教えていただきました。
ピッコロの成型は丸め直しだけという簡単さ。
それに対して編みパンの大変さといったら。。。
結局は伸ばしの練習なのですが、何種類もの編みパンのために生地を伸ばし続ける
作業はかなり疲れました。
しかも、りくたんのお迎えの時間に間に合わない!ということで早退。無念。。。

一番大きな編みパンのハート型は、先生が早退する私のためにくださいました。
「大事にしてね(笑)」と。
乾燥焼きをしてリボンをかけて飾るべきでしょうか・・・?

2009年08月26日 21:21コメント (2)

夏休みモード

090825soji.JPG


りくたんは今日から幼稚園へ。
さあ、そろそろ気を引き締めて仕事モードに!なんて思っていたのに、いきなり
幼稚園バスに乗り遅れてしまった・・・。
時間を勘違いしていて、同じバス停の友人からの電話で気がつきました。
「もうバスが来てるけど・・・」
がーん。。


仕方なく、自転車で送っていきました。
まだまだ夏休みモードから抜け出せない私でした。

2009年08月25日 21:14コメント (2)

トマトのファルシーオーブン焼き

090824tomato1.JPG


今日のレシピは、昨日の画像にも出てきているオーブン焼きです。
朝晩少しずつ涼しくなってきたので、こんなオーブン料理もいいかな、と。
ファルシーは詰め物をするという意味ですが、トマトのファルシーといえば生で
いただくものが多いですよね。
でも今回は、味付けしたごはんを詰めて焼き上げる温かいお料理に仕上げました。
生米ではなく冷ごはんを使うので、ごはんがやわらかい口あたりになりますが、
トマトとの相性は◎。
見た目もかわいらしく仕上がるので、おもてなし料理としてもぜひどうぞ♪


<トマトのファルシーオーブン焼き>


 ■材料   3〜4人分


 トマト・・・6個  ※中サイズとミディトマトの間くらいの大きさ
 じゃがいも・・・大1個 
 ソーセージ・・・2本
 冷ごはん・・・150g
 鶏ガラスープ(顆粒)・・・小1
 すりおろしにんにく・・・少々
 ドライハーブ・・・小1/2  ※タイムやバジルなど
 塩・・・小2/3〜小1
 黒こしょう・・・適宜
 フレッシュハーブ・・・タイムなどあれば3本程度
 オリーブオイル・・・小2+大1


 ■作り方


 1.トマトはへたを取る。安定感のある方(今回はヘタ部分を下にしました)を下に
   して、上から1/4くらいのところをカットする。トマトの中身をスプーン等で
   くりぬいてボウルに入れ、鶏ガラスープ(顆粒)を加えてよく混ぜる。
 2.じゃがいもは皮付きのままラップに包んで電子レンジで加熱する。中まで火が
   通ったら皮をむいて一口大に切る。
 3.ソーセージを細かく切り、1のボウルに加える。冷ごはんを加えてほぐすように
   混ぜたら、すりおろしにんにく、ドライハーブ、オリーブオイル小2を加え、
   塩、黒こしょうで味をととのえる。
 4.やや深さのある耐熱の器にトマトを並べ、3を詰めて蓋をする。入りきらない
   分はトマトの間を埋めるように入れる。2のじゃがいもをすきまに詰め、
   フレッシュハーブを上にのせる。
 5.オリーブオイル大1を表面にまわしかけ、180℃のオーブンで30分ほど
   焼く。 


090824tomato2.JPG

取り分けるとこんな感じです。
ごはんの味付けは、少し濃い目にしておくといいですよ。
いただくときには黒こしょうをかけてどうぞ。

2009年08月24日 06:19コメント (0)

元気の源

090823lunch1.jpg


今日は料理スタジオ時代の友人たちと我が家でランチをしました。
舌が肥えている人たちばかりなので、何を作ろうか悩む、悩む。
そしてメニューが決まらない〜。
そんな感じで当日を迎え、結局私のきまぐれメニューってことで気の向くままに
作ってみた(笑)。


090823lunch2.jpeg


ビールをたくさん持ってきてくれました。
なのに別の飲み物を飲んでしまったので、我が家でスタンバイ中。ごめんよ。
それから写真はないのですが、友人のご主人が作られたハムが美味しくて〜。
プロの料理人なので、もちろんプロの味。にしても美味しすぎる!


おいしい食事と楽しい会話は元気の源。
8月も残りわずか。がんばろう〜♪

2009年08月23日 18:40コメント (2)

はじめてのおうちパン  vol.1

090822book1.JPG


千趣会さんから出版される『はじめてのおうちパンvol.1〜90分でまるパンの巻』
が先日我が家に届きました。
表紙のパンがかわいらしいですね♪


シリーズ本の第1巻目という手探り状態に加え、りくたんの春休み、引越し前の
時間的余裕のなさ・・・越えなければならないハードルがたくさんあって、心身共に
きつかったことが思い出されます。
でも、Kitchen noieの荒井先生やスタッフの方々の温かい雰囲気に包まれて、緊張の
中にも楽しい時間がたくさんありました。
もちろん試食のパンもおいしかった!
日頃はレシピ制作、調理、スタイリングまでこなす仕事が多いのですが、この本では
純粋にスタイリングだけでの参加でした。
まだ見ぬパンを想像しながら、そして本の出来上がりを想像しながら、撮影に使う器
や小物を揃えていく作業に真剣に取り組みました。
こうすればよかったな・・・と反省する点もたくさんありますが、それは後に続く
第3巻、第6巻に生かされたと思っています。


それでは本の中身をチラリとどうぞ。


090822book2.JPG


とても丁寧に説明されているので、初めての方でも分かりやすいですし、実際に
パン作りをされている方にとっても改めて参考になるのではないでしょうか。
特に「90分で焼き上げる」という点で、イースト臭が強いのでは?とか、すぐに
固くなってしまうのでは?という心配をお持ちの方も多いと思いますが、その点は
大丈夫です。
私が実際に何度も作ってみましたから!


090822book3.JPG 090822book4.JPG


こちらの本は千趣会さんのマンスリークラブネットで発売中です。
詳しい注文方法等はコチラからどうぞ!

2009年08月22日 13:56コメント (5)

オニグラ

090821guratan.JPG


暑くても熱々のオニオングラタンスープは美味しい♪
どうしても食べたくて飴色になるまで炒めました。
時間をかけた分だけ美味しさも増します。


りくたんの夏休みも来週の月曜日でおしまい。
特に遠出はしなかったけれど、夏の思い出をたくさん作れたかしら。

2009年08月21日 21:13コメント (2)

モノの言い方

090820dango.JPG


最近、めっきり少年らしくなってきたりくたん。
モノの言い方にも変化が表れてきました。
たとえば食べたものが好みでなかったとき、以前なら「これ、おいしくない」とか、
「もういらない」とか分かりやすい拒絶だったのに、今は「おいしいけど1個だけ
でいい」、「おいしい匂いがするね。でも後で食べるから。(結局食べない)」など
やんわりと拒絶。
ピーマンもすごい顔をしながら、「おいしいっ!」って。
彼なりに気を使ってくれるのはうれしいのですが、ちょっと複雑な気分。
みたらし団子も「好きだけれど、1個食べたからいいよ」だって。


090820rikutan.JPG


どこで教わってきたのか、逆立ちに挑戦中。
頭を床につけるやり方ですが、畳の上ではできるようになりました。

2009年08月20日 21:21コメント (0)

いっちゃんの写真展

090819oshirase.JPG


来月のことですが、友人いっちゃんの写真展のお知らせです。
和歌山市の小野町デパートにて、9月17日〜23日まで開催されます。
期間中、私が作ったおやつ菓子とパンを置かせていただきます。
小野町デパートはステキなカフェやギャラリーが併設されていますので、写真展を
見たあとにものんびりくつろげると思いますよ。


近畿エリアの方々、小旅行を兼ねて連休中にぜひお越しくださいませ♪

2009年08月19日 22:00コメント (4)

カラフルに

090818cheesecakes.JPG


2種類のチーズケーキを作って友人宅へのお土産に。
フランボワーズ入りのレアとキャラメル味のベイクド。
スティック状にして詰めてみました。
夏だからラッピングをカラフルにしてみましたが、ちょっと色がうるさいかな。

2009年08月18日 22:13コメント (0)

玉ねぎドレッシング

090817dressing.JPG


お盆休みが終わりましたね。
ごちそうを食べたり、外食が多くなったりして、野菜不足になっていませんか。
そんな方には、自家製ドレッシングをたっぷりかけたサラダはいかがでしょうか。


我が家では、野菜や素材に合わせてドレッシングをそのつど作ります。
ドレッシングを調味料ではなく料理のひとつと考え、いろんな素材を合わせて
フードプロセッサーにかけて作ることもあります。
意外な組み合わせに気がついたり、ドレッシングとしてだけでなくソースにも
なったりして奥が深いです。


そこで今回は、玉ねぎのみじん切りを加えたシンプルなドレッシングをご紹介します。
使わなくなったビンにすべての材料を入れて振るだけなので簡単です。
あまりにも簡単なので、おまけのサラダレシピもつけておきました(笑)。


<玉ねぎドレッシング>


 ■材料   作りやすい量


  玉ねぎのみじん切り・・・大2
  白ワインビネガー・・・大2  ※米酢でも構いませんが、酸味が強いので砂糖を
                    少し多めに加えて調節してください。
  オリーブオイル・・・大1
  砂糖・・・小1
  塩・・・小2/3〜小1
  こしょう・・・適宜


 ■作り方


 1.小びんに材料をすべて入れて蓋をし、よく振って混ぜる。
   使うときにそのつど振って混ぜ、蓋を開けてスプーン等でかける。

  
   ※すりおろしにんにくを加えたり、ハーブを加えて風味付けをしてもOK!


090817salad.JPG


<おまけのサラダレシピ>


 ■材料  2人分


  サラダ水菜(またはレタス)・・・お好みの量  
  トマト・・・1/2個
  きゅうり・・・1/2本
  いんげん・・・6本
  じゃがいも・・・1個(小サイズ)
  アンチョビ・・・2尾
  ブラックオリーブ・・・適宜
  ツナ・・・適宜
  黒こしょう・・・適宜
  ドレッシング・・・適宜


 ■作り方


 1.じゃがいもはラップに包み、電子レンジで加熱する。熱いうちに皮をむき、食べ
   やすい大きさに切り、酢、塩、こしょう少々(分量外)をかけて下味をつける。
 2.いんげんはへたとあれば筋を取り、塩少々(分量外)を加えた湯で茹でてザルに
   あげる。
 3.水菜は3cmの長さに切り、きゅうりとトマトは食べやすい大きさに切る。
 4.お皿に野菜を盛り、アンチョビ、ブラックオリーブ、ツナをのせ、ドレッシング
   をかける。お好みで黒こしょうを振る。
   

2009年08月17日 06:17コメント (2)

中身も箱も

090816%20box.JPG


先日いただいた、デリチュースのチーズケーキ。
中身は食べてしまったのでもうありませんが・・・(汗)
チーズはブリー・ド・モーを使用しているとのこと。
やわらかい口当たりとやさしく広がるチーズと生クリームの後味が何とも
言えず、とにかく美味しいのです。
今度おもたせとして使わせていただこうかな。


そうそう、中身だけでなく箱もいい感じなので飾っております。
チーズケーキでこんなに楽しめるなんてステキ♪

2009年08月16日 22:06コメント (0)

川遊び

090815river.JPG


家族3人で箕面川にて川遊び。
岩場を怖がるりくたんをよそに、童心に帰る我々夫婦。
網で魚を獲り、沢がにをつかまえて、すっかり川遊びに興じておりました。
水が冷たくて気持ちいい♪


りくたんの「帰りたいコール」がなかったら、ずーっと遊んでいたかも(笑)。
マイナスイオンをたくさん浴びて、体も心もリフレッシュできました。

2009年08月15日 22:21コメント (2)

時間

090814cheesecakes.JPG


連日、来客を迎える我が家。
今日は夫の会社の先輩親子が遊びにきました。
先輩ご夫婦とは10年ほど前からの知り合いであり、子どもの年齢も近いとあって、
友人のように親しくさせてもらっています。
でもこうしてお会いするのは久しぶりで、子どもたちの成長を見るとその月日を
思い知らされます。


遊びの時間もおやつの時間も全力投球の子どもたち。
ぼーっとしている暇なんてないんありません。
それにくらべて私は・・・ぼーっとする時間がもっと欲しい(笑)。

2009年08月14日 21:55コメント (0)

果物なら

090813fruits.JPG


今日はお友達親子が遊びに来てくれました。
お友達は女の子なので、車ばかりの男の子の家で楽しく遊んでくれるかなぁと
心配していたのですが、全然平気でした(笑)。
最初こそ別々に遊んでいたものの、慣れてきたら弟くんも交えて家の中を移動し
ながら遊んでいてとても楽しそう♪
大人たちはその姿を見ながら、いただいた果物を堪能しつつ、いろんな話で
盛り上がる!
子どもたちはさすがの暑さに食欲がなく、お昼ごはんもあまり食べませんでしたが、
果物ならお腹に入るみたい。


お盆に突入した夏休み、いい感じに過ごしておりますー。

2009年08月13日 21:14コメント (0)

暑すぎる夏休み

090812lunch.JPG


大学時代の友人、ともちゃんとコストコへ。
混んでいるかなぁと心配していたのですが、道はスイスイ楽々。
でも店内は混み気味でした。
初コストコのともちゃんは商品の大きさや量にびっくりしていたけれど、
目的の品を買えたようでよかった、よかった。
りくたんも買い物にだいぶ付き合ってくれるようになったので助かるな〜。
我が家に戻ってランチをし、ゆっくりおしゃべりすることもできました。
暑すぎる夏休みの過ごし方は難しいけれど、こんなふうに友人と会える時間が
取れるのがうれしいです。

2009年08月12日 21:33コメント (0)

偶然を大切に

090811cookies.jpeg


先日参加していたYMCAのデイキャンプでりくたんに新しいお友達ができました。
先週末の近所のお祭りで偶然に遭遇し、近くに住んでいることが分かったのです。
そんな偶然を大切に・・・ということで、早速我が家に遊びにきてもらいました。
キャンプではぐくんだ連帯意識はまだ消えておらず、すでに呼び捨てで名前を
呼び合う二人。
母親同士もあっという間に打ち解けあい、また来週遊ぼうねーということに。


地域のお友達が増えていくのはうれしいこと。
こうなったら冬のキャンプも参加させようかな〜。

2009年08月11日 22:10コメント (0)

ピーナッツかぼちゃのすり流し

090810soup1.JPG


じめじめ〜とした大阪ですが、セミの声は元気に響いています。
皆様、夏バテにはなっていませんか。
私は今のところ大丈夫です!


さて今日は、先日ご紹介したピーナッツかぼちゃを使ったスープレシピです。
冷たいポタージュを・・・となりそうですが、今回は和風仕立てにしました。
すり流しとは材料をすりつぶし、だしで溶いて汁に仕上げたもの。
かぼちゃの甘みとかつおと昆布の風味がよく合い、上品な口あたりを楽しむことが
できます。
かぼちゃは普通のものでも作ることができます。
できれば丁寧にだしを取って作ってみてくださいね。


<ピーナッツかぼちゃのすり流し>


 ■材料  2人分


  ピーナッツかぼちゃ・・・200g(皮をむいた正味)
  だし汁・・・250ml  ※かつおと昆布から取ったもの
  薄口しょうゆ・・・小1
  塩・・・少々
  刻みねぎ・・・適宜


 ■作り方


  1.ピーナッツかぼちゃは薄切りにして、厚手の鍋に入れる。だし汁を加えて
    蓋をし、やわらかくなるまで煮る。
  2.火を止め、フードプロセッサーまたはミキサーにかけてなめらかにする。
  3.鍋に2を戻し、薄口しょうゆ、塩で味をととのえる。※火にはかけません。
  4.氷水を張ったボウルに鍋をつけて冷ましたら、冷蔵庫に入れて冷やす。
  5.器によそい、刻みねぎを添える。


090810soup3.JPG 090810soup2.JPG
左はすりおろした長芋をトッピング。右は温泉卵ご白ごまを入れてみました。
温泉卵は最初から混ぜずに、最後にくずしておしょうゆを少々かけていただくと
美味しいです。 

2009年08月10日 06:12コメント (4)

夏の品々

090809goods.JPG


お祭りといえば屋台。
屋台は食べものだけでなく、子どもの心を揺さぶる景品つきのゲームがありますよね。
りくたんもそろそろそんなお年頃。
今日は特別と言わんばかりにゲームがしたい!とねだられます。


ということで、先々週は新幹線型の笛。
先週は色が変わる懐中電灯。
こんなふうにしてガラクタ・・・いえ、おもちゃが増えていくんですよね。
まあ、これも幼き日の思い出とすればいいかな。

2009年08月09日 21:36コメント (0)

お祭りのはしご

090808hanabi.JPG


今日も猛暑の大阪。
りくたんはデイキャンプの最終日でした。
5日間のお弁当作りを終え、私は和菓子教室へ。
夕方帰ってきてからは、近所のお祭りと淀川花火大会へ。
淀川へは自転車で向かったので、近づけるのはここまでが限界でした。
というか体力の限界・・・。


りくたんはデイキャンプでは楽しく過ごせたようです。
暑い中、重い荷物を背負って長いこと歩いたり、いろいろと『頑張る』ことを
覚えたようで、親としても行かせてよかったなぁと思っています。
お父さんと一緒に体力勝負のスポーツを楽しむ日に少し近づいたかな。

2009年08月08日 22:53コメント (2)

ピーナッツ?!

090807pumpkin1.JPG 090807pumpkin2.JPG


国産かぼちゃが出回ってきて、いろんな種類のかぼちゃに出会いました。
これは『ピーナッツかぼちゃ』です。
ピーナッツのような形だからということですが、ピーナッツ…かなぁ?
粘質で濃いお味なので、スープやポタージュに向いているとのこと。


来週の月曜日はこのかぼちゃを使ったスープレシピをご紹介したいと思っています。
お楽しみに♪

2009年08月07日 21:39コメント (0)

ざくざくスコーン

090806scorn.JPG


乳製品を使わないスコーンの試作をしていました。
とりあえず今日は3種類。
ペッパーカシューナッツ、クランベリーオレンジ、ハニージンジャーレモン。
粉は米粉&薄力粉or全粒粉で配合をいろいろと変えています。
バターを使わずなたね油で作るので、ザクザクっとした独特の食感が生まれます。
個人的には、黒こしょうをきかせたカシューナッツ入りのスコーンが一番好みかな。


9月に行われるカメラマンいっちゃんの個展にて、私が作る素朴なおやつとパンを
販売させていただくことになりました。
場所は和歌山市の『小野町デパート』さん。
また近くなりましたらお知らせしますね。

2009年08月06日 13:58コメント (2)

まとめ焼き

090805bread.JPG


今日はりくたんがいない間にパンのまとめ焼き。
うっかり蒸気焼成するパンにしてしまったので、予熱300℃で室内の温度が
すごいことになっていました。
汗が滝のように流れる!
出来上がったパンは食べる分だけ残して冷凍庫へ。
これで数日はもつかな。

2009年08月05日 21:47コメント (2)

デイキャンプ!

090804daycamp.JPG


りくたんは今日から5日間、YMCAのデイキャンプに参加します。
デイキャンプは、川遊びやアスレチック、虫採りなど、自然と戯れる遊びを
リーダーやお友達とともに楽しむプログラム。
朝、集合場所に連れて行って、16時前後にお迎えに行きます。
りくたんたちは観光バスや公共機関を使って移動するので、毎日が遠足です。
集合場所へは自転車で片道20分なので、私もちょっとした運動になっていいかも(笑)。


写真は、帰ってきたところ。
暑さでだいぶヨレヨレになっていましたが、かなり楽しかったみたいです。
明日は川遊び。
どんな冒険がまっているのかな。
楽しみだね、りくたん♪

2009年08月04日 22:34コメント (0)

ピーマンとカシューナッツの炒め物

090803itamemono.JPG


夏野菜が豊富なこの頃。
宅配で頼んでいる野菜の中にピーマンがたくさん入っていたので、夏にぴったりな
炒め物を作りました。
ピーマンとカシューナッツの相性は◎。
カシューナッツを入れることで、食感のアクセントになり、甘みや香ばしさが
加わります。
また、彩りと酸味をプラスするためにトマトを加え、豚肉でスタミナアップ。
味付けはシンプルにして、素材のバランス感を楽しみましょう♪


<ピーマンとカシューナッツの炒め物>


 ■材料  2〜3人分


  ピーマン・・・200g ※肉厚のものがおすすめ
  トマト・・・中1個
  にんにく・・・1/2片
  カシューナッツ・・・20粒程度
  豚バラ肉(薄切り)・・・50g
  サラダ油・・・大2
  酒・・・小2
  砂糖・・・小1/3
  しょうゆ・・・小2
  塩・・・少々
  こしょう・・・少々


 ■作り方


 1.ピーマン、トマトははひと口大の乱切りにする。にんにくはみじん切りにする。
   豚バラ肉は2cm幅に切る。
 2.フライパンにサラダ油を熱し、カシューナッツを加えて弱火でじっくりと
   炒める。うっすらとキツネ色になったら取り出す。
 3.フライパンの油を少し残して、にんにくのみじん切りを加え、豚バラ肉を炒め
   る。肉に焼き色がついてきたら、塩少々と酒を加える。
 4.ざっと混ぜ合わせたらピーマンを加えて炒める。ピーマンに火が通ったら、
   トマト、砂糖、しょうゆを加えて全体を混ぜ合わせる。2のカシューナッツを
   加え、塩、こしょうで味をととのえる。

2009年08月03日 06:55コメント (0)

夏の風物詩

090802semi.JPG


セミがキッチンの網戸にとまっていました。
裏から見るとちょっと・・・な感じですが。
これも夏の風物詩?


090802rikutan.JPG


地元のお祭りにて綿菓子をパクリ。
明るいうちから出かけて、暗くなる前に帰ってきちゃったけれど。
これも夏の風物詩、かな。

2009年08月02日 21:37コメント (0)

クレーム・ド・カシス

090801osake.JPG


めっきりアルコールに弱くなってしまい、食事中にアルコールを飲むことが
ほとんどなくなりました。
夏場は夕食を作り終えると、すっかり食欲がなくなってしまうこともしばしばで、
ビールからもだいぶ遠ざかっています。


ただ、食欲増進のために食前酒は効果的ということで、クレーム・ド・カシスに
グレープフルーツジュースと炭酸水を加えてカシスグレープフルーツを飲んで
います。
これはいけます♪
昔はカクテルなんてほとんど飲まなかったのに不思議。
年齢とともに嗜好は変化していくのだと実感しています。


2009年08月01日 21:21コメント (0)

お友達大好き

090731friends.JPG


今日はお友達親子が遊びに来てくれました。
3月まで通っていた幼稚園のお友達、お隣に住んでいたはる君、なお君との
久しぶりの再会をずっと楽しみにしていたりくたん。
午前中から18時まで、お昼ごはんとおやつタイム以外はひたすら遊び続けて
いました。
夏休みに入ってからお友達に飢えていたようで、本当に楽しかったみたいです。
私も久しぶりに母仲間とお話ができて、とってもリフレッシュできました。


明日から8月。
大阪もそろそろ梅雨明け・・・のはずが、明日は雨模様。
そろそろ夏本番になって欲しいものです。暑いけど。

2009年07月31日 22:49コメント (2)

昼寝効果

090730flower.JPG


レンタルしていた器を返却するために、今日も車でりくたんを連れてお出かけ。
午前中に3店舗を回って返却手続きをし、義父母の家に寄ってりくたんの自転車を
引き取り、その他もろもろの用事を済ませるために動き回っていたら、仕事よりも
疲れました。。。
で、午後は放心状態。
りくたんと「魔女の宅急便」のビデオを見ていたら、半分以上寝てました。
途中で起こされ、さらに放心状態。
でも昼寝効果で夜は結構元気です♪

2009年07月30日 23:44コメント (2)

『はじめてのおうちパン』

090729book.JPG


千趣会ベルメゾン『はじめてのおうちパン』の弟6巻の撮影が終了しましたー。
順調に撮影は進み、夕方にはすべてを撮り終え、コーヒーとともに先生のおいしい
お菓子までいただくことができました。
それにしても、20種類以上のパンを時間差で焼き上げるだけでなく、その間に
工程を撮っていくわけですから、先生の仕事量はすごいです。
それなのに周りの人たちに対して細やかな気配りをしてくださり、現場はとても
和やかな雰囲気になりました。
先生、本当にお疲れさまでした!


今秋にはこのシリーズ本が千趣会さんから発売されます。
毎月1冊がおうちに届けられ、全8巻になります。
テーマごとの基本のパンに加え、アレンジパンが盛りだくさんなので、
バリエーションがぐんと広がりますよ♪

090729book2.JPG

2009年07月29日 23:36コメント (4)

パンの撮影

090728noie.JPG


今日は千趣会さんから出版されるパンの本の撮影でした。
今回のテーマは『ライ麦パンと全粒粉のパン』。
基本のパンだけでなく、アレンジパンもたくさんあるんですよ。
明日も終日撮影ですが、楽しい現場なので疲れも残りません〜。


りくたんは義父母の家で従兄弟たちと元気に遊びまわっているようです。
よかった、よかった♪

2009年07月28日 22:04コメント (0)

イタリアン冷奴

090727tofu.jpeg


梅雨がなかなか明けません。
突然の雷雨や豪雨もあり、毎日の天気がめまぐるしく変わります。
空が暗くなってきたと思ったらポツリポツリ・・・次の瞬間からダーッと。
これに何度やられたことでしょう。。。
夏風邪も流行っているようですし、体調と天気には十分気をつけましょう。


さて、今日のレシピはアレンジ冷奴です。
フレッシュトマトにブラックオリーブなどを加え、イタリアンな味わいに
仕上げました。
木綿豆腐、オリーブオイル、粗塩にこだわって揃えていただくとさらに
おいしさが増します。
ワインにも合いますし、盛り付けを変えればちょっとしたおもてなしにもどうぞ♪


<イタリアン冷奴>


 ■材料   2人分


 木綿豆腐・・・1/2丁
 ナス・・・中1本
 トマト・・・中1個
 ブラックオリーブ・・・2個
 ケーパー・・・6個
 アンチョビ・・・2切れ
 すりおろしにんにく・・・少々
 オリーブオイル・・・適宜
 塩・・・小1/3
 黒こしょう・・・適宜
 粗塩・・・適宜


 ■作り方


 1.ナスは皮をむいて15mm角程度に切り水にさらす。5分ほどおいたらザルに
   あげ、水気を拭き取る。
 2.フライパンにオリーブオイル大2を入れて火にかける。1のナスを加え、表面に
   軽く焦げ目がつくくらいまで炒めたら、バット等に空けて粗熱を取り、冷蔵庫で
   冷やしておく。
 3.トマトは2cm角程度に切り、ザルに入れ、塩小1/3を振ってしばらくおいて
   おく。
 4.ブラックオリーブ(種は取る)、ケーパー、アンチョビはそれぞれ細かく切り、
   ボウルに合わせて入れる。3のトマト、すりおろしにんにく、オリーブオイル
   小2を加えて和える。
 5.器に2を敷き、水気を切った木綿豆腐を手で4つに割ってのせ、4を上から
   かける。豆腐にオリーブオイルと粗塩をかけ、全体に黒こしょうを振る。

2009年07月27日 06:24コメント (3)

トランスフォーマー?

090726lego1.JPG 090726lego2.JPG


りくたんは今、『トランスフォーマー』に影響されています。
先日テレビで放映されていたのですが、簡単に言うと「車がロボットに変身する」
という内容のもの。(簡単に言い過ぎ?)
それを見て以来、レゴで作った車をロボットにチェンジすることにはまっている
ようです。
いろんなロボットを誕生させていますが、どれを見ても人の良さそうな姿で
笑えます。

2009年07月26日 20:02コメント (2)

いつどこで何に

090725item.JPG


家にモノが少ないと言われますが、片付けてしまうのが好きなので表面上、見えて
いないだけなんです。
だから撮影前になると、「見えてないもの」を出してくる作業が必要になります。
ごそごそ探していると出てくる、出てくる、いろんなものが!
この黒いおまままごとのようなお鍋のディスプレイツールも出てきました。
黒々していて存在感ありあり。
黒光りしていて格好いいのですが、使い道はいまのところなく、子どもたちにも
あまり受けがよくなく(笑)。
いつどこで何に使うのか・・・まだ見えていません。

2009年07月25日 21:13コメント (0)

早朝で勝負

090724bread.JPG


来週はパンの本のスタイリングの仕事が控えています。
千趣会さんのシリーズ本で今回は第6巻を担当します。


今回で3回目になるのですが、1回目は春休み、2回目は新型インフルエンザの
影響でお休み、そして今回は夏休み。
ことごとくりくたんの休みが重なっています〜。
日中に考える作業が全くできないので、早朝で勝負。夜は弱いのです(笑)。


器、クロス、小物類などの組み合わせを決めるため、自分で焼いたパンを使って
雰囲気をつかみます。
パンの種類は全然違うんですけどね。

2009年07月24日 22:12コメント (4)

巻きに失敗

090723sweets.JPG


ロールケーキの巻き…大失敗です。
生地に使う卵の量が少なかったので割れ発生。
あちゃー。
せっかく友人親子が遊びに来てくれたのに。。。
8月に東京に引っ越したらしばらく会えなくなってしまうというのに。。。


忙しさの合間に作るお菓子はうまくいかないことが多い気がします。
反省、反省。

2009年07月23日 20:30コメント (0)

いつ焼けばいいの?

090722bread.JPG


相変わらず日々のパンは焼いていますが、焼きあげる時間帯に悩んでいます。
早朝に焼くと、室温が上昇したまま朝日が差し込み、朝からかなり暑い。
夜に焼くと、せっかくシャワーをして汗を流したのに再び汗をかく。
とまあ、りくたんの活動時間以外で何とかしようとすると朝晩しかないのですが、
室温の上昇は免れません。
冷房をつければ解決ということなのでしょうけれど(笑)。

2009年07月22日 23:13コメント (2)

昼寝中

090721rikutan.JPG


りくたん、めずらしくお昼寝をしました。
3時間近くも。
途中、人が来ていたのに起きませんでした。
夜遅くまで寝ないかなぁと思っていたら、21時半には寝てしまった〜。


ほぼ一日中雨が降っていたし、3連休の疲れ(?)で眠かったのかな。

2009年07月21日 22:13コメント (0)

豚バラ肉とニラのにゅうめん

090720nyumen.JPG


これからしばらく続く夏休み中のお昼ごはん。
なんとなくひとつ仕事が増えた気分です。
どうしても麺類が多くなるので、少しずつ趣を変えて作りたいと思っていますが
暑いと頭が回らずついいつものメニューへ。
今年は暑さに負けず、がんばります。


さて今日のレシピはにゅうめんです。
炒めた具材がだしになるので、とっても簡単。
夏バテ中でもこれなら体を冷やすことなく食べられると思います。
よかったら作ってみてくださいね。


<豚バラ肉とニラのにゅうめん>


 ■材料  2人分

  そうめん・・・200g
  豚バラ肉・・・100g
  ニラ・・・1/2束
  水・・・700ml
  すりおろしにんにく・・・少々
  白いりごま・・・小2
  塩・・・小1+1/2
  黒こしょう・・・適宜(多めに)
  ごま油・・・小1


 ■作り方


 1.そうめんは表示どおりに茹でて、水で締めてからザルにあげておく。
 2.豚バラ肉はひと口大、ニラは2cm幅に切る。立ち上がりのあるテフロン加工
   のフライパンで豚バラ肉を炒め、色が変わり脂が出てきたら、ニラを加えて
   炒める。
 3.2に水を加え、煮立ってきたらすりおろしにんにく、白ごま、塩、黒こしょうを
   加えて味を調える。最後にごま油を加える。
 4.3に1のそうめんを加えて温め、器に盛る。

2009年07月20日 06:36コメント (2)

しっかりと食べる

090719sweets.JPG


今日はりくたんの同い年の従兄弟が我が家に遊びにきていました。
しょっちゅう一緒に遊んでいるのですが、本当に仲良しさんです。
同い年のせいかちょっとしたライバルでもあり、苦手なことがあったたとき
相手ができているとかなりの頑張りを見せてくれます。
うんうん、いいことだ。


お昼ごはんをしっかりと食べ、おやつも仲良く同じ量ずつ。
一緒に食べると何でもおいしく感じるようで、残さず食べていました。
いつもこんなふうだと助かるんだけどな。

2009年07月19日 22:20コメント (0)

涼しさ運ぶ

090718finland.JPG


友人からフィンランドのお土産をいただきました。
「フィンランド」と聞いただけで涼しく感じるのは私だけでしょうか。
暑い大阪でこれらを見た瞬間、涼しい風が吹きました。
なんて爽やかなのでしょう♪


鳥のあしあとのような模様が入ったムーミングミ。
鳥さんの木製オーナメント。
鳥のフォルム(実はお豆がモチーフのようですが)のハンドソープ。
友人のセンスがキラリと光ります。
どうもありがとう〜♪♪

2009年07月18日 22:05コメント (3)

夏バテ中

090717hojicha.JPG


早くも夏バテです。
数日間続いた暑さで冷たいものを飲みすぎました。あちゃ。
結果、胃腸の働きが悪くなったようで、昨日あたりから食欲減退、軽い頭痛、
体のだるさが出てきました。
もともと胃が弱いので気をつけなければと思っていた矢先に。。。


とにかく冷たい飲み物を避けるべく、温かいほうじ茶ラテを作りました。
これに黒糖を加えると絶妙な美味しさに♪
これまた飲みすぎに気をつけて、早く回復しなければ!

2009年07月17日 22:31コメント (2)

読み聞かせ

090716book1.JPG 090716book2.JPG


『いろいろへんないろのおはなし』。
黒、白、灰色しかない国で、まほうつかいが色を作り出すまでのお話です。
クレヨンハウスの7月の配本の中の1冊でした。
りくたんは大変気に入ったようで、興味深く聞いていました。


想像の世界を膨らませてくれる絵本は子ども時代にたくさん読んで欲しいと
思っています。
でも年齢が高くなっていくほど字数もページ数も増えていくわけで、当然読んで
あげる時間も長くなります。
もう1回!もう1冊!とせがまれて読んでいると、1時間近く音読していることも
あり、早く自分で読んでくれるようになってくれないかなぁなんて思ったり。。。
ただ、こうして読んであげられる時間も幼児時代だけだと考えると、やっぱり
せがまれるとついつい・・・なんですよね。

2009年07月16日 22:05コメント (4)

参考のために

090715bread.JPG


再来週にパンのスタイリングの撮影があります。
真夏のパン撮影は実にハード!
でも焼くのは別の先生で、私はスタイリング専門なのです。
灼熱の空間からは少し離れているかな。


今日は先生からいただいたレシピを元にいくつかのパンを焼いてみました。
これをやっておくとパンの大きさや形が分かるので、スタイリング案を作るときに
よりリアルに考えられるのです。
といっても時間のあるときだけですが。。。


今週末でりくたんの幼稚園もおしまい。夏休みに入ります。
来週から平日は子ども中心になってしまうので、あと数日が勝負。
とはいえ、レンタルの関係などでギリギリまで決まらないものなのよね。

2009年07月15日 21:24コメント (0)

ハンバーガーバンズ

090714humberger.JPG


早速、習いたてホヤホヤの「ハンバーガーバンズ」にチャレンジ。
まだ記憶が鮮明なうちに作ってみたかったので(笑)。
結果、ポイントをよく覚えているせいか、かなり美味しい焼き上がりになり、
これは我が家の定番バンズになりそうです。


真いわしのソテー、トマト、大葉をサンド。
これも大人味で美味!

2009年07月14日 21:54コメント (2)

あんずのジャムロール

090713rollcake.JPG


もうすぐ夏休みですね。
関西の梅雨明けはまだですが、蒸し暑さはすでに始まり、セミの声も聞こえてくる
ようになりました。
暑い夏、何とか楽しんで過ごしたいものです。


さて今日のレシピは、先日作ったあんずジャムを使ったロールケーキです。
ロール生地にはいろんな作り方がありますが、こちらは卵2個だけ。しかもベーキングパウダーは使いません。
ということは、卵白の泡立て方が非常に大事!
レシピにも書いていますが、ボウルを逆さまにしても落ちないくらいまでしっかりと
泡立てて、冷蔵庫で冷やしてから混ぜてください。
泡立てが出来ていれば、卵2個でもふんわりとしたロール生地が焼けます。
ジャムは手づくりのものが理想ですが、市販のジャムに少しレモン汁を足すと味が
引き締まります。
とはいえ、暑い中でのおやつ作りですから、あまり気負わずにー!


<あんずのジャムロール>


 ■材料   25×30cmの角型 1本分


  卵・・・2個
  砂糖・・・40g
  米粉・・・20g
  薄力粉・・・20g
  牛乳・・・20g
  バター・・・15g
 

 [シロップ〕
  水・・・大2
  砂糖・・・大1
  ラム酒・・・小1


  あんずジャム・・・約大5


 ■作り方
 

  1.米粉と薄力粉は合わせてふるい、シロップの材料は小さな器に入れて混ぜ合わ
    せておく。バターは熱めのお湯で湯せんし、あんずジャムは常温に戻して
    おく。型にパラフィン紙等を敷き込む。
  2.ボウルを2つ用意し、卵を卵黄と卵白に分ける。砂糖も20gずつに分ける。
  3.卵白を入れたボウルを泡立て器で少し泡立て、砂糖を加えてさらに泡立てる。
    ボウルを逆さまにしても落ちてこないくらいまで泡立てたら、冷蔵庫でいった
    ん冷やしておく。
  4.卵黄の入ったボウルに砂糖を加え、白っぽくもったりとするまで泡立てたら、
    牛乳を加えてよく混ぜる。さらにふるった粉類を加え、粉気がなくなるまで
    混ぜる。
  5.3を冷蔵庫から取り出し、4のボウルに2回に分けて半量ずつ加えて混ぜる。
    混ぜ方は、泡立て器で底から生地をすくい、網目から生地を落とす感じで。
  6.熱いくらいに湯せんしておいたバターを小さじ1くらいずつ5に加え、生地と
    生地の間に挟むような感じで、バターの上に生地を泡立て器ですくい落とす。
  7.型に6を流し、カードで表面を平らにならしたら、表面に霧吹きでたっぷりと
    水分を吹き付ける。180℃に予熱したオーブンで10〜12分焼く。
  8.焼き上がったらケーキクーラーにのせ、粗熱を取る。紙を取り、焼き色がつい
    ている方を上にして1cm幅で全体に浅い切込みを入れる。
  9.刷毛で生地全体にシロップを含ませ、あんずジャムをまんべんなく塗る。
 10.巻き始めの芯をしっかりと作り、巻いていく。巻き終わりを下にして紙で包
    み、冷蔵庫で冷やす。


  090713anzurollcakes.JPG
  

  渦巻きがかわいかったので、棒付きキャンディーをイメージして
  遊んでしまいました。

2009年07月13日 05:49コメント (6)

サマーセミナー2009

090712seminer.JPG


パン教室のサマーセミナーに行ってきました。
今年はアメリカからきた先生でした。
やわらかな生地を次々と成型していくその手はまるでマジックを見ているかのよう。
去年もそうでしたが、簡単そうに見えても自分がやると難しいんですよ。。。


今まで自分が作るとどうしても丸パンになってしまった「ハンバーガーバンズ」。
グルテンの形成を抑える先生の作り方だったらうまくいきそうです。
他にもいろんなパンを教えていただいたので、この夏、一度は挑戦してみなくては。

2009年07月12日 22:12コメント (2)

切り紙

090711kirigami.jpeg


『北欧にならう かわいい切り紙』という本を買いました。
作り方の見本が載っているので早速作ってみることに。


いろいろ作ってみましたが、おりがみを切って組み合わせるだけで可愛い!
色の組み合わせや紙を変えたらもっともっと楽しそう♪
今年のクリスマスは、この本を参考にしてモビールを作ってみようと密かに
計画中です。

2009年07月11日 20:21コメント (2)

水辺

090710wagashi.JPG


今日は和菓子教室へ。
鮎が泳いでいる錦玉かん「水辺」は何とも涼しげです。
家でもぜひ作りたいと思い鮎の抜き型を買ったので、これは必ず作らねば。
りくたんは「水槽のお菓子だ〜」と大喜び。
水槽だなんて都会っ子的な発想ですよね。。。
でも大事にひと口ずつ食べていたので、目で楽しむお菓子として、子どもにも
通じているのだと実感しました。

2009年07月10日 21:10コメント (0)

ハーブたち

090709green.JPG


新居での日々の暮らしもだいぶペースがつかめたので、そろそろしなくてはと思っているのが
小さな庭づくり。
でも、プランを考えているだけでどんどん月日が経っていくものなのよね。。
もうすぐ夏休みになってしまうし。


とりあえず2階のベランダで育て始めたハーブたち。
庭に地植えできるようになるまで、しばらくプランターで育てて楽しむことにします。

2009年07月09日 21:57コメント (0)

あんず

090708anzu.JPG


あんずの季節です。
生のまま食べるとぼんやりとした味なのに、ジャムにするとどうしてこんなにビシッと
決まった味になるのでしょう。
煮詰めていくうちにつややかになってくるのを見ているだけでも楽しいです。


このあんずジャムを使ってシンプルなジャムロールを作りました。
とってもおいしく出来上がったので、次回のレシピで紹介したいと思います。

2009年07月08日 22:44コメント (0)

この願いは・・・

090707tanabata.JPG


今日は七夕。
夕方、遊びに出かけた帰りに笹を持って帰りました。
りくたんが短冊を作ってくれたので、早速お願い事を書くことに。


まずひとつめ。
『おかあさんのお料理のお手伝いがうまくできますように  りくや』
うんうん、感心なことだ。


そしてふたつめ。
『車が渋滞しませんように  りくや』
・・・・・そのお願いはちょっと無理かも知れないよ。


幼稚園から持って帰ってきた七夕飾りもちょっと不思議。。。

2009年07月07日 21:51コメント (2)

すいかゼリー

090706suikajery.JPG


暑い日はやっぱりスイカですよね。
小玉、大玉、種無し、黄色・・・まだまだいろんな種類がありますが、最近はどれを食べても
甘くてハズレがありません。


そのままいただくのが一番おいしい、と言われてしまうかもしれませんが、たまにはこんな
ゼリーはいかがでしょう。
さっぱりとしていて、つるんと喉越しがいいスイカゼリーです。
味がシンプルなだけにアクセントのコアントローは必須。
新たなスイカの味を楽しんでみてくださいね。


<すいかゼリー>


 ■材料   4個分


  スイカ・・・250g  ※皮、種を取り除いた正味
  アガー・・・8g
  砂糖・・・40g
  水・・・200ml
  レモン汁・・・小2
  コアントロー・・・小2
  
  飾り用スイカ・・・50g   ※皮、種を取り除いた正味
  グラニュー糖・・・小1


 ■作り方


  1.スイカ250gはフードプロセッサーまたはミキサーにかける。飾り用スイカは1cm角くらいに
    切り、グラニュー糖をまぶしておく。
  2.鍋にアガーと砂糖を入れ、ダマになるのを防ぐために泡立て器でよく混ぜる。水を加えて
    混ぜながら火にかける。沸騰して1分ほど煮たら火から下ろす。
  3.2の鍋に1でフードプロセッサーにかけたスイカ、レモン汁、コアントローを加えて全体を混ぜ、
    器に流し入れる。
  4、常温である程度固まってきたら飾り用スイカをのせ、冷蔵庫で冷やす。


   ※喉越しの良さを楽しみたいのなら、飾り用スイカは入れなくてもOKです。
    

2009年07月06日 06:18コメント (5)

白桃ロール

090705rollcake.JPG


土曜日に作った白桃入りのロールケーキ。
りくたんとオットが出かけてしまったので、ひとりでお茶ととともに。。
桃の味があまりしなかったので、何かひと工夫必要な感じでした。
でもスポンジはふわふわしっとりでおいしかったです。

2009年07月05日 16:42コメント (2)

お知らせ

090704richer.JPG 090704richer2.JPG


Richer(リシェ)」8月号の『くいしんぼうの1週間の食卓』というコーナーに、我が家のキッチンと
普段の食卓の一部を紹介していただきました。
この雑誌の発売は京阪神のみですが、機会がありましたら見てみてくださいね!

2009年07月04日 22:25コメント (4)

焼きたてメロンパン

090704melonpan.JPG


昨晩、メロンパンの生地を作り、冷蔵庫で発酵させておきました。
朝起きてから成型、仕上げ発酵をして、朝ごはんには焼きたてメロンパン!
サクサクでふんわりとした食感が楽しめるのは焼きたてならでは。
普段は焼き戻ししたメロンパンしか食べられないオットもこれには大満足のようでした。


以前はメロンパンはあまり好きではなかったのですが、自分で作れるようになってから
好きになりました。

2009年07月03日 22:10コメント (4)

セロリとタコのサラダ

090702tako.JPG


今日は半夏生です。
関西ではこの日にタコを食べるというならわしがあります。
半夏(はんげ)の日は農業にとって大切な目安の日であり、田に植えた稲の苗がたこの足のように
大地にしっかりと根付くことを願ったことからタコを食べるのだとか。


ということで、みょうがや大葉を加えてさっぱりとしたサラダを作りました。

2009年07月02日 23:27コメント (4)

ソーダアイスの方が・・・

090701ice.JPG


おとといの夜、喜んで食べていたと思っていたサーティーワンのアイスケーキ。
あまりに濃厚なゆえ、りくたん、実は苦手だったようです。。。
自分で決めたケーキだったから、そのときには言えなかったみたい。


今日のおやつの時間、「ソーダアイスの方がおいしい♪」とルンルンで食べていました。
母、愕然。
来年のケーキはどうなることやら・・・。


(ちなみにアイスケーキはりくたんの好みに合わなかっただけで、本当に美味しいです)

2009年07月01日 22:13コメント (2)

水無月

090630minazuki.JPG


6月30日−今日は水無月をいただく日です。
前回とは違い、大納言かのこを使って作りました。
蒸し方がよかったのか、もっちり感もちょうどよく、大満足の仕上がりに。
1年間、無病息災でありますように。。。


今日の午後はご近所さんのおうちにお誘いいただきました。
床がぴかぴかに磨かれていて、手入れの行き届いたお住まい。
私もちゃんとやらなくちゃと思いました。
お茶とお菓子をたくさん用意してくださって、短い時間でしたが笑いの絶えないひとときでした。
楽しかったー♪

2009年06月30日 22:14コメント (2)

Happy 5th Birthday!

090629cake1.JPG


りくたん、5歳のお誕生日おめでとう!!


りくたんの1歳から4歳までのお誕生日にバースデーケーキを作ってきたけれど、今年はとうとう
リクエストが出ちゃったね。
サーティーワンのアイスケーキはおいしかったかな。
おかあさんは20年以上ぶりに食べたけれど、昔よりもずっとおいしくなっていたことにびっくりでした。
りくたんが「食べたい!」と言ってくれなかったら、きっと口にする機会はなかったと思うので、
ちょっぴり感謝しています。
クッキーと最後のデコレーションは、おかあさんの「作りたかったなぁ」という小さな気持ちです。


りくたんの心には、夢と希望が満ちあふれていて、おかあさんは毎日パワーをもらって暮らして
います。
「怒ったら燃費が悪くなるでー!」ってニコニコしながら言われると、おかあさんの鋭い心が
まあるくなっていくんだよ。
小さな体から出てくるパワーと笑顔を分けてくれるりくたん、いつもありがとう。


090629cake2.JPG 090629cake3.JPG


りくたんにはここには書き切れないほど伝えたいことがたくさんあるけれど、また少しずつ、ね。


5歳が楽しい一年でありますように!

2009年06月29日 23:39コメント (8)

夏野菜のマリネグリル

090629natsuyasai.JPG


おはようございます!
先週は雨が降るかと思っていたら、大阪は毎日晴れていました。
今週こそ雨?カラ梅雨で水不足にならないといいのですが。。


さて今回は夏野菜たっぷりのレシピをご紹介します。
「マリネ」「グリル」という言葉から、焼いた野菜をマリネすると思われるかも知れませんが、
逆の作り方をします。
最初に野菜に塩こしょうで下味をつけ、白ワイン、オリーブオイルでマリネしてから焼き上げます。
こうすることで、しっかりと火が通っていても野菜は水分を保持し、オイルに漬け込む必要がないので
油っぽい仕上がりになりません。
仕上げにおいしい粗塩を振り、オリーブオイルを回しかけて召し上がってくださいね!


<夏野菜のマリネグリル>


 ■材料  3〜4人分


  ナス・・・1本
  カラーピーマン・・・2個
  ズッキーニ・・・1本
  ゴーヤー・・・1/2本
  ミニトマト・・・10個
  塩・・・小1
  黒こしょう・・・少々
  すりおろしにんにく・・・1片分
  レモン汁・・・小1ほど  ※量はお好みでOK
  白ワイン・・・小2
  オリーブオイル・・・大2+適宜
  粗塩・・・適宜


  ■作り方


  1.ナスは縦に薄く切って水にさらす。ゴーヤーは種とわたを取り除き薄切りにする。パプリカは
    種を取って縦2〜3cm幅に切る。ズッキーニは15mm幅の輪切りにし、トマトはヘタを取る。
  2.ナスをざるにあげて水気を切る。ボウルにナスと1の野菜を入れ、塩、にんにくのすりおろし、
    黒こしょうを加えてよく混ぜる。2〜3分おいてから白ワイン、オリーブオイル大2を加えて和える。
  3.天板にオーブンシートを敷き、2を平らに並べ、グリルモードで15分ほど焼く。
    ※グリルモードがないときは、180℃に予熱したオーブンで野菜に火が通るまで焼いてください。
  4.野菜に火が通り、表面に少し焦げ目がついたら取り出し、汁ごとボウルにあける。粗熱が取れ
    たらレモン汁を加えてお皿に盛り付け、粗塩、黒こしょうを振り、オリーブオイル少々を回し
    かける。
    ※冷やしてもおいしいですよ。

2009年06月29日 08:52コメント (2)

バナナシール

090628banana.JPG


バナナについているシールが好きです。
今回のシールはすごく可愛い!
2枚もついていたので丁寧にはがしてみましたが、はて、何に使いましょう?
結局、使い道が見つからなかったな。。

2009年06月28日 22:39コメント (0)

大切なつながり

090627sweets.JPG


今日の午後、大切なお客様がお見えになりました。
新居を建てるにあたり、多くの方々の協力をいただいたのですが、その原点というべきときに
大変お世話になった設計士の方とスタッフさんです。
結局、様々な理由からお願いすることはできなかったのですが、このブログを通じて新居が
建ったことを知り、連絡をしてくださいました。


一年半ぶりの再会。
お二人とも変わらず素敵な女性で、お会いできて光栄でした。
お土産にいただいたケーキとプリンでティータイム。
家族を交えての楽しいひとときでした。


家づくりを通じて、素晴らしい出会いがあり、このようなお付き合いができるなんて
私は幸せ者です。
人とのつながり、これからも大切にしたいと思います。

2009年06月27日 22:28コメント (0)

ソファ

090626sofa1.JPG


注文から約3ヶ月。
この日を待ちわびていました。


このソファに出会ったあの日から1年以上が過ぎ、とうとう我が家にソファが届いたのです!
広々とした3人掛けで、私好みの固めで広い座面。
座り心地は最高です♪
ちなみに、このソファは神戸の海岸ビルヂングのインテリアショップ『floor』さんでお願いしました。


ここに座って3時のお茶を楽しみたいなぁ。。
読書しながらウトウトしてみたいなぁ。。
なーんて思うのだけれど、2時半にりくたんが帰ってきてしまうのよね。
元気いっぱいソファの上を飛び跳ねるりくたんが想像できます。
寝ていられないよ〜!

2009年06月26日 14:19コメント (0)

お誕生日会

090625yochien1.JPG 090625yochien2.JPG


新しい幼稚園での初めてのお誕生日会。
6月生まれのお友達とともにお祝いをしていただきました。
壇上でうれしそうに座っているりくたんの姿を見て、新しい幼稚園でも変わらず元気に
過ごしている様子が伝わってきました。よかった、よかった。


教室に戻り、りくたんの隣で給食を一緒にいただきました!
メニューは、コロッケ、大豆と鶏のトマト煮、野菜とコーンのスープ、ごはん。
りくたんは相変わらず最後まで食べられずに残してしまいましたが、根気良く最後まで食べ続ける
お友達、「おかわり!」を叫んでいる食欲旺盛なお友達、いろんなお友達に囲まれて刺激されて
いるのかなぁ・・・なんて思いながらいただきました。


王様の冠と先生からのメッセージカードは大事な宝物。
でもお友達はもっと大切な宝物だね、りくたん。

2009年06月25日 13:53コメント (0)

折込生地とモーニングパフ

090624bread.jpeg


今日はパン教室でした。
外は暑くなってきましたが、室内はクーラーを効かせて折込生地です。
バンベルガー・クロニケルはドイツで生まれた折込発酵菓子パン。
生地には砂糖が入らず油脂はショートニング(ロールインにはバターを使いますが)なので、
あっさりとした塩味でした。
サンドイッチに向いていると先生がおっしゃっていましたが、これならお惣菜をはさんでも
しっくりときそう!
もうひとつのパンはモーニングパフ。
卵とバターがたっぷり入ったリッチな生地です。
生地を冷却してから分割するのですが、これはかなりべたつく〜。
ベンチタイムなしで仕上げ発酵するのも納得です。


これからの季節、家でパンを作るときは気をつけないと過発酵になってしまいます。
夏こそ電子発酵器を使わないと!(まだ買っていない・・・汗)

2009年06月24日 14:11コメント (2)

ついつい

090623bread.JPG


来週はりくたんのお誕生日があるのですが、バースデーケーキを自らリクエストしてきました。
それは、サーティーワンのアイスデコレーションケーキ。
テレビのCMで見て食べたくなったようです。


というわけで、予約をするために箕面のカルフール内の店舗へ。
遠い昔に食べた記憶があるのですが、結構種類があるのですねー。
結局どれがいいのが決めきれず、パンフレットを持って帰ってりくたんに決めてもらう
ことにしました。
ついでに訪れたカルフールでは、カルフールオリジナル食品のフェアがされていて、
気がつけばかごの中がいっぱい。。。
クレーム・ド・カシス、ひよこ豆の缶詰、パスタ、シードル、ジャム・・・・ついつい買い
過ぎてしまいました。
来週もケーキの受け取りで行くことになるので、買いすぎに気をつけなくちゃ。


2009年06月23日 23:51コメント (2)

カツオの細巻き寿司

090622makizushi1.JPG


今日は早朝からものすごい雷!
ドカーン、ドカーンと2回ほど強烈な音が響き、慌てて飛び起きました。
先週の天気とは打って変わり、大荒れの月曜日。
今週はずっと雨みたいです〜。


さて今日のレシピは細巻き寿司です。
マグロではなく、脂ののってきたカツオを使います。
カツオとともにかつお節、マヨネーズ、刻みねぎを一緒に巻き込むことで、カツオの美味しさが
より一層引き立ちます。
つけダレのレシピもご紹介してありますが、シンプルにゆずこしょうやしょうが醤油でいただいても
もちろんOK。
手巻き寿司とはまた違った味わいをお試しくださいね。


<カツオの細巻き寿司>


  ■材料   8本分


  米・・・2合
  昆布・・・5cm角
  [合わせ酢]
  酢・・・50ml
  砂糖・・・大2
  塩・・・小1


  刺身用カツオ・・・半身を1/2柵分
  かつお節・・・10g
  しょうゆ・・・大1
  マヨネーズ・・・大1
  刻みねぎ・・・大8程度
  焼海苔・・・全形4枚
 

  [つけダレ]
  しょうゆ・・・大1
  マヨネーズ・・・大1
  白すりごま・・・大1


 ■作り方


  1.米を研ぎ、炊飯器に分量の水と昆布を入れて炊く。合わせ酢の材料はよく混ぜ合わせておく。
  2.ご飯が炊き上がったら昆布を取り除き、濡れ布巾で湿らせたすし桶にあける。合わせ酢を回し
    かけ、ごはんを手早く切るように混ぜ、うちわで扇ぎながら冷ます。
  3.かつお節はしょうゆを混ぜておく。刺身用カツオは皮をひき、15mm角程度になるように細長く
    切り分ける。
  4.海苔は半分に切って使う。巻き簾に海苔を置き、すし飯をのせて広げる。向こう側2cm程、
    すし飯をのせずに空きを作っておく。
  5.カツオの下にかつお節を敷き、カツオの表面に薄くマヨネーズを塗り、その上に刻みねぎを
    散らす。
    090622makizushi2.JPG


  6.手前から向こう側に巻き簾ごと持っていき、ギュっとおさえながら少しずつ回転させて巻く。
  7.巻き寿司は包丁を1回ごとに湿らせながら切り分ける。つけダレの調味料を合わせ、お寿司
    に少しつけていただく。


090622makizushi3.JPG
この巻き寿司は、父の日にうなぎ入り太巻きとともに作りました。

2009年06月22日 06:01コメント (4)

早めのプレゼント

090621toyota1.JPG


今日は父の日でしたね。
実は、義父には1日早い昨日に、夕ごはんのプレゼントをしてしまいました。
というのも、今日はりくたんへの一足早いプレゼントを実施したかったからなのです。


それは、「TOYOYA博物館(ミュージアム)」に連れて行ってあげること。
車好きのりくたんだったら喜ぶかなぁと思ったので。


090621toyota2.JPG


チキチキマシン猛レースみたいな車があったり(笑)。


090621toyota3.JPG


昔の車がどのようにデザインされて作られたかという模型を見たり。


090621toyota4.JPG


帰りにはトイザラスでミニカーを買ってあげました。


前夜に首を寝違えた私。
首が回らないので見学はかなりつらかったのですが、りくたんが喜んでくれれば何のこれしき。
とはいえ、きつかった・・・。


2009年06月21日 22:36コメント (0)

ごきげんプール

090620rikutan.JPG


新居で初めてベランダプールをしました。
今日は昨日にくらべて風が強く、あまりプール日和ではなかったのですが、本人はやる気満々。
カメラを向けると陽気に足を上げてくれました。
プールで何をして遊ぶのかな、と遠くから見ていると、2台のミニカーで水中レースをしていた・・・。
ここでも君は車で遊ぶ訳ね。

2009年06月20日 21:46コメント (0)

ネックレス

090619neckless.JPG


夕方、両親が帰っていきました。
近所に出かけたくらいで、どっぷりと我が家でくつろいだ1泊2日。
短い時間でしたが満喫していただけたでしょうか。
平日だったこともあり、幼稚園に行っていたりくたんは祖父母と触れ合える時間があまり
なかったのですが、それなりに満足しているようです。


今回は、シンプルなネックレスを母にリクエストして作ってもらいました。
2種類ともステキです♪
実は、母が通うアクセサリー教室の先生にデザインしていただき、それを元に母が作ったと
いうことでした。


090619oshirase.JPG


その先生が、表参道の北川画廊でグループ展をされるそうです。
期間は7月24日〜30日ということなので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

2009年06月19日 21:40コメント (2)

にぎやかのち静かな夜

090618dinner.JPG


今日の夕食は、こちらに来ている私の父母とともに楽しくいただきました。
りくたんはもちろん大はしゃぎ。
ベルギービールに合うお料理を・・と思っていたのですが、父が選んだお酒は「呉春」。
ということで、どちらかというと日本酒に合いそうなメニューに変更。
結局、大皿料理ばかりになってしまいました。


大阪の暑さにやられた(?!)二人は、22時に寝てしまい、静かな夜を過ごしております。
でも朝は早いようなので、きっと5時過ぎに起きてくることでしょう。
さすが私の親ですな。

2009年06月18日 23:33コメント (2)

明日のために

090617bread.JPG


明日、私の両親が我が家に来ます。
1泊2日の短い滞在ですが、りくたんのテンションはいつも以上に上がっています。
もうすぐ父の日ですし、ベルギービールを用意しておうちパーティーでもしようかと計画中。
パンもせっせと焼いています。

2009年06月17日 21:46コメント (2)

カレー日和

090616satsuei.JPG


今日はカレーの撮影でした。
といっても、自分のレシピではなく、いただいたレシピに従ってカレーを作り、スタイリング。
日中は暑かっただけに、カレーの美味しさもひとしお。
絶品のチキンカレーでした♪

2009年06月16日 22:07コメント (4)

中華風ロールキャベツ

090615roll%20cabage.JPG


おはようございます!
早速ですが、今日のレシピ「中華風ロールキャベツ」をご紹介します。
我が家のロールキャベツは、豚ひき肉×鶏ひき肉を使うのが定番だと以前に紹介したこと
がありますが、今回のロールキャベツもこの組み合わせがよく合います。
つなぎには卵を使わず片栗粉を使うことで、餃子のような、シュウマイのようなお肉感が出るように
しました。
スープにとろみをつけて、あんを絡めていただくとなかなか美味しいのでぜひお試しくださいね。


<中華風ロールキャベツ>


 ■材料   約8個分


  キャベツの葉・・・16枚分
  玉ねぎ・・・1/2個
  ニラ・・・1/2束
  にんにく・・・1/2片
  しょうが・・・1/2片
  豚ひき肉・・・300g
  鶏ひき肉・・・100g
  塩・・・小2/3
  [A]
  パン粉・・・大3
  酒・・・小2
  しょうゆ・・・小2
  こしょう・・・少々
  オイスターソース・・・小1
  片栗粉・・・大1
  ごま油・・・小1
  

  水・・・400ml
  鶏ガラスープ(顆粒)・・・小2
  

  ねぎ・・・適宜  ※ここでは斜め切りした青ねぎの白い部分を使用。
  塩・・・少々
  こしょう・・・少々
  ごま油・・・少々
  水溶き片栗粉・・・適宜


 ■作り方


  1.キャベツの葉は耐熱皿にのせ、ふんわりとラップをかけ、電子レンジで葉がややしんなりとなる
    まで加熱する。
  2.玉ねぎはみじん切りにし、サラダ油少々(分量外)を熱したフライパンで炒める。透明になってき
    たら火を止めてバット等にあけ、冷ましておく。
  3.ニラは粗みじん切りにし、にんにく、しょうがはすりおろす。
  4.ボウルに豚ひき肉、鶏ひき肉、塩を入れ、粘りが出るまで手で混ぜる。ニラ、にんにく、しょうが、
    玉ねぎ、[A]を入れてさらによく混ぜたら、8等分にして丸める。
  5.キャベツは芯の部分を切り取って厚みをなくしてから、1個につき2枚使って4の種を包む。(最後
    に爪楊枝でとめてもよいです)
  6.厚手の鍋に5をきっちりと並べ、すき間に切り取ったキャベツの芯部分を入れる。水、鶏ガラスー
    プ(顆粒)を加え、蓋をして火にかける。沸騰してきたら火を弱めて40分〜1時間煮る。
  7.ロールキャベツをいったん取り出し、スープにねぎを入れる。塩、こしょう、ごま油で味をととのえた
    ら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。
  8.器にロールキャベツをのせ、7のスープあんをかける。


   ※スープのとろみづけは必ず食べる直前に行ってください。時間が経って再加熱すると、とろみが
    なくなってしまうことがあります。

2009年06月14日 21:05コメント (4)

参観日

090614sankan.jpeg


今日は幼稚園の参観日でした。
実は先月も参観があったのですが、新型インフルエンザ感染拡大防止のため中止されたので、
今回が今年度初となりました。
暑さが苦手のりくたん、これからの季節、大丈夫かしら・・・と不安な気持ちで訪れましたが、
とっても元気に過ごしていてひと安心。
お友達もたくさんできたようで、席が近い子たちときゃっきゃっとはしゃいでいました。


画像は手づくりけん玉にデコレーションしたもの。
今日の参観で仕上げをしました。
キラキラ光るビーズを選んだところが、光モノ大好きなりくたんらしいなー(笑)。


090614rikutan.JPG

おとうさんと一緒にリズム体操中♪

2009年06月14日 16:49コメント (2)

スイミー

090613sweet.JPG


今月のクレヨンハウスのブッククラブの配本は「スイミー」でした。
懐かしい思いでページをめくりました。
淡く繊細な絵、少ないけれどきゅっと凝縮された言葉に心なごみます。


さて、午前中は関西エリアの雑誌「リシェ」の取材がありました。
キッチンや普段の晩ごはんを紹介するコーナーで、8月号に掲載されます。
どんな誌面になるのか私も楽しみです。


2009年06月13日 22:39コメント (2)

お茶香る

090612chatsu.JPG


今日は和菓子教室へ。
画像は、2品習ったうちのひとつ、「茶通」です。
新茶をのせて両面を焼いているので、とてもいいお茶の香りがします。
美味しい煎茶とともにいただくと本当に幸せ。


日が長くなると、りくたんの外遊び時間が延びていきます。
今日は15時半から18時過ぎまで遊んでいました。
母はもう疲れましたよ・・・。

2009年06月12日 22:23コメント (0)

ここ連日

090611tsubuan.JPG


画像はつぶあんを冷ましているところです。
和菓子を習うまでは、炊きあがったあんこをこんなふうに冷ますなんて知りませんでした。
そして、明日は月に一度の和菓子教室。
あれからもう一ヶ月がたったのかと思うと早すぎる。。。


さて、昨日はアゲハ蝶の幼虫、今日はみのむしが我が家にやってきました。
数日前はキャベツについていた青虫。
ここ連日、我が家に虫が増えています!!


アゲハ蝶の幼虫とみのむしは、オットが会社帰りに持って帰ってきました。
いったい何をしながら帰ってきているのかしら・・・。
りくたんは大喜びだけれど、もうお願いだから虫をお土産に持ってこないで〜。

2009年06月11日 21:31コメント (4)

リビングのカーテン

090610carten1.jpeg


ようやくリビングの掃きだし窓にカーテンをつけました。
夜はシャッターを閉めるので、レースのカーテンだけはつけていたのですが、やはりメインの
カーテンも必要かと。
夏の夜に風を通したいですし。


あれこれ悩むこと2ヶ月あまり。
結局、ベージュの羊柄にしました。


090610carten2.jpeg


メルヘンにならず、シンプルで結構気に入っています。
でも個人的にはレースのカーテンのみが好きかなぁ。。。

2009年06月10日 21:50コメント (2)

雑貨選び

090609zakka.JPG


仕事柄、雑貨が溜まっていきます。
現在、パンかごとカッティングボードが増殖中。
スタイリングのイメージに合わせて選んでいるのですが、やはり自分の好みからは外せません。
だって、モノ選びには愛情が必要ですもの!


もちろん、撮影で使われなかったものたちも大事にしています。
いつか出番が来る日があるかも知れませんしね♪

2009年06月09日 21:58コメント (0)

パンキッシュ

090608kishu.JPG


ここのところ来客が多く、ランチは何にしようかしら・・・とちょっと悩みます。
せっかく自分でパンを焼いているのだから、それらを使ったものにしようかなぁということで、
よく作るのがこちら。
パン・ド・カンパーニュを使った「パンキッシュ」です。
キッシュといえば、土台の生地を敷き込み、フィリングを流し入れて焼き上げますが、今回は
パンを入れているので土台は無し。
フィリングを作って焼くだけですから本当に簡単です。
使用するパンは、味わいのあるパン・ド・カンパーニュがベストですが、無ければバケット等の
ハード系のパンでもOK!
チーズをのせてこんがりと焼き上げてくださいね。


<パンキッシュ>


 ■材料    直径20cmの耐熱皿1台分   


  パン・ド・カンパーニュ・・・75g  ※なければバケット等のハード系のパンでも可
  ベーコン・・・3枚
  玉ねぎ・・・1/2個
  すりおろしにんににく・・・少々
  卵・・・3個
  スキムミルク・・・10g
  牛乳100ml
  とろけるチーズ・・・適宜
  塩・こしょう・・・少々
  ナツメグ・・・少々


 ■作り方


  1.パン・ド・カンパーニュは2cm角に切る。ベーコンは2cm幅に切り、玉ねぎは薄切りにする。
  2.フライパンを熱し、ベーコンを入れて炒める。ベーコンの脂が出てきたら、玉ねぎと塩少々を
    加えて炒める。火を止めて冷ましておく。
  3.ボウルに卵を割り入れて溶きほぐす。牛乳、スキムミルク、すりおろしにんにく、ナツメグを加えて
    混ぜ、塩・こしょうで味をととのえたら、1のパン・ド・カンパーニュを加えて10分ほど浸す。
  4.3に2を加えて混ぜ合わせたら、サラダ油等(分量外)の油脂を塗った耐熱皿に流し入れる。
  5.とろけるチーズを表面にのせ、グリルまたは180℃のオーブンで表面がこんがりとなるまで焼く。
    (目安時間:15分)


   ※スキムミルク+牛乳100mlの代わりに、牛乳50ml+生クリーム50mlでもOKです。

2009年06月08日 05:25コメント (4)

ミルクアイス!

09060607ice.JPG


今年になって初めてアイスクリームメーカーが稼動しました。
りくたんの大好きなミルクアイスです。
牛乳多めの生クリーム入り。
作りたてを少し冷凍庫で冷やしてからいただくと最高〜。
口の中でスーっと溶けていく感じが止められなくて3人でパクパク・・・・ほぼ食べ切りました。

2009年06月07日 15:10コメント (2)

夏椿

090606natsutsubaki.JPG


夏椿が咲きました。
この白い可憐な花は、朝に開花したら、夕方には落花する一日花なんですって。
なんと儚いことよ・・・。
それもそのはず、夏椿は平家物語の冒頭に出てくる『娑羅双樹(さらそうじゅ)』のこと。
平家一門の栄枯盛衰をこの花に例えているのですね。


咲いては散り、咲いては散り・・・と、今年はいくつの花の栄枯盛衰を見ることになるのでしょうか。



**********************************************************************************************************
万里さまよりコメントをいただきまして、夏椿は沙羅双樹と似ているというだけで、
異なる植物であることが分かりました。
誤った内容を載せてしまい大変申し訳ありませんでした。
慎んで訂正させていたきます。

2009年06月06日 21:54コメント (4)

マカロニサラダ

090605okazu.jpeg


午前中に元職場の友人が親子で訪ねてきてくれました。
雨が降ったり止んだりの気まぐれな天気の中、マカロニサラダまで作ってきてくれて本当に
ありがとうございました!
2歳4ヶ月の男の子は、好奇心いっぱいのキラキラした瞳で家の中を探索。
引き出しやらスイッチやら、いろんなところが気になる時期なんだよね〜。
何だかすでに懐かしい気持ちで見つめていました。


そういえば、マカロニサラダってそれぞれの家庭によって違いますよね。
私の母は、マカロニサラダよりもスパゲティサラダをよく作ってくれました。
きゅうり、にんじん、玉ねぎが入ったマヨネーズ味。
これまた懐かしい気分。

2009年06月05日 22:14コメント (2)

白と黒

090604bread.JPG


あんぱんの中心にはケシの実をトッピングします。
白と黒、両方あるので2種類を作ったのですが、少量でも風味が結構変わりますね。
さらに今回は、ドライイーストの量を極力減らして、低温で長時間発酵してみました。
でも最終発酵がちょっと短かった〜。
若干固めの焼き上がりでした。

2009年06月04日 21:41コメント (3)

焼物専用箸

090603hashi1.JPG


友人でもある『北の住まい設計社』のスタッフの方が、我が家のテーブルのチェックを兼ねて
遊びに来てくれました。
「北の住まい設計社 大阪店」は私が大好きなお店のひとつです。
お店にうかがうと、家具や雑貨や世間話などスタッフの方とのおしゃべりがはずみ、時間が経つのを
忘れてしまいます。
危うくりくたんのお迎え時間に間に合わなくなりそうなときもあったりするほど。
今日もまたまた話がはずみ、お迎え時間ギリギリでした。。


新築祝いに・・・といただいた京都のお箸屋さんの取り箸と焼物専用のお箸。
熱に強い木で出来ているので、焦げ付いたりしないそうです。
使うのが楽しみー♪ 


090603hashi2.JPG

2009年06月03日 22:15コメント (0)

水無月になったので

090602minazuki.JPG


6月になったので、先月の和菓子教室で習った「水無月」を作りました。
本来は表面に小豆をのせるのですが、ミックスされた甘納豆を使用。
見た目がだいぶ違うけど・・・ま、いいか(笑)。


しかも水無月は、6月30日にいただくお菓子なのです。ちょっと早かった!
というわけで、もう一度作って、あと半年の無病息災を祈ることにします。


2009年06月02日 22:46コメント (0)

新ごぼうのビスケット

090601cookies.JPG


今日から6月です。
ということはもうすぐ梅雨。
じめじめを考えると気分がどんよりしてきますが、紫陽花が見られると思うとちょっぴりワクワク。
かたつむりも出てくるかなぁなんて。


さて今日のレシピはお野菜を使ったおやつです。
それは、新ごぼうのビスケット!
ごぼうの風味にぴったりな黒砂糖を加えて香ばしく焼き上げます。
美味しさのポイントはすりおろした新ごぼうをバターでソテーすること。
ちょっと面倒だな・・・と思うかも知れませんが、このひと手間で食感が大きく変わってきます。
ちなみにソテーしないで加えると、ごぼうの繊維が生地と一体化せずにパサついた食感に
なってしまいます。
ごぼうの分量は控えめにしてありますので、ごぼう好きな方はもう少し増やしてくださいね。


<新ごぼうのビスケット>


 ■材料  約40本分


  新ごぼう・・・40g
  無塩バター・・・50g
  黒砂糖(粉末)・・・50g
  塩・・・ひとつまみ
  溶き卵・・・1/2個分
  薄力粉・・・150g
  白いりごま・・・大1


 ■作り方

  
  ●下準備・・・無塩バターは室温に戻し、薄力粉は振るっておく。黒砂糖はかたまりをつぶしておく。


  1.新ごぼうはすりおろす。フライパンに無塩バター5g(室温に戻したものから取る)を入れて
    火にかけ、すりおろした新ごぼうを加えてソテーする。火からおろし、冷ましておく。
  2.ボウルに無塩バターを入れて泡立て器で攪拌する。クリーム状になったら黒砂糖と塩を加えて
    さらに攪拌する。
  3.溶き卵を少しずつ加え、そのつどよく混ぜたら、1の新ごぼうを加えて混ぜ合わせる。
  4.振るった薄力粉を加え、ゴムベラでさっくりと混ぜる。途中、白いりごまを加え、粉気がなくなる
    まで混ぜる。ラップに生地をのせて包み、冷蔵庫で30分以上休ませる。
  5.打ち粉(分量外)をした台に生地を取り出し、めん棒で1cmの厚さにのばし、棒状に切り分ける。
  6.180℃に予熱したオーブンで15分ほど焼いたら140℃まで下げ、10分ほど乾燥焼きする。
    ※ここではガスオーブンを使用しています。電気オーブンの場合は焼き具合を見ながら、
     温度と焼成時間を調節してください。


090601cookies2.JPG


黒砂糖は完全にかたまりをつぶさなくてもOK。
焼き上げたときに溶けて、いい感じになりますよ。

2009年06月01日 05:36コメント (2)

朝起きたら

090531scorn.JPG


朝起きたら、キッチンにこしあんが出来上がっていました。
オットが昨晩作ったようです。
そしてその傍らに、こしあんを作ったときに残った小豆の皮が残されていました。
きっとオットのことだから、何かに使って欲しいということだったのでしょう。


聞いてみると正解!
早速、クルミとともにスコーンに混ぜてみることにしました。
香りは残っていませんが、若干の風味が感じられ、水分もほどよくいい感じ。
小豆の皮にはサポニンという栄養成分が含まれているとのことで、何だか得した気分です。

2009年05月31日 16:08コメント (2)

花の腕時計

090530rikutan.JPG


午後からすごい雨!
最近、不安定なお天気で困ってしまいます。
5月といえば、晴天が続いて気持ちの良い日が多かったような気がするのですが・・・。


午前中も少し怪しいお天気だったのですが、広場で走り回りたいというりくたんの希望により、
大きな芝生のある公園に行ってきました。
言葉どおり、りくたんはずっと走ってました(笑)。
途中、お花で腕時計を作って欲しいとのことで、クローバーとシロツメクサで小さな時計を作成。
車だけでなく、意外とお花や草も好きなんですよ、りくたん。

2009年05月30日 17:28コメント (2)

サマータイム

090529bread.JPG


先週の仕事を終えて以来、早寝してます。
ちなみに昨日は22時前に寝てました。りくたんと変わらない・・・。
でも朝はちょっと早いですよ。
毎日5時過ぎに起床。
私にとってのサマータイムがはじまったなぁという感じです。
で、何をしているかというと、皆さんからいただいたコメントへのお返事や仕事、家事など。
もともと朝には強い方なので、この時間が結構楽しいです。


水分量を間違えてうまく焼き上がらなかったレーズン酵母のパンが余っていました。
少しずつ固くなってきたので、フレンチトーストに。
メイプルシロップをかけたら、朝はごはん派のりくたんもめずらしく食べてました。

2009年05月29日 14:47コメント (2)

細部にこだわる

090528cars.JPG


ダンボールでミニカーを作り(作らされ)ました。
はじめ、「おかあさんの好きな車を作ってー!」とりくたんは言っていたのに、好きにはさせて
くれませんでした。やっぱりね。


『ハチロク』だの『シルビア』だの『RX-7』だの・・・む、難しい。
だいたい、ダンボールでそんなに細かい細工はできませんし、クレパスでは大雑把にしか
塗れませんから!
赤い『カプチーノ』を指定されて作ったら、ライトとブレーキランプが違うといってダメ出しされて
しまいました。
しぶしぶ作り直したらOKがでたのですが、これでいいのか?といういうくらい大した作りではなく。。。
どうやら最近注目しているのは全体のフォルムではなく、そのあたりの細部のようだと納得しました。

2009年05月28日 21:43コメント (2)

自分について

090527bread.JPG


今日はパン教室でした。
教室に行くたびに思うのですが、私ってホントに不器用だな・・・って。
今まで生きてきて、自分が器用ではないことを感じ続けていましたが、最近特に思うのです。
のみこみがよくない分、努力をして補わなければならないことはよく分かっているので、そうして
きたつもりですが、ここのところダメだなぁと。
別に落ち込んでいるわけではありませんが、なんでやろ・・という気分。
家のことや仕事のことも落ち着いてきたので、ここでひとつ基本に戻ってやり直さなくちゃね。


以上、独り言でした。

2009年05月27日 19:21コメント (5)

次回へ持ち越し

090526lunch.JPG


以前にご近所さんだった友人が訪ねてきてくれました。
実はあまりゆっくり話したことがないまま離れてしまったのですが、今日は時間が足りない
ほどの盛り上がりぶり♪
積もる話は尽きず、次回へ持ち越しとなりました(笑)。


お昼ごはんのメインはパンキッシュ。
土台の生地をなしにして、全粒粉のパンを小さくカットして入れました。
お土産にいただいたメロンも美味しかったし、うーん、楽しかった〜。


2009年05月26日 22:10コメント (2)

切干大根の甘味噌和え

090525kiriboshidaikon1.JPG


新型インフルエンザの発症もだいぶ下火になり、ようやく今日から通常どおりの生活が始まります。
とはいえ、完全に終息したわけではありませんので、みなさんこれからも十分に気をつけましょう。


さて、今日のレシピは乾物。
ひきこもり生活(実際はひきこもってはいませんでしたが・・・)で、我が家では乾物が大活躍しました。
普段は煮物ばかりに使っていた切干大根をサラダにしたり、和え物にしたり。
その中でもおすすめは、味噌を使ったこちらのレシピ。
ごはんにぴったりで、温かくても冷たくてもどちらも美味しくいただけます。
味噌によって塩加減や甘みが異なりますので、加減して作ってみてくださいね。


<切干大根の甘味噌和え>
 

 ■材料   4人分


  切干大根・・・30g
  白ねぎのみじん切り・・・大2
  味噌・・・小2
  砂糖・・・小2/3
  だし汁・・・大1
  白すりごま・・・大1
  なたね油・・・小1〜2   ※なければサラダ油でもOK
  
 
  白髪ねぎ・・・適宜
  白ごま・・・適宜


 ■作り方


  1.切干大根は水で戻し、水気を絞り、食べやすい長さに切る。小鍋に湯を沸かし、切干大根を
    さっと茹でてざるにあげる。
  2.ボウルに味噌、砂糖、白すりごまを入れてよく混ぜる。だし汁を加えて溶きのばしたら、白ねぎの
    みじん切りを加えて混ぜる。
  3.1の切干大根の粗熱が取れたら、軽く絞って2に加えて和える。最後になたね油を加えて全体を
    さっくりと混ぜる。
  4.器に盛り、白髪ねぎをのせ、白ごまを振って出来上がり。


 090525kiriboshidaikon2.JPG


 切干大根は固く絞りすぎると食感も味も締まってしまいます。
 味を滲み込ませるためにあたたかいうちに軽く絞って加えてくださいね。

2009年05月25日 05:40コメント (4)

釣れず

090524tsuri.JPG


天気は微妙な感じでしたが、家族みんなで稚鮎釣りに行きました。
場所は琵琶湖付近の川。
さすがに道路は空いていて、あっというまに着いて場所探しをしたものの、魚の気配はなく。。
釣具屋さんに聞いた場所に行っても全くダメな雰囲気で、釣り人に聞いても今日は釣れないとのこと。
せっかくきたのだからとオットは一応竿をおろしたものの、ダメなものはダメですねー。


りくたんは、「おとうさんとくると魚は釣れないね〜」と鋭い一言。
そうなのです。
オットは、みんなで行くとなぜか全然いいところを見せられないのです。
次回はがんばると珍しく宣言していたくらいですから、よっぽど悔しかったのかも(笑)。

2009年05月24日 21:29コメント (0)

にぎやかな午後

090523oyatsu.JPG


今日は早朝からオットが自転車乗りに行き、しずかな土曜日でした・・・というのは午前中だけで、
午後からはますらんさん親子が遊びに来てくれて、とてもにぎやかに♪
りくたんと同い年のはるくんは初来訪ということで、りくたんはいつも以上に大おはしゃぎ。
子どもたちは1階で遊び、我々大人たちは2階リビングでゆっくりとおしゃべりができました。
子どもたちが成長してくれてうれしい〜。


おやつはみんなでわいわいと食べました。
ドーナツとシュークリームとプリン!
おいしかったねー。

2009年05月23日 22:06コメント (2)

包まれたい

090522candy.JPG


りくたんの好きなお菓子はアイスクリームとアメちゃん。
今日は、飴の包み紙を広げて匂いを嗅ぎながらこんなことを言っていました。


「ボク、アメちゃんになって、この紙に包まれて眠りたいな〜」


君はアメちゃんになりたいのですか!!
もう、どれだけ飴が好きなのかしら。
虫歯が心配です。。。

2009年05月22日 22:52コメント (4)

離れてしまっても

090521soramame.JPG


今日は撮影のために借りた食器類の返却期限の日。
りくたんを連れて行くにはちょっと・・・というところなので、以前お隣に住んでいたmaayaさんに
預かっていただくことにしました。
離れてしまっても、やはり頼りになるmaayaさんご一家。
お土産に空豆までいただいてしまいました。


これからも何かとお世話になると思いますが、どうかよろしくお願いします。ぺこり。

2009年05月21日 22:24コメント (0)

ミルクパンの本

090520satsuei.JPG


撮影が無事終わりました。
今回は、千趣会さんから今秋発売されるシリーズ本の第3巻、『ミルクパン』のスタイリングの
お仕事でした。
ふんわりとやさしい雰囲気が伝わるといいなと思ってスタイリングをしましたが、どんな感じに
本が仕上がるのか今から楽しみです。
パンはちょっぴり甘くてミルキーで、とっても美味しいんですよ。
すでに私のお気に入りです♪


机いっぱいに広がる撮影用の器たち。
机の下にはクロス類や紙類。
毎回のことですが、撮影後の片付けがなかなか終わらない〜。
でも、りくたんからの「帰れコール」により、猛スピードでがんばりました。

2009年05月20日 23:19コメント (0)

問題解決

090519morning.JPG


問題は何とか解決しました。
義父母が面倒をみてくれることになり、2日間お世話になっています。
二人とも仕事をしているのに、こころよく引き受けてくれて本当に頭が下がる思いです。
私の父母も心配してくれて、こちらに来ようかと電話をかけてきてくれました。
私は多くの人に助けてもらいながら仕事をしているのです。。。みんな、本当にありがとう。


今日の朝ごはん。
パンにジャムをたっぷり塗って糖分補給。
しっかりと目が覚めました。


2009年05月19日 21:46コメント (2)

春野菜のさっぱり煮物

090518nimono1.JPG


解決策が見つかるのかどうなのか分からぬまま、月曜日になりました。
このまま新型インフルエンザが拡大したら社会生活にどれだけの影響がでてくるのか・・・考えるだけで
恐ろしいです。


不安な思いを抱えたままですが、とりあえずレシピにいきましょう。
今日のレシピは、お野菜だけの煮物です。
オリーブオイルでうまみを閉じ込め、梅干を隠し味に加えています。
お野菜だけだと淡白になりがちですが、にんにく、大葉の香味野菜が味に深みを与えてくれるので
飽きずに食べられると思います。
ゴロゴロと大きめに切って、旬の美味しさを楽しみましょう!


 ■材料    4人分


  新ごぼう・・・1本
  新玉ねぎ・・・1個
  にんじん・・・1本
  スナップえんどう・・・10本
  にんにく・・・1片
  大葉・・・5枚
  オリーブオイル・・・大1
  梅干・・・1個
  塩・・・小1/3
  薄口しょうゆ・・・小1


  ■作り方


  1.新ごぼうは皮をたわしで洗って乱切りにし、水にさらす。新玉ねぎは半分に切り、さらに3〜4つ
    にくし切りにする。にんじんは皮をむいて乱切りにし、スナップえんどうは筋を取る。にんにくは
    芯を取って薄切りにする。大葉は千切りにし、さっと水にさらしてからざるにあげる。
  2.厚手の鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて火にかける。香りが出てきたら、ざるにあげて
    水気を切った新ごぼう、にんじん、塩を加えて炒める。油が全体に回ったら、蓋をして10分ほど
    蒸し煮にする。
  3.梅干は種を取り、包丁でたたく。大葉は千切りにし、さっと水にさらしてからざるにあげる。
  4.新玉ねぎ、スナップえんどう、たたいた梅干を2の鍋に加えてひと混ぜし、再び蓋をする。
  5.5分ほどたったら蓋を開け、薄口しょうゆを鍋肌から回し入れ、ひと混ぜして火を止める。蓋をして
    さらに5〜10分味をなじませる。
  6.器に盛り、大葉をそえて出来上がり。

2009年05月18日 05:46コメント (3)

泣きたい・・・けど

090517chou.JPG


新型インフルエンザの患者が私が住む市内に出てしまいました。
明日から一週間、幼稚園が休園です。
今週は千趣会の書籍の撮影が控えており、りくたんを預かってもらわなくてはなりません。
まだ目処がたっておらず、もう泣きたい・・・。
私だけでなく、仕事を持つお母さんたちはどうされているのでしょう。


どんよりした気分を取り去るべく、シュークリームを山ほど作って、みんなでたくさん食べました。
食べたらちょっと気持ちが軽くなりました。何とかなるさ、明日また考えよう。

2009年05月17日 20:32コメント (2)

鶯ボール

090516uguisuball.JPG


関西の人なら誰でも知っている(?)お菓子のひとつ、「鶯(うぐいす)ボール」。
甘くて、かりんとうのような油菓子です。
かれこれ10年くらい前に食べたきりで、その存在のことを忘れていましたが、何となく買ってみました。
そして、りくたんもついに「うぐいすデビュー」。
好みとしてはまあまあだったようです。

2009年05月16日 23:23コメント (0)

気にしない性格

090515nori.JPG


以前に通っていた幼稚園では、工作用の「のり」がなくなると、先生が足してくれていたよう
だったので、からっぽのまま今の幼稚園に持って行かせていた私。
ふと思い出して、りくたんに「先生はのりを足してくれた?」と聞いてみたところ、「ううん、ない
からお友達に借りてねと言われた」と。
そのとき私は「そうなの、貸してくれてよかったね」と答えました。


数日してハッと気がつきました。
この幼稚園では、のりはなくなったら買うものだということを!
というか、のりが1年間で無くなることがないらしい・・・。


遅ればせながら、ようやく購入いたしました。
りくたんにのりを貸してくれたかえでちゃん、今までありがとうね。
この気にしない性格の親子を許してください。

2009年05月15日 19:34コメント (3)

さわやかな一日

090514flower.JPG


今日は5月らしいさわやかな一日でした。
午前中には友人親子が遊びに来てくれて、本日幼稚園が休みのりくたんにとって楽しいひと時に
なりました。もちろん私も!


それから、先日いただいたお花をオアシスから抜いて、カフェオレボウルに生け替えました。
少し元気がなくなっていたのですが、また生き生きとしてくれたのでうれしい♪
植物が元気になると私も元気になれます。


2009年05月14日 21:36コメント (2)

恐るべし西日

090514caten.JPG


暑さ本番になる前に気づいたことがひとつ。
2階に上がったすぐの西の窓からの猛烈な日差しが・・・。
夏の西日は恐るべし。
とりあえず家にあった布を取り付けてみました。
これで様子をみてみることにします。


090514caten2.JPG


皆さんの西日対策で何かいい方法はありますか?

2009年05月13日 18:51コメント (5)

白いアレンジメントフラワー

090512flower.JPG


今日は友人が遊びに来てくれました。
昨日の睡眠不足がたたって大したおもてなしもできませんでしたが、久しぶりにゆっくり
話ができてよかった、よかった。
今度はデザートまでしっかり用意できるようにするので、また遊びに来てね。

「白い」我が家に合わせて白でアレンジされたお花をプレゼントしてくれました♪
センスのよい彼女ならではのセレクト。
お見事です!

2009年05月12日 14:25コメント (0)

鯛めし

090511taimeshi.JPG


鯛の美味しい季節ですね。
私は関西で暮らすようになって、鯛をよく食べるようになりました。
鯛はハレの日にいただくものとして育った私には、鯛がスーパーで気軽に手頃な値段で手に入る
ことが不思議に感じたものです。
よく作る鯛めしは鯛のアラを使って作ることが多いのですが、今回は母の日のために小ぶりな
鯛を姿焼きにして作りました。
画像には鯛の姿はありませんが(汗)、これはタケノコごはんではなく鯛めしなのであしからず!


<鯛めし>


 ■材料   4合分  


  鯛(小ぶりなもの)・・・1尾
  米・・・4合
  昆布だし・・・4+1/2カップ
  酒・・・大2
  薄口しょうゆ・・・大1
  みりん・・・大2
  塩・・・小1/2〜3/4
  しょうが・・・3かけ


 ■作り方

  1.鯛は下処理をし、両面に塩(分量外)を振り、30分ほどおいておく。表面の水気を拭き取り、
    腹に切れ目を入れ、尾ひれに化粧塩をして焼く。※焦げないように気をつけてください。
  2.しょうがは皮をむいて千切りにし、水にさっとくぐらせた後、ザルにあげる。
  3.米は洗い、水気を切って鍋(今回はル・クルーゼを使用)に入れ、昆布だし、調味料、しょうが
    の千切りふたかけ分を加えてひとまぜし、鯛を上にのせて蓋をする。
  4.強火にかけ、沸騰したら弱火にして15分ほど炊く。最後に一度強火にしてから火を止め、
    蒸らす。
  5.10分ほどたったら蓋を開け、鯛をいったん取り出す。鯛の頭、骨、皮をはずし、身をほぐしたら
    ごはんに混ぜる。
  6.残しておいた千切りしょうがをのせ、あれば木の芽を添える。

  今回は4合分で作りましたが、半量で作る場合は切り身を使うとよいでしょう。
  アラを使っても美味しくできます。

2009年05月11日 06:46コメント (2)

お重で

090510hahanohi.jpeg


母の日でしたね。
毎年、義父母宅にてお昼ごはんを作ってみんなで会食、というのが恒例ですが、今年は
お重に詰めて持っていくスタイルにしました。
その方が向こうでバタバタせず、時間に余裕が持てて良いと思ったので。
ちょっと失敗したものもあったりして、前夜は遅くまでキッチンで作業していたのですが、
義母の喜ぶ顔を想像すると何だかワクワクしてきて(笑)。
実母にはこれまた毎年恒例のパン詰め合わせを作って送りました。
二人ともとても喜んでくれて、私にとってもうれしい一日でした。

2009年05月10日 22:25コメント (3)

潮干狩り

090509shiohigari1.JPG


温かい陽気の中、今日は潮干狩りをしました。
毎年、この時期になるとオットが行きたがっていたのですが、なかなか行けず。。
今年ようやく実現ということで、りくたんは人生初の潮干狩り。
西宮の香櫨園浜にてこじんまりと楽しむことに。


ヨットハーバーが近くにあり、シーカヤックをしている人もいたりして、何だか不思議な光景でした。
りくたんはやどかりやカニを見て大喜び!
オットは行きたいと言っていただけあって、2時間ほど黙々とアサリを採り続けていました。
そこそこ採れて満足気(笑)。


090509rikutan.JPG


濡れないようにしていたみたいですが、結局長靴もズボンもびしょびしょ。
でも楽しかったみたいです。

2009年05月09日 23:28コメント (2)

活用しています!

090508katsuyou.JPG


先日いただいたニューサマーオレンジですが、実を食べた後の皮をいろいろと活用しております。
皮を刻んで天日干しにしたものを紅茶に入れたり、野菜の塩もみと一緒に加えたり。。。
刻んだ皮を砂糖で甘く煮詰めて、ミキサーにかけたものを、酢のものに加えたり、パン生地に
練り込んだりしています。
まだまだ活用できそうなので、捨てずに利用していくつもりです。


シロップ漬けはオットが自ら作りました。
出来上がったらペリエで割って飲ませてもらおうっと。

2009年05月08日 23:09コメント (2)

豆ごはん

090508mamegohan.JPG


今年初の豆ごはん。
塩味をきかせて炊き上げました。
お豆がほこほこで美味しい!


090508rikutan.JPG


りくたんがお豆をさやからはずしてくれました。
「次は何人家族かなー」と豆の数を数えて楽しんでいましたよ♪

2009年05月07日 21:52コメント (2)

四つ葉のクローバー

090506clover.JPG


四つ葉のクローバーを見つけました。
それも大量に!!
大阪城の外堀の草むらにクローバーがたくさん生えていたのですが、ふと視線を下ろすと
あっという間に四つ葉を発見。
そしてよーく見てみると、その一角は四つ葉や五つ葉だらけ!
こんなにたくさん生えていると幸運のシンボルとは言えないような・・・。
とりあえず数本摘んできて水に挿してみました。
暗くなると葉を閉じるので、りくたんにとってもちょっとした楽しみができたようです。


さあ、今日で長かったGWも終わり。
明日からは通常どおりの日になります。
といっても、今回のGWは遠出をしなかったので、あまり日常と変わりないかも(笑)。

2009年05月06日 21:36コメント (2)

草もち

090505kusamochi.JPG


今年の子どもの日はあいにくの天気でしたね。
雨の中、お墓参りに行き、その後は義父母の家でお好み焼きを食べるというそんな一日でした。
義父が作ったお好み焼きは本当においしくて、大阪の家族だなぁとしみじみ感じます(笑)。

柏葉をうっかり買い忘れてしまったので、草もちを作りました。
やはりあんこ好きのりくたん。朝から3つも食べていた!
1つが結構大きいのに。。。
まぁ、子どもの日だからいいっか。

2009年05月05日 23:32コメント (0)

焼きドーナツ

090504donuts1.JPG


明日はこどもの日ですね。
行楽シーズンということで、おでかけする方が多いと思いますが、明日は天気がいまひとつの
ようです。
雨が降り出しそうなら、おうちでパン作りはいかがでしょうか。
もちろんお子様と一緒に!
生地を成型したり、仕上げをしたりすると、なかなか楽しめますよ。


焼きドーナツは、熱々にあたためた油を焼く直前にかけることで、外がカリッと仕上がります。
材料は今日揃えておいて、明日はレッツクッキング♪


<焼きドーナツ>


  ■材料  約16個分


   強力粉・・・240g 
   薄力粉・・・60g
   ドライイースト・・・7g
   砂糖・・・30g
   塩・・・3g
   スキムミルク・・・15g
   無塩バター・・・30g
   卵・・・60g
   水・・・200ml前後


   サラダ油・・・大3〜4
   コーティングチョコレート・・・50g程度
   チョコスプレー、アラザン等・・・適宜
   シナモンシュガー・・・適宜
   

 ■作り方


  1.HBやこね機を使う場合は、ポットに材料を入れてこねあげ、一次発酵させる。
   手ごねの場合は、ボウルに粉類を入れてゴムベラ等でよく混ぜ、卵と水を混ぜたものを少しずつ
   加えて生地をまとめる。台の上に生地を取り出し、無塩バターを加えてしっかりとこねる。
   15分くらいこねて、グルテンの膜が出来たら、ショートニングまたは無塩バター(分量外)を薄く
   塗ったボウルに生地を丸めて入れる。ラップをかけて温かいところに置き、2倍くらいに膨らむまで
   発酵させる(40〜60分)
  2.一次発酵が終わったら生地を取り出し、1個約40gになるように分割し丸める。とじ目を下にして
    置き、乾いたふきんをかぶせ、その上に固く絞ったふきんをかけて15分ほどベンチタイムをとる。
  3.生地のとじ目を上にして軽くめん棒をかける。(ふっくらとしたドーナツにしたい場合は、めん棒を
   かけずに手のひらで平らにする。)直径3cmくらいの丸型で中心を抜く。天板に並べ、オーブンの
   発酵機能を使い、35℃で25分ほど発酵させる。
  4.サラダ油を小さなフライパン等で温め、ドーナツの表面に少しずつ回しかける。180℃に予熱した
   オーブンで7〜8分焼く。(5分経ったら、天板の向きを変えてください。)
   ※今回はガスオーブンを使用しています。電気オーブンの場合は、温度を上げ、焼成時間を調節
    してください。
  

   090504donuts2.JPG  090504donuts3.JPG
   3の成型                       4の焼成後


 5.紙袋にシナモンシュガーを入れ、焼き上がった1/3量くらいのドーナツをその中に入れて振る。
   残りのドーナツは粗熱が取れたら、湯せんで溶かしたコーティングチョコに表面をつけ、アラザン、
   チョコスプレー等をトッピングする。コーティングチョコが乾いたら出来上がり。


  090504donuts4.JPG


  揚げたドーナツと違い、時間が経つとパン生地がパサつきやすいので、
  早めに召し上がってくださいね。

2009年05月04日 06:41コメント (3)

トング

090503tong1.JPG


このトング、真ん中が桜の花の模様になっています。
揚げ物をするときに使いやすいかなと思って買い求めました。


090503tong2.JPG


万博公園で開かれていたFM802主催のファンキーマーケット(フリマ)にて10円でした!
もっというと、50円のミニカーと一緒に買ったらタダに。
りくたんも「安くして〜」と一声手伝ってくれました(笑)。

2009年05月03日 22:40コメント (3)

今年は近場で

090502gohan.JPG


GWは予想通り、車の渋滞がすごいですねー。
すっかり遠出する気分も失せ、近場でウロウロすることにし、今日は神戸へ仕事で使う
モノ探しに行ってました。
意外と人は少なくて、行きたかったお店もいくつかお休みしていました。
GWは休まずやっていると思ったのに。。。不思議です。


で、家に帰ってから竹の子ごはんを炊きました。
木の芽を用意するのを忘れたので、ちょっと間の抜けた見た目ですが。
かき揚げと卯の花を作り、竹の子ごはんとともに堪能。
家ごはん、最高ですな(笑)。


2009年05月02日 23:44コメント (2)

感謝を込めて・・・

090501cake.JPG


今日は我が家を設計してくださった建築士の先生がお見えになりました。
打ち合わせ以外でお会いする機会がなかったので、ようやくお礼を申し上げることができました。
我々の言葉足らずの希望を形にしてくださり、本当に感謝しております。
どうもありがとうございました。

お祝いにいただいたワインはゴールデンウィーク中に楽しみたいと思います。
先生も楽しいGWをお過ごしくださいませ!

2009年05月01日 22:38コメント (2)

真珠コケモモ

090430kokemomo.JPG


先日、友人から「真珠コケモモ」という植物をいただきました。
真珠のような白い小さな実がたくさんつくそうです。


090430kokemomo2.JPG
2つほどついているのが見えますか?


小さな虫がぽわ〜んと飛んでいたので、土をやめてセラミスに植え替えしました。
これで室内で育てても害虫がつきにくいので安心。
少し刈り込んで、たくさん実がなるように大切に育てまーす。

2009年04月30日 21:53コメント (2)

カメラストラップ

090429camera1.jpeg


今日は昭和の日。
カメラマンのいっちゃんがポストカードを出展するというので、大阪阿倍野の昭和町へ。
場所は、『萌木星(ほうきぼし)』というあたたかい佇まいのカフェ。
作家さんたちによる『ひねもす春の市』というイベントが行われていました。


そこで、探していたものにめぐり会ってしまいました。
それは・・・カメラストラップ!
やわらかいレザーで作られた、シンプルで品のあるその姿に一目ぼれ。。即購入(笑)。


090429camera3.jpeg
使えば使うほどに体になじんで味もでてくることでしょう。今から楽しみ♪


お店の名前は『Hot-Air Balloon』さん。
カメラストラップに魅せられるあまり、他の作品をほとんど見ることができなかったのが心残り。
WEBショップのみで実店舗がないということですが、イベントには定期的に出展している
そうなので、また機会を見つけて行ってみたいと思います。


090429camera2.jpeg
これもかわいい!

2009年04月29日 21:52コメント (2)

桜葉の再利用

090427ohagi.JPG


道明寺を作ると桜葉を残す人(りくたんとオット)がいるので、再利用を計画。
桜の葉を細かく刻み、白米+黒米と一緒に炊きました。
桜の香りがして、炊き上がったご飯はほんのり桜色になります。
黒米入りのごはんはモチモチしているので、水を足しながらすりこ木でつぶすとおはぎに
ぴったりなのです。
あんこを限りなく薄くまとわせれば、なんちゃっておはぎの完成。


りくたんは朝ごはんに2個ペロリと食べていました。
ホントにあんこが好きなのね・・・。

2009年04月28日 22:28コメント (0)

新わかめのツナバジルサラダ

090427salad.JPG


週末は寒かったですね〜。
体調を崩してせっかくのGWを寝て過ごすなんてことがないよう、皆様、体調管理には
気をつけてくださいね。


さて、今回のレシピは旬の新わかめを使ったサラダです。
ボイルしたわかめを使ってもよいですが、せっかくですからここは自分で茹でましょう。
風味が全く違いますので。
それから加える具は、ツナとバジルのみでお願いしますー。
スライスした玉ねぎを加えたいところですが、ぐっと我慢。
わかめの美味しさを味わうためにはこの組み合わせがベストなのです!


<新わかめのツナバジルサラダ>


 ■材料  2〜3人分


  新わかめ・・・150g
  ツナ缶・・・1缶(80g)  ※ライトタイプを使用
  フレッシュバジルの葉・・・20枚くらい
  りんご酢・・・大1
  塩・・・小1/2
  ガーリックパウダー・・・少々 
  こしょう・・・適宜


 ■作り方


  1.新わかめは沸騰したお湯でさっと茹で、冷水にとる。水気をしっかりと絞り、食べやすい大きさに
    切る。
  2.ボウルにツナ缶をオイルごと入れ、りんご酢を加えてよく混ぜる。1を加えて和えたら、塩、
    ガーリックパウダー、こしょうを加えてよく混ぜる。
  3.バジルの葉をちぎりながら加えて和えたら器に盛る。 

2009年04月27日 07:50コメント (2)

新居にて初撮影

090426postcard.JPG


今日は新居にて初撮影でした。
オットは早朝から小豆島に自転車乗りに行ってしまったので、りくたんをみてもらうことができず、
結局一緒に撮影現場にいてもらうことになりました。
想像していた通り、りくたんは退屈してしまい不機嫌になりつつあったのですが、仕事仲間である
友人らがミニカーレースに付き合ってくれたので、たちまちニコニコに。
3品だけの撮影だったので、午前中で終わり、みんなでお昼ごはんを食べて終了しました。
本当は友人たちにもっとゆっくりしてもらいたかったのですが早めに解散することに。。
その後、義母の家に行ったりとあちこち忙しかったのですが、りくたんもよく辛抱してくれたので
今度は私がいろいろ付き合ってあげました(笑)。


画像にあるポストカードはカメラマンのいっちゃんが撮影したもの。
何ともいえない雰囲気があってステキなんです〜。

2009年04月26日 23:35コメント (3)

季節いろいろ

090425Xmas.JPG


明日はクリスマスデザート(!)の撮影があり、午前中は準備をしていました。
なかなかクリスマスモードになれないので苦労しましたが、何とかスタイリングも決まり、
下準備も無事終了。
その後は季節を元に戻し、作り損ねていた道明寺を仕上げ、ちょっと一休み。


090425sakuramochi.JPG


一息ついた頃に工務店の方が来られたので、お願いしていた作業をしていただきました。
棚をひとつ付けていただくだけのためにわざわざすみませんでした。。。
でも、完成した家でゆっくりとお話をする機会ができたのでよかったです。


090425oranges.JPG


そして、ニューサマーオレンジをいただきました。
季節は夏へ!
さっぱりとしていて後引く美味しさです。
皮はガーゼにくるんで、お風呂に入れて楽しみました♪


この度の家作りで、家を建てていただいただけでなく、実に多くのことを学ばせていただき
本当にありがとうございました。
この場を借りて、竹内工務店の皆様に改めて御礼を申し上げます。

2009年04月25日 23:46コメント (2)

タイヤキ

090424taiyaki.JPG


オットが「白いタイヤキ」を会社帰りに買ってきてくれました。
ここ最近、白いタイヤキ屋さんを近隣でよく見かけるので気になっていたのです〜。
カスタード、白あん、粒あんの3種類を家族で分け合って食べてみました。


まず白い皮。
モチモチしていますが、あれ?味が・・・無い?
粉の味だけで、塩気も甘みもないのがちょっと不思議な感じ。
3種類の中だったら粒あん、と言いたいところですが、正直、白いタイヤキは私の好みでは
ありませんでした。ゴメンナサイ。
私はスタンダードなたい焼きの方が好きです♪

2009年04月24日 23:59コメント (4)

おなかも心も満腹

090423omiyage.JPG


今日は、以前勤めていた会社の元同僚が訪ねてきてくれました。
手づくりのアップルパイを作ってきてくれたり、これまた手づくりの皮製のサイをいただいたり、
ステキな植物もいただいたり・・・本当にありがとう!
お昼ごはんを一緒に食べ、たくさんしゃべってたくさん笑い、おなかも心も満腹。
冷たい風がびゅうと吹くなか、りくたんは外で一緒に遊んでもらいました。


趣味、仕事、育児etc・・・大変なことがあっても楽しみながら暮らしている二人の姿にたくさんの
元気を分けてもらった気分。
くれぐれも体にだけは気をつけて日々を過ごしていってね。そしてまた遊びに来てね。


2009年04月23日 22:04コメント (2)

パン教室、そしてウッドセッションさん

090422bread.JPG


今日は2ヶ月ぶりのパン教室へ。
オーバーナイト法で作る「コーヒーケーキ」と、半焼きのため白く焼き上げる「ブラウンサーブロール」
を教えていただきました。
とてもリッチな配合のコーヒーケーキは、『コーヒーによく合うパン』ということで、コーヒーの味が
するのではありません〜。
ふわふわで甘くてお菓子みたいなパンでした。


090422satsuei.JPG


家に着いてから15分後にキッチンを施工してくださったウッドセッションさんが来られました。
約束の時間ギリギリセーフで間に合った・・・。
メンテナンスをしてくださった後、施工写真を撮りたいとおっしゃっていたのでしばらく撮影タイム。
お手入れのことや家にまつわるちょっとしたアドバイスをいただいたりして、とても参考になりました。
何かあってもすぐに対応してくださるという心強いお言葉もいただいて、ウッドセッションさんに
お願いしてよかったと思った次第です。

これからキッチンをオーダーで作りたいと思っている方々、よかったらウッドセッションさんのHP
のぞいてみてくださいね♪

2009年04月22日 22:12コメント (4)

IHにしました

090421nabe.JPG


新居にはIHクッキングヒーターを導入しました。
最後までガスにするか悩んだのですが、使い勝手とお手入れのしやすさに惹かれてIHに決めました。
ようやく慣れてきましたが、使いこなすまでには至っていません。
でも感触としてはいいです♪


090421azuki.JPG


長時間の煮炊きに向いているということなので、あんこを作ってみました。
水分の蒸発量がガスよりも少ないような気がしましたが、ムラなく火が回るので作りやすい〜。
ちなみにこの鍋はIKEAで買いました。
リーズナブルな価格で重宝しています。

2009年04月21日 22:34コメント (5)

苺とカッテージチーズのサンド

090429sandwich.JPG


おはようございます♪
今日もなんとかお日様が見えて、週の始まりのすがすがしさを感じています。
また1週間、がんばりましょう!


さて今日のレシピは、苺とカッテージをサンドしたさわやかな味わいのサンドイッチです。
カッテージチーズを牛乳でのばし、グラニュー糖で甘みを加えています。
グラニュー糖のジャリジャリ感がアクセントになっていますので、ぜひここはグラニュー糖で!
パンはお好みのものでOKですが、パンによって味わいがだいぶ変わってきますので、いろんな種類の
パンで試してみてもいいですね。


<苺とカッテージチーズのサンド>


 ■材料   2人分


  カッテージチーズ(裏ごしタイプ)・・・100g
  牛乳・・・大1
  グラニュー糖・・・大1
  苺・・・5〜6個
  お好みのパン・・・適宜


 ■作り方


  1.ボウルにカッテージチーズと牛乳を入れて泡立て器で混ぜる。続いて、グラニュー糖を加えて
    よく混ぜる。
  2.苺はヘタを取ってスライスし、水気を拭き取る。
  3.パン一枚の上に1を塗り、苺をのせる。もう一枚にも1を塗ってサンドする。
    ※ハード系のパンは軽くトーストした方が香ばしくて美味しいです。リッチなパンは焼かずに
     サンドしてラップで包み、冷蔵庫でしばらくなじませておくというのもおススメ。


 

2009年04月20日 08:39コメント (0)

ドーナツ作り

090419donuts.JPG


今日は義母と従兄弟が我が家に遊びに来てくれました。
外はとても暑かったけれど、家の中はわりと涼しい・・・と思いきや、オーブンを使ったらたちまち
暑さ全開になってしまった!
やはり大阪の夏は侮れません。


そんな暑さの中、おやつは「焼きドーナツ」。
成型も仕上げも子どもたちが手伝ってくれました。
りくたんは知らない間に結構上手になっていて、意外と職人肌であることが判明。
いい助手になってくれるとうれしいなー。

2009年04月19日 23:05コメント (2)

存在感

090418TV.JPG


我が家は今、テレビが見られません。
アンテナ工事の実施日が今月末なので、それまではただの黒い物体。
存在感はあるのですが、今のところ存在価値はなし〜。
もともと我々夫婦はテレビをあまり見ない方なので、それほど不便は感じません。
そしてりくたんもテレビがなくても大丈夫な子どもでした(笑)。


それにしても、ナチュラルな色あいの部屋の中で存在感をアピールしているにもかかわらず
使われていないテレビが何とも気の毒です。

2009年04月18日 22:18コメント (2)

かぶと

090417kabuto1.JPG


我が家のコンパクトなかぶと。
リビングの棚にぴったり入ったので、はりきって飾りました♪


090417kabuto2.JPG


計算したかのようなジャストサイズ!
いいね〜、いいね〜。
そして、毎年家の中に貼り付けられていた鯉のぼりは、今年ようやくベランダデビューです(笑)。

2009年04月17日 22:11コメント (2)

初来客

090416tomochan.JPG


今日は大学時代の友人が訪ねてきてくれました。
初来客です♪
引越しの片付けもひと段落ついてきたので、ちょうど誰かとおしゃべりがしたいと思っていた
ところでした。
ただアクシデントがありまして、1歳7ヶ月の娘ちゃんが階段から落ちてしまったのです。
おでこに大きなたんこぶを作らせてしまって、本当にごめんね、ごめんね。


おみやげにいただいた「日だまり暮らしの和タオル」。
大事に使わせていただきますね。

2009年04月16日 21:56コメント (2)

ごはんパン

090415bread.JPG


「ごはんパン」とは、その名の通り、ごはんを生地に練り込んだパンです。
ここのところご飯が余ってしまい、冷ご飯になることが多かったので、パン作りに活用してみました。
皮に残った粒はパリッとして、中の粒はしっとり感を生み出してくれます。
なかなか美味しかったので、忘れないようにレシピをメモメモ。


 <ごはんパン>


  強力粉(コンチェルト)・・・400g
  冷ごはん・・・100g
  ドライイースト・・・8g
  砂糖・・・20g
  塩・・・10g
  水・・・230〜240g(だったと思います)
  ショートニング・・・20g


 パンをあまり食べないりくたんがカットしたものをモグモグ食べていたので、これはご飯ぽいパン
 なのかも知れません・・・?!

2009年04月15日 23:58コメント (2)

ラグの柄

090414rug.JPG


新しいラグを買いました。
シンプルなものがいいなと思い、あまり柄のことを意識せずに選んだのですが、広げてみると
なぜかりくたんが大喜び。


「道路がある!!」


な、なるほど。そう見えるのね。
というわけで、ラグはりくたんの車遊びのマットと化しました。

2009年04月14日 22:28コメント (3)

卵とアスパラガスのグラタン

090413guratan1.JPG


週末の大阪は夏のように暑かったです〜。
なのにグラタンレシピ?!と驚かないでください。
今回のレシピはトマトを効かせているので、さっぱりとした味わいに仕上げています。
さらにゆで卵に合うように、チーズ+マヨネーズをトッピングしているところもポイント。
アスパラガスの代わりにズッキーニやパプリカを使ってもおいしいですよー。


<卵とアスパラガスのグラタン>


 ■材料  2人分


  ゆで卵・・・2個
  アスパラガス・・・4本
  トマト(中)・・・1/2個
  オリーブオイル・・・小2
  塩・・・少々
  こしょう・・・少々
  とろけるチーズ・・・20g
  マヨネーズ・・・大1
  [ホワイトソース]
  牛乳・・・150ml
  バター・・・15g
  小麦粉・・・大1.5
  塩・・・小1/4
  

 ■作り方


  1.ホワイトソースを作る。小鍋に冷たい牛乳、バター、小麦粉を入れて粉気がなるなるまで
    泡立て器でよく混ぜたら火にかける。中火で絶えず混ぜながらとろみがしっかりとつくまで
    火を通したら塩を加える。
  2.アスパラガスは固い部分とハカマを切り落とし、3cmの長さに切る。トマトはざく切りにする。
    フライパンにオリーブオイルを熱し、アスパラガスを炒める。途中で水少々を加えて蓋をし、
    蒸し焼きにする。やわらかくなったらトマトを加えてさっと火を通し、塩、こしょうで味をととえる。
  3.ゆで卵は殻をむいて適当な厚みに切る。マヨネーズととろけるチーズを混ぜ合わせる。
  4.器に薄くオリーブオイル(分量外)を塗り1のホワイトソースを敷き、アスパラガス、トマト、ゆで卵
    を彩りよく並べ、マヨネーズととろけるチーズを混ぜたものを数箇所にのせる。
  5.オーブントースターやグリルで表面に焦げ目がつくまで焼く。


090413guratan2.JPG


濃い目の味がお好みの場合は、とろけるチーズとマヨネーズを倍量にしてくださいね。

2009年04月13日 07:52コメント (2)

ロフト

090412loft2.JPG


2階のリビングにロフトがあります。
結構高いので最初は怖がっていたりくたんも、ようやく上までのぼれるようになりました。
今は単なる荷物置き場になっていますが、もう少し快適に使えるように考えなくては。


090412loft1.JPG


とりあえず下から見上げたときに見える位置に、ハリネズミのモビールをつけてみました。
風が吹くとゆらゆら揺れています。

2009年04月12日 22:14コメント (2)

ぼちぼち

090411bread.JPG


引越ししてもパンだけは焼いています。
といっても簡単なものばかりですけどね。
早くガスオーブンに取り付けるガスホースを買ってこなくてはと思いつつ、なかなか行けず。
物干し竿やゴミ箱なども買い足さなければならないのですが。。。
一戸建てになると、何かと物入りですね〜。
まぁ焦らず、ぼちぼち揃えていくとしましょう。

2009年04月11日 22:20コメント (0)

さりげなく・・・

090410cake.JPG


今日からりくたんのバス通園がはじまったので、私は引越し後の仕事始め。
久しぶりに「仕事」としてキッチンに立ちました。
なんだか気持ちが引き締まる〜。
おかげで疲れも吹き飛び元気になりました。


昨晩はオットがケーキとクッキーのおみやげを買ってきてくれました。
ここのところお菓子を作る時間と気力がなかったので、おいしいケーキが食べたいなぁと
思っていたのです。
ケーキよりもさりげなく気づかってくれる気持ちがうれしかった。。。
口内炎で口の中が痛かったけれど、ケーキは美味しかったです。
ありがとう、ありがとう、おとうさん♪

2009年04月10日 23:03コメント (2)

子どもの部屋

090409clook.jpeg


今日も幼稚園に一緒に行かなければならず、後片付けをする時間がありませんでした。
そんなわけで、新居の紹介がなかなかできません〜。
でもここなら大丈夫というところが・・・!
それは子ども部屋のカーテンです。
両開きとダブルシェードに選んだ柄がこちらです。


090409moyou.JPG


りくたんの「星柄がいい」という意見を聞かなかったことにして選びました。
特に問題なく、結局なんでもよかったみたいです。(笑)

2009年04月09日 23:56コメント (4)

入園おめでとう

090408youchien.JPG


今日は幼稚園の入園式でした。
昨晩、慌ててそろえた用品類も無事に持っていくことができて一安心。
りくたんは新しい制服に身を包み、足取りも軽やかでした。
緊張とか不安とか、そういうマイナス要素を持ち合わせていない何とも頼もしい性格です。
ただ、最初のうちは余裕の笑顔でしたが、式や説明など時間がかかるゆえに徐々に
ダルダルモードに。。その前には大きなあくびもしてたし。
どこまでマイペースなんだ、わが子よ。


090408rikutan.JPG


何はともあれ、入園おめでとう!
これから、お友達や先生とたくさんの楽しい時間を過ごしてね。

2009年04月08日 22:55コメント (4)

引越しました

090406hikkoshi1.JPG


昨日、新居に引越ししました。
ちなみにこの画像は荷物が届く前に撮ったものです。
壁に布製の物入れを取り付けていただいたのでパチリと。


そして夕方からの荷物搬入は21時までかかりました。
引越し屋さんも大変だと思いますが、私も疲労困憊です。
ここ2週間以上、深夜1時を回ってから寝ていたもので。。。
荷物の山のまま、明日はりくたんの新しい幼稚園の入園式です。
えぇ、当然、入園準備は前日の今日やりました。(というか今やっています)
書きたいことはたくさんあるのですが、また後日ということですみません。


090406hikkoshi2.JPG


新居の工事をしてくださった竹内工務店の方からお花をいただきました。
こんなステキな家を建てていただいて、こちらがお花を贈りたいくらいです。
これまで本当にありがとうございました!
(まだ少し残っている箇所は引き続きよろしくお願いします〜)

2009年04月07日 23:39コメント (5)

まぐろと新玉ねぎのみぞれ和え

090406aemono.jpeg


おはようございます。
今日はいよいよ引越し当日。
思ったよりも引越し準備に手間取り、昨日は一日中作業に追われていました。
引越しは午後からなので、それまで何とかがんばります。


さて今日のレシピはマグロのみぞれ和えです。
ごま油でコクを出し、旬の新玉ねぎがさっぱり感を与えてくれます。
お刺身としてだけでなく、こんなふうにマグロを召し上がってみてはいかがでしょうか。


<まぐろと新玉ねぎのみぞれ和え>


 ■材料  3人分


  まぐろのぶつ切り・・・150g
  新玉ねぎ(大)・・・1/4個
  大根・・・3cm分
  白すりごま・・・大1
  ごま油・・・小2
  砂糖・・・小1/2
  しょうゆ・・・小2
  塩・・・少々

  
  焼海苔・・・全形1/2枚
  白いりごま・・・少々


 ■作り方


 1.マグロは大きければひと口大に切る。新玉ねぎはスライサーで切るか、ごく薄切りにし、水に
   さらす。大根は皮をむいておろす。
 2.ボウルにごま油、砂糖、しょうゆ、マグロを加えて手でよく混ぜる。しっかりとなじんだら、水気を
   切った玉ねぎを加えて混ぜ、塩を加えて味をととのえる。
 3.大根おろしを加えてさっと和えたら器に盛り、小さくちぎった焼海苔と白いりごまを振りかける。
   ※水分が出やすいので、大根おろしは食べる直前に和えてください。


090406aemono2.JPG


辛味が欲しいときは、わさびを少し添えてもいいですね。

2009年04月06日 08:50コメント (4)

テーブル搬入

090404%20table.JPG


引越しに先駆けて、テーブルが搬入されました。
ランプとの雰囲気もよく合っています。
テーブル搬入後はカーテンとブラインドが取り付けられたのですが、ぐっと暮らし感が
増したような気がします。

子ども部屋のカーテンはりくたんも気に入ってくれたようです。
ほっ、よかった。

2009年04月04日 23:13コメント (2)

リッツ&サンドイッチパーティー

090403lunch.jpeg


お隣のますらんさん親子とリッツ&サンドイッチパーティ(笑)をしました。
幼稚園でもこの素材を使い、自分たちでのせたりはさんだりして楽しんだことがあったので、
みんなモリモリ食べてました。
すると、りくたんと同い年のはるくんが、新しい組み合わせを発見。
サンドイッチ用のパンに、様々な具とともに「リッツ」をはさんで食べるのです。
はじめはえぇ?!と驚いたものの、やってみると食感も適度な塩気もぴったり。
プチパンでやってみても合いました。
子どもの発想は素晴らしいですねー。

2009年04月03日 23:49コメント (4)

4月2日

090402room.JPG


今日は悲しい出来事がありました。
大学時代の先輩が病気のため亡くなられました。
悲しい、悲しすぎます。
桜が咲いてもしばらくは幸せな気分にはなれそうにありません。。。


こちらには楽しい出来事しか書かないつもりでいたのですが、4月2日を忘れたくなくて
綴らせていただきました。
ゆっくりと悲しみが癒えるのを待ちたいと思います。

2009年04月02日 23:49コメント (2)

炊飯器

090401suhihanki.JPG


次のお仕事は炊飯器を使います。
今日、メーカーさんから送られてきました。
最近の炊飯器はいろんなことができるのですね〜。
早速使ってみたかったのですが、ここ最近の疲れがどっと出てしまい、今日はちょっと
ひと休み。


あぁもぅ、まぶたが閉じそう・・・。
では、おやすみなさい☆

2009年04月01日 22:48コメント (0)

パンの本、スタイリングしました

090331satsuei1.JPG


2日間の撮影は無事に終了しました。
今回はりくたんが春休みだったこともあって、家族の多大なる協力のおかげで仕事にのぞむ
ことができました。
昨日はオット、今日は義母が仕事を休んでりくたんの面倒をみてくれました。
本当に本当に感謝しています。どうもありがとう!


そして今回の撮影は、千趣会のマンスリークラブから発行されるパンの本(初回)のスタイリングを
担当させていただきました。
パンのレシピと製作は、大阪で「Kitchen noie」というケーキ&パン&料理教室を主宰されている
荒井桂子先生。
パンをこよなく愛するステキな先生です。
教室には先生が各国より集められた小物がちりばめられ、なんとも幸せな空間が広がっていました。


次々と焼き上がるパンは、先生の人柄があらわれたようなやさしいフォルムと味わい。
私はパンたちの魅力を引き出せるように精一杯スタイリングしました。
秋には出来上がる予定ですので、ぜひ手にとっていただきたいと思います。
またお知らせさせてくださいね。


090331satsuei2.JPG


ね、幸せな空間でしょ?

2009年03月31日 21:54コメント (0)

酒粕あんぱん

090323bread.JPG


酒粕の時期はもう終わりですね。
我が家の酒粕も残りわずか。
新しい家に行く前に使い終えてしまわなければ!
他にも使ってしまいたい食材や調味料がたくさんあり、しばらくはそれらを優先したメニューに
なりそうです(笑)。


さて今回は、以前より要望がありました酒粕あんぱんのレシピをご紹介したいと思います。
高温短時間で焼き上げる生地は真っ白。
生地に酒粕が入っているので、普通のパンよりもしっとり感が長持ちします。
オーブンをしっかりと予熱してから焼き上げてくださいね。


 ■材料   約18個分


  強力粉・・・300g  ※今回は「cuocaポルカ」使用
  酒粕・・・50g ※細かくちぎっておく
  砂糖・・・15g
  スキムミルク・・・15g
  ドライイースト・・・4.5g
  塩・・・4.5g
  水・・・180ml+α
  ショートニング・・・15g

  粒あん(もしくはこしあん)・・・540g(30g×18個分)
  上新粉・・・少々


 ■作り方


 1.HBやこね機を使う場合は、ポットに材料を入れてこねあげ、一次発酵させる。手ごねの場合は、
   ボウルに粉類を入れてゴムベラ等でよく混ぜ、水を少しずつ加えて生地をまとめる。台の上に
   生地を取り出し、ショートニングを加えてしっかりとこねる。15分くらいこねて、グルテンの膜が
   出来たら、ショートニング(分量外)を薄く塗ったボウルに生地を丸めて入れる。ラップをかけて
   温かいところに置き、2倍くらいに膨らむまで発酵させる(40〜60分)
 2.中に詰めるあんこを1個30gになるように軽量し、丸めておく。
 3.生地を取り出し、1個約30gになるように分割し、丸める。とじ目を下にして置き、乾いたふきんを
   かぶせ、その上に固く絞ったふきんをかけて15分ほどベンチタイムをとる。
 4.生地のとじ目を上にして軽くめん棒をかけ、あんこを包む。丸く形を整え、天板の上にのせる。
   オーブンの発酵機能を使い、35℃で20〜25分ほど発酵させる。
 5.茶こしを使って上新粉を生地の表面に振りかけ、220〜230℃に予熱したオーブンで10〜11分
   焼く。(7分ほど経ったら、天板の向きを変えてください。)


  ※このレシピは電気オーブンを使っています。ガスオーブンの場合は、少し温度を低くして焼いて
   ください。尚、オーブンにはそれぞれクセがあるので、発酵時間や焼成時間などは適宜調節
   してください。


090323bread2.JPG


焼き立ては酒粕の香りがふんわりと漂います♪
冷めるとしっとりもっちりとした食感になり、また違った美味しさになりますよ。

2009年03月30日 08:36コメント (4)

玄関先

090329my%20home.JPG


ポストがつきました。
面格子も取り付けられ、手すり部分の変更もバッチリ。
工務店の方、ありがとうございました!いい感じです。


予定よりも玄関先が狭くなってしまったのですが、広い敷地がある訳ではないので
仕方ありません(笑)。
慣れてしまえば平気、平気。
さぁ、明日、明後日の大仕事、がんばるぞ〜。

2009年03月29日 16:08コメント (4)

スタイリスト、りくたん

090328rikutan.JPG


「今日はりくたんが何か撮影してね」とお願いしてみました。
すると、石とミニカー(スズキのスイフト)を置いてスタイリングしてくれました(笑)。
カメラの電源を付けてシャッターを切ってくれたのですが、さすがにピンボケ。
ピントを調節して撮ったらこんな画像でした。
なかなかいいんじゃなーい。

2009年03月28日 20:23コメント (0)

限界になる前に

090327%A3%F4%A3%F2%A3%E1%A3%F9.JPG


今日は何とか神戸に行き、必要なものを入手して帰りましたが、子連れゆえにかなり
疲労しました。
今にもまぶたが閉じそう・・・。
体力の限界が近づきつつあるのでもう寝ます。。

2009年03月27日 20:50コメント (0)

片付かず・・・

090326goods.JPG


引越しが近いのに全然片付いていません。
むしろモノが増えてさらに散らかっている感じ〜。
早寝の私も、さすがに仕事をしなれば間に合わず、就寝は連日深夜。
スタイリング用の小物の買出しなどはりくたんを連れて行くため、半日で終わるところを終日
かかってこなしています。
りくたんがいると常に気分転換状態なので煮詰まることはありませんが、ちっとも進まなくて
今回ばかりは少しあせっています。

明日もりくたんを連れて神戸へ。
早く帰ってきたいけれどきっと無理だろうな。。とほほ。

2009年03月26日 23:41コメント (0)

ゆるいひととき

090325cafe.JPG


今日は大阪に帰省中の友人に会いました。
春休み中のりくたんを連れて、とってもステキなカフェでランチ。
友人は8ヶ月の赤ちゃんがいるのですが、去年見たときよりもすっかり大きくなっていて、お店の
ソファにちょこんとお座りしていました。かわいい〜♪
りくたんのことがちょっと心配だったのですが、以前にくらべればだいぶ大人しく座っていられる
ようになったのでひと安心。
デザートのタルトがすごく美味しくて、久しぶりのケーキに大満足でした。
お店のゆるい時間の流れがすごく心地よかったなー。


2009年03月25日 19:38コメント (8)

さよなら、わんわんバス

090324bus.JPG


今日は幼稚園の終業式、そしてお別れ会でした。
4月から別の幼稚園に通うりくたんにとっては、この幼稚園の最後の日。
2年半お世話になった「わんわんバス」ともこれでお別れです。
ちなみにりくたんが乗っていたのは、白い方の「ダルメシアンバス」でした。
私も一度は乗ってみたかったなぁ。


お別れ会では、先生の言葉を聞いてほろりときている母親たちとはうらはらに、元気よく
ピョンピョン跳ね回っている園児たち。
常に前だけを見ている子どもにとっては、「お別れ」は寂しいことではなく、むしろこれから
新しいことが待っているというワクワクとした気分なのでしょう。


090324rikutan.JPG


お腹が空いて機嫌が悪くなっていたりくたんも、先生の言葉はしっかりと聞いていたようです。


090324present.JPG


この幼稚園で進級しないりくたんのために、クラス全員がりくたんの似顔絵を書いてプレゼントを
してくれました。私の方が感激です〜。
一枚一枚見ていたら、車の絵を発見!
誰かしら・・・と思って名前を見ると、「にわりくや」と書いてありました。
なーんだ、自分で自分に書いてるやーん。

2009年03月24日 22:15コメント (6)

わけぎと新じゃがのサラダ

090329wakegi1.JPG


わけぎを大量にいただいたので、先週に引き続き「ねぎレシピ」です♪
わけぎは、いつもなら「ぬた」にするところですが、辛みの少ない性質を生かして、生で美味しく
いただく方法を考えてみました。
すると、ポテトサラダにぴったりなことが判明。
新じゃがとわけぎだけの和風ポテトサラダ、シンプルだけれどしみじみ美味しいのです。
こんなにわけぎを加えるの?!と驚くかも知れませんが、もっと加えても大丈夫なくらい
ですよ(笑)。


 ■材料   2人分


  わけぎ・・・50g
  新じゃが・・・150g(中1個)
  マヨネーズ・・・大1
  しょうゆ・・・小1/2
  塩・・・少々
  こしょう・・・少々
   

 ■作り方


  1.わけぎは小口切りにする。
  2.新じゃがはよく洗って皮ごとラップで包み、柔らかくなるまで電子レンジで加熱する。
  3.ボウルに新じゃがを入れて、フォークでつぶし、マヨネーズを加えてよく混ぜる。
    ※新じゃがは皮ごと食べられますが、気になる場合は加熱後に皮を取ってください。
  4.わけぎを加えてさっくりと混ぜたら、しょうゆ、塩、こしょうで味をととのえる。
   

090329wakegi2.JPG

見た目は地味ですが、なかなかの美味しさなのでぜひお試しください!

2009年03月23日 08:40コメント (3)

生地選び

090322sofa.JPG


来週のスタイリングに使うモノ探しに神戸へ。
雨が降るかどうかのギリギリの天気でしたが、帰りの電車に乗る前まで何とか降らずにいて
くれました。助かった〜。
いくつか使えそうなものを購入した後、もう一つの目的、新居に置くソファを見るべくインテリア
ショップに向かいました。
私が恋焦がれていたソファはリニューアルし、昨日から展示されているとお知らせがあったのです。
早速、ソファとご対面。
何だかちょっぴりやさしいフォルムになっていて、座り心地が良くなっていました。


本当はすぐにでも決めたい気持ちだったのですが、ここはぐっと我慢。
引越しが終わって、ソファが置けるスペースを確認してからでないと。
でも、張り地の生地だけは絞り込んで、見本はいただいて帰りました。
本当はもっと薄いアイボリーがよかったんですけどね、やっぱりりくたんの鼻血と手垢足垢などを
考えると濃い色を選んだ方がよいかと。
だって長い長いお付き合いですものね。

2009年03月22日 21:51コメント (0)

新居の内覧会

090321kitchen.JPG


今日は出来上がった家の内覧会でした。
2週間ぶりに訪れた新居は、玄関扉を開けると、おぉ!の連続でした。
これはもう、写真でも言葉でも表現できません。
何もかもに思い入れが詰まっているだけに「感動」の一言です。

引越しまであと2週間。
どこに何をしまうかを頭の中でシュミレーションしつつ、今の家の中を片付けていきたいと思います。
おっと、その前にお仕事が!
同時進行でがんばるぞ〜。


090321living.JPG


リビングのロフトから下を見たところ。
冬はあたたかいので、ここでお昼寝ができそうです。


2009年03月21日 21:23コメント (3)

ダイニングランプ

090320lump1.JPG


新居で使うダイニングランプが届きました♪
ネットで注文したので、実際の色味が好みでなかったらどうしよう・・・と思っていたのですが、
想像以上にステキでした。
くすんだ感じの落ち着いたブルーにも見えますし、角度を変えるとこんな色にもなります。


090320lump2.JPG
きれいなブルー。こっちの感じも好きです。


実はこれを購入する前に、とあるショップでランプのかさだけを買っていたのですが、どうしても
気に入ったソケットが見つからなくて返品したのです。
ちょっぴり残念でしたが、今ではこれにしてよかったと思っています。
明日はいよいよ完成した家の内覧です。ワクワクドキドキだなぁ〜。

2009年03月20日 16:45コメント (2)

忘れてた

090319bread.JPG


ここのところ忙しかったせいか、2日前が結婚記念日だったことをすっかり忘れていました。
特に何かするわけでもありませんが(笑)。
来年はいよいよ10周年。
そのときくらいは忘れないようにしましょう。


今日のパンは、文旦マーマレードを生地に練り込んだ酒粕酵母の白パン。
しっとりふわふわ。お花みたいでかわいい♪

2009年03月19日 21:53コメント (2)

いろいろな一日

090318bread.JPG


今日は幼稚園の卒園式で在園児はお休みでした。
そこで、幼稚園のお友達の家へ遊びに行かせてもらうことに。
マンションの30階にあるお宅は眺望抜群、日当たり良好で本当に素晴らしかった〜。
みんなでランチをして、楽しいひとときを過ごすことができました。


そしてその後、電車で義母の元へ。
仕事の打ち合わせがあったので、その間みてもらっていたのです。
予定よりも早まったスケジュールにあたふたとしつつも、やりがいのあるお仕事をいただいたので
最善を尽くして取り組みたいと思います。
引越しもあるし、本当に目が回るほど忙しい〜。
でも体調に気をつけてがんばります♪

2009年03月18日 23:32コメント (0)

文旦

090317buntan.JPG


家作りでお世話になっている工務店の方から文旦をいただきました。
文旦の上品な味わいが好きなので、とてもうれしい!
皮はマーマレードや砂糖漬けにもできるので、まるごと楽しみたいと思います。


柑橘の香りを嗅ぐと気持ちがシャキッとして元気が出ます。
これからしばらく忙しい日が続きますが、文旦を食べてがんばりまーす。

2009年03月17日 21:21コメント (2)

春野菜とホタテのソテー ねぎディップ添え

090316dip1.JPG


3月もすでに半ばになってしまいましたね。
桜が開花した地域もあり、春もいよいよ本番でしょうか。


さて今日のレシピは春野菜とホタテのソテーです。
これだけでも十分美味しいのですが、今回は青ねぎを使ったディップを添えて、味と食感にアクセント
をつけてみました。
ねぎとオリーブオイルを乳化させるとふわっとした食感になるから不思議です。
揚げた新じゃがやパンにつけてもおいしいですよ。


<春野菜とホタテのソテー ねぎディップ添え>


 ■材料  2人分


  お刺身用ホタテ貝柱(大)・・・6個
  スナップえんどう・・・10本
  アスパラガス・・・4本
  トマト・・・1/2個
  にんにくのみじん切り・・・少々
  オリーブオイル・・・小2
  塩・・・少々
  こしょう・・・少々
  黒こしょう・・・少々


  [ねぎディップ]  作りやすい量

 
  青ねぎ(または万能ねぎ等)・・・50g
  オリーブオイル・・・50ml
  にんにく・・・1/2片
  ゆずこしょう・・・小1/2
  塩・・・小1/4
  粉チーズ・・・10g
  はちみつ・・・小1/2


 ■作り方


  1.ねぎディップを作る。青ねぎは適当な大きさに切り、他の材料とともにフードプロセッサーに
    かける。ビンなどに移し、2〜3時間ほど冷蔵庫でねかしておく。
  2.スナップえんどうは筋を取り、アスパラガスは固い部分を切り落とし4等分に切る。塩少々を
    加えた湯で少し固めに茹で、ザルにあげる。
  3.フライパンにオリーブオイルとにんにくのみじん切りを入れて火にかける。ホタテは軽く塩、
    こしょうをしたらフライパンでソテーする。
  4.両面に少し焼き色が付いたら取り出す。続いて2の野菜をソテーする。
  5.トマトは食べやすい大きさに切り、ソテーしたホタテと野菜とともにお皿に盛る。黒こしょうを
    振り、1のねぎディップを添えて出来上がり。


090316dip2.JPG

ディップは作ってすぐにいただくと、ねぎの辛味がきついので
少し寝かせてから使ってくださいね。

2009年03月16日 07:54コメント (3)

共同製作

090315kinchaku.JPG


転居に伴い、4月から新しい幼稚園に通うことになったりくたん。
本人は結構ワクワクしているのですが、私としてはプレ幼稚園を含めて2年半も通っていた
今の幼稚園に愛着を持っているので、ワクワクした気持ちにはなかなかなれません。。。


それでも入園準備はしなくてはならず、指定サイズの巾着袋を作り始めました。
ひとつめを作り終えたとき、りくたんが「次はお父さんが作って〜」とオットにリクエスト。
裁縫はわりと得意なオットは、はいはいと言いながら、私が作ったものと同じような感じで
作ってくれました。おぉ、助かる〜。
この調子で、あと二つくらい作ってもらえるとうれしい。よし、頼んでみよう♪

2009年03月15日 20:38コメント (2)

予定外の粒あん

090314manjyu.jpeg


昨日、「そういえば明日はホワイトデー?」と私に聞くと、何やらキッチンで作業をし始めました。
聞いてみると、「小豆でかのこを作る」とのこと。
しかも初挑戦で。
えーっ・・・大丈夫でしょうか??


ええ、大丈夫なはずはなく、今朝の作業は粒あん作りになっていましたよ。
小豆の粒がつぶれてしまったらしく、あんこにするしかなかったそうです。
結局、その粒あんを使い、私が『じょうよまんじゅう』を作りました。
でも粒あんだと上品な口当たりにならず、田舎まんじゅうのような味わいに(笑)。
奥のお皿にのっているおまんじゅうは、薄く伸ばしすぎて吹雪まんじゅうみたいになっているし。


オットは相変わらず手づくりホワイトデー。
去年は苺大福、今年は粒あん、来年は何かしら〜。

2009年03月14日 22:11コメント (2)

2つの桜餅

090313sakuramochi.JPG


今日は月に一度の和菓子教室。
桜餅2種類とすはまを習いました。
桜餅といえば道明寺と長命寺ですが、教室内で人気があったのは意外なことに「長命寺」の
ほうでした。
理由は、道明寺は子どもの頃から食べ慣れているので、あまり食べたことがない長命寺を
食べたいから(笑)。
関東出身の私は逆に道明寺の方が好きです。


桜餅は関東風、関西風と2つに分けられることが多いですが、他の地域の桜餅ってどうなのでしょう?
皆さん、よかったら情報をお寄せくださーい!

2009年03月13日 21:42コメント (5)

出題内容の進化

090312lunch.JPG


今日はほんっとに久しぶりにカフェでランチしましたー。
よく訪れる雑貨屋さんに併設されているカフェなのですが、いつも素通りするばかりだったので
お友達と行くことができて嬉しかった♪
いつも以上にテンションアップしておしゃべりしてました(笑)。


さてタイトルになっている「出題内容」ですが、それはりくたんが私に出す問題のこと。
今朝はこんな問題を出されました。


「さて問題です。絵本は『読むもの』でしょうか、『見るもの』でしょうか?」


えぇっっ・・・難しい。
だって、私にとっては「読む」だけれど、字の読めないりくたんにとっては「見る」だもの。
とりあえず、「読むもの」と答えてみたところ、正解とのことでした。
他にもいろいろありましたが、りくたんの問題、結構侮れないぞ!

2009年03月12日 19:01コメント (2)

めざすは酒まんじゅう

090312bread.jpeg


酒まんじゅうのようなパンが食べたくて、酒粕を練りこんだイースト生地を仕込みました。
自家製つぶあんを包んで、仕上げには卵を塗らずに上新粉をフリフリ。
すると、ふわふわしっとりのあんぱんが焼き上がりました。
温かくても冷たくてもすごく美味しくて、和菓子好きのりくたんはいつも以上に気に入ったよう。
もちろん私も大満足。


さて、昨日今日と引越しの見積もりでだいぶ疲労しました。
でも条件の合うところが見つかり、これで手配も完了。
あとは荷造りだな〜。
りくたんがもうすぐ春休みになるので、少しずつ進めておかなくてはっ。

2009年03月11日 19:24コメント (3)

出会いの季節

090310baumkuchen.jpeg


今日は元職場の友人に2年ぶりに会いました。
ご主人が関西に転勤になったので、先日東京から引越しされたのです。
関東出身の私は、帰省してもなかなか友人と会える時間が取れないので、今回のような
パターンは大・大歓迎!
つい何ヶ月か前に会ったような気分になりつつも、積もる話は尽きず、終始しゃべりっぱなし。


近いのでいつでも会えるということで、楽しみがまた増えました。
春は別れの季節でもありますが、出会いの季節でもあるのだなぁと実感した一日でした。

2009年03月10日 21:50コメント (2)

鮭のり雑炊

090309zosui1.JPG


朝晩の冷え込みが緩み、だいぶ過ごしやすくなりましたね。
とはいえ、季節の変わり目なので体調を崩される方も多いことでしょう。
私もその一人です(笑)。
体調が悪いと胃腸の働きも弱くなって、食欲も落ちがちです。
でも何か食べないとますます体によくありません。
そんなときにはこちら。
鮭と焼海苔を加えたあったか雑炊です。
季節の野菜をプラスして、体を回復させましょうー!


<鮭のり雑炊>


 ■材料   2人分


  ご飯・・・お茶碗2杯分
  だし汁・・・500ml
  みりん・・・小2
  しょうゆ・・・小2
  ほぐし鮭・・・大4  ※ビン入りのものでも、鮭を焼いてほぐしたものでも可
  焼海苔・・・全形1枚
  青菜・・・2株  ※今回は小松菜と菜の花を使用しました。
  塩・・・少々


 ■作り方


  1.青菜は塩少々を加えた湯でさっと茹でて冷水に取り、水気を絞り、食べやすい大きさに
    切ります。
  2.鍋にだし汁、みりん、しょうゆを入れて煮立て、ご飯とほぐし鮭を加えます。
  3.再び煮立ってきたら火を弱め、塩で味をととのえ、焼海苔をちぎりながら加えます。
  4.青菜を加えてひと混ぜしたら器に盛ります。


090309zosui2.JPG


私もこれを食べて回復につとめます!

2009年03月09日 09:01コメント (2)

『しずかな夜』のお知らせ

090308ryo.JPG


体調も何とか回復し、今日の撮影も無事に終了。
昨日りくたんたちがいなかったので、食器類を洗って机に並べておいたり、クロスにアイロンを
かけて部屋に広げておいたり・・・と事前準備がだいぶできていたので、かなり余裕を持って
のぞむことができました。感謝、感謝。
これでひとまず今の家での撮影は終わったので、次回は新居にて行います♪


さて、ひとつお知らせです。
従姉妹のRYOちゃんが夜だけの展示会を明日から行います。
詳細はコチラ↓


 場所 : 下北沢「12」BAR&GALLERY&CANDLE SHOP
 期間 : 3/9(月)〜3/15(日)  open 19:00  close 29:00


お酒や肴とともに器を楽しむことができ、器の販売もしています。
興味のある方はぜひ!

2009年03月08日 21:21コメント (0)

気の緩み?

090307jyunbi.JPG


明日は撮影だというのに、いきなり風邪を引きました。
今朝起きたら、喉と頭が痛いことに気づき、あれっという感じでした。
だんだん体のあちこちが痛くなってきて、あわてて薬を飲んだ次第です。
しかし撮影前なのに、私はなぜここで気が緩むのだろう??


オットは気を利かしてくれ、りくたんを連れて義父母の家に泊まりに行ってくれました。
おかげでマイペースに準備ができました。ありがとう、オットよ。
今日は早く寝て、風邪を治してしまわなくては。


2009年03月07日 20:00コメント (0)

おだんごドーナツ

090306oyatsu.jpeg


米粉100%のおだんごドーナツを作りました。
生地におしょうゆを加えて和風の甘辛味に。
このあと小麦粉を加えたバージョンを作ったりして、食感の違いをいろいろ試していました。
写真は青大豆を振りかけたものですが、ふつうのきな粉やシナモンをプラスしたものなど
トッピングも試したりして・・・いったいどれだけドーナツ食べたんだ、私?!

2009年03月06日 19:43コメント (2)

明かり窓

090305my%20home.JPG


ふと見上げると、扉の上に明かり窓が。
この存在をすっかり忘れていました。
ちゃんと作ってくれていたのですねー。うれしいです。
これがあれば、扉を閉めていても少しは明るさを感じることができるかしら。

2009年03月05日 21:56コメント (0)

ココナッツミルクプリン

090304sweets.JPG


りくたんがこんなにココナッツミルク好きだなんて、つい最近まで気がつかなかった〜。
てっきりエスニック系は嫌いだと思っていました。
このココナッツミルクプリンは上新粉とお砂糖を加えてレンジで作ります。
甘みが少し足りなかったので、黒蜜をかけてみました。
これもおいしい♪

2009年03月04日 14:55コメント (4)

だんご3兄弟

090303dango.JPG


今日はひなまつりでしたが、あまりにも寒くて春の節句とは程遠い天気でしたね。
りくたんは、幼稚園で白酒に見立てたカルピスを飲み、3色ゼリーをいただき、おみやげに
ひなあられを持って帰ってきました。
本人は、女の子のお祭りということにまったく気づいていないようで、声高らかに「今日はたのしい
ひなまつり〜♪」と歌っておりました。


さて、だんご3兄弟のこと。
この歌の存在を知ってから、だんごのことがとても気になるようで、よく口ずさんでいます。
そして3色団子を日曜日に作ってから、昨日も今日も朝からお団子を食べています。
しかも一緒に作ってくれます。朝から(笑)。
割と簡単なのですぐに作れますが、なんだかんだと朝は忙しい〜。

2009年03月03日 21:31コメント (3)

カリカリ落花生

090302penuts1.JPG


あっという間に3月になりましたね。
そして明日はひなまつり!
でも娘のいない我が家では、毎年ちらし寿司を作るかどうか迷います。
雛あられも用意するかどうか。。


とりあえずひなまつりの雰囲気を味わうべく、こんなお菓子を作ってみました。
ものすごく簡単です(笑)。
でもクセになるおいしさで、一度食べだすと止まりません〜。


<カリカリ落花生>


 ■材料  作りやすい量


  皮付き(もしくは殻付き)落花生・・・120g ※殻と皮を剥いた正味
  グラニュー糖・・・大3
  水・・・大1/2
  抹茶・・・小さじ1/4
  紅こうじパウダー・・・小さじ1/4

  小さめの紙袋(または茶封筒)・・・2枚


 ■作り方


  1.小さめの鍋にグラニュー糖と水を入れて中火にかける。フツフツと泡が大きくなってきたら
    落花生を加え、少し火を弱めて菜ばしで転がす。表面が白くなってきたら火からおろす。
  2.すばやく3等分に分ける。温かいうちに2つの茶封筒に1/3量の落花生と抹茶、紅こうじ
    パウダーをそれぞれ入れ、口を閉じてよく振る。
  3.器に盛る。


090302penuts2.JPG


紅こうじパウダーの代わりに、ゆかりや桜海老をパウダーにしたものをまぶしても
いいですね。

2009年03月02日 09:22コメント (2)

RYOちゃんのコーヒーカップ

090301cup1.JPG


我が家にやってきたRYOちゃん作コーヒーカップです♪
以前、展覧会で展示されていたのを見て、注文して作ってもらいました。
色、フォルム、大きさ、重さ、取っ手の持ち具合、口にあてた感触、すべてが私好みで本当に満足。
こんなに気に入ったカップは他にはないです〜。
朝から夜まで手放せないくらい!
全部で3つあるので、家族みんなで使っています。


090301cup2.JPG


横から見るとこんな感じ。
私は特に、左のまあるい取っ手がお気に入りです。

2009年03月01日 20:19コメント (9)

せっかくなので・・・

090228tenjikai1.jpg


従姉妹の陶芸家RYOちゃんからカップが届き、一緒に『冬のよるトコ展』の画像が入ったCD-Rが入っていました。
展覧会はもう終わってしまいましたがが、せっかくなので少しだけ紹介させてください。


090228tenjikai2.jpg


青い器が窓辺に並んでいます。
素敵なフォルムと色です。


090228tenjikai3.jpg


かわいい照明!
小さな豆電球がいい感じですね。
真っ白な壁にぽつんと飾ってみたいです。


090228tenjikai4.jpg


封筒をシェードにしているのが面白い♪
こういう雰囲気も好きです。


他にもアクセサリーやオブジェなどがありました。
RYOちゃんの作品を見られる機会は3月にあります。
また近くなったらご紹介したいと思います。

2009年02月28日 21:25コメント (0)

くずきりもどき

090227kuzu.JPG


先日、テレビ番組で紹介されていた「大根くずきり」。
スライサーで薄く切ってさらに幅を切りそろえた大根に片栗粉をまぶし、茹でて冷水に取ると、
あら不思議、プルプルの表面になっていました。
黒蜜をかけるとまるでくずきりのよう!


味もくずきりのようなのかなぁとワクワクして食べてみると・・・あらら〜、やっぱり大根ね。
まずくはないですが、また食べたいかと言えばそうでもないです。。
でも、何でも工夫するという姿勢は見習わなくては!

2009年02月27日 22:13コメント (2)

焼きカレーパン

090226bread.JPG


現場の方への差し入れに焼きカレーパンを作りました。
揚げるよりも簡単で油っぽくないので、最近は「焼き」がお気に入り。
おられる人数が分からないので多めに持っていったらちょっと多かった・・・。
なので、帰り道にある美容院のPECHKAさんにもらっていただきました〜。


2009年02月26日 22:03コメント (2)

フランスパン

090225bread.JPG


今日はパン教室へ。
教師研究科の初日でした。
いつもよりも30分早くはじまるので、りくたんを車で幼稚園へ送り、家にいったん戻ってから
自転車で向かったのですが・・・。
外は土砂降りの雨。。。
もちろん上から下までフル装備で備えたのですが、降り付ける雨には勝てず、髪は濡れ、
ジーンズのおしりも濡れ、持っていた荷物までビショビショでした。
そして遅刻。あちゃ。
教室にたどりついたときにはすでにレッスンは始まっており、内容を把握するまでアタフタ。


肝心のフランスパン(というよりもバタールかな)の講習は、非常に濃い内容で勉強になりました。
美しい形に焼き上げるにはまだまだまだまだ・・・という感じですが(笑)。

2009年02月25日 22:14コメント (6)

塗り中

090224sikkui.JPG


昨日選んだパターンに基づいて、壁が塗られはじめました。
まずは天井からということで、足場が組まれています。
この一週間はあいにくのお天気で、乾くのに時間がかかりそう。。。
早くお日様が出てほしい〜。


090224jibun.JPG
洗面所の鏡を写すために自分撮り。
苦労して手に入れた引き出しの取っ手がいい感じ。自画自賛です♪

2009年02月24日 18:21コメント (0)

塗り見本

090223sikkui.JPG


夕方、工務店の方が漆喰の塗り見本を持ってきてくださいました。
大きな石膏ボードに左官屋さんが5種類のパターンを塗ってくださったのです。
2階のリビングの壁、天井、ロフトの塗り方をその中から選ぶのですが、いろいろ考えた末、
直感で私が決めました。(オットの意見も多少参考にしましたが・・・)
グリーンを置くとイメージがつかみやすくてよかったです。


090223satsuei.JPG
撮影は無事に終了。
準備がしっかりできていたので、予定よりも早く終わりました。仕上がりも満足です☆

2009年02月23日 23:07コメント (0)

黒蜜のスコーン

090223scorn1.jpeg


おはようございます。
週のはじまりがどんよりとしたお天気だと気分が沈みがちですが、がんばっていきましょう。
さて今日のレシピは黒蜜のスコーンです。
このスコーンは、卵、乳製品を使用せず、代わりになたね油と豆乳を使います。
コクのある甘さを引き出す黒蜜がポイントになるので、ぜひ加えてみてください。


<黒蜜のスコーン>


 ■材料  8個分


  黒蜜・・・大3
  豆乳・・・大3
  なたね油・・・大2
  薄力粉・・・1カップ
  ベーキングパウダー・・・小1


  グラニュー糖・・・適宜
  シナモン・・・適宜


 ■作り方


  1.薄力粉とベーキングパウダーは合わせて振るう。
  2.ボウルに黒蜜、豆乳を入れて泡立て器でよく混ぜ、続いてなたね油を少しずつ加えながらよく
    混ぜて乳化させる。
  3.2に1の粉類を加え、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。粉気がなくなったら台の上に取り出して
    ひとまとめにし、ラップで包んで30分ほどねかせておく。
  4.カードまたはスケッパーで半分に切り、半分をもう半分生地の上にのせて広げる、という作業を
    3回行う。
  5.めん棒で生地の厚みが2cm程度になるように広げ、型で抜くorナイフで切り分ける。
  6.表面に霧吹きをし、グラニュー糖とシナモンをお好みで振り掛け、180℃に余熱したオーブンで
    約20分焼く。


090223scorn2.jpeg


薄力粉を米粉に置き換えても作れます。
食感の変化を楽しめるので、2種類作って比べてみるのも楽しいですね。

2009年02月23日 07:51コメント (7)

本番待つのみ

090222jyunibi.JPG


明日は撮影なので、朝からずっと準備に追われていました。
雨が降り出す前に買い物を終わらせ、夕方にほぼ完了。
13品分のスタイリングも決まり、あとは本番を待つのみ。
明日は早起きをしてお掃除しなくちゃ。

2009年02月22日 21:13コメント (0)

急須

090221pot.JPG


今日は神戸の古道具屋さんで急須(ティーポット)を購入しました。
とても素敵な紺色で、ぽってりとした姿がかわいらしいです。
今、使っているものは内側にヒビが入っており、そのヒビがどんどん深くなっていたので、
早く代わりのものを見つけなければと思っていたのです。
口が大きいので煎茶には向いていないようですが、ほうじ茶や普段使いのお茶を飲むなら
これで十分!

2009年02月21日 22:44コメント (0)

キッチン設置!

090220kitchen.jpeg


本日、キッチンと洗面所が設置されました。
途中までしか見ていないので、出来上がった状態は分からないのですが、途中段階でも
想像以上にステキでした!
什器の搬入はとても大変だったようで、2階のベランダから人工大理石の天板を入れたそうです。


キッチンは特に思い入れがある場所なので、出来上がる様子を見ていると感慨深いものがあります。
早く自分のキッチンとして使ってみたいです。

2009年02月20日 21:41コメント (6)

生き生き

090219green.jpeg


小さなじょうろにはユーカリとレースフラワー。
ミルクピッチャーにレースフラワーだけ。
こんなふうにプチサイズで生けるのが好きです。


グリーンや花がお部屋にあるだけで、まわりのすべてがなんて生き生きとするのでしょう。
新しい家ではグリーンのある生活をもっと楽しみたいと思います。

2009年02月19日 23:07コメント (0)

重ねて重ねて

090218cup.JPG


スタイリング案に行き詰まったので、気分転換に遊んでみました。
カラフルなシリコンカップを重ねたらかわいい〜。
ちょっと癒されました。

2009年02月18日 21:34コメント (3)

知恵を絞って

090217green.JPG


昨日、確定申告の書類を提出し、宿題がひとつ片付きました。
ほっとひと息つきたいところですが、来週あたまには撮影があり、スタイリング用の布や食器類の
準備に奔走中。
こんなとき、東京に住んでいたら・・・とつい思ってしまいます。
大阪にはスタイリング用の食器レンタル店が2つしかなく、商品量は東京にくらべたらごくわずか。
しかも商品の入れ替わりがあまりないのです。


でも私は、大阪でこの仕事をすることを決めたのですからやるしかない。
毎回、知恵を絞って全力投球です!

2009年02月17日 22:28コメント (0)

白身魚の春キャベツ包み

090216okazu.JPG


今日は肌寒さが戻ってきましたね。
それにしても先週末のあの暖かさ(暑さ)は何だったのでしょう?
土地によっては、春を通り越して初夏の気温だったようですね。


季節が春に向かっているのは野菜も同じ。
春キャベツ、新玉ねぎなど、春野菜がぞくぞくと出てきました。
そこで今回は春キャベツを使ったお料理をご紹介します。
ロールキャベツのお魚版といった感じですが、白身魚に白味噌をベースにした合わせ調味料を塗り、
春キャベツで包んで軽く煮込むだけなのでとても簡単です。
煮汁の煮詰め加減はお好みでどうぞ。


<白身魚の春キャベツ包み>


 ■材料  4人分


  春キャベツ・・・大4枚
  白身魚・・・4尾  ※タラ、カレイなど。今回はカラスカレイを使用しました。
  にんにく・・・1/2片
  白味噌・・・40g
  薄口しょうゆ・・・小1
  塩・・・少々
  酒・・・大2
  水・・・100ml
  こしょう・・・少々


 ■作り方


  1.白身魚は軽く塩を振り、10分ほどおいてから水気をふき取る。
  2.キャベツは洗って耐熱ボウルに重ね、ふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で2分ほど
   加熱する。粗熱が取れたら、芯近くの分厚い部分を取り除く。
  3.にんにくはみじん切りにし、白味噌、薄口しょうゆと合わせておく。
  4.1の白身魚に3の合わせ調味料の1/4量を塗り、キャベツの上にのせて包む。同様して
    残りの分も包む。
  5.厚手の鍋に4を並べ、取り除いた芯近くの部分も一緒に入れる。酒、水を加えて蓋をし、強火に
    かける。
  6.沸騰してきたら火を弱め、15分ほど煮る。蓋を取り、火を強めて5分ほど煮詰める。器に盛り、
    こしょうをふる。


090216okazu2.JPG
白味噌が無い場合は、いつもお使いの味噌に砂糖またはみりんを加え、
甘みをプラスしてみてください。

2009年02月16日 12:02コメント (5)

棚が入りました

090215pantry.JPG


新しい家のパントリーの中に棚が入りました。
収納力バツグンです。(おそらくね)
壁紙も選び終え、決めていくものもあと少し。
今週はいよいよキッチンの設置です!


090215kaidan.JPG
階段上の手すりは大工さんの手づくり。
かっこいい!

2009年02月15日 22:01コメント (0)

ココアマドレーヌ

090214valentine.jpg


今日はバレンタインデーですね。
昨日、梅田に出ていたときに、大きな紙袋を手に提げて歩く女性の姿を見かけました。
会社の人たちに配るために買っていたのでしょうね。
自分の新入社員の頃を懐かしく思い出しました。
ここ最近は、義理チョコだけでなく、友チョコというものも定着して、バレンタインデーは様々な
形で続けられているんだなぁと感じます。
私は家作りでお世話になっている工務店の方へココアマドレーヌを。
オットとりくたんにも同じものを渡しました。


家族へのバレンタインデーはますますおざなりになっているような・・・。
でも年末に試食用と本番用にさんざん作ったのでよしとしましょう。

2009年02月14日 16:37コメント (2)

うさぎさん

090213usagi.jpeg


今日は和菓子教室の日でした。
じょうよまんじゅう、粒あん、こしあんの作り方を教えていただきました。
これらを同時進行で実習するのは結構大変で、終わった頃にはもうクタクタ。
じょうよまんじゅうの皮を作るときのやわらかさの見極めが難しく、だいぶ固めの仕上がりに
なってしまいました。
でも、うさぎさんになっているとかわいい!


こしあん作りは自分でやってみて、こんな手間のかかることをオットは自らやっていたのか・・・
と改めて感心しました。
次回はわたしくしが作らせていただきますー。

2009年02月13日 22:22コメント (2)

生シュー

090212choucream.JPG


私はシュークリームの中に詰めるクリームはカスタードが好み。
りくたんは断然生クリーム。
オットはどっちでも問題なし。
今回はりくたんの好みを尊重して生シューにしました。
プチサイズで。
だってプチサイズにしないと、りくたんの顔が生クリームだらけになってしまうんだもの!

2009年02月12日 21:23コメント (3)

成長したね!

090214rikutan.JPG


りくたんへ


今日の生活発表会はよくがんばったね。
「おおかみと七匹の子やぎ」の劇、みんな一生懸命に演じていて本当にびっくりしたよ。
りくたんは大きな声でセリフを言えてたし、昨年おととしから大きく成長したことに、
おかあさんはうれしく思っています。
来年は違う幼稚園に通うことになるけれど、明るくて元気なりくたんならきっと大丈夫。
新しいことにどんどんチャレンジして、ひと回りもふた回りも大きくなってください。
これからもずっと応援しています。


おかあさんより


090214rikutan2.jpeg


帰ってきてから、もう一度衣装を身に着けてくれました。
すごくいい笑顔!

2009年02月11日 21:37コメント (2)

アナログな私

090210keisanki.JPG


この時期と言えば・・・確定申告!
来週からはじまりますね。
1月末くらいからじわじわと宿題を抱えている感覚でいましたが、今週になってようやく手を
つけ始めました。
やる気を出すために自分専用の電卓を購入。
MILANというスペインの老舗文具メーカーのもので、小さめのサイズを選びました。


PCで入力すればいいのですが、テンキーがないという理由もあってあえて電卓で。
なんてアナログな私なんだ!

2009年02月10日 22:22コメント (2)

薄揚げのジャーマンポテト風

090209potato1.JPG


夕ごはんは洋風よりも和風のおかずが好きな我が家。
必然的に洋風メニューを和にアレンジしてしまうことが多くなります。
パスタやグラタンをはじめ、いろんなメニューを「和」の味付けに変えて楽しんでいます。
それはりくたんの影響かも知れません。
彼が好きなものと言えば、煮魚や焼き魚、きんぴら、お豆腐をワカメの味噌汁・・・和菓子も!
パンが好きな私もおかずは和食が好き(笑)。


ということで、今日のレシピは和風なジャーマンポテト。
ベーコンの代わりに薄揚げを使い、おしょうゆを少し加えて仕上げます。
和風と言えどもジャーマンポテトなので、黒こしょうはピリリときかせた方が美味しいと思いますよ!


<薄揚げのジャーマンポテト風>


 ■材料

  薄揚げ・・・1枚
  じゃがいも・・・中2個(約300g)
  玉ねぎ・・・1/2個
  サラダ油・・・小2
  しょうゆ・・・小1
  塩・・・少々
  黒こしょう・・・少々
  大葉・・・2枚


 ■作り方   2〜3人分


  1.じゃがいもは洗って一つずつラップで包み、電子レンジ(600W)で約8分加熱する。熱いうちに
    皮をむき、一口大に切る。
  2.玉ねぎは繊維に沿って薄切りにし、薄揚げは縦半分に切ってから2cm幅に切る。大葉は千切り
    にして水にさっとくぐらせておく。
  3.フライパンにサラダ油を熱し、じゃがいもを入れる。時々転がしながら表面がこんがりと色づくまで
    焼き、お皿にいったん取り出す。
  4.同じフライパンに薄揚げと玉ねぎを入れ、塩少々を加えて炒める。途中、大さじ1程度の水を
    加え、玉ねぎが透明になるまで炒める。
  5.4にじゃがいもを戻し入れ、全体を混ぜ合わせたら、しょうゆを回しかけ、塩、黒こしょうで味を
    ととのえる。火を止め、大葉を加えてひと混ぜしたら、器に盛る。
 
  

090209potato2.JPG


大葉は温かいうちに混ぜると変色するので、なるべく早く召し上がってくださいね。
大葉の風味と色鮮やかさを求めるならば、冷めてから加えるとよいですよ。

2009年02月09日 09:45コメント (3)

雪あそび

090208banpaku.JPG


今日は万博公園に雪あそびをしに行きました。
広場に人工雪を降らせてくれるということで、りくたんは昨日からすでに盛り上がり状態。
準備万端、いつでも雪に飛び込めるぞ、と着いたものの、雪はどこに・・・??
ないなぁと見渡したら、なんと人ごみのなかの下に雪がありました。狭っ!


雪は人に踏み尽くされ、ガリガリになっていましたが、それでもりくたんは楽しんでいた様子。
そうだよね、白銀の世界を見たことないもんね。
昨日、スノーボードを滑りに行っていたオットはこの雪に唖然としていましたが(笑)。


090208yukiasobi.JPG
今シーズンこそ、おとうさんに白銀の世界へ連れて行ってもらえるかしら?

2009年02月08日 21:23コメント (3)

きのこみたい

090207bread.JPG


上にかかったココア生地はサクサク、中はふわふわのパン。
きのこみたいな焼き上がりになってしまいました。
焼きたてよりも、ちょっと冷めたくらいが食べごろです。


今日は久しぶりに自転車の後ろにりくたんをのせて遠出をしたら、かなり疲労しました。
まぶたが閉じそうなのでもう寝ます。。

2009年02月07日 20:46コメント (2)

高窓からの光

090206my%20home.JPG


2階のリビングは勾配天井になっていて、高窓がついています。
そこから入る日差しが、2階リビングのドアと壁をやわらかく照らしていました。
キッチンにはタイルが貼られ、パントリーの扉が取り付けられ、外にはオット専用の
自転車置場が現れ、着実に完成に向かっているという感じです。

2009年02月06日 14:47コメント (0)

今日もノエルです

090205sweets.JPG


今日もノエルです。ロールケーキです。
目下、スポンジとクリームの組み合わせを模索中。
苺がなかったので、フルーツはとりあえずバナナだけ。
いい感じなのですが、ちょっと甘みが足りなかったなぁ〜。

2009年02月05日 21:21コメント (2)

立春ですが

090204sweets.JPG


今日は立春。
暦の上では春なんですよね。


なのに、クリスマスケーキですよ〜。
この間終わったばかりだというのに、今度は今年のクリスマスケーキの試作です。
また新しいテーマということで、季節が逆戻りしているのか、先取りしているのか分からない
状態になっています(笑)。

2009年02月04日 14:46コメント (2)

お持ち帰りケース

090203ha.JPG


今日は節分ですね。
我が家では毎年太巻きを作りますが、残念ながら今年は作りませんでした。
というのも、試作が立て込んでいることと、本日親知らずを抜くことになっていたからです。
1月に続いて2本目です。
抜いた歯はこんな可愛いケースに入れてお持ち帰りできます。
歯医者さんはとても上手に抜いてくれるので、あっという間の出来事なのですが、やはり
麻酔が切れた後が痛い〜。
ごはんも食べにくいですし、味わい具合もいまひとつ、ということで手の込んだものは無しと
いうことになったのです。


りくたんは幼稚園で豆まきをしたようです。
しっかり鬼を退治してきてくれたかなー。

2009年02月03日 14:39コメント (3)

春色の巻き寿司

090202sushi.jpeg


明日は節分ですね。
豆まき、恵方巻きの丸かぶり、皆さんはされますかー?


太巻きは7つの具を入れたものを作るのが我が家の定番ですが、ここのところちょっぴり忙しいので、
今回は手のかからない具を選んで春色の巻き寿司を作ってみました。
カニ缶、きゅうり、卵で三色にしましたが、ボイルしたカニから身を取り出したものでもいいですし、
海老で作ってもきれいです。
作り方には簡単な写真を入れていますので、どうぞ参考になさってください。


<春色の巻き寿司>


 ■材料  2本分


  米・・・1.5合
  昆布・・・3cm角
  [合わせ酢]
  米酢・・・大2
  砂糖・・・大1
  塩・・・小1/2


  カニ缶・・・1缶
  きゅうり・・・1本
  焼海苔・・・全形1枚
  卵・・・1個
  みりん・・・小1
  塩・・・少々
  サラダ油・・・少々 


 ■作り方


  1.米は研いで、分量の水と昆布を入れて炊く。合わせ酢は混ぜ合わせておく。
  2.炊き上がったご飯は湿らせたすし桶にあけ、合わせ酢を回しかける。1分ほど経ってから切る
    ように混ぜ、うちわで扇いで冷ます。
  3.カニ缶は軽く水気を切っておく。きゅうりは半分の長さに切り、ひとつはピーラーで薄く切り、
    もう半分は4等分に切る。焼き海苔は半分の大きさに切る。
  4.卵はみりんと塩少々を加えてよく溶きほぐす。よく熱したフライパンに薄くサラダ油を敷き、卵液を
    流し入れ、2枚の薄焼き卵を作る。
  5.巻き簾に焼海苔、すし飯、4等分に切ったきゅうりの2本分を置いて巻く。


  6.巻き簾にラップを広げ、すし飯、5の海苔巻きをおいてラップごとしっかりと巻く。
   090202sushi1.JPG


  7.ラップをはずし、カニのほぐし身、薄切りにしたきゅうり、適当な大きさに切った薄焼き卵をのせ、
    再びラップをかけて形を整える。
   090202sushi2.JPG


  8.ラップごと濡らした包丁で切り分けてから、最後にラップをはずす。
   090202sushi3.JPG


この太巻きで丸かぶりをするのはちょっと難しいかも知れませんね(笑)。

2009年02月02日 09:37コメント (2)

壁と天井

090201my%20home.JPG


今日は建築現場で打ち合わせでした。
あれから半月が過ぎ、壁と天井が出来てきました。
2月半ばにはキッチンが入ることになっていて、これもまた楽しみです。


そろそろ引越しの段取りなんかも考えなくちゃと思いつつも、仕事のスケジュールも結構
詰まっていて何だか後回しになってしまいそう。
でもりくたんが春休みになるまでにいろんなことを片付けておかなくちゃ!

2009年02月01日 21:25コメント (0)

干支のパン

090131bread1.JPG


今日はパンの特別講習へ。
作り方にとても興味のあるパンがあったので、どうしても教えてもらいたかったのです。
そのパンというのは、『うしパン』(笑)!
どうか広い心で見てみてくださいね。


コレです↓


090131bread2.JPG


えっと、うしに見えましたか・・・?
ちょっと片目が失敗してしまいましたが、これでも一応成功の範疇です。
ブリオッシュ系の生地なので、ふわふわリッチな味。皮のサクっとした食感も◎。
これを参考にして、自分でもアレンジして模様入りパンを作ってみようっと。
もうひとつ習ったのは小麦胚芽とチーズが入った香ばしいパン。
成型の仕方がかわいらしくて楽しい作業でした。


パン教室の後は、家のポスト探しのため滋賀へ。
カタログと実物ではだいぶ違っていたので、実際に見に行ってみてよかった〜。

2009年01月31日 21:56コメント (3)

角度を変えて

090130my%20home.JPG


昨日の夕方、建築現場に行ってみると、家を覆っていたシートが外れていました。
下の道から見上げて撮影してみると、なかなかステキ。
玄関側は北向きになっているので、窓が少なくてシンプルなフォルムになっているのですが、
角度を変えて見てみたらとてもいい感じです。
温かい灯りの中、大工さんが作業されていました。
家の中もだんだん部屋らしくなってきています。

2009年01月30日 13:32コメント (0)

食べ残し

090129nokorimono.JPG


子育てをしていると避けられないものがいろいろあります。
そのひとつが子どもの食べ残し。
毎食きちんと食べ切れるかどうかは、子どもの体調などによっても変わってくるので、必ずしも
お皿がピッカピカになるとは限りません。


今日はあまり食欲がなかったらしく、バナナは食べたものの、目玉焼きをのせたパンは
ふた口だけかじっておしまい。あちゃ。
当然、私のお昼ごはんになりました。

2009年01月29日 22:58コメント (0)

講師過程終了

090128bread.jpeg


今日はパン教室でした。
本日で2年間の講師過程を終了し、来月から教師過程に入ります。
あの日から2年以上も経ったのね・・・と感慨深いものがありますが、非常にあっさりとした感じで
授業が終わりました。
教師過程も2年ほどありますが、きっとあっという間なんでしょうね。
さらにその次の過程、次の次の過程・・・と年齢と合わせて考えるとちょっと怖いです(笑)。

2009年01月28日 21:20コメント (3)

カラノーム

090127cream.JPG


3年ほど前の記事で紹介させていただいた「カラノーム」というハンドクリーム。
私の肌にとても合っていて、母の代から愛用しています。
昔、手のひらの皮がすべて剥けてしまったとき、皮膚科でもらった薬が効かず、藁をもつかむ
思いでこのクリームを塗り続けていたら、日に日に良くなったことがありました。


実はこのクリーム、以前私が記事にした頃くらいに、製薬会社の合併等の問題で販売中止に
なっていたのです。
私は母からもらった最後の一つを大事に大事に使い、いよいよ無くなりかけていました。
この先どうしよう・・・と思っていた矢先に、再販売という吉報が届いたのです。
再販売に至った事情は複雑なので、ここでの説明は省略させていただきますが、とにかく
これからいつでも手に入れられるという喜び!


ハンドクリームはその人それぞれの好みや相性があるので、一概にお勧めするつもりは
ありませんが、私には絶大なパワーを発揮してくれます。
もし興味のある方はこちらで()でネット販売をされているので、よかったらのぞいてみて
ください。

2009年01月27日 21:08コメント (0)

シナモン麩れんちトースト

090126breakfast1.jpeg


寒さでなかなか布団から出られない毎日です。
でも夜寝る前に、「明日の朝ごはんはいつもと違うメニューにしよう」と心に決めたりすると、
結構起きれたりします(笑)。
フレンチトーストを作るときがそう。
夜に下準備をしておくと、ちょっぴりワクワクの朝を迎えることができます。


そこで今回は、車麩を使ったフレンチトーストをご紹介します。
車麩は、たんぱく質・低カロリーで消化が良く、成長期の子供の脳の発育を促進させてくれる
優秀な食材。
フレンチトーストにもよく合います。
ポイントは、最初にお湯で戻してからしっかりと水気を切ること。
水っぽいと卵液がうまくしみ込んでくれませんので気をつけてくださいね。
それからシナモンをきかせると、お麩特有の匂いがやわらぎますよ。


<シナモン麩れんちトースト>


 ■材料  2人分


  車麩・・・4個
  卵・・・1個
  牛乳・・・大5
  三温糖・・・小2
  塩・・・小1/3
  シナモン・・・小1/2
  バター・・・10g
  

  バナナ・・・小1本
  メイプルシロップ・・・適宜
  仕上げ用シナモン・・・お好みで少々


 ■作り方


 1.車麩はぬるま湯に15分くらいつけてやわらかくなるまで戻す。ちぎれないように注意しながら
   手でしっかりと水気を絞る。
 2.バットに卵、牛乳、三温糖、塩、シナモンを入れ、よく混ぜ合わせたら、1の車麩を漬け込む。
   途中上下を返しながら、1時間以上置いておく。
 3.バナナは斜めにスライスする。フライパンにバター5gを熱し、2の車麩を焼く。片面に焼き色が
   ついたらひっくり返す。
 4.こんがりと焼けたらお皿に取り出し、バナナも両面を焼く。
 5.4のお皿にバナナを盛り付け、メイプルシロップとお好みでシナモンをかけていただく。


090126breakfast2.jpeg

卵液には必ず塩を入れてくださいね。味が締まります。
メイプルシロップの代わりにハチミツでもOKです。

2009年01月26日 08:47コメント (4)

プルノブ

090125nob.JPG


新しい家のキッチンと洗面台は既製品ではなく、オーダーで作ることになっています。
長い時間をかけて打ち合わせをしてこれでいきましょう!と決めたはずだったのですが、
なんと予定していたプルノブ(取っ手)が廃盤になっていて手に入らなかったのです。
それを言われのが昨年末のこと。
代替品を提案していただいたのですが、どうしてもイメージに合わず、自力で探すことにしました。
でもどうやって???
インターネットで探しても見つからないしどうしよう・・・と諦めかけたときに、はっと思い出しました。
だいぶ前に行ったインテリアショップで取っ手だけを展示していたことを。
早速、そのお店に行き、取っ手だけを購入できるかどうか伺ってみると、在庫があればOKとのこと。
3種類ほど気に入ったものがあったので、調べてもらうことにしました。
年明けすぐに連絡があり、結局入手できるのは1種類だけ。
選択の余地はありませんでしたが、あっただけでもよしでしょう。


でもまた別の問題が発生。
とても長い引き出しがあり、それには小さなプルノブでは開けにくいのではないか、と先方から
連絡があったのです。
あ、たしかに・・・。
それで今度は別のプルノブを探しにIKEAへ。
小さなプルノブと色味が合っている、がっちりとした取っ手を見つけ、ほっと一安心。


取っ手だけでこんなに走り回るなんて!と思いながらも、苦労した分だけ愛着が湧くものよね、
と自分に言い聞かせた私でした(笑)。

2009年01月25日 21:32コメント (0)

階段、つきました

090124kaidan.JPG


今まではしごで2階まで昇り下りしなければならなかったのですが、今日、見に行ったら
階段ができていました。
どうやらりくたんは、はしごが怖くて家を見に行くのが嫌だったようです。
だんだん出来上がっていく家にちょっとうれしそうなりくたん。
君の部屋も用意してあるから楽しみに待っていてねー。

2009年01月24日 21:20コメント (0)

おいなりさん

090123inarizushi.JPG


試作を兼ねておいなりさんを作りました。
結構たくさん作ったのですが(写真は一部)、オットは出張で夜ごはんは要らなかった・・・。
残りは明日のお昼ごはんに食べることにしますか。

2009年01月23日 22:26コメント (4)

おやつの在り方

090122sweets.JPG


2日ほど前、おやつをダラダラ食べたがるりくたんに対して怒りを爆発させました。
幼稚園から帰ってきてから、ずっと「何かおいしいもの」を欲しがるりくたん。
一度に食べる量が少ないので、小分けにあげていた私がいけないのですが、そのダラダラ具合が
ひどくなっている!
ということで、「おやつは3時」だけという習慣を本気で身につけさせるべく懇々と諭しました。


ところが今度は夕ごはんに対する態度がひどすぎる!
食卓を見るなり不満そうな顔。
そしてスプーンをブラブラさせながらごはんを食べる。
おやつに対する怒りが覚めやらぬうちの出来事だけに、またもや怒りのスイッチが・・・!
今までにないくらいの大激怒でりくたんに喝を入れました。
りくたんはそれはもうびっくりして、あわてておかずを口に入れていましたよ(笑)。


その甲斐あって、りくたんの態度も改まり、おやつも夕ごはんも決められた時間に決められた量を
食べるようになりました。
ついでに朝ごはんもきちんと食べるようになったのもこの効果かな。


子どものしつけって難しい。。。
私にもいけないところがたくさんあるから、それも直しつつ、りくたんにも伝えていかなければ
ならないなぁと思いました。
それにしても、たまには大激怒してみるものだな〜。

2009年01月22日 16:12コメント (6)

8回目のゴマ団子

090121shisaku.JPG


先週から続いてた試作にようやく出口が見えてきました。
その中のひとつがゴマ団子。
8回目にしてようやく出来上がったのです。
ちょっとした配合の加減で爆発したり、食感が変わったりと意外に手こずってしまって。
失敗したものは責任を持って食していたので、写真を見るだけでちょっと胸焼けが・・・。
ちなみに後ろにぼんやりと写っているのはボツにしたもの(笑)。


明日からは次のテーマの試作に入ります。
さあ、がんばるわよ〜。

2009年01月21日 21:43コメント (5)

大きなメロンパン

090120bread.JPG


自転車で通りかかったパン屋さんで大きなメロンパンを買いました。
いつもだったら別のパンを選ぶところですが、あまりにも美しいその姿に一目惚れ。
美しいのは姿だけでなく断面もでした。
さらにクッキー生地とパン生地の調和も素晴らしく、口の中で一体化して消えていく・・という感じ。
姿もお味も上品なメロンパンでございました。


タバコ屋さんのように外から買える対面式のお店はパンを販売するだけでなく、店内にカウンターも
あり、美味しいコーヒーを楽しめるそうです。
お店の名前は・・・・うぅ、忘れました。
今度行ったときに確かめておきます〜。

2009年01月20日 21:15コメント (0)

酒粕クリーミーパスタ

090119pasta.JPG


先週はとても寒かったですね。
今日はいい天気で、久しぶりに窓を開け放っています。
空気を入れ替えて、今週もがんばりましょう。


さて今日のレシピは酒粕を使ったパスタです。
私は酒粕酵母を作っているので、冬場になると酒粕は冷蔵庫に常備しています。
ただ料理にはあまり使わないのです。オットが苦手なようで・・・。
でも酒粕が少し余っているときには料理に使いたい!
ということで、酒粕が苦手なオットでもおいしいと食べてくれるパスタを作りました。
みなさんは酒粕、お好きですか?


<酒粕クリーミーパスタ>


 ■材料  2人分

  
  パスタ・・・200g  ※水2Lに対して塩20g
  キャベツ・・・100g
  玉ねぎ・・・1/4個
  ベーコン・・・50g
  塩・・・少々
  酒粕・・・30g
  水・・・大2
  牛乳・・・100ml
  

  仕上げ用オリーブオイル・・・適宜
  ゆずの皮の千切り・・・適宜
  黒こしょう・・・お好みで
  
  
  ■作り方


  1.酒粕は細かくちぎり、水と一緒に耐熱の器に入れ、スプーン等でなじませる。電子レンジ
    (600W) で30秒ほど加熱して溶きのばす。冷めたら牛乳を加えて混ぜ合わせる。
  2.パスタの湯を沸かす。キャベツはひと口大に切る。玉ねぎは薄切り、ベーコンは2cm幅に切る。
  3.湯に塩を加え、パスタを茹で始める。フライパンにベーコンを入れて熱し、程よく脂が出てきた
    ところで玉ねぎとキャベツを加える。しんなりとしてきたら1を加え、塩で味をととのえる。
  4.パスタが茹で上がったら3に加えて和え、仕上げ用のオリーブオイルをやや多めに回しかけて
    再び和える。
  5.器に盛り、黒こしょうをかけ、お好みでゆずの千切りを添える。


090119pasta2.JPG
牛乳の代わりに豆乳を加えると、さっぱりとした味わいになります。
ゆずこしょうを添えると、ピリリとした辛さが加わってこれもまた美味です♪

2009年01月19日 10:26コメント (5)

床、養生中

090118home.JPG


床を張り終え、ただいま養生中です。
キッチン、洗面所、トイレといった水周り以外はパインの無垢板を選びました。
木の香りがして、足触りがよいと思ったからです。
年が経つにつれ色も変わり、汚れもキズもきっといい味になることでしょう。

2009年01月18日 21:38コメント (2)

ほっかほか

090117nikuman.jpeg


今日のお昼ごはんに肉まんとあんまんを作りました。
蒸したてが一番おいしいので、これを作る日は家族みんなが揃っているいることが条件です。
ほかほかの蒸したてを頬張り、あっという間に完食。


そうそう、関西では「肉まん」とは言わずに「豚まん」と言いますが、関東出身の私はつい
「肉まん」と言ってしまいます。
でも「豚まん」の方が、具がジューシーでボリュームがありそうなイメージがしますねー。

2009年01月17日 21:26コメント (2)

こんなところで!

090116kinto.JPG


昨年、レシピブログの書籍制作の際にご協力をいただいたkintoさんからDMが届きました。
春の新作アイテムの紹介です。
カラフルな食器やガラスのキャニスターなど、春らしい軽やかなラインナップにしばし見入って
いると、あることに気がつきました。


この人、どこかで見たことがある・・・・。
表紙を飾る「moi!」というシリーズを手がけたデザイナーさんのプロフィールを見てみると、
なんと高校時代の部活仲間でした。
こんなところで会えるなんてびっくり!


『源馬陽子さん』という方なのですが、東京芸大の大学院を卒業後、渡伊。帰国してから
インテリアショップの商品開発に携わり、4年前に独立されたそうです。
こうして友人が活躍している姿を見られるのはとても嬉しい!
この商品を早くお店で手にとってみたいですね。


2009年01月16日 21:42コメント (4)

差し入れ

090115bread.jpeg


連休中に建築現場を見に行ったら、大変な間違いを発見。
なんと外壁の模様の向きが違っていたのです。
だいぶ出来上がっていたのですが、どうしてもやり直していただかなくては!とばかり連絡を
取ってみると、先方はどうやら勘違いをしていた様子。
ちゃんと確認したつもりが伝わっていなかったのです。。。
もっときちんと説明しておけばよかったと反省しました。


結局、すべて取り外してやり直していただくことになりました。
今日現場に行ってみると、取り外し最中でした。
お手数をおかけしたお詫びに、お惣菜パンの差し入れを少しばかり。
どうかこの先もよろしくお願いいたします。


2009年01月15日 22:41コメント (2)

素朴がお好き?

090115mushipan.JPG


思いつくままに試作をしています。
うまくいくものもあれば、まったくダメなものもあり、試行錯誤を繰り返す日々が続きそう。
でもひとつ気がついたことがあります。


どうやらりくたんは、卵・乳製品・小麦粉なしのお菓子がお好きなようです。
私が作る洋菓子はあまり食べないのに、今回の試作品はよく食べてくれるのです。
この素朴さがいいのかな。
それともただ単にお腹が空いているだけ??

2009年01月14日 23:20コメント (4)

卵・乳製品・小麦粉なし

090113oyatsu.JPG


ただいま、アレルギー対応レシピを試作中です。
市販のおやつが食べられない・・・自分の子どもがそうだったら本当に切実だと思います。
毎日のごはんに加えておやつとなると、安心して食べさせられるものを探すだけでも大変。
だから、卵・乳製品・小麦粉を使わなくてもおいしいおやつを作ってあげたい、そんな思いを
込めて取り組んでいます。


今日の試作のドーナツは、りくたんもおいしい!と太鼓判です。

2009年01月13日 14:47コメント (2)

ひとくちチョコもち

090112chocomochi1.JPG


極寒の3連休でしたね。
街に出ても心なしか人が少ないような気がしましたが、これも寒さのせいでしょうか。
寒い日は温かい飲み物と甘いお菓子が恋しくなります。
そんな気分から、今日のレシピはチョコを使ったお菓子になりました。
バレンタインにはちょっと早いですけどね(笑)。
白玉粉にココアを加え、クルミの食感をプラスした求肥で板チョコを包みます。
求肥生地は甘さ控えめなので、中に入れる板チョコはビターよりもミルクの方がおすすめです。
子どもから大人まで楽しめると思いますので、ぜひ作ってみてくださいね。


<ひとくちチョコもち>


 ■材料   12個分


  白玉粉・・・65g
  ココア・・・3g  ※茶こしで振るっておく
  砂糖・・・50g
  塩・・・ひとつまみ
  水・・・100g
  クルミ(ローストしたもの)・・・25g
  市販の板チョコ(ミルク)・・・12かけ


  仕上げ用ココア・・・大2程度
  

 ■作り方

  ○下準備
   バットの全面に仕上げ用のココア(大1弱)を茶こしで振っておく。


  1.やや大きめのボウルに白玉粉と振るったココアを入れ、水の2/3量を加えて手でよく混ぜる。
    粒がなくなったら、残りの水で指についた粉を流すようにして加える。
  2.泡だて器で混ぜ、砂糖と塩を加えてさらによく混ぜる。クルミは粗く刻んでおく。
  3.2のボウルにふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600W)で1分30秒加熱する。いったん取り
    出してゴムベラで混ぜたら、再度ラップをかけてさらに1分30秒加熱する。
  4.ラップをはずし、ゴムベラで底の方からしっかりと練り上げる。ゴムベラですくうと伸びるように
    なったら、クルミを混ぜ込む。
  5.バットの上に生地を広げ、二つ折にする。生地を少し広げて、カードやナイフ等で12等分にする。
  6.手に生地がくっつかないように仕上げ用のココアを両手につけながら、生地が温かいうちに
    板チョコを包んで形をととのえる。
  7.表面に茶こしでココアを振り、グラシンカップ等にのせる。


090112chocomochi2.JPG


ココアが入った求肥生地はかたくなりやすいので、できれば当日中にお召し上がりくださいね。

2009年01月12日 21:38コメント (16)

散歩にて

090111jinjya1.JPG


義父母の家の近くを散歩しました。
行きたいお店があったのですが、残念ながら『closed』の看板が出ていました。
気を取り直して歩いていたら、雰囲気のある家具ショップを見つけたり、いろんな発見が
ありました。
やっぱり町歩きは楽しいですね。
細い坂道を上がると、なにやら神社らしき姿が現れました。
この時期らしく合格祈願に訪れた親子も見られ、静かな中にもにぎわいがありました。


090111jinjya2.JPG


そういえば今年の目標を立てていませんでした。
昨年は「ていねいに暮らす」でしたが、全然守れなかったな・・・。
いろいろと考えた挙句、今年の目標を決めました!
「頑張り過ぎない」こと。
新しい家での生活が始まると、私のことだからつい欲張って頑張り過ぎてしまうはず。
心地よく暮らせるようにのんびりとやっていくことにします。
ただし仕事はがんばりますよー、好きだから(笑)。

2009年01月11日 21:58コメント (0)

セロハンテープカッター

090111tapes.JPG


今年初めて買ったものは、セロハンテープカッター。
しかも実家滞在中に。
今までは左上のグリーンのものを使っていたのですが、あまりにも切れにくく、使い勝手が非常に
悪いので何とかしなくちゃーとずっと思っていました。
というのも、我が家はセロハンテープの使用頻度が高いのです。
特にりくたん。何でもセロハンテープでくっつけようとします。
レゴや電車をくっつけたり、ミニカーにナンバーをつけたり。。。

今はデスクの上に出しっぱなしにしていて、まさに使い放題。
切りやすくて、使い心地は◎です。

2009年01月10日 22:35コメント (0)

春を感じる

090109wagashi.JPG


今日は和菓子教室。
練りきりとうぐいすもちを教えていただきました。早春の和菓子たちです。
うぐいすもちは、持って帰ってきたらうぐいす粉がちょっと取れかかっていたのですが、
家にうぐいす粉がなかったので、そのまま撮影してしまいました。
出来上がったときはもう少し美人さんだったのよ〜。
練りきりは初めて作りました!
椿は色の出し方も難しいし、かたちを作るのも腕が必要。そしてセンスも。
和菓子屋さんの偉大さがよく分かりました。


そして今日はうれしいことが!
年末から行方不明になっていた受講票とテキストが見つかりました。
教室に忘れていっていたのです。
どおりで必死に家の中を探しても無かったはずです。まさに灯台下暗し。
おみくじに「失せ物、出ずる」と書いてあったとおりになりました。
バンザーイ、バンザーイ!

2009年01月09日 23:00コメント (2)

とあるスタジオで

090108studio1.JPG


とあるスタジオで、とある撮影をしました。
料理でもお菓子でもありません。
私の生活からは正反対のような出来事の撮影です。
あー、もうこれ以上は言えません〜。


スタジオは海の近くの古いビルの一角にありました。
たっぷりと光が差し込み、真っ白い部屋はあたたかな雰囲気に包まれていました。
でも実際はとても寒いのですよ。
天井が高いので暖かさはすべて上の方へ・・・。


090108studio2.JPG


撮影に集まった方々とすぐに打ち解けて和気あいあい。
私はりくたんのお迎えがあったので、早々に失礼させていただきましたが、もっと皆さんと
お話したかったです。
新年早々、新鮮な出来事でした。

2009年01月08日 15:30コメント (0)

初焼き

090107bread.jpeg


昨日、2009年になって最初のパンを焼きました。
キタノカオリと全粒粉を使った少々酸味のある天然酵母のパン。
甘いジャムがよく合います。
今年も楽しくパン作りができますように・・・♪

2009年01月07日 16:59コメント (2)

NEW カメラ

080106LUMIX.JPG


黙っておりましたが、クリスマス前にデジタル一眼レフカメラを買いました!
昨秋発売された軽量タイプの「LUMIX G1」というカメラです。
色は私の好きなネイビー。
カメラが変わったのに画像に変化が見られない・・・と皆さんに指摘されそうだったので、
しばらく練習していました。
でもまだあまり使いこなせていません(笑)。


このカメラは一眼レフなのに驚くほど軽いです。
だから外に持ち出すのも苦にならず、あらゆるシーンで活躍してくれそう。
いい相棒ができました。

2009年01月06日 23:12コメント (0)

白菜のキムチ風即席漬け

090105kimuchi.JPG


昨晩、実家より帰宅しました。
行きも帰りも運転はオットと交代なのでそれほど疲れはしませんでしたが、りくたんはかなり
お疲れの様子。
でも明日には完全復活することでしょう。若いですから(笑)。


さて2009年初のレシピは簡単即席漬け。
鍋に炒め物に大活躍の白菜ですが、唐辛子粉を加えたピリ辛のお漬物は、キムチのような
感覚でいただけて、ごはんにもよく合います。
ポイントはりんごを加えること。
りんごの甘みが加わると、辛みがやわらぎ、奥行きのある味わいになります。
白菜がたくさんあるときにでも、よかったら作ってみてくださいね。


<白菜のキムチ風即席漬け>


 ■材料


  白菜・・・300g
  りんご・・・2切れ程度
  塩・・・小1弱
  にんにくのすりおろし・・・少々
  唐辛子粉・・・小2程度 ※キムチ・漬物用を使用


 ■作り方


  1.白菜は食べやすい大きさに切る。りんごは細めの拍子切りにする。
  2.抗菌のビニールに白菜、りんご、塩、にんにくすりおろし、唐辛子を入れ、全体になじむように
    よくもむ。
  3.中の空気を抜いて口を留め、冷蔵庫で1日おく。
  4.汁気を軽く切って器に盛る。

2009年01月05日 13:57コメント (0)

凧あげ

090104takoage1.JPG


実家の近くの公園で凧あげをしました。
りくたんは昨日の初映画館に続いて、人生初の凧あげ。
はじめはキョトンとして何をしたらよいのか分からなかったようですが、空高く上がる凧を見て
面白がっていました。
ただ、風がほとんど吹いていなかったので、走り続けていないと凧がすぐに落ちてしまい、
あっという間に終了してしまいましたが。


090104takoage2.JPG
凧とりくたん、どこにいるか分かりますか?

2009年01月04日 14:01コメント (2)

母の作品たち

090102neckless.JPG


2日の早朝に出発し、神奈川の実家に帰省しました。
努力の甲斐あって、着いたのは9時前。
午前中に着いたので、午後は旅の疲れをゆっくり取って、楽しいひと時を過ごすことができました。


ここ最近の母の作品を見せてもらうと、ステキなものが次々と出てきました。
壁いっぱいに吊るしてある天然石のネックレス、フラダンスのスカート、ハワイアンキルトetc。
その中から下のものをもらっちゃいました。
リースは来年のクリスマスまで出番待ちかなー。


090102present2.jpeg090102present1.jpeg
090102present3.jpeg


お母さん、ありがとう〜♪

2009年01月02日 23:36コメント (4)

謹賀新年

090101osechi.JPG


明けましておめでとうございます。
皆様にとって素晴らしいでありますように!


090101omairi.jpeg 090101mochi.jpeg
090101kagamimochi.JPG 090101niramidai.JPG


朝、家族でお参りに行った後、義父母の家へ。
30日についたお餅が並べられています。毎年ながらすごい量!
にらみ鯛も用意されていました。
りくたんが代表して引いたおみくじは『吉』。
引越しも◎で、幸先よさそうです。

2009年01月01日 21:57コメント (8)

おせち終了

081231hanabiramochi.jpeg 081231kinton.jpeg


2008年も今日で最後になりましたね。
おせちも花びら餅も作り終え、年越しそばを食べてゆったりと過ごしております。


いつも私のブログを読んでくださる方々、たまーにのぞいてくださる方々、わざわざコメントを
書いてくださった方々、どうもありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

2008年12月31日 20:28コメント (0)

おせちづくり2日目

081230osechi.JPG


今日もおせちを作っていました。
ごまめ、たたきごぼう、なますetc・・・本日の目標は達成。
今年はあまり大変に感じないのですが、これは慣れてきたってことなのかな?


081230book.JPG 081230flower.JPG 081230bread.JPG


クレヨンハウスから送られてきた12月の絵本、『十二支のお節料理』。
りくたんはこれを読んでから、おせち料理はどんなものなのか少し分かったようです。
私が朝から料理をしていたら、楽しそうに見守ってくれるんですよ。
お花はお正月用に生けました。ラフな感じが私流です。
それから、いつもお世話になっているPECHIKAさんへパンのプレゼント。
お借りしていた雑誌と一緒にお渡ししました。


こんな30日でした。


2008年12月30日 21:44コメント (0)

おせちづくり1日目

081229osechi.JPG


毎年、同じ画像になってしまいますが、それは仕方のないこと。
同じものを作り続けている訳ですから(笑)。
今日は、黒豆や栗きんとん、昆布巻きなど日持ちのするものから作り始めました。


明日は、えびのうま煮、ごまめ、数の子など結構な品数になりそうです。がんばろう〜。

2008年12月29日 21:56コメント (0)

八百屋さんとケーキ屋さん

081228sweets.JPG


新居のキッチンに必要な備品を探しに京都まで行ってきました。
お目当てのものは見つかったものの、在庫の確認は年明けになるとのことで、その返事に
よってはまた別の場所探しに行かなければなりません。。。
せっかく京都まできたので、お店の近くにある八百屋さんへ。
こちらは美山から採れたての野菜が届けられており、新鮮で安全なものが手に入るのです。
ちょうど野菜をのせたトラックが着いたところだったので、たくさんのお野菜から選ぶことが
できました。


081228yaoya.JPG
葉付き大根、おいしかった〜。


八百屋さんの2軒となりが『グリュックス・シュバイン』というドイツ菓子のお店だったので、
ケーキを買いました。
選んだのは、ヴィントボイテル(ドイツ風シュークリーム)とケーゼクーヘン(チーズケーキ)。
どちらも懐かしい気分になるおいしさでした。

2008年12月28日 23:29コメント (0)

窓がつきました

081227home.jpeg


今日も建築現場へ。
玄関ドアと窓がついていました。
家らしくなってきて、ますます完成が楽しみになってきました♪

2008年12月27日 23:13コメント (0)

はりねずみのモビール

081226harinezumi.jpeg


クリスマスが終わったので、飾りを全部はずしました。
以前の通りにしたものの、『空中サンタ』がいなくなると何だか寂しい感じ。
そこで、はりねずみのモビールが登場。
だいぶ前に友人からいただいていたのですが、新しい家で飾ろうと思っていたので仕舞い込んで
いたのです。
でも飾ってみたらとてもかわいいの。
ゆらゆら揺れる姿を見ていると心なごみます。
モビールのステキさに初めて気がついたかも!

2008年12月26日 18:21コメント (0)

数で勝負

081225presents.JPG


りくたんに届いたサンタさんからのプレゼント。
ミニカー3台、カラフルなメガネ2個、トミカの本でした。
数で勝負といった感じ。
いっぱいある〜♪と喜んでいたので、サンタさんもさぞ安心したことでしょう。


どんどん増えていくミニカーたち。
りくたんは全部大事にしているみたいですが、いったいいつまで遊ぶのでしょう。
そして使わなくなったらどうなるのでしょう。
最近、そのことが気になります。

2008年12月25日 21:43コメント (0)

クリスマスケーキ 2008

081224cakes.jpeg


2008年のクリスマスケーキです。
シフォンタイプのロール生地でイチゴと生クリームを巻き込みました。
シンプルでしょ?


10月末のクリスマスケーキの撮影(試作も)で、デコレーションケーキを十分に堪能した為、
今回はできるだけシンプルに・・・ということで、こうなりました。
でもね、自分で言うのも何なのですが、本当においしかったんですよ。
生地はふわっふわで、生クリームの泡立て具合もちょうどよく、バランスがとてもよかったの!


りくたんはサンタさんからのプレゼントを楽しみにしながら寝ました。
明日の朝が待ち遠しいねー。

2008年12月24日 21:10コメント (4)

焼きたてスコーン

081223scones.JPG


無性に食べたくなったのでスコーンを焼きました。
レモンピールとクランベリーを少々入れて。
焼きたてを2個食べて満足しました(笑)。


りくたんがようやく元気になって朝から絶好調!
あまりににぎやかで終始押されっぱなしのオットと私。
冬休みも近いし、もう少しお手柔らかにお願いします〜。

2008年12月23日 21:42コメント (4)

メレンゲスフレチーズケーキ

081222cheese%20cake1.JPG


おはようございます!
さて、今日は先週お知らせしていたレシピをご紹介します。
卵黄の入らない、卵白だけのスフレチーズケーキ。
冷蔵庫で冷やさずにいただくとふわっとした食感を楽しむことができ、しっかり冷やしたものは口の中で
すっと溶けていく感じが楽しめます。
とってもあっさりとした味わいなので、アクセントにレモンピールを刻んで入れたり、ラムレーズンを
加えてもおいしいです。
華やかさはないですが、白ワインとともにいただくと、クリスマスのデザートにも合うと思いますよ。


<メレンゲスフレチーズケーキ>


 ■材料  18cmの底が抜ける丸型 (スポンジを敷かない場合は15cm) 1台分

  無塩バター・・・60g
  砂糖・・・70g
  クリームチーズ・・・200g
  生クリーム・・・100ml
  卵白・・・3個分
  レモン汁・・・1/2個分
  バニラオイル・・・少々
  薄力粉・・・50g
  

  直径18cmのスポンジ・・・高さ15mm程度のもの1台
  あんずジャム・・・適宜


 ■作り方


 <下準備>
  ・無塩バター、クリームチーズは常温に戻しておく。(常温でもかたい場合は電子レンジで柔らかく
   してもOK)
  ・卵白は冷蔵庫で冷やしておく。
  ・薄力粉はふるっておく。
  ・型にスポンジを敷き込む。スポンジを敷かない場合は、型の底をアルミホイルで覆っておく。

 1.ボウルに無塩バターを入れ、泡だて器でクリーム状にする。砂糖40gを2回に分けて加え、白っぽ
   くなるまですり混ぜる。
 2.1にやわらかい状態のクリームチーズを加え、空気を含ませるようによく混ぜたら、生クリーム、
   レモン汁、バニラオイルを加え、そのつどよく混ぜる。
 3.別のボウルに卵白を入れ、泡だて器で少し泡立ててから砂糖30gを2回に分けて加え、しっかり
   としたメレンゲを作る。
 4.2に3のメレンゲの1/3量を加え、泡だて器でむらなく混ぜたら、薄力粉を加える。底の方から
   生地を持ち上げて、泡だて器の針金の間から振り落とすようにして粉を混ぜ込んでいく。
 5.粉気がなくなったら、残りのメレンゲを入れてゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。
 6.型に5を流し込み、天板の上にのせて湯を張り、180℃のオーブンで約50分蒸し焼きにする。
 7.焼き上がったら型のまま冷まし、冷蔵庫で冷やす。お好みで裏ごししたあんずジャムを表面に
   塗る。


081222cheese%20cake2.JPG


焼きあがったばかりのものはコチラ→
焼いている途中に表面の焼き色が強くなってきたら、温度を下げるか、アルミホイルをかぶせて
みてください。

2008年12月22日 08:08コメント (3)

ここまで出来ています

081220ourhome1.JPG


仕事や風邪でしばらく建築現場に足を運んでいませんでした。
打ち合わせのために久しぶりに訪れたら、ここまで進んでいてびっくり。
2階も出来ていたので上がらせていただいたのですが、想像よりも広く感じられました。
我が家は2階にリビング、ダイニング、キッチンを配置しているので、一日の大半を過ごす場所と
して、とても重要な部分なのです。
工事は順調のようですし、ほっとひと安心です。


081220ourhome2.JPG


今年は来週いっぱいまで作業をしてくださるとのこと。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

2008年12月20日 21:35コメント (4)

早く治れ

081219leaf.JPG


先週から患っていた風邪で、りくたんは幼稚園をお休みしました。
月曜日もお休みし、その後がんばって通園していたものの、やはり疲れがきたようです。
来週はクリスマス会もあるし、早く治って元気いっぱいの姿に戻って欲しいな。
がんばれ、りくたん。

2008年12月19日 20:58コメント (0)

来年のダイアリー

081218diary.JPG


2009年のダイアリーです。
2ヶ月くらい探していたのですが、納得のものが見つからず、結局これになりました。
もともとビニールカバーがついていたのですが、それが好みではなかったので、取り外して
縁にバイアステープを縫いつけています。
そのほかにもちょこちょこといじって、すっかり自分仕様に。


それでも2008年のダイアリーにまだまだ愛着があって手放せません。
同じデザインで2009年があったらいいのに!!

2008年12月18日 20:52コメント (2)

サンタがいっぱい

081217kutsushita.jpeg


今日、私はサンタクロースでした。
にわりくや君という男の子のためにプレゼントを用意したのです。
彼が欲しいものはミニカー。
しかも、ちゃんと車種まで決まっているので何でもよいという訳にはいきません。
サンタと言えども、プレゼントはお店で買います。


某おもちゃ店へ開店早々に行くと、あっちにもこっちにもサンタだらけ。
お店の人も大忙し。
お目当てのミニカーを何とか手に入れて、サンタは家に帰り、母に戻りました。
あとはクリスマスイブに再びサンタになって、この靴下にプレゼントをしのばせます。
ミニカー1個だけではさみしいので、サプライズプレゼントも添えて(笑)。

2008年12月17日 21:15コメント (2)

見た目とちょっと違います

081216sweets.JPG


見た目は普通のスフレチーズケーキですが、ちょっと違います。
卵黄を入れずに卵白だけを使用しているのです。
だからカットすると中は白いの!
食感も楽しいこちらのレシピは、来週月曜日に紹介する予定です〜。

2008年12月16日 21:08コメント (4)

牛たたきのサンドイッチ

081215beefsandwich1.JPG


今日はポカポカのいいお天気!
でも風邪の治りきらないりくたんは幼稚園をお休みしています。
私もこの3日間、一歩も外へ出ていません。
完治まであと少し。明日は二人とも元気になっていますように。。。


さて今日のレシピは、ちょっぴり贅沢(?!)なステーキ肉を使った牛のたたきのサンドイッチです。
ステーキ肉といっても、高価なお肉でなくても構いません。
ちょっとだけ楽しみたいけれど、量はそれほど要らないというときに、サンドイッチにしていただくと
ほどよい充実感を得ることができます。
お肉の味が引き立つように、ソースはちょっと濃厚に仕上げています。
オリーブとともにフランスパンにのせたら、ちょっとしたオードブルにもなりますので、アレンジをして
楽しんでみてくださいね。


<牛たたきのサンドイッチ>


 ■材料   3〜4人分


  牛肉(ステーキ用)・・・200g
  塩・・・小1/4
  黒こしょう・・・少々
  サラダ油・・・大1/2
  [ソース]
  オレンジマーマレード・・・大1
  赤ワイン・・・大2
  バルサミコ酢・・・大1
  しょうゆ・・・小1/2


  プリーツレタス・・・適宜
  ミディトマト・・・2個
  玉ねぎの粗みじん切り・・・少々
  お好みのパン・・・6〜8枚


 ■作り方


  1.牛肉の両面に塩、黒こしょうをする。フライパンにサラダ油を熱し、肉の全面を強火で焼きつける。
  2.アルミホイルで牛肉を包み、冷めるまでそのままおいておき、その後、冷蔵庫に入れる。
  3.鍋に[ソース]の材料を入れ火にかけ、半量になるくらいまで煮詰める。
  4.ミディトマトは4枚になるようにスライスする。玉ねぎの粗みじん切りは水にさらす。辛みが苦手な
    方は、塩少々(分量外)を振ってしばらくおいてから、ギュっと手で水気を絞る。
  5.牛肉は薄くスライスする。パンにバターもしくはマーガリン(分量外)を塗り、プリーツレタス、
    牛肉、玉ねぎ、トマトをのせる。
  6.3のソースを少量かけてからもう一枚のパンでサンドする。


081215beefsandwich2.JPG


こんなに薄くてヒラヒラでもお肉の主張はちゃんとあります。
オレンジやりんごといったフルーツを一緒にサンドしても美味しいですよ。

2008年12月15日 14:34コメント (2)

座布団カバー

081215zabuton.JPG


数年前からずっと替えたいと思っていた座布団カバー。
下のブルーのものを今まで使っていたのですが、我が家にはこの手の色のものがないので、
この座布団だけものすごく浮いていたのです。


週末、家にこもるのを機に作ってみました。
でも体調がどんどん悪くなってきて、このマリンワッペンをつける前にダウン。
とりあえず一つは出来上がって、苦手なファスナーも何とかつけることができたし、まあよしと
しましょう。
ただ、もう一つを作るのはいつになるだろうか・・・。

2008年12月14日 20:22コメント (0)

この時期になると・・・

081213moyou.dib


りくたん、体調を崩しています。
たしか去年は下痢嘔吐で苦しんでいたような・・・。
朝から元気がないなと思っていたら、徐々に熱が上がってきました。
実は私も頭痛と悪寒がきています。
私は何とか踏ん張らないと!
というわけで、今日は薬を飲んで早めに就寝いたします。


折り紙を切って作った模様。りくたんの指示により作らせていただきました。
窓に貼るとなかなかいい感じ。


2008年12月13日 20:52コメント (0)

菱花びら餅

081212hanabiramochi.jpeg


和菓子教室で「菱花びら餅」を習いました。
写真では分かりにくいですが、淡いピンク色が浮かび上がっていてとても美しい色合いです。
白味噌入りの餡、蜜ごぼう、ピンク色の求肥が間にはさんであり、見た目以上に手がかかって
います。
口に入れると、やわらかい甘みと白味噌の塩気、牛蒡の風味が感じられ、気分はもうお正月。
毎年、義母がお正月に用意してくれるのですが、せっかく習ったことですし、2009年はおせち
料理と合わせて作ってみようかな〜。


洋菓子には興味を示さないりくたんも、和菓子を出すと喜んで食べます。
この花びら餅もぺろりと平らげて満足気。
習い甲斐があるというものです(笑)。

2008年12月12日 23:11コメント (2)

いろいろありつつも終了

081211obento.JPG


今日は撮影でした。
当初は我が家で撮影する予定でしたが、急遽カメラマンのお家に変更。
カメラマンの娘さんが高熱のため、家で診ていながら撮影をしなければならなくなったのです。
日程を変更できればよかったのですが、それもなかなか難しく、フリーで仕事をする同じ母として、
その思いは痛いほど分かりました。
それなのに私ったら、忘れ物をして取りに戻ったり、道を間違えたりして、朝から時間のロスばかり!
もう情けない。。。
撮影がスタートすると、時折聞こえてくる悲しそうな「おかーさーん、おかーさーん」という娘さんの
声が切なくて・・・。
早くお母さんを解放してあげるからねと思いながらも、クオリティの妥協はできない我々。
いつも以上に集中力UPでした。


そんな大変なときにもかかわらず、お弁当の手配までしてくれていました。
米ディナンバー1さんのオーガニック玄米弁当、家に戻ってからありがたくいただきました。
みんなで試食する時間はありませんでしたが、もう一人の仕事仲間からの差し入れもあるなど、皆の
温かい心遣いに感謝。
娘さんが早く治りますように・・・。

2008年12月11日 22:15コメント (0)

せっせと準備中

081210sweets.JPG


明日はバレンタイン向けのチョコレートの撮影。
せっせと準備をしています。
部屋の中はいい香りが立ち込め、幸せな気分に・・・といきたいところですが、材料が足りない
ことに気づき、朝から自転車を走らせたり、バタバタしています。
あともうひと作業をしたら、りくたんを迎えに行かなければ!
ひゃあ、急げ〜。


2008年12月10日 15:35コメント (2)

真っ盛り

0812109strawberry.JPG


1ヶ月前、あんなに苦労して手に入れていた苺が売り場でもう真っ盛りですよ。
ちなみにこの『あきひめ』は1パック298円でした。もう信じられない〜。


おいしい苺が手に入るのはうれしいけれど、最近、苺の旬がよく分からなくなってきました。
バナナのように一年中、気軽に手に入るようになる日も近いかも・・・。
まあ、それだけ人気のある果物ということですよね。
たしかに甘かった!

2008年12月09日 21:21コメント (0)

チキンロールのテリーヌ風

081208chikin%20roll.jpeg


師走は時間が経つのが早いですね。
気がつけば年末・・・なんてことになっていそうです。

さて年末年始となると、おもてなし料理を作る機会が多くなります。
そんな時には作り置きができるお料理があると便利ですよね。
今回ご紹介するレシピは、1週間ほど日持ちするテリーヌ風のオードブルです。
テリーヌ はフランス料理の一つで、長方形、楕円形、円形などの陶器やガラス製の型そのものを
指したり、もしくはその型を使って、魚介類や野菜などを固めて作った料理のことを言います。
でもこのオードブルは型を使わず、アルミホイルで包んで蒸し焼きにしてしまいます。
もちろん型を使っていただいても構いません。
作ってすぐにいただくよりも、1日は置いた方が味がなじんで美味しいですよ♪


<チキンロールのテリーヌ風>


 ■材料   4人分


  鶏もも肉・・・1枚
  塩・・・少々
  にんじん・・・50g
  セロリ・・・50g


  豚ひき肉・・・100g
  玉ねぎ・・・1/4個
  塩・・・ひとつまみ
  サラダ油・・・少々
  〔A〕
  パン粉・・・15g
  溶き卵・・・1/2個
  生クリーム・・・大1
  塩・・・小1/4
  こしょう・・・少々


 ■作り方


  1.台の上に大きめにラップを敷いて鶏もも肉をのせ、もう一枚ラップをのせて密着させる。めん棒
    等で鶏もも肉を叩き、5mm程度の厚みになるように広げる。両面に塩少々をまぶし、ラップで
    包んで冷蔵庫で1時間ほどなじませる。
  2.玉ねぎは粗みじん切りにする。フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎと塩ひとつまみを入れて
    透き通るまで炒めたら、バット等にあけて冷ましておく。
  3.にんじんとセロリは1cm角程度の棒状に切り、やわらかくなるまで煮たら冷ましておく。
  4.ボウルに豚ひき肉、2の玉ねぎ、〔A〕を入れ、粘りが出るまで木べらで練る。
  5.1の鶏もも肉をラップの上にのせ、4を表面に広げ、3のにんじんとセロリを下図のように並べる。
    081208chikin%20roll1.JPG
  6.具を巻き込むようにクルクルと巻き、ラップで包んで両端を結ぶ。
    081208chikin%20roll2.JPG
  7.アルミホイル2枚を重ねて敷き、6をのせて巻く。たこ糸で両端と巻いた部分の3箇所をしっかり
    結ぶ。
    081208chikin%20roll3.JPG
  8.天板に湯を張って7をのせ、180℃のオーブンで40分蒸し焼きにする。
    (※20分経ったところで一度ひっくり返してください)
    40分経ったら加熱を止め、そのままオーブンの中に20分ほどおいておく。オーブンから取り
    出し、常温まで冷めたら、冷蔵庫でしっかりと冷やす。


    081208chikin%20roll4.JPG
    ピンクペッパーを散らしたり、フレッシュハーブなどを添えても。
    中に入れるお野菜はパプリカやカリフラワーなどに変えるなど、アレンジしてみてくださいね。

2008年12月08日 09:51コメント (6)

ワインとともに

081207wine.JPG


今日は友人と我が家でおうちランチ・・・の前に、待ち合わせをしてから一緒に古道具や
ユーズド家具を扱っている雑貨屋を見たり、ワインやこだわりの食材を扱うお店でお買い物。
りくたんが喜びそうなメガネやミニカーをクリスマスプレゼントとして購入しました。
かなりお買い得だったのでちょっとうれしい(笑)。


ランチは、イタリアワイン好きの友人がセレクトしたワインとともにパンがメインの軽い食事。
お互いに胃弱なので、もっとたくさん食べられたらいいのに〜と言いながら、ゆっくりと少しずつ
楽しみました。
おしゃべりもはずみ、とても充実したひととき。
寒さに負けずに明日からがんばろう、という気分になりました。


2008年12月07日 22:29コメント (0)

製作参観

081206snowflakes.JPG


今日はりくたんの幼稚園の製作参観でした。
先月は創作展があったし、先々月は体操参観という具合に、毎月何かしらの行事で園に
行っています(笑)。
相変わらず楽しそうに過ごしているりくたんですが、家で見せる姿とはまた違った成長を
感じることができました。
先生に一回言われたことを、きちんと理解して行動できているのね・・・。
家で何度も同じことを言いすぎているなぁとちょっと反省しました。


081206rikutan.JPG


こんなに生き生きとした笑顔!
お母さんはりくたんと同い年になって、一緒に遊んでみたいと思いました。
きっと楽しいんだろうなぁ♪

2008年12月06日 21:58コメント (0)

大きさいろいろ

081205chocolate.JPG


先日お土産にいただいたm&m'sのピーナッツ味のチョコレート。
アメリカで買ってきてくれたものだったのですが、一粒一粒大きさが全く違っていて驚きました。
球状に近いものもあれば、平たいものもあり、大きかったり、小さかったり・・・本当に様々。
日本で売られているものもそうなのかしら?


それにしてもカラフル。
寒くて暗い今日みたいな雨の日に見たら元気になれそう!

2008年12月05日 23:52コメント (0)

わさび菜

081204wasabina.JPG


わさび菜という葉っぱを初めて食べました。
ふわっとした葉は見るからにやわらかそう。
「わさび」という名がつくくらいだからヒリヒリするくらい辛いのかしら・・・などと考えながら、
カマンベールチーズとともにサンドイッチにしてみました。
あとからピリリとくる感じでしたが、それほど辛くもなく食べやすいお野菜でした。


調べてみると、わさび菜はアブラナ科のからし菜の仲間ということでした。
葉先は大根の葉のように大きな切れ込みのあるちりめん状で、柔らかく、からし菜同様ピリッと
した辛味があるのが特徴なんですって。
天ぷら、お浸し、鍋にも合うようで、これからの季節、いろんなお料理で楽しめそうです。

2008年12月04日 22:49コメント (2)

空中サンタさん

081203santa.jpeg


クリスマスの飾りを少しずつ出しはじめました。
でも狭い我が家には、飾る空間はあまりなく、ようやく作ったすき間にそっと置くのが精一杯。
だからこんな風に、サンタクロースを天井から吊るすということもありなのです。
何とも愛嬌のあるふとっちょサンタさん。
インドネシア製と書いてありました。
クリスマスが終わるまで、陽気な感じで私たちをを眺めていることでしょう。

2008年12月03日 22:25コメント (2)

ヴァニラキプフェル

081202sweets.JPG


チョコレート菓子の試作も落ち着いてきたのでクリスマス準備をはじめました。
まずはヴァニラキプフェル作り。
シュトーレンとともにお世話になった方に贈ります。
残念ながらバニラパウダーが手に入らなかったので、普通の粉糖で仕上げをしました。
不細工な形ばかりが手元に残ったので見た目いまいちですが、サクサクでやさしい
味わいでした。

2008年12月02日 23:11コメント (0)

春菊のナンプラー煮浸し

081201nibitashi.JPG


アジアンレシピに使われるナンプラー、冬の間は冷蔵庫に眠っていませんか?
ナンプラーは魚醤油なので、だし入りのしょうゆとして和風料理にもちゃーんと使えるんですよ。
我が家では煮物に加えたりしています。
そこで今回は、ナンプラーを煮浸しに使った和風仕立てのレシピをご紹介します。
煮立てたときに一瞬エスニックな香りが立ちますが、仕上がりは和風になっています。
ナンプラーによって塩気が異なりますので、加減して加えてみてくださいね。


<春菊のナンプラー煮浸し>


 ■材料   2〜3人分


  春菊・・・1束
  ひらたけ・・・80g  ※しめじ1株や生しいたけ3〜4枚でもOK
  ナンプラー・・・大1
  みりん・・・小2
  水・・・50ml


 ■作り方


  1.春菊はよく洗い、根元を切り落として5cm幅に切る。
  2.ひらたけは石づきを取り、小房に分ける。
  3.小鍋にナンプラー、みりん、水を入れて火にかけて煮立てたら、ひらたけを並べ、春菊の茎、葉の
    順に上にのせて蓋をする。
  4.強火にして2〜3分ほど煮る。蓋をあけてひと混ぜし、器に盛る。あれば菊の花を添える。


081201nibitashi2.JPG


菊の花は添えずに、花びらを散らしてもきれいです。
春菊の他に、小松菜や水菜でもおいしくいただけますよ。

2008年12月01日 12:06コメント (4)

銀杏の木の下で

081130tree.jpeg


久しぶりに晴れた日曜日。
お散歩中に見事に色づいた銀杏の木を見つけました。
木の下には黄色のじゅうたんが敷かれ、枯葉のベットが出来上がっていました。
するとりくたんは・・・


081130rikutan.jpg

寝てた。


ごく自然にそんなことができるなんて、子どもっていいなぁ。。

2008年11月30日 23:43コメント (3)

季節もの

081129stollen.JPG


もうすぐ12月になりますね。
つまり、私にとってシュトーレン作りがはじまるということです。
まず第一弾ということで、自家製酵母を使って焼いてみました。
ドライフルーツやナッツを漬け込み、マジパンも手作りで。
ちょっと軽めの食感になりましたが、思い描いていた味に近かったような気がします。
明日はもう少し改良して焼いてみるとしましょう。


クリスマスが終わるまで作ったり買ってみたり、我が家はシュトーレンの日々が続きます。

2008年11月29日 23:55コメント (0)

赤大根

081128daikon.JPG


赤大根はサラダ専用の小型大根。
親である三浦大根の特性を持ち、パリパリとした食感、辛味の強さが特徴です。
大根おろしにするときれいなピンク色になって、しらすと和えるといい感じ。
薄くスライスしてサラダにしても美味しいです。


大根もいろんな種類がありますよね。
用途によって種類も変えてみる・・・冬のちょっとした楽しみでもあります。

2008年11月28日 23:52コメント (0)

『冬のよるトコ』展

081127ryo-chan.JPG


暗くなるのが早くなりましたね。
我が家のリビングは、冬場は午後になると日が当たりません。
15時くらいにはもう電気をつけないと部屋の中が薄暗いのです。
でも蛍光灯のあかりは何とも温かみがなくって・・・。冬は温かい光がいいですよね。


ここでちょっとお知らせを。
いとこのRYOちゃんが展覧会を行います。
場所は目黒のhyuggeというギャラリーです。
12月11日(木)〜15日(月) 12:00〜17:00
陶器、織物、オブジェ、灯りなどが展示されます。販売もありということです。
『冬のよるトコ』−何だか温かい気分になりそうなタイトルですよね。
よろしければ、お散歩がてら立ち寄ってみてください。

2008年11月27日 22:56コメント (0)

パンとスポーツカー

081126bread.JPG


今日のパン教室では、ごまロールとベーグル2種を教えていただきました。
ベーグルはもっちりタイプではなく、ふっくらとしたやわらかな食感のタイプ。
茹でるときには、モラセスの代わりにモルトパウダーを溶かしたものを加えていました。
そして焼成前には塗り卵をしてツヤ出し。
いろいろな作り方があるんですね〜。
ごまロールは成型時に卵白を塗ってごまをたっぷりつけて二次発酵させます。
小麦胚芽入りの生地にごまの風味がプラスされ、香ばしくて美味しかったです。


081126rikutan.JPG


お友達のともりんさんから、りくたんにプレゼントをいただきました。
フェラーリ2台とポルシェ!!!
これを見た途端、りくたんのテンションは一気にアップ。
3台が家中を激走していました。
ともりんさん、一足早いクリスマスプレゼントをどうもありがとうございました〜!!

2008年11月26日 21:09コメント (2)

お祝いの意

081125choco.JPG


昨日はオットの誕生日にもかかわらず、私が風邪でダウンし、一日ぐったりしていました。
とりあえず料理も作りましたが、お祝いをしてあげる気分にもならず。。。
今日は好物のロールキャベツにあらためてお祝いの意を込めました。


心身ともにタフで、いつも平常心のオット。
これからも活動的な自由人でいてください。
えーとそれから、雪山に登るときはくれぐれも気をつけてね。

2008年11月25日 22:00コメント (2)

ハーフ&ハーフ コロッケ

081124potato1.JPG


コロッケは我が家でも人気のメニュー。
ホクホクのじゃがいもに玉ねぎとひき肉を加えたシンプルなコロッケを作ることが多いのですが、
最近はさつまいもとじゃがいもを半々にしたコロッケも定番化してきました。
このハーフ&ハーフは、ひき肉ではなくベーコン、玉ねぎだけでなくセロリを加えるのがおいしさの
ポイント。
セロリは風味と食感をプラスしてくれる一方、セロリ自体の主張がなくなるので、苦手な方でも
きっと大丈夫!
使用するベーコンは少量ですが、良質の脂を持ったものを選ぶとさらにおいしくなると思います。
ぜひ作ってみてくださいね。


<ハーフ&ハーフ コロッケ>


 ■材料  約10個分


  じゃがいも・・・250g
  さつまいも・・・250g
  玉ねぎ・・・1/2個
  セロリの茎・・・1本分
  ベーコン・・・40g   ※できれば良質の脂のベーコン
  塩・・・少々
  黒こしょう・・・少々

  卵、薄力粉、パン粉、揚げ油・・・適宜


 ■作り方


  1.玉ねぎとセロリの茎はみじん切りにする。ベーコンは小さく切り、フライパンで炒める。ベーコン
    から程よく脂が出てきたら、玉ねぎとセロリ、塩少々を加えて炒める。
  2.じゃがいもとさつまいもはよく洗い、耐熱ボウルに皮付きのまま入れてラップをし、電子レンジ
    (600w)で約8分加熱する。熱いうちに皮をむいてマッシャーでつぶす。
  3.1を加えてよく混ぜ、塩、黒こしょうで味をととのえたら俵型にする。
  4.薄力粉、溶き卵、パン粉をつけ、180℃に熱した油で揚げる。付け合せの野菜とともにお皿に
    盛り付ける。


081124potato2.JPG

断面はほんのり黄色で、セロリがちょこっと見える感じです。
塩で味をととのえておけば、何もつけなくても十分おいしくいただけます。

2008年11月24日 18:33コメント (2)

Chocolate Days

081123cakes.JPG


先週からはじまったチョコレートデイズ。
体調が戻ってきたので、なかなか楽しい日々です。
今はガトー・ショコラを試作中。
配合を少しずつ調整しながら、むっちり濃厚なお味を目指してがんばっております。
このケーキも奥が深いですよね。

私はホロッと軽めのガトー・ショコラが好みなのですが、試食していただくと濃厚タイプの方が
人気あるんですよね〜。

2008年11月23日 22:37コメント (0)

トマトケチャップ

081122tomato%20sause.jpeg


ついこの間気づいたのですが、りくたんはトマトケチャップが苦手。
チキンナゲットを作ったときにトマトケチャップをつけてあげたら変な顔をしたので、「もしかして
ケチャップが嫌いだったの?」と聞くと、「うん」と答えました。
こんなに一緒にいるのに知らなかった〜。母、ショック!
どおりで、オムライスのときやチキンライスのときに、食がすすまなかったはずです。
たまたま食欲がないのなかなぁ思って過ごしてきたのですが、そういう訳だったのですね。
「子どもはケチャップが好き」という勝手な思い込みで、危うくりくたんの嗜好を無視するところでした。
私は調味料に関しては、好き嫌いというよりも、好みかそうでないかという考え方なので、無理に
食べさせるつもりはありません。
でもこの先、あらゆるところでケチャップと遭遇することになるので、なるべくなら慣れて欲しいものです。


そんなこともあり、一向に減らない我が家のケチャップ。
それならば、と小鍋に残りのトマトケチャップを出し、ガーリックパウダー、オレガノ、ローリエ、
ローズマリーといったドライハーブ類いっぱい、ガラムマサラ、フルーツチャツネ、白ワイン、しょうゆ、
白・黒こしょうを加えて煮詰め、最後にオリーブオイルを一回し。
すると、トマトケチャップの主張が消え、美味しいパスタソースに大変身。
炒めたベーコンと玉ねぎを加えてソースで和える・・・明日のお昼はパスタに決まり♪

2008年11月22日 22:13コメント (0)

ケーキクーラー

081121tool.JPG


ひまわりのような、太陽のような、このケーキクーラーは私のお気に入り。
網目が細かいので小さなクッキーも落ちにくいですし、足が少し高めなのも◎。
倉敷意匠さんの大きなサイズのケーキクーラーもステキでいいなぁと思っていたのですが、
こちらはもう廃盤になってしまったそうで。。。


こんなふうにパンやお菓子の道具は増えるばかりです。
でも、どれもこれもちゃーんと可愛がってあげているからいいよね。

2008年11月21日 23:38コメント (0)

洋梨りんご酵母

081120bread.JPG


洋梨とりんごで酵母起こしをしました。
生種がたくさんできたので、元種作りのかたわらで、生種を使ってちょっと焼いてみることに。
以下は覚書として。


強力粉・・・400g
生種・・・50g
グラニュー糖・・・30g
ゲラントの塩・・・5g
水・・・約200ml(だったと思います)


一次発酵:28時間(もうダメかと思うくらい待ちました)
二次発酵:90分
焼成温度(電気)&時間:220℃で25分


断面は気泡がたくさん。
改良点は、もう少し塩を入れることと、砂糖の種類を変えて風味をアップさせることですが、
これはこれでしっとりとしていて甘みが感じられるパンでした。

以上、忘れないように記させていただきました〜。

2008年11月20日 22:52コメント (2)

本当に食べたいものは

081119manjyu.JPG


この2日間でいろんなお菓子やパンを作りました。
世の中ではクリスマスが盛り上がってきましたが、私はただいまバレンタインが盛り上がり中(笑)。
ということで、チョコレート菓子が家の中にあふれてきました。
私自身、チョコレートは好きですが、たくさん食べると体調が悪くなるという哀しい体質のため、
摂取は控えめにしています。。。


チョコレートの香りに包まれながらも、実は本当に食べたいものはあんこもの。
なので、先週習った利休まんじゅうを作ってみました。
緑茶とともにいただく幸せ。最高だね♪

2008年11月19日 22:54コメント (0)

ロメインレタス

081118vegetable.JPG


メガネと一緒に写したのは、こんなに長いんですよーと言いたかったから。
白菜みたいな感じだけれど、これはロメインレタスです。
ロメインレタスといえばシーザーサラダによく使われる野菜ですが、普通のスーパーでは見かける
機会が少ないですよね。
サラダとして生で食べるだけでなく、葉がしっかりしてて肉厚なので、炒め物にも利用できますし、
サンドイッチにはさんでも、葉がしんなりすることなくシャキシャキ感が長く楽しめるのです。
朝はパン派の我が家としては、この食材は見逃せない!


今回お店でたまたま見つけたのですが、普段はなかなか並びません。
もっと手に入れやすかったらいいのになぁ・・・。

2008年11月18日 22:39コメント (2)

モコモコりんごパン

081117ringobans.JPG


ここのところ、歯茎にできた大きな口内炎に苦しんでおります。
はじめは親知らずが痛み出したのかと思ったのですが、どうやらこの口内炎が原因だったようです。
寒くなってくると、体の調子を崩しがちになり、こういった症状が出てきてしまうんですよね。
体をゆっくり休めて・・・とお医者さんはおっしゃいますが、うーんそれは無理というもの。。。
早く完治していつもの調子に戻りたいです。


さて、全く関係のない前置きでしたが、今回のレシピは久々のパンです。
きのこのようにもこもこふくらんだりんごパン。
りんごフィリングをくるくるっと生地で巻き上げ、カットしたものを型に入れ込むと、焼き上がりが
こんな姿に。
生地の量によってもこもこ具合が変わるので、いろんな形になって楽しいですよ。
フィリングも簡単ですので、ぜひ手作りしてくださいね。


<モコモコりんごパン>


 ■材料   プリンカップ約15個分


   強力粉・・・300g
   砂糖・・・30g
   ドライイースト・・・5g
   塩・・・5g
   スキムミルク・・・15g
   バター(有塩)・・・15g
   卵・・・45g
   水・・・180〜200ml
   

   〔フィリング〕
   りんご・・・大1個
   グラニュー糖・・・大1
   レモン汁・・・小1
   シナモン・・・少々
   バター(有塩)・・・小1程度

 
   〔A〕
   バター(有塩)・・・20g
   薄力粉・・・8g

 
   溶き卵・・・適宜
   スライスアーモンド・・・適宜
   粉糖(なかないタイプ)・・・適宜


 ■作り方


  〔下準備〕
    りんごのフィリングを作る。りんごは8等分に切り、薄くスライスする。鍋にりんごを入れて
    グラニュー糖を振りかけて火にかける。時々混ぜながら焦げないように煮詰め、最後に
    シナモン、レモン汁、バターを加えて混ぜたら火を止める。バット等にあけて冷ましておく。


  1.バターはそれぞれ室温に戻し、〔A〕のバターは薄力粉とよく混ぜておく。型にスプレーオイルを
    吹きつけておく。(無い場合は薄くサラダ油を塗ってください)
  2.パンミキサーやホームベーカリーの捏ね機能を使う場合は、使い方にしたがって捏ね上げ、
    一次発酵させる。
    ※手ごねの場合:ボウルに強力粉、砂糖、ドライイースト、塩を入れてゴムベラで混ぜ、卵と水を 
     混ぜたものを加える。手を使ってボウルの中で混ぜ合わせ、まとまってきたら台の上に出し、
     5分ほど捏ねます。次にバターを包み込むようにして混ぜ込み、さらに15分ほど捏ねる。
     表面を張らせるようにまとめ、バター(分量外)をぬったボウルに入れてラップをかけ、30℃くらい
     の場所で一次発酵させる(40〜60分)。
  3.生地が2〜2.5倍に膨らんだら一次発酵が終了。キャンバス地に移し、表面の生地を下に巻き
    込むようにして丸め直す。とじ目を下にしてキャンバス地をかぶせ、さらに上に堅く絞ったぬれ
    ふきんをのせて15分間休ませる。
  4.成型をする。生地を軽く手で押さえたらめん棒で、上下、斜め上、斜め下というように少しずつ
    伸ばして縦25cm×横30cmにする。 生地の表面に〔A〕をまんべんなく塗ったら、フィリングを
    全体にのせる。
  5.手前からくるくると巻き、巻き終わりをしっかりとじる。コロコロ転がしてと伸ばし、16等分に
    切り分ける。型に入れ込んで天板の上にのせ、オーブンの発酵機能(35℃に設定)を使って
    二次発酵させる(30〜40分)。オーブンに発酵機能がない場合は、ラップをして暖かいところに
    おき、生地が2倍になるくらいまで発酵させる。
  6.発酵が終わったら、表面に溶き卵を塗り、アーモンドスライスをのせて200℃のオーブン(この
    場合は電気オーブンです。ガスオーブンは180℃くらいで焼いてください)
    で約15分焼く。粗熱が取れたら、粉砂糖を振りかける。


081117ringobans2.JPG
仕上げはアイシングをしてもいいですし、クリームチーズを塗ってもおいしいです♪

2008年11月17日 22:34コメント (2)

創作展 2008

081116sakuhin2.JPG


今日は幼稚園の創作展へ。
プレ幼稚園から数えると今年で3年目になります。(ちなみに、1年目 2年目
りくたんは、家では全くといっていいほど絵を描かないので、本当にちゃんとやっているのかしら・・・と
かなり不安な気持ちで足を運びました。
園児の創作物で飾り付けられた教室へ入ると、りくたんの作品も並べられていました。
ひとつひとつ見てみると・・・あらあら頑張っているじゃない!


081116sakuhin4.JPG
ちゃんとお話仕立てになっているし、


081116sakuhin5.JPG
ビー玉も転がせるし、


081116sakuhin3.JPG
カメの写実画もかっこいい〜♪


どんぐりや葉っぱで作られた『おかあさん』という題の作品、うれしかったなぁ。
ところでりくたん、どうしておうちでは絵を描かないの?

2008年11月16日 22:42コメント (0)

お惣菜パン

081115bread.JPG


今日は午前中にパンの補講を受けてきました。
惣菜パン10種類を習うという内容だったので、お昼にりくたんとオットと待ち合わせて、
公園でランチをすることに。
ポカポカ陽気のなかのんびりと・・・という感じではなく、二人とも実に男らしい食べっぷり。
あっというまにぺろりとたいらげ、食べたら即行動開始!
母はもっとゆっくりしたかったよ。。。


081115rikutan.JPG


少し前までお惣菜パンは全然食べなかったのに・・・。
りくたんも成長したなぁ〜。

2008年11月15日 22:33コメント (0)

和菓子教室へ

081114wagashi.JPG


年々、和菓子が好きになっています。
もっと日常的に食べたいと思い、本を見て作ってみるものの分からないことだらけ。
で、去年から習いたいと思っていた和菓子づくりがようやく実現しました!


今日は初めての教室。
黄身しぐれと利休まんじゅうを習いました。
黄身しぐれは、秋に降ったりやんだりして通りすぎる(しぐる)時雨に由来すると言われて
いるそうです。
秋の雨の日も、このお菓子をいただきながら過ごしたら気分も違ってきますよね。
利休まんじゅうは、千利休が好んだという、黒砂糖風味のおまんじゅうです。
思っていたよりも簡単で、ポイントもしっかり押さえることができて、やはり習いにいってみて
よかった〜。
どちらもきれいに蒸し上がって感動しました。

2008年11月14日 22:11コメント (2)

しっとりさん

081113apple%20pie.jpeg


昨日焼いたアップルパイ。
サクサクパイを期待していたのに、だいぶしっとりさんでした。あー、がっくり。
折り込み生地は成功していたのに、アップルパイに成型する段階で失敗したようです。
生地の分量の割に型のサイズが大きかったため、生地が薄くなってしまったことが一番の原因。
りんごの水分が多かったなど、他にもたくさん要因がありそう。。
これはこれでおいしかったのですが、やっぱりサクサクパイが食べたかった〜。


んー、もう一度作っちゃう?

2008年11月13日 23:05コメント (2)

余り生地で

081112pies.jpeg


久しぶりに折り込みパイ生地を作りました。
何に使ったのかというと・・・・、それはアップルパイ!
カラメルリンゴをたっぷり入れて、ジューシーなアップルパイに仕上がりました。
画像は明日にでも♪


余り生地はリーフパイやねじりパイなどに変身。
これでパイ生地がうまくいったかどうかが分かるというものです。
アップルパイに使わずこのままでもよかったのでは、という声もありましたが、アップルパイが
食べたかったんだものー!
折り込みパイはなかなかうまくいったので、今度は一粒マロンパイ用に作るつもり。
やはり食欲の秋ですな〜。

2008年11月12日 22:27コメント (0)

着工しました

0811011shikichi.JPG


本日、着工いたしました。
昨日は神社で祈祷をしていただいて、家族みんなで無事に完成することを願いました。
(りくたんはご祈祷中、ずっと寝ていましたが・・・)
草が生い茂る土地はこれで見納めです。

完成は3月。
どうか順調に工事が進みますように!


2008年11月11日 21:22コメント (7)

のりのりポテト

081110potato.jpeg


朝晩、かなり冷え込むようになりましたね〜。
昼間も日差しがないと結構寒くて、薄着で外に出てびっくりなんてことも。
皆さん、風邪には十分お気をつけくださいませ!


さて、今日のレシピは「のりのりポテト」。
なにそれ?とお思いでしょうが、マッシュポテトに青海苔と焼海苔がダブルで入っているので、
こんな名前になりました。
青海苔は意外と風味がなくなるのが早いですよね。
かといって、主役になりにくい食材ゆえに、そんなにしょっちゅう登場することもありませんし。
でも、磯のよい香りがするうちに使ってあげるのが一番!
ということで、青海苔をたっぷり入れ、焼海苔の香ばしさもプラスしたマッシュポテトに仕上げました。
お好み焼きソースとマヨネーズで味付けしているので、ついつい後引く美味しさです♪


<のりのりポテト>


 ■材料    約2人分

 
  じゃがいも・・・200g
  青海苔・・・小2
  焼海苔・・・全形1/2枚分
  お好み焼きソース・・・小2
  マヨネーズ・・・小1
  塩・・・少々
  刻みねぎ・・・大1
  天かす・・・大1


 ■作り方


 1.じゃがいもは洗ってラップで包み、電子レンジ(600w)で約5分加熱する(途中で裏返して
   ください)。じゃがいもがやわかくなったら、熱いうちに皮をむく。
 2.ボウルにじゃがいもを入れ、フォーク等でつぶす。青海苔、お好み焼きソース、マヨネーズを
   加えてよく混ぜる。焼海苔は小さくちぎる。
 3.塩で味をととのえ、天かす、刻みねぎ、焼海苔を入れて混ぜ合わせ、お好みの形にととのえる。
   (形をととのえずに、そのまま取り分けてもOK)


081110potato2.JPG


お子様がねぎが苦手ならば加えなくても構いません。
白ごまなどで風味をプラスするとよいでしょう。

2008年11月10日 11:42コメント (7)

おいしいもの勢ぞろい

081109lunch1.jpeg


今日は、料理関係の仕事を一緒にしていた友人たちと持ち寄りランチでした。
こうしてフルメンバーで会うのは約2年ぶり(?)かな。
集合したのは年子ちゃんの母になった友人宅。
もう一人の友人も娘ちゃんを連れてきたので、とってもにぎやかなひとときでした。
時間のない中たくさんのお料理を用意してくれて、どれもこれも美味すぎる〜。


081109lunch2.jpeg


どこを撮ったらいいのか分からず、とりあえず上からパチリ。
右の方に写っている生麩の天ぷら、これにはまりました。
何ともいえない香ばしさと、生麩のもっちり感が後を引くのですよ。
これは我が家でもやってみます!
それから豚肩肉のかたまりにローズマリーの風味をうつしたグリル料理。
これもうまーい♪
他にも弓削牧場のチーズ、サラミやドライフィグなどスパークリングワインがついつい進む
おつまみが揃っていたり、ミネストローネスープやパンシチューなどもっと胃袋が欲しいと
思わずにはいられないほどおいしいものが勢ぞろいでした。
時が経つと子どもたちがお昼寝に入り、やがて大人だけの静かな時間に。。
最後にコーヒーをいただいて、帰途に着きました。


しゃべって笑って、食べて飲んで、子どもたちと戯れて・・・本当にいい時間を過ごさせて
いただきました。
次に会うのは我が家の新居かな?
お待ちしておりまーす。

2008年11月09日 22:25コメント (4)

松露

081108syoro.JPG


りくたんの好みはやはり渋い。
もしや・・・とは思っていたけれど、こんなに「松露」が好きだとは!
松露といえば、あんこに糖衣がけした和菓子が代表的ですが、もともと松露は砂地に生える
球形のきのこのこと。
こうして並べてみると、きのこと言われれば見えないこともないですね(笑)。


ちなみにこの松露は、福だるまと同じお店、船はしやさんのものです。
今回、私がセレクトした京みやげは、りくたんには大ヒットでした。
それにしても渋い趣味ですなぁ〜。

2008年11月08日 23:02コメント (2)

福だるま

081107hukudaruma.JPG


先日京都に行ったときに買い求めた船はしやさんの『福だるま』。
三条大橋を通って帰るときに立ち寄りました。
りくたんに何かお土産を・・・と思ったときにピンときたのがこれだったのです。


今日のおやつに出したら、思った通り大喜び。
洋菓子よりも和菓子が好きなりくたんは、クッキーよりもこっちが好きみたいです。
だるまさんの顔はひとつひとつ違っていて、お気に入りの顔を見つけるのも楽しくて、りくたんと
あれこれ言いながらパクリ。
かわいくておいしいもの、バンザイ!

2008年11月07日 23:29コメント (3)

待ち遠しい

081106advent1.JPG


お隣のますらんさんからステキなプレゼントをいただきました。
それは手づくりの消しゴムはんこが押されたアドベントカレンダー。
12月1日から25日まですべて異なる絵柄になっているんですよ〜♪
あまりにもかわいくて、いきなりすべてめくってしまいましたが、また閉じて12月を待つことに
いたしますね。


081106advent2.JPG


12月が待ち遠しいです。
ますらんさん、どうもありがとうー!!

2008年11月06日 22:42コメント (0)

『アーツ&クラフツ展』

081105art.JPG


ずっと見たいと思ってた『アーツ&クラフツ展』にようやく行ってきました。
京都近代美術館で11月8日までの開催なので、ギリギリセーフ。


『アーツ&クラフツ展』は、19世紀後半にイギリスで興ったデザイン運動「アーツ&クラフツ」の
広がりを、ウィリアム・モリスを中心とするイギリス、ウィーン工房がひときわ輝いたヨーロッパ、
そして民芸運動が花開いた日本での美しい作品からたどる展覧会。(asahi.comより抜粋)
「手仕事の良さを見直し、自然や伝統に美を再発見し、シンプルなライフスタイルを提案する」
という精神が息づいた大変興味深い内容でした。
個人的には、ウィリアムモリスの壁紙やファブリック、飾り文字に心惹かれました。
毎日の暮らしの中で使われる道具や家具について、改めて考えてみる機会を与えられた
気がします。


081105heianjingu.JPG

平安神宮の鳥居。
すぐそばに京都近代美術館が建っています。
きちんと共存しているから面白い。


081105koyo.JPG

周りは少しだけ紅葉していました。
足をのばせば南禅寺。
もう少し時間があったらお散歩ができたのになぁ。。。

2008年11月05日 23:20コメント (2)

ようやくです

081104home.jpeg


我が家の家づくり。
ようやく着工日が決まりました。
11月11日、大安です。


スタートしてから一年が過ぎ、季節も一巡してしまいました。
なんともスローペースな私たちは、様々な方たちの協力を得て、ようやくここまでこぎつける
ことができました。
今回はお願いすることができなかった建築士の方、住宅メーカーの方々、今まで貴重なご意見、
アドバイスをいただきありがとうございました。
そしてご縁を生かすことができずに申し訳ありませんでした。
皆様からいただいた言葉を忘れず、いい家が建つよう我々も最後までがんばりたいと思います。

2008年11月04日 21:32コメント (0)

はすいもと蓮根のきんぴら

081103kinpira.jpeg


はすいもという野菜をご存知でしょうか。
ずいき(芋茎)とも呼ばれていて、里芋の茎の部分のことを言います。
茎の切り口に”はす”のように穴がたくさん開いているので、はすいもと言われているそうです。
生で食べるとシャキシャキとした食感が楽しめ、刺身のつまや酢の物、サラダにも合います。
生だけでなく、煮物や蒸し物にもできますが、今回はじゅわっと旨みが広がるきんぴら仕立て
にしてみました。
れんこんがシャキシャキ感を出し、はすいもはしんなりとして、また違った美味しさが生まれます。


野菜売り場ではすいもを見かけたら、これを期に一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
 
 
 ■材料    2〜3人分


  はすいも・・・150g 
  蓮根・・・80g
  鷹の爪・・・1本(お好みで加えてください)
  砂糖・・・小1
  しょうゆ・・・小1、5
  みりん・・・小1
  白いりごま・・・小2
  サラダ油・・・小2


 ■作り方


  1.はすいもは外皮をむき、5cmくらいの短冊切りにする。蓮根は皮をむき、大きい場合には
    薄い半月切りまたはいちょう切りにする。鷹の爪は種を取り除いて小さくちぎる。
  2.鍋に湯を沸かし、はすいもを入れて2〜3分茹で、ザルにあげる。
  3.フライパンにサラダ油を入れて熱し、鷹の爪と蓮根を入れて炒める。はすいもを加えてざっと
    合わせたら、砂糖を加えて炒める。
  4.しょうゆ、みりんを加えて味をなじませ、最後に白いりごまを加え、軽く混ぜたら出来上がり。


081103zuiki.jpeg


はすいもの断面がこちら。
この穴から旨みをたくさん吸い取ります。

2008年11月03日 23:40コメント (4)

楽しい秋の一日

081102lift.JPG


今日はオットの会社のイベントに家族で参加してきました。
それは釣り大会とBBQ〜♪
風は吹いていたものの、お天気がとてもよかったので、釣りをしていてもなかなか楽しかったです。


081102rikutan.JPG


自分ができないことはしない主義のりくたんは、釣りは見ているだけ。
オットが釣った魚にちょっかいをかけていました。
釣りの後は、お待ちかねのBBQ。
須磨浦山上遊園というところのバーベキューテラスで行う予定だったので、ロープウェイやリフトを
乗り継いでいざ会場へ。
画像にあるリフトは「3歳以上は一人でお乗りください」との表示があり、3歳児が一人で?!
とちょっと驚き。
りくたんは乗る前から緊張していて、乗ったまま固まっていました(笑)。


「お肉食べるぞー」モードだった私はBBQを満喫。
やっぱり外で食べるごはんは美味しいですよね。
たくさん食べて、遊んで、楽しい秋の一日を過ごすことができました。


2008年11月02日 23:38コメント (2)

盛り合わせ

081101bread.JPG


我が家の朝食のパンたち。
3種類くらいを盛り合わせてあるのが理想です。
特に休日は1枚1枚をゆっくり味わいたいと思っているので、数種類があるとうれしい〜。
このパンにはハムと野菜、このパンにはクリームチーズとジャム・・・・などと、相性をあれこれ
考えながら食べるのが至福のひととき。
今朝もおいしい時間を過ごすことができました♪

2008年11月01日 23:18コメント (0)

パンプキンサラダ

081031panpkin.jpeg


今日はハロウィンでしたね。
10月に入ってから週末になると、魔女やおばけ(?)の変装をした行列をちらほら見かけましたが、
本番となった今日はどうだったのでしょうか。
ハロウィンの行事には無縁の我が家ですが、かぼちゃがらみでパンプキンサラダを作りました。
かぼちゃの他に、たまねぎときゅうり、それから昨日の撮影で残ったチャービルをたくさん入れて、
ハーブソルトとマヨネーズで仕上げを。
かぼちゃは皮ごとマッシュするのが私好み。
緑色がたくさん混じったパンプキンサラダです。

2008年10月31日 22:37コメント (0)

全力は出しきった

081030satsuei.JPG


撮影は何とか終了いたしました。
クリスマスケーキの撮影だったのですが、昨日の目標どおり、「冷静に、丁寧に、確実に」を
心がけていたものの、本当に時間がなかった・・・。
ひとつひとつのケーキときちんと向き合う時間が足りなかったのが心残り。
でも限られた時間の中、今の私が持つ力はすべては出しきったんですよ。
いろんな悪条件があっても、それをクリアしていいものを生み出すことが自分の仕事。
力は出しきっても、いいものを生み出しているかどうか・・・いつも気になるところです。


そんなこんなで燃え尽きたので(ちょっと大げさ)、もう寝ます。
明日はすっきり目覚めて、残りの仕事を片付けるぞ!

2008年10月30日 22:53コメント (2)

出回り始めたので

081029bread.JPG


酒粕が出回りはじめたので、今年最初の酒粕酵母パンを焼きました。
相変わらず勢いのある酵母。惚れ惚れしちゃいます。
まだ食べていないので味のほうはよく分かりませんが、この焼き上がりならきっと大丈夫。


実は明日のことでいっぱいいっぱいな私。
準備のほうは終わったけれど、明日が勝負。
冷静に、丁寧に、確実に、を心がけます!

2008年10月29日 23:01コメント (3)

専用袋

081028mikan.JPG


昨日のりくたんのみかん狩りのお土産は、こんなビニール袋に入っていました。
「みやげ」という文字がいい味出しています。
ちゃんと専用の袋を作っているものなんですねー。


明後日の撮影の準備でやることがいっぱいあるのに、何だか眠くて頭が働きません。
急に寒くなったせいでしょうか??
季節の変わり目は体が追い付いていかず、体調を崩しがちになります。
気をつけなければ!

2008年10月28日 21:58コメント (2)

みかんディルサラダ

081027mikansarad.dib


今日はりくたんが、幼稚園の遠足でみかん狩りに行ってきました。
自分でもいだみかんが2個、農園からのおみやげもいくつかいただいて、初めてのみかん狩りを
楽しんできたようです。
遠足の話を聞きながら、採ってきてくれたみかんを食べると、ほんのり甘酸っぱい味が広がりました。
せっかくなのでサラダにしてみようと思い、ディルと合わせてみたものがこちら。
ハチミツで甘さを足したさわやかなサラダです♪


<みかんディルサラダ>


 ■材料   2〜3人分


  みかん・・・1個
  ディル・・・1枝
  大根・・・5cm分
  ツナ缶(ライトタイプ)・・・1/2缶
  ルッコラ・・・適宜
 
  〔ドレッシング〕
  オリーブオイル・・・小2
  レモン汁・・・小2
  ハチミツ・・・小1
  塩・・・小1/2
  黒こしょう・・・適宜


 ■作り方


 1.大根は皮をむいて、薄い半月切りにし、塩少々(分量外)を振って全体にまぶしておく。
 2.みかんは皮をむいて半分に切り、ひと口大に切る。ディルは刻む。ルッコラは食べやすい大きさに
   手でちぎっておく。
 3.ドレッシングの材料はボウルに入れてよく混ぜ合わせておく。 
 4.1の大根の水気を手でぎゅっと絞り、3のボウルに加える。続いてみかん、ディル、ツナ缶の油を
   きって加えたら、全体を軽く混ぜ、冷蔵庫で30分ほどなじませる。
 5.器にルッコラを敷き、4をのせて出来上がり。


081027mikansarad2.JPG

りくたん、おいしいみかんをありがとうね☆

2008年10月27日 22:26コメント (6)

撮って、撮って〜

081026cars.JPG


最近りくたんは、「カメラで撮って〜」と言ってくるときがあります。
えーと、自分ではなく、ミニカーを。
しかもものすごい接写で。
思いっきりアップで撮ってあげると、画面をみて大興奮し、そこからしばし撮影大会がはじまります。
前から後ろから斜めから・・・君はどれだけミニカーが好きなのか?!というくらい(笑)。


今日は光岡自動車の3台。
りくたんも特別出演しております。
このあと、どんどん車が増えていき、画面に収まりきらなかったことは言うまでもありません。

2008年10月26日 22:44コメント (0)

微妙な違い

081025kata.jpeg


お仕事の関係で、スポンジばかり焼いています。
配合を変えたり、焼き方を変えたりして一番いい状態で焼き上がるスポンジを模索中です。
そんな訳で、いろんな型を使って焼いたりもしているのですが、今まで直径15cmだと信じていた
型が実は16cmだったということが少し前に判明。
たしかこれは、だいぶ前に100円ショップで「15cm」として売られていたものだったはず・・・!


たかが1cm、されど1cm。
この1cmの差は侮れません。
結局、新たに直径15cmの型を購入した次第です。
あーあ、無駄なことしちゃったなー。

2008年10月25日 23:55コメント (2)

入れ忘れ

081024donuts.JPG


サーターアンダギーのミックス粉をいただいたのでおやつに作ってみました。
使う材料は、「粉・卵・サラダオイル」といたってシンプル。
それなのに、サラダオイルを入れ忘れてしまったのです。あちゃー!
結果、あの独特のひび割れた感じが全く出てない、単なる揚げドーナツのようになって
しまいました。
3つしかない材料だけに、ひとつ足りないのは致命的。
次回は忘れずに入れましょう〜。

2008年10月24日 22:45コメント (3)

何やら楽しそう♪

081023children.JPG


今日は幼稚園が創立記念日のためお休み。
ということで、普段はなかなか会えないお友達の家に、ますらんさん親子とともに遊びに行って
きました。
お友達には約1年ぶりに会ったのですが、その間に二人目のお子様が誕生していました。
現在、生後5ヶ月の女の子。
終始ニコニコしていて、私が抱っこしても笑顔でいてくれました。
やっぱりかわいいね〜、赤ちゃん。


子どもたちはとっても元気に遊んでいました。
常に動き回っているので、全然写真が撮れなかった〜(笑)。
このハウスの中でもみんなでごそごそと遊んでいる様子、何やら楽しそう♪


それから、お友達が用意してくれたお昼ごはんがとっても美味しかったの!
赤ちゃんがいるのに至れり尽くせりで申し訳ないと思いつつ、たくさんいただいてしまいました。
本当にありがとね。

2008年10月23日 23:42コメント (2)

ケーキは朝食に

081022bread.JPG


今日はパン教室へ。
パン・ド・カンパーニュは相変わらずクープが下手で下手で。。。
(年月をかけてがんばりましょう、私)
ストロベリーパフは苺ジャムとカスタードクリームを中に詰め、シュー生地をコーティングして
焼き上げています。
それからオレンジスクエアケーキ。
このお菓子は先週の教室で試食したので、今回は家に持って帰りました。
我が家は夕食後ではなく、朝食に甘いものを少し食べる習慣があるので、これは明日用。
一切れをオットと分け合っていただきます。
ちなみにりくたんはショートケーキとモンブラン以外のケーキを喜びませんので・・・。

2008年10月22日 23:56コメント (0)

体操参観

081021rikutan.JPG


今日は幼稚園の体操参観でした。
日差しも強く、暑いくらいの良い天気。
元気いっぱいに体を動かす様子を楽しく見学させていただきました。


一番右にいるのがりくたん。
先生に「お砂は触らないように!」と言われているにもかかわらず、しっかりうつむいて砂を
触っているではないか〜。
ちゃんと先生の言うことは聞こうね。

2008年10月21日 23:04コメント (0)

ししゃもの変わり春巻き

081020harumaki1.jpeg


気持ちのよい秋晴れが続いています。
見上げると、雲ひとつない青い空。
乾いた風が通り抜けると、肌に心地よく触れていきます。
みなさんはどんな秋を過ごされていますか。
読書の秋?スポーツの秋?やっぱり食欲の秋でしょうか。


さて今回のレシピは、春巻きです。
でもちょっと変わった具を入れてしまいます。
それは「子持ちししゃも」。
焼いたほうが美味しいよーという声が聞こえてきそうですが、大葉や山芋と一緒に春巻きの
皮で包んで揚げると、意外な美味しさが生まれます。
そしてここが肝心!
少し多めに「ゆずこしょう」をつけて召し上がってください。
さらに豊かな味わいが楽しめます。


<ししゃもの変わり春巻き>

 ■材料   5本分


  子持ちししゃも・・・5尾
  春巻きの皮・・・5枚
  大葉・・・5枚
  山芋・・・正味100g  ※できれば大和芋、山の芋で。なければ長芋でもOK。
  みりん・・・小1/2
  しょうゆ・・・小1/2

  水溶き片栗粉・・・少々
  揚げ油・・・適宜
  ゆずこしょう・・・適宜


 ■作り方


  1.山芋は皮をむき、1cm角、長さ4〜5cmの拍子切りにする。器に切った山芋を入れ、みりん、
    しょうゆを加えて下味をつけ、10分ほどおく。
  2.春巻きの皮の上に大葉をのせ、ししゃも、山芋を並べて包む。端の部分を水溶き片栗粉で
    くっつける。
  3.最初は低温の油で揚げ、10分くらいかけて徐々に温度を上げてカリッとなるように揚げる。
  4.ゆずこしょうをつけていただく。


081020harumaki2.jpeg


お子様用には、マヨネーズとケチャップを1:1で混ぜたものを用意すると
よいと思います〜♪

2008年10月20日 14:06コメント (5)

何が見える?

081018rikutan.JPG


りくたんは今、双眼鏡がちょっとしたブームです。
首から提げて、探検家気分であちこちを見ています。
昨日は公園でオジギソウを発見。
触れると次々と葉を閉じる姿に大興奮でした。
近くで見るだけでは終わらず、なぜか遠くに離れながら双眼鏡で観察。


ねぇねぇ、りくたん、何が見える?

2008年10月19日 22:19コメント (2)

これもまた記念

081018photo.JPG


今日のお昼ごはんは、たまに行くベーカリーレストランにて。
記念日になるとハガキが送られてきて、それを持っていくとちょっとしたサービスが受けられるのです。
ウェルカムドリンクとアニバーサリーケーキ、そしてポラロイド写真を撮ってくれます。
でも今回はアクシデントがありました。
当日に予約をしたのに、明日だと勘違いされ、席が無かった!
え〜っ?!と落胆していたら、次の予約の人が来るまでに時間があったので、何とか座る
ことができました。
まぁこれはよしとして、注文したパスタがものすごくしょっぱくて最後まで食べられなかった・・・。
こんなことは初めてです。
予約のこと、味のこと、お店がうまく回っていないのでしょうか。
今まではそんなことはなかったのに・・・。
ちょっと残念なランチでしたが、これもまた記念かな。

2008年10月18日 23:16コメント (0)

ラウゲンブレッツェル

081017bread.JPG


今日はパン教室の補講日。
予約するのを忘れていて、思い出したのが昨日でした。
何とか受けることができてよかったです。ほっ。

ラウゲンブレッツェルはドイツのパン。
カリカリとして塩気のある味わいは、ビールのおつまみにぴったり。
これを食べたら久しぶりにベルギービールが飲みたくなってきたぞ〜。

2008年10月17日 23:29コメント (0)

保存用に。

081016marron.jpeg


先日いただいた丹波栗で渋皮煮を作りました。
夜、オットが鬼皮剥きを手伝ってくれたのでとても助かりました〜。
剥き終った後、二人してぐったりでしたが(笑)。


過去に何回も失敗を経験しているので、今回の作業は慎重に慎重に。
そのおかげで割とうまくいったと思います。
保存できるように密封したので、いろんな用途に使えそうです。

2008年10月16日 22:18コメント (2)

作家さん

081015hashioki.JPG


連休中に信楽陶器まつりに行ってきました。
毎年、春・秋の開催になりますが、やっぱり陶器は秋がいいですね。
土から作られたぬくもりが寒い季節に向かうこの時期にぴったりな気がします。


3回目となると、好きな作家さんのブースでつい足が止まります。
で、ステキな箸置きを見つけて購入しました。
2年前に買ったこの作家さんのコップは、今も我が家で活躍中です。


061010cup.JPG


でも4つのうちひとつは欠けてしまい、もうひとつはヒビが入っています。
また必要になったら作家さんにお願いして作っていただこうかな。
んー、そんな注文は無理かなー。

2008年10月15日 22:30コメント (2)

この子です

081014cair1.JPG


ロハスフェスタで連れ帰った椅子はこの子でした。
モスグリーンのストライプの布が座面に張ってあります。
ふわふわしていて座り心地がいいんですよ〜。
我が家の雰囲気にも溶け込んで、立派な家族の一員となっています!


081014chair2.jpg

右端の茶色の丸いタイプと迷ったのですが、この子にしてよかった♪

2008年10月14日 22:00コメント (3)

栗きんとん

081013kinton1.JPG


先日の栗拾いで採ってきた栗を使って、きんとんを作りました。
和三盆のやさしい甘みが栗の美味しさを引き立てる一品です。
材料も作り方もシンプルですが、丁寧に作ることで味が格段に変わってきます。
秋を感じながら、心穏やかに仕上げてみてくださいね。


<栗きんとん>


 ■材料    8〜10個分


  ゆで栗・・・正味200g   ※1時間ほど茹で、半分に切って中身をスプーンで掻き出したもの。
  和三盆(または粉糖)・・・60g ※上白糖やグラニュー糖は均一に混ざりにくいので避けてください。
  小豆餡(市販のもの)・・・適量


 ■作り方


 1.栗はすり鉢でよく摺る。栗の風味を残したい場合は粒を残すように摺り、なめらかな食感に
   仕上げたい場合は粒がなくなるまでしっかりと摺る。
   ※フードプロセッサーでも出来ますが、混ぜすぎると風味がなくなるのでご注意ください。
 2.和三盆はいったんふるい、1に少しずつ加えて摺り混ぜる。
 3.和三盆が均一に混ざったら、バット等に取り出し、1個分を30〜40gに分ける。小豆餡と栗の
   二色にする場合は、栗:小豆餡=2:1の割合になるように準備する。
 4.固く絞った布巾(さらしや薄手のハンカチ等でもOK)に3の生地をのせ、しっかりと絞り上げ、
   少し緩めて形をととのえる。


081013kinton2.JPG

けしの実をのせてもいいですね。
この時期にしか味わえない秋の味覚。作りたてをぜひ味わってください!

2008年10月13日 07:01コメント (2)

ふくよかな味

081012edamame.JPG


今年も友人が丹波の黒枝豆を送ってくれました。
しかも今回は3Lサイズの丹波栗も一緒に!
早速茹でていただいた黒枝豆は、甘くてふくよかな味でした。
栗は渋皮煮にしたいと思います。どうもありがとう〜!


今日は近所の運動会に参加。
久しぶりに玉入れをしたら、かごの高さがあまりにも高くてびっくり。
いくつか入ったけれど結構難しいのね〜。でも楽しかった♪

2008年10月12日 22:57コメント (0)

小さな椅子

081011lohas.jpeg


今日は「ロハスフェスタ」というイベントに行ってきました。
大阪の万博公園というところで今日明日の2日間の開催です。
今回で第6回目ということですが、私は初めての参加。
面白いよーとは噂に聞いていましたが、規模の大きさにびっくり!
アンティーク家具、食器、洋服、手づくりの雑貨、カフェやお菓子、パンなどなど350店舗も
出店しているとのことで、もちろん全部見切れませんでした〜。


いろいろ買いたいものはあったのですが、厳然して選んだのがこちら。
布張りがしてある小さな椅子です。
子ども用としてだけではなく、大人が使ってももちろんOK。
座り心地はなかなかのものです。
お値段もわりと手頃だったので、どれにしようか悩んだ末、1脚を連れて帰りました。
私が選んだ椅子、どの子だか分かりますかー?

2008年10月11日 21:59コメント (2)

大事な車には・・・

081010cars.jpeg


「大事な車にはカバーを掛けるの?」としきりに聞いてくるりくたん。
どうやら近所に停まっているスポーツカーにカバーがかかっていることが気になっている様子。
「そうだね、車を大事にしている人はカバーをかけるのかもね」と答えると・・・・、


ミニカーにカバーをかけてました。
中には『オロチ』というイカツイ車が入ってます。
「これなら雨が降っても大丈夫!」と自身あり気に言っていたけれど、家の中では雨は
降らないよね?!

2008年10月10日 21:44コメント (4)

エディブルフラワー

081009mushipan.JPG


お皿の上に彩りを添えるエディブルフラワー(食用花)。
彩りだけでなく、ビタミンやミネラルがバランスよく含まれているそうです。
たまにしか使いませんが、サラダやお菓子に添えると上品な雰囲気になります。


そこで、蒸しパンにのせてみました。
素朴さが抜けて、かわいらしくなったと思いませんか?

2008年10月09日 22:00コメント (4)

飾る場所

081008flower.jpeg


我が家にはお花を飾るちょうど良いスペースがありません。
ダイニングテーブルは小さいし、チェストにはりくたんのおもちゃが並び、玄関は日が当たりません。
お花の周りはすっきりとしていて欲しいので、いつも置き場所に苦労します。


でも良い方法を発見。
こんな風に壁に吊るすとなかなかいい感じ。
工夫次第で何とでもなるものですね〜♪

2008年10月08日 23:24コメント (2)

みんな、ありがとう!

081007cake.JPG 


昨日は私の誕生日でした。
我が家は基本的に『自分のことは自分で』という方針なので、私は自分でケーキを作ることにしました。
先日の栗拾いで採ってきた栗を使ってまずは渋皮煮を作り、次に茹でた栗から中身を出したものを
すりつぶしてカスタードクリームと合わせたマロンクリームを作りました。
ビスケット台にアマンド生地を流してタルト台を焼き上げ、渋皮煮をペースト状にして生クリーム、砂糖、
バターを加えたマロンペースト作ったらあとは仕上げ。
クリームを絞って渋皮栗をのせ、ラム酒をきかせた私好みのモンブランが完成!
それにしてもなんとまぁ手間をかけたケーキなのでしょう。。。しかも自分のために(笑)。


081007rikutan.JPG


写真を撮り終えたら、スプーンを持って待ち構えていたりくたん。
ひとりで先に食べちゃった〜。
「おいしかったよー♪」だって。そりゃそうだろうぅぅ。


081007presents1.JPG 081007presents3.JPG
081007presents2.JPG 081007presents4.JPG


お隣のますらんさからは鳥をモチーフにしたハンコをいただきました。
私が鳥モノが好きだということを覚えていてくれて、プレゼントしてくれたのです。
ありがとう〜!
オットからはお花とチョコレート。
プレゼントは何もいらないから、と伝えていたのにうれしいサプライズ。
少し前に、カカオ分が高いビターなチョコが食べたいと言っていたのを覚えていたようです。
りくたんからは外で摘んでくれたお花。
両手いっぱいに摘んできてくれました。
とてもいい香りがしたよ、ありがとね!
他にも父母からの電話があったり、お祝いのメールをいただいたり、みなさん本当にありがとう
ございました。
この幸せに感謝しつつ、日々を大切に過ごしていきたいと思います。

2008年10月07日 22:53コメント (3)

栗かぼちゃとベーコンのソテー

081006pampkin1.jpeg


10月に入り、ハロウィンをモチーフにしたものが目に止まるようになりました。
そうなると、本物のかぼちゃが妙に食べたくなって、この時期はかぼちゃを使ったメニューが
いきなり増えたりします。
そこで今日はホクホクの栗かぼちゃを使ったレシピです。


栗かぼちゃは西洋かぼちゃのことですが、その中で今回選んだのは「栗あじ」という品種。
でんぷん質が高く甘みがあり、ボコボコした果肉質で煮くずれが少ないのが特徴です。
また形状は、先端がとんがって栗のように見えます。
手に入ったらぜひ使ってみてください。
ベーコンの旨みをうつしながら蒸し焼きにしたホクホクの美味しさは格別ですよ。
時間が経つとベーコンの風味が薄れてしまうので、ぜひ作り立てを味わっていただきたいです♪


<栗かぼちゃとベーコンのソテー>


 ■材料    3〜4人分


  栗かぼちゃ・・・200g
  ベーコン・・・50g
  ドライハーブ・・・タイムなどお好みのもの少々
  塩・・・少々
  粗引き黒こしょう・・・少々
  ドライパセリ、ピンクペッパー・・・適宜


 ■作り方


  1.かぼちゃは皮付きのまま1cmの厚みに切る。ベーコンは3cmくらいの幅に切る。
  2.テフロン加工のフライパンを熱し、ベーコンを加えて両面を焼く。脂が出てきたらドライハーブを
    加えてまぶし、かぼちゃを平らに並べる。塩少々を振りかけたら、蓋をして5分ほど蒸し焼きに
    する(中弱火)。
  3.蓋をあけ、ベーコンをいったん取り出し、かぼちゃを裏返す。取り出したベーコンをかぼちゃの上に
    のせ、蓋をして8〜10分ほど蒸し焼きにする(弱火)。
  4.火を止めて、お皿に取り出す。粗引き黒こしょう、ドライパセリを振り、ピンクペッパーを散らす。


081006pampkin2.jpeg


栗あじかぼちゃは皮も美味しいので、削ぎ落とさずに皮ごと使ってくださいね。
   

2008年10月06日 22:15コメント (2)

よもぎあんぱん

081005bread.JPG


昨日の秋晴れから一転して、今日は一日中、雨が降っていました。
特に予定もなかったので、家でゆっくり過ごすことに。

乾燥よもぎが余っていたので、よもぎあんぱんを作りました。
ついでに赤えんどう豆も入れて、大福風に。
よもぎの匂いを嗅ぐと、新緑の季節を感じます。まるで季節は逆行ですが(笑)。
しっとりと静かな休日にはもってこいですね。


でも現実はりくたんのにぎやかな声が響き渡っているんですけど。。。

2008年10月05日 21:40コメント (0)

栗拾い

081004marron.JPG


栗拾いをしてきましたー♪
イガからひょっこりと顔を出しているツヤツヤの栗を見てテンションUP。
夢中で拾い続けました。
時折、バサッという音が聞こえるのは、イガが落ちてきた証拠。
落ちたて(?!)の栗を拾って上を見ると、今度は今にも落ちそうなイガたち。
ちょっとゆすって落ちてきたものを拾うと、大きくてきれいな栗がたくさん取れました。


結局、家族3人で1.8kg。
ちょっと取り過ぎたかなぁと思いつつ、楽しかったのでよしとしましょう。
夕ごはんには栗ご飯をいただいたのですが、栗の味が濃くて甘くて本当においしい!
残りはまだまだたっぷりあります。
きんとんと渋皮栗煮(少しだけ)は決定。あとは何に使おうかなー。


それからオットが早朝にハゼ釣りへ。
たくさん釣れたので天ぷらにしました。
栗ご飯と天ぷら、合いますね〜。秋の味覚、バンザイ!

2008年10月04日 23:29コメント (2)

私のテーブル

081003table.JPG


新居に置こうと決めていたダイニングテーブルを買いました。
まだ着工すらしていないのに(笑)。


このテーブルに恋焦がれて一年あまり。
お店を訪れるたびに、「このテーブル、ステキ!」とスタッフの方に言い続けていました。
想いが通じ、このたびSALEということでお声を掛けていただき、購入を検討するに至ったのです。
部屋に入るかどうか家の図面と照らし合わせていただいて、大丈夫との太鼓判。
このテーブルはエクステンションタイプで、最大長さ2m40cmになる大物なのです。
使いこなせなかったら洒落にならない!
一生大事に使えるかどうか、十分に検討して購入しました。
画像では分かりにくいのですが、バーチ材で作られていて、天板はオフホワイト、足はホワイトに
塗装されています。
質感は木の柔らかさが感じられ、キズがついてもいい味が出そう。
汚れはオリーブの石鹸を泡立てて洗うように落とすそうです。


支払いを済ませて、今やこのテーブルは私のもの♪
さすがに今の家には運べないので、引越しまで運送会社さんに預かっていただきます。
新しいおうちでまた会おうね!

2008年10月03日 22:01コメント (4)

衣替え

081002seihuku1.JPG


10月になったので、幼稚園の制服は衣替えですが、暑い日は夏服を着てもOK!
ということで、暑がりのりくたんはまだしばらく夏服です。
でも、この夏服を着るのは今年度でおしまい。
来年度は新居に引っ越すので、今の幼稚園とは3月でお別れなのです。
見納めの記念として写真を撮りました。


081002rikutan.JPG
さわやかな水色が可愛かったなー。
来年はどんな夏服を着るのかしら・・・?

2008年10月02日 21:55コメント (2)

10月になりましたね。

081001coffee.JPG


日が暮れるのが早くなり、朝晩も冷え込むようになりました。
もうすっかり秋ですね。
秋は好きだけれど、実はちょっぴり苦手でもあるのです。
好きなものは、朝の光、空の高さ、乾いた空気、金木犀の香り、温かい飲み物。
苦手なものは、何といっても日暮れ。
日に日に短くなっていくのが寂しくて、寂しくて。
暗くなっても外で元気に遊ぶりくたんや近所の子どもたちの姿に励まされています。


ティーパックになっているコーヒーを叔母からいただきました。
アメリカに住んでいる叔母の定番のお土産です。
80歳を過ぎても背筋がすっと伸びていて、来日の際はどこへでも身軽に出かけるその姿勢は
見習うところがたくさんあります。
私もステキに歳を取りたいな。

2008年10月01日 23:55コメント (0)

RYOちゃんの器に

080930daihuku.JPG


RYOちゃんから先日の展示会に出展していた器をいただきました。
重厚な質感と色合いなのに、手に取ると驚くほど軽くて繊細。
和菓子を盛ったらステキだろうな・・・と思ったので、柿大福を作って柿の葉の上にのせて
みました。
大福よりももっと似合う和菓子がありそうですが、これはこれでいい感じ。
RYOちゃん、ありがとう!


そうそう、大福の中の白あんはオットが作りました。
柿は味に主張がありませんが、じゅわっと広がる果汁が大福に合いますね。
和菓子好きのりくたんにも大好評でした♪

2008年09月30日 22:03コメント (3)

ごぼうサラダ

080929gobo1.JPG


気温がぐっと下がりましたね。
先週まで、半袖を着て暑い〜と言っていたのに、この変わりようは何なのでしょう。
涼しいを通り越して寒いですー。
こんなときは体調を崩しやすいもの。かく言う私も風邪がぶり返しました。
皆さん、用心してくださいね。


さて今日のレシピは、ごぼうサラダです。
ごぼうサラダを作ると水っぽくなってしまう、という経験はありませんか。
茹でたごぼうにマヨネーズを和えると、ごぼうから旨みも水分も出てしまい、せっかくのサラダが
水っぽくなってしまいます。
今回のレシピでは、ごぼうにしっかりと下味をつけてからマヨネーズで和えます。
出来上がったものを冷蔵庫で冷してからいただくと、ごぼうの食感も楽しむことができますよ。


<ごぼうサラダ>


 ■材料  約4人分


  ごぼう 200g(約1本分)
  〔A〕
  水 100ml
  みりん 大1+小2
  酢 大1
  砂糖 大1
  塩 小1/2
  〔B〕
  マヨネーズ 大2
  白練りごま 小1
  白いりごま 大1


  七味唐辛子 少々


 ■作り方


  1.ごぼうは5cmの長さに切って5mmくらいの拍子切りにし、5分ほど酢水(分量外)につける。
  2.ザルにあげて水気を切る。鍋にごぼうとひたひたの水を入れて茹で、ごぼうが柔らかくなったら
    ザルにあげる。
  3.鍋に2とA(みりん小2以外)を加えて火にかけ、時々かき混ぜながら煮る。汁気がなくなって
    きたら、みりん小2を加えて火を強め、汁気がなくなるまで混ぜ。
  4.火を止め、ボウルに移す。粗熱が取れたらBを加えてよく混ぜる。器に盛り、お好みで七味
    唐辛子を添える。


080929gobo2.JPG

大人味に仕上げたい場合は、マヨネーズを少し減らして、ゆずこしょうや辛子を混ぜて
アレンジしてみてください。
ライ麦パンや田舎パンにはさんでもおいしいですよ。

2008年09月29日 10:05コメント (0)

ホールのパン

080928bread.JPG


直径約22cmの型でブリオッシュ系のパンを焼きました。
ケーキのようにカットして、シロップを塗り、カスタードクリームをベースにしたクリームをサンド。
ラム酒がほんのり香る大人の味・・・だと思います。

プレゼント用に作ったので、実は味見をしていません。
ホールケーキにしかり、ホールのパンは味のチェックができないのでいつもドキドキです。
生地とクリームの味のバランス、シロップのしみこみ具合、クリーム量の加減etc・・・・気になる
ところはたくさんあります。
贈ったあの方がおいしく召し上がってくださるといいのですが・・・。

2008年09月28日 21:31コメント (0)

枝豆の味噌汁

080927misoshiru.jpeg


先日、某テレビ番組で紹介されていた枝豆の味噌汁を作ってみました。
山形県の庄内地方で食されているという味噌汁です。
枝豆から出るだしと味噌が相まって、かに汁のような味わいだと紹介されていたので、興味を
そそられ、早速チャレンジ。
いろんな作り方がありそうですが、とりあえず小鍋に湯を沸かしてさやごと枝豆を加え、茹で上がった
ところに味噌を溶き入れてみました。
もしかしたら、「だだちゃ豆」を使うの方がよいのかも知れませんが、お店に山形県産の黒豆枝豆が
売られていたのでそれを使いました。


枝豆からそのような出汁がでるのか?!という疑問を抱きつつひと口飲んでみると、あら不思議。
たしかに魚介系の風味がします。
カニとはちょっと違いますが、なかなか美味。
こんなに簡単なのにこの旨みはなんなのでしょう・・・脱帽です!
ちなみにこの味噌汁の正しい(?)いただき方は、汁を飲み終えてから枝豆を普通に食べるとのこと。
決してさやは食べないように〜。

2008年09月27日 23:23コメント (6)

黙々と

0080926herb.jpeg


今日は突然の豪雨が何回か起こり、めまぐるしく変わるお天気でした。
雨が降り出し、窓を閉めたら、久しぶりの静寂。
こんな日は作業がはかどります。


乾燥させておいたハーブの葉を枝からしごき取る作業を黙々とこなしていると、あっという間に
お迎えの時間。
たまにはこんな過ごし方もいいものです。

2008年09月26日 22:16コメント (0)

きんぎょパン

080925bread.jpeg


きんぎょパン−『きんぎょがにげた』という絵本に出てくるきんぎょに見立てて作りました。

昨日のパン教室で作ったしらす入りのパンなのですが、好きな形にしていいということだったので。
目にはチョコチップをのせています。
味覚的に合わないけど(笑)。


080925bread2.dib
りくたんにがぶりとかじれた!
きんぎょはどこ?

2008年09月25日 21:39コメント (2)

ダブル受講

080924bread.jpeg


今日はパン教室へ。
休んでしまった分の補講もあったので、ダブル受講でした。
通常のレッスンと並行して行われたので、説明もほどんどなく、「こなす」という形で
進められた補講分。
お楽しみメニューのレッスンも割愛され、かなり損をした気分でしたが、休んでしまった
自分が悪いということよね・・・。
ホワイトフィッシュというしらす入りのパンとブラックフォレストという不思議な形のパン。
どうしてこんな形なのか質問する隙もなく終わってしまった。とほほ。


本レッスンの方は、久々のデニッシュ生地。
少し涼しくなったせいもあって、生地も扱いやすいし、何より焼き立ては美味しい♪
カリッとした食感のビアシュタンゲンは塩気があってビールのおつまみにぴったり。
もう少し涼しくなったらデニッシュを作ってみよう。


2008年09月24日 21:19コメント (0)

運動会

080923undoukai%A3%B1.JPG


今日は朝から快晴。
延期になった運動会は無事に開催されました。
去年、おととしと、運動会では泣いてばかりいたりくたんも今年は年少さんでの出場。
参加するのは、かけっこやお遊戯など数種目。
暑かったので少しテンションは下がっていましたが、それでも立派にやり遂げました。
練習の甲斐があったね!


080923undoukai2.JPG

親子競争ではトップバッター。
走り終えて、メダルと参加賞をいただいて楽しく帰宅しました。
疲れているのかと思いきや、昼寝もせずにずっと遊び続けていたりくたん。
練習の方がよっぽど疲れたみたいです。
何はともあれ、お疲れ様でしたー!

2008年09月23日 20:49コメント (3)

サンマの蒲焼き

080922sanma.jpeg


サンマの脂がのってきましたね。
塩焼きにして大根おろしを添え、すだちをキュッと絞っていただくと、頬が落ちそうな美味しさ
ですよね。
サンマ好きな方ならしばらく続くサンマ三昧な日々。
塩焼き以外の食べ方でしたら、蒲焼きなどはいかがでしょう。
蒲焼きをフライパンで焼いて作るとき、皮がくっついてしまって大変なことに・・・という経験は
ありませんか。
今回はクッキングペーパーを敷いて焼き、タレは後から絡める方法をご紹介します。
片栗粉などを付けずに簡単に作れるので、忙しい方にもぴったりですよ。


<サンマの蒲焼き>


 ■材料    2人分


  サンマ・・・2尾  ※開いて背骨と腹骨を取ったもの
  酒・・・大1
  しょうがの絞り汁・・・小1/2
  みりん・・・大2
  しょうゆ・・・大1


 ■作り方

  1.バットに酒、しょうがの絞り汁を入れ、サンマを並べる。途中裏返しにして、5〜10分ほど
    漬けておく。
  2.フライパンにクッキングペーパーを敷き、軽く水気を拭き取ったサンマを皮目を下にして
    中火で焼く。
  3.周囲の身の色が変わってきたら、みりんとしょうゆを合わせたものを回し入れる。火を弱めたら
    さんまを裏返し、煮絡めながら身の方を焼く。
  4.火が通ったら、お皿に盛り付ける。

2008年09月22日 06:59コメント (0)

トランプ柄のお皿

080921humberger.jpeg


今日はりくたんの運動会だったのですが、天候不順のため延期になりました。
あさっては晴れますように!


午後からは家作りの打ち合わせがあったので、その前に腹ごしらえ。
打ち合わせはパワーが入るので、ハンバーガーでエネルギー補給です。
トランプ柄のお皿に盛り付けられて、見た目も楽しい一皿。
店内の雰囲気と相まって、おいしさも倍増でしたー。

2008年09月21日 21:18コメント (2)

展示会の様子

080920ryochan1.JPG


先月、展示会を開いたRYOちゃんがCDRを送ってくれました。
見に行くことができなかった私のために、そのときの様子をおさめたものです。
ほんの一部ですが、ちょっとご紹介。


080920ryochan3.JPG
照明も素敵。


080920ryochan4.JPG
オブジェもいい雰囲気。


080920ryochan2.JPG
織物も見てみたかったです。


080920ryochan5.JPG
CDRとともにそのときに展示されていた器も一緒に送ってくれました。
和菓子がとても似合いそうな器で、今から使うのが楽しみです。


12月中旬に再び展示会をするとのことなので、次こそは!と意気込んでいるのですが、
りくたんの冬休みと重ならないと難しいかも。。。。うぅ、見に行きたい。

2008年09月20日 21:39コメント (0)

寝ても覚めても

080919cars.jpeg


りくたんの一日は、車にはじまり、車に終わります。
車はもちろんミニカーのことですけど。


夢でも車が出てくるのでしょうか。
起き抜けの言葉もミニカーのことだったり、幼稚園から帰ってきても車の話ばかり。
畳の縁は一般道路、アイロン台はレース場と化し、日夜レースが繰り広げられています。
おまけに、お隣のはる君、なお君からもしょっちゅうミニカーをお借りしています。


今夜はランボルギーニ・ミウラが主役。
クラッシュさせずに完走させてあげてね。

2008年09月19日 21:23コメント (0)

ライ麦酵母

080918kobo.JPG


サマーセミナーで教わったライ麦酵母を仕込み中。
ブクブクしている酵母に鼻を近づけると、ベルギービールの澱みたいな匂いがします。
もうすぐ液種が出来上がる予定。
とびきりの香りを放つパンに焼き上がるといいな。

2008年09月18日 21:24コメント (2)

甘酒の味

080917amasake.jpeg


今まで、甘酒は好きではないと思い込んでいました。
神社でふるまわれたりするあの喉に張りつくような甘さの飲み物が甘酒だと思っていたからです。
でも本来の甘酒は、糀が生み出す自然な甘さの飲み物だったのですね。しかもノンアルコール。
甘酒のことを今までちゃんと知らなくて恥ずかしい・・・・。


しかも甘酒は"お米のヨーグルト"と呼ばれるほど滋養豊富で、ビタミン類や必須アミノ酸類などが
多く含まれています。
食物繊維やオリゴ糖、消化酵素も多く含まれているので胃腸にも優しいとのこと。
夏バテしている体にはまさにうってつけ!
『甘酒』が夏の季語というのもうなずけます。


今日は、姫路の小松屋さんの甘酒をいただいてみて、初めて美味しい!!と思いました。
普通の飲み方だけでなく、牛乳やヨーグルトに混ぜて飲むとこれがまた美味なんですよー。
キャラメルを食べたような後味が広がって、いつまでも飲んでいたい感じです。
甘酒の本来の味を知らなかった方、これはおすすめですよ♪


2008年09月17日 21:32コメント (2)

よろしければ雰囲気だけでも

金沢&輪島の写真です。 写真で雰囲気を楽しんでくださいねー。 080916noto.jpg

2008年09月16日 20:37

長芋の黒糖蒸しパン

080915mushipan1.jpeg


今日ご紹介させていただくのは野菜スイーツ。
長芋の粘りと水分を利用しており、卵や乳製品は使っていません。
ついでに言うと、プリンカップに塗る油脂以外は油脂もゼロ。
アレルギーのあるお子様やお腹にこたえない蒸しパンを求めている方にぴったりです。
長芋を使った蒸しパンを別の仕事で開発していたのですが、どうしてもこちらでもご紹介したくて
今回はアレンジ版を登場させることにしました。
秋らしく黒糖の色に染めて、黒すりごまでコクをプラス。
そろえる材料も少ないですし、ぜひぜひお試しくださいね!!


<長芋の黒糖蒸しパン>


 ■材料  プリンカップ4〜5個分


  長芋・・・150g(正味)
  黒砂糖(粉末)・・・60g
  塩・・・ひとつまみ
  黒すりごま・・・15g
  薄力粉・・・100g
  ベーキングパウダー・・・小1
  

 ■作り方


  1.薄力粉、ベーキングパウダーは合わせてふるっておく。プリンカップの内側にサラダ油(分量外)
    を塗っておく。黒砂糖はかたまりがあればほぐしておく。
  2.長芋はすりおろしてボウルに入れ、黒砂糖、塩、黒すりごまを加えて泡だて器でよく混ぜる。
  3.ふるった粉類を加え、粉気がなくなるまで混ぜる。
  4.プリンカップに生地を8分目くらいまで入れ、蒸気の上がった蒸し器に入れ、中強火で15〜20分
    蒸す。※すぐに食べない場合は、粗熱が取れたらラップをしておいてください。


080915mushipan2.JPG


見た目とは異なるあっさりとした後味をお楽しみくださいませー。
甘さをプラスしたいときは、蒸し上がったものにゆであずきをトッピングしても♪

2008年09月15日 09:24コメント (2)

お疲れさまでした!

080914race.JPG


3日間に渡る自転車レース、『ツール・ド・能登』。本日は2日目。
オットは1日だけの参加です。
基本的に3日間すべて参加の方が多いのですが、女性や小学生くらいの子どももちらほらいて、
凛々しくたくましい姿を見て、始まる前から感動してしまいました。
朝8時に出発し、16時過ぎくらいからその日のゴールにたどり着きます。
だいたい18時半には最終走者が到着といった感じみたいです。
細かい起伏が多く、車道の脇を通っていくので、決して楽な道ではありません。
それでも懸命にべダルをこぎ、ゴールをする姿は本当にステキです。
ゴール地点でりくたんと共に、走り終えた選手の笑顔を見続けました。
オットは18時少し前にゴールし、無事に完走。本当にお疲れさまでした。


080914rikutan%26papa.JPG


出発前のふたり。
りくたんも将来、おとうさんと一緒に出場する?


****************************************


レース後、運転をオットと交代しながら帰ってきました。
深夜1時半に家に到着。
ハードでしたが、爽やかな気分になれたので見に行ってよかったです。
旅の写真は後日UPしまーす。(大した写真はありませんが・笑)


2008年09月14日 23:59コメント (0)

能登へ

080913noto.JPG


オットが「ツール・ド・能登」という自転車レースに参加するので、これから応援に行ってきまーす。
オットが走っている間は、りくたんとドライブを楽しむつもりです。


輪島で一泊の強行スケジュールですが、味覚の方も満喫したいなー。

2008年09月13日 05:37コメント (2)

ぎっしり、ほんのり

080912bread.JPG


今日はパン教室の特別講習を受けてきました。
赤ワインで煮たドライフィグ、クランベリー、カシューナッツがぎっしり入った「ナッツワインブレッド」と、
カレーフィリングを詰め、米粉生地をトッピングした「カリッ!カレー」というパンでした。


赤ワインブレッドは、ほんのりピンク色の生地にナッツとドライフルーツの甘みと食感がとてもいい
アクセントになっています。
製法も手が込んでいて、さらに原価も高い!
期待以上の味わいにみんな納得していました。
「カリッ!カレー」は家に帰ってから食べたので、焼きたてのカリカリ感は楽しめなかったのですが、
しっかりと味付けされたフィリングが食べ応えありでした。


ナッツワインブレッドは、明日になるとさらに味わい深くなりそうなので今から楽しみ〜♪

2008年09月12日 22:24コメント (0)

相当、お疲れのようで・・・

080911rikutan.JPG


今日は運動会の本格的な(?)練習があったようで、バスの中ですでに撃沈のりくたん。
家に帰ってきてもそのまま寝ていました。
暑い中、外でがんばったんだろうね。おつかれさま〜!


でも・・・夕方にはおたふくかぜの予防接種が控えていたのです。
ゆっくり寝かせてあげたいところを無理矢理起こして連れて行きました。
まぁ、機嫌の悪いこと、悪いこと。(当たり前だよね、ごめんね)


お遊戯やかけっこ、今年の運動会は元気良く参加できるかな?
お母さんは楽しみにしているからね〜☆

2008年09月11日 21:33コメント (2)

ラスト2!

080910hitori.JPG


今日のお昼ごはんは、撮影後のものを試食としていただきました。
『asahi.com 15分で朝ごはん、30分で夕ごはん』の来週分です。


「15分で朝ごはん、30分で夕ごはん」は、1年半にわたる連載でしたが、教育ページのリニューアル
にあたり、9月末をもちまして終了することになりました。
ということで、レシピはラスト2です。
元気なときも、しんどいときも、毎週やってくる締切りの金曜日。
毎回、時間内でできるように工夫しながらやってまいりました。
読者との接点がないので、ちゃんと伝わっているだろうか、難しすぎたりしないだろうか、材料は手に
入れやすいだろうか・・etcと、いろいろ悩みつつも勉強になる日々でした。


これからは少し時間ができるので、新たなことにチャレンジしていきたいと思っています。
ちなみに今アップされている「舞茸ベーコンのとろろ和え」は、旨みのある良質のベーコンを使うと
かなーりおいしいですよ♪

2008年09月10日 22:22コメント (3)

調味料のこと 〜料理酒〜

080909sake.jpeg


どんな調味料を使っているの?とたまに聞かれます。
たしかに、レシピに酒、砂糖、みりん、しょうゆ・・・と書いていますが、銘柄までは書いていない
ですしね。
同じ調味料でも銘柄が違うと結構、味が変わります。
でも人それぞれお気に入りの調味料があるでしょうし、これは意外に難しいことです。。。

私は、調味料はお料理の中で重要な素材のひとつだと考えているので、いろんな種類を
試してお気に入りを見つけるようにしています。
たとえば料理酒。今使っているものは『蔵の素』です。
アミノ酸が非常に多く含まれているので、少量だけでも高い効果が得られます。
これを使うと旨みが違うので、かなりのお気に入りです。


ただ、これが絶対!というスタンスではなく、良いモノを選ぶように心がけています〜。

2008年09月09日 21:35コメント (0)

ワカメ入り豚つくね

080908meatball1.JPG


少し涼しくなってきたせいか、濃い目の味が恋しくなってきました。
そこで今回は、しっかりとタレを絡ませた豚ひき肉のつくねです。
ワカメを加えることで、やわらかな食感をプラスしています。
ボール状の形に整えて焼くので、小さなお子様のお弁当にもぴったり。
たくさん作って冷凍しておいてもいいですね。
 

<ワカメ入り豚つくね>


 ■材料  約20個分


  豚ひき肉・・・200g
  ワカメ(生ワカメもしくは乾燥ワカメを戻したもの)・・・30g
  白ねぎ・・・50g
  パン粉・・・大3
  片栗粉・・・大1
  薄口しょうゆ・・・小1/2
  酒・・・小2
  すりおろししょうが・・・小1/2
  サラダ油・・・大2程度

  〔A〕
  みりん・・・大1+1/2
  しょうゆ・・・大1


 ■作り方


  1.ワカメは粗みじん切り、白ねぎはみじん切りにする。
  2.ボウルに豚ひき肉、薄口しょうゆを入れ、粘りが出るまで手で混ぜる。ワカメ、白ねぎ、パン粉、
    片栗粉、酒、すりおろししょうがを加えてさらによく混ぜ、丸く形をととのえる。
  3.フライパンにサラダ油を熱し、2の表面を転がすようにして焼く。表面にしっかりと焼き色が
    ついたらいったん取り出す。
  4.フライパンに残った油をキッチンペーパーで拭き取ったら、〔A〕を入れて温める。フツフツとなって
    きたら3のミートボールを入れて絡める。蓋をして5分ほど蒸し焼きにする。蓋を取り、タレを煮詰
    めたら出来上がり。


080908meatball2.JPG

ハンバーグのように小判型にすると焼き易くなります。
もちろん鶏ひき肉で作ってもOK!

2008年09月08日 08:34コメント (2)

ファンファンデー

080907subaru1.JPG


今日は家族で『SUBARUファンファンデー』というものに行ってきました。
我が家の車はSUBARUではないのですが、りくたんがインプレッサの大ファンなのです。
このイベントでは、試乗したり、実際に近くでラリーカーが見ることができたり、なぜか
ゴーオンジャーのショーなんかもあったりして、家族で楽しめるイベントになっています。


さぞ楽しめることだろうと思っていたら・・・・イベントは外で行われていて、日陰のない炎天下。
暑さに弱いりくたんは着いた頃にはすでにバテバテ。
何とかラリーカーだけには乗ることができました。


080907subaru2.JPG


久々の登場〜。
普通の乗用車とは様子が違うので、ちょっと怖気づいていました。


最近のりくたんですが、車に関する質問が難しくなってきて、私には答えられません。
「この車は何リッターなの?」と車の排気量を聞いてきたり、「これはFF、FR?」とか、最高時速は
どれくらいなのかetc・・・。
子どもって、好きなことはどんどん覚えられるんですよね。
私は子どもでもないですし、好きなことでもないので、ますます付いていくことができず。。
母の出番はだいぶ少なくなってきました〜。

2008年09月07日 21:25コメント (0)

夏の名残パン

080906bread.JPG


毎日、似たようなパンの画像ばかりですみません。
ここのところ外出してもカメラを持っていないことが多いものでして。


このパンには大葉と枝豆が入っています。
夏の名残を楽しむといった感じでしょうか。
もっとたくさん大葉を入れたらさらに香りが出たかな、と思いつつ。。。
ねぎしょうゆパンなども焼いたりして、とどまるところを知らない私です。

2008年09月06日 20:50コメント (2)

取り戻し中

080905bread.JPG


夏にあまりできなかったパン作り。
それを取り戻すかのようにせっせと焼く日々です。
でもまだ日中は暑いんですよ〜。今日も30℃超えでした(汗)。
これは一昨日前に焼いたシリアル&ドライアプリコットを混ぜ込んだパン。
ちょっと塩気が足りなかったのが惜しいところ〜。


2008年09月05日 21:35コメント (0)

生プルーン

080904prum.JPG


生プルーンが出てきました。
プルーンは鉄分・ミネラル・ビタミン類を多く含むフルーツ。
日差しや暑さで、知らず知らずのうちに疲労している体に吸収させてあげたい栄養分ですね。


私はプラム類は大好きなので、この時期はぶどう、いちじく、梨と平行してプルーンを堪能します。
しっかりと食べ応えがあっておいしいです♪

2008年09月04日 21:06コメント (4)

グズベリーのジャム

080903jam.jpeg


最近、グズベリーのジャムでパンを楽しんでいます。
IKEAで購入したものですが、これがとってもおいしいのです。
酸味がほどよく利いていて、ホシノ天然酵母のパンと良く合うんですよ。


グズベリーは、「ジャッキーのパン屋」さんという絵本の中に出てくるのですが、読むたびに
どんな味なのか気になっていました。
絵本ではかぼちゃパンの中に直接入れていましたが、どんな味に焼き上がるのかしら。。。
生が手に入ったらぜひ試してみたいですね。

2008年09月03日 21:36コメント (6)

9月になったので

080902bread.JPG


残暑は厳しいですが、9月になったのでパンを焼く頻度を上げようと思っています。
まずは先日習った黒糖クルミパンをおさらい。
なかなかいい感じで焼き上がりました。
もちもちしてほんのり甘くて最高! うっふっふ♪


2008年09月02日 20:55コメント (2)

豆腐とモロヘイヤのフラン

080901fran.JPG


9月になりましたね。
残暑は続いていても、「9月」という言葉を聞くだけで、なんだか少し涼しい感じがします。
そして、そろそろ本格的にオーブンを動かしてみようかという気分に。


今日のレシピはお食事フランです。
キッシュのように見えますが、土台に生地を敷き込まず、フィリングだけを焼き上げているので
フランということになります。
夏の名残ということでモロヘイヤを使っていますが、他の青菜やきのこ類を加えてもOK。
焼きたてはもちろんのこと、冷たく冷して前菜としていただいてもいいですね。


<豆腐とモロヘイヤのフラン>


 ■材料   約20cmタルト皿 1台分


  木綿豆腐・・・150g
  〔下味用〕
  薄口しょうゆ・・・小1


  モロヘイヤ・・・1束
  玉ねぎ(大)・・・1/4個
  ベーコン・・・40g
  しょうゆ・・・小1
  塩・・・少々
  こしょう・・・少々


  卵・・・2個
  牛乳・・・150ml
  粉チーズ・・・5g
  塩・・・小1/4  ※塩加減は味をみながら調節してください。
  こしょう・・・少々
  

 ■作り方


  1.木綿豆腐はキッチンペーパーで包んで重石をして水切りをする。(15分くらい)
  2.モロヘイヤは2cmほど茎を切り落とし、15mmほどの長さにざく切りにする。玉ねぎは粗みじん
    切りにする。ベーコンは15mm幅に切る。
  3.フライパンにベーコンを入れて火にかけ、脂がでてきたところで玉ねぎを加えて炒める。玉ねぎが
    透き通ってきたらモロヘイヤと塩を加えて炒める。しょうゆを回しかけ、こしょうを振り、ざっと合わ
    せたら火を止める。
  4.1の豆腐を手でほぐして器に入れ、薄口しょうゆをかけてなじませる。
  5.ボウルに卵を割り入れて白身のコシを切るように混ぜたら、粉チーズ、こしょう、塩(加減しなが
    ら)を加えて混ぜる。
  6.タルト皿に3と4を入れ、5を流し入れて具が均等になるようにならす。
  7.170〜180℃のオーブンで25〜30分焼く。仕上げにグリルで1〜2分ほど表面を焼いて出来
    上がり。


080901fran2.JPG


焼き上がりは少し固め。食べ応えありですよ。

2008年09月01日 08:33コメント (3)

ひとくち豆餅

080831mochi.JPG


餅粉で作ったおしょうゆ入りの求肥生地に赤えんどう豆を加えた豆餅。
甘じょっぱい味とやわらかな食感、豆のバランスがよく、自画自賛の出来でした。
こんな渋いお菓子はきっとりくたんが好きだろうなぁと思いながらおやつに出したら、案の定大ヒット。

りくたんは和菓子好きなのですが、私の小さい頃の嗜好によく似ています。
私も洋菓子よりも和菓子が好きな子どもでしたから。

2008年08月31日 20:50コメント (2)

天然酵母パンの講習会

080830bread.JPG


天然酵母を使ったパンの講習会に参加してきました。
画像のパンは、黒糖くるみパンでホシノ天然酵母を使用。
もうひとつ(画像なし)は、白神酵母(生)を使ったふわふわ玄米粉ピザでした。
ホシノ天然酵母は一次発酵に時間がかかるため、すでに一次発酵を終了した生地を分割して
それぞれビニール袋に入れたものが配られました。
ピザ生地は材料を混ぜてこねるところからスタート。
様々な工程を経て、約3時間後に焼き上がったパンは本当においしかった〜。
特に黒糖くるみパンは最高!リピート決定です。
画像はあまりおいしそうに撮れてませんが(笑)。


今回の講習会は、私がお世話になっている食品宅配会社によるイベントでした。
初心者の方や親子連れで楽しくパン作りをするという趣旨なので、大らかな感じで進められて
和気あいあいな雰囲気。
テーブルで一緒になった方々と楽しいひとときを過ごすことができました。
もちろん講習の内容も参考になることばかりで、この秋、パン作りの幅が広がりそうな予感♪

2008年08月30日 22:32コメント (0)

お試しキット

080829corian.jpeg


先日、ショールームを訪れたときにいただいたデュポン・コーリアンのお手入れお試しキット。
10cm角の白い板とナイロンタワシ、サンドペーパー3種がセットされていました。
コーリアンは人工大理石で、我が家はキッチンと洗面台に使用します。
コーヒーやしょうゆをこぼしたときにすぐに拭き取らないとしみがつくetc・・いろんな話を聞いて
いたものの、実際に使ってみなければ分かりません。
このキットだったら、わざをキズをつけたり、コーヒーをこぼしたまま放置しておくなどして気軽に
お手入れを試すことができます。


で、もらってきたものの、まだキズをつけることはできず。。。
ピカピカだからもったいないと思ってしまうんですよね。
早く試してみなくては〜。

2008年08月29日 22:06コメント (0)

ピロシキはOK

080828Piroshki.jpeg


今日のお昼ごはんはピロシキでした。
これはりくたんによるリクエスト。
どうやらアンパンマンのお話の中に出てくる『ピロシキおじさんが作るピロシキ』に憧れていた
ようです。


そういえば、ピロシキって今までに数回しか食べたこと無いかも。
鎌倉の露西亜亭、百貨店のピロシキ屋、パン教室で習ったもの、母の手づくり・・・・どんな味
だっけ?という感じだったのですが、記憶をたどりながら家にあるもので適当に作りました。


お腹ぺこぺこで帰ってきたりくたん、このピロシキに喜んでいました。
うん、うん、よかった、よかった。
先日の冷し中華の件があったので、ピロシキがOKかどうか心配していたのです。。。
冷し中華の件というのは・・・・

同じくアンパンマンの中に出てくる「涼麺(りゃんめん)さんが作る冷し中華』が食べたいと言われ、
作ってあげたときのこと。
私は「少し酸っぱいからきっと好みじゃないかもよ」とやんわり止めたのですが、りくたんは「冷し
中華は冷たくてさっぱりしていてすっごくおいしいの!」言い切ります。
大丈夫かなぁと思いつつ、具をのせて出してあげると、うれしそうに食べるりくたん。
が、ひと口食べて、凍り付きました。


私:「おいしい?」
りくたん:「う、うん・・・。でももうお腹いっぱいだからごちそうさまー。」


どうやら好みではなかったようで、あれだけ言い切っただけに、「好きじゃない」とも言えなかった
ようです。憧れが砕け散ったかわいそうなりくたん(笑)。
もちろん、あれから冷し中華が食べたいとは言いません。

2008年08月28日 21:38コメント (0)

ビッグ?ナンテール??

080827bread1.JPG


今日はパン教室でした。
習ったパンのひとつは「ビッグサンフラワー」。
煮詰めたブルーベリージャムを生地に巻き込み、上からコーンフレークとスライスアーモンド入りの
フィリングをのせて焼いたアメリカのパンです。
ビッグという名前ですが、それほど大きくありません(笑)。
上はサクサクでとっても甘いパンでした。
でも、アメリカで食べた菓子パンはホントに甘かったな〜。
それと比べたらこれは上品な甘さというべきかも?!


080827bread2.JPG


もうひとつは、「ブリオッシュ・ナンテール」。
もともとは、フランスのナンテール地方でパウンド型に入れて焼き上げられたものということです。
教室では、パウンド型で焼いたものをデモで見せていただいて、個人ではタルト型に入れて焼き
上げました。
これでもナンテールというのかな???
中心に溶き卵を流して焼いているので、どことなく卵焼きのような匂いもして、何だかほっとする味。
今までに食べたことのないブリオッシュでした♪

2008年08月27日 21:36コメント (0)

織りと陶の展覧会

080826Exibision.jpeg


ちょっとお知らせです。
本日より、陶芸家のいとこ、RYOちゃんが展覧会を開催します♪


Galerie WA2(ギャルリーワッツ)
『Hiroko Inoue & Ryo Konishi Art Exibision』
2008.8.26(火)−8.31(日)
11:00〜19:00(最終日は17:00まで)


糸と土による空間が楽しめるということです。
織物や器、オブジェ、照明等の販売もされているとのことなので、足を運んでいただけたら
と思います。
私も行きたかったのですが、残念ながら行けず。。


Ryoちゃん、成功を心より祈っています!

2008年08月26日 10:27コメント (0)

甘長とうがらしと鶏肉の炒め物

080825itamemono.JPG


まだ8月だというのに、涼しい秋風が吹きはじめました。
とはいえ、まだまだ残暑は続くそうなので、夏バテもあなどれません。
そこで今回は、夏バテ防止にぴったりの栄養豊富な「甘長とうがらし」を使ったレシピを
ご紹介します。

ご存知の方も多いと思いますが、甘長とうがらしは、ピーマンと万願寺とうがらしを両親に
持つ京野菜の一種です。
シシトウやピーマンの仲間で、ビタミンAはカボチャ並み、ビタミンCはレモンの約2倍もあり、
コレステロールを排出させる食物繊維や葉緑素も豊富に含まれています。
果肉はピーマンよりもやわらかく、シシトウよりもシッカリした、甘みと旨みのある青唐辛子で、
辛くありません。

そんな甘長とうがらしを使って、ちょっぴり甘いピーナッツバターを隠し味に加え、鶏もも肉と
合わせて炒め物にしました。
ごはんのおかずにぴったりですので、ぜひお試しくださいね。


<甘長とうがらしと鶏肉の炒め物>


 ■材料  2〜3人分

  甘長とうがらし・・・12本
  鶏もも肉・・・200g
  〔下味〕
  しょうゆ・・・小1/2
  酒・・・小1
  にんにくのすりおろし・・・1/2片分
  

  ピーナッツバター(粒入り&加糖タイプ)・・・小2
  しょうゆ・・・小1
  塩・・・少々
  サラダ油・・・小1


 ■作り方


  1.鶏もも肉はひと口大に切り、下味用の調味料をもみ込み、10分ほどなじませておく。
  2.甘長とうがらしは洗って水気を切っておく。フライパンにサラダ油を熱し、甘長とうがらしを入れ、
    油をなじませてから蓋をして蒸し焼きにする。
  3.火が通ったら甘長とうがらしをいったん取り出し、鶏もも肉を加えて炒める。
  4.鶏もも肉にしっかりと火が通ったら、3の甘長とうがらしを戻し入れ、ピーナッツバター、しょうゆを
    加える。全体に絡めたら、塩で味をととのえる。
    

080825itamemono2.JPG


無糖タイプのピーナッツバターを使う場合は、砂糖を小1ほど足してみてください。

2008年08月25日 07:32コメント (2)

ショールーム

080823door.jpeg


マイペースに進む我が家の家づくり。
友人たちから、いったいいつ建つの?と質問されることもしばしばです。
じっくり時間をかけて進めていくタイプ(特にオット)なので、もうしばらくお待ちくださいませ。


ということで、今日は扉と照明のショールームを2軒はしごしました。
想像力を働かせて、まだ見ぬ家のパーツを選んでいくのは、楽しいけれど結構大変。。。
あーでもない、こーでもない、とパズルを組み合わせるようにイメージをすり合わせていくの
ですが、何だかつじつまが合わないんですよね。
どっぷりと疲れて家路につきましたが、明日も別のところへ見に行きまーす。

2008年08月23日 21:45コメント (2)

期間限定につき

080822obento.JPG


りくたんの夏季保育は今日で終了ということで、来週からは正規の保育がはじまります。
期間限定のお弁当作りもこれでおしまい。
特に大変ということもなく、楽しく作ることができました。
それはもちろん、りくたんが残さず食べてきてくれたから。
あえて変わったものや凝ったものは作りませんでしたが、お弁当生活初心者のりくたんにとって、
食べやすさやパッと見て何が入っているのか分かるということはとても大事なことだと思ったから
です。


私だけでなく、りくたんにとっても、お弁当生活はいい経験になったようです。
『お弁当=おいしいもの』という思いを持ってくれたらうれしいな。

2008年08月22日 21:52コメント (0)

梨とゲーム

080821game.JPG


実家から梨が届きました。
まだ8月ですが、秋の便りを受け取ったような気がしました。
ここ数日涼しい風が吹いていましたし、秋はもうそこまで来ている・・・のかな?
(でも大阪の夏はそんなに甘くないよね。。)


今日は、梨のダンボールの中に入っていた緩衝材を使って、りくたんとゲームをしました。
離れた場所からくぼみをめざしてボールを投げます。
1の場所に入ったら勝ち。
りくたん、なんと第一投で勝利〜!
「ボクが勝ったからお菓子ちょーだい」って言われたけれど、そんなルールは決めてませ〜ん。


2008年08月21日 21:01コメント (0)

小さな目玉焼き

080820uzura.JPG


今朝、うずらの卵を使って小さな目玉焼きを作りました。
実は初の試み。
昨夜りくたんに、「朝ごはんに小さい目玉焼きを作って〜」とリクエストされていたので、
ちょっとワクワクしながら焼いてみました。
卵を2つ使ってもまだまだ小さいの!


ミニ目玉焼きのおかげで、りくたんは珍しくきちんと朝ごはんを食べてくれました。
私は食べていませんが、美味しかったとのことです。

2008年08月20日 22:28コメント (0)

米ディさんのおべんとう

080819lunch.JPG


今日は撮影でした。
何回かに分けて撮っていた野菜スイーツも今回で終了。
試作するたびに新しい発見があって、失敗しても何だか楽しかったなー。
今回作ったマフィンはたどり着くために何回作ったことだろう。。。というか、野菜スイーツは
一品を完成させるために、たくさん考えてたくさん作りました。
出来上がったレシピはどれも宝物です。


さて、今日のランチは『米ディナンバー1』さんのオーガニック弁当。
私はキッシュと天然酵母のパンがついたランチBOXをいただきました。
クラッシックのかかる店内で、美味しいお野菜をたっぷり使ったお惣菜をいただくと、夏の暑さも
やわらぐようでした。
また行きたいな〜。

2008年08月19日 21:52コメント (3)

干物の混ぜ寿司

080818sushi.jpeg


今年のお盆はオリンピック三昧でしたが、皆さんはどんなお盆休みを過ごされましたか。
我が家は今日からりくたんの夏季保育が再度はじまり、通常通りの生活に戻りつつあります。


さて、今日のレシピは混ぜ寿司です。
中途半端に残ってしまったり、塩気が強すぎて食べにくい干物はありませんか。
そんなときはお寿司の具にしてしまいましょう。
入れる具は、そのときに冷蔵庫にあるものでOK。
ちょっぴり食欲のない日にぜひどうぞ!


<干物の混ぜ寿司>


  ■材料   約3人分


   米・・・1、5合
   昆布・・・1枚(5cm角程度)
   〔合わせ酢〕
   米酢・・・大2、5
   砂糖・・・大1強
   塩・・・小1/2
 
   さんまの干物・・・1枚
   ちくわ・・・2本
   きゅうり・・・1/2本
   大葉・・・5枚
   かいわれ大根・・・1/2パック
   刻みねぎ・・・適宜
   白炒りごま・・・大1


 ■作り方


  1.米は洗って昆布をのせて炊く。(※水の分量はやや少なめで) 合わせ酢を作っておく。
  2.さんまの干物を焼き、身をほぐす。
  3.ちくわは半分に切って薄切りにする。きゅうりは薄くいちょう切りにして塩少々(分量外)を振る。
    5分ほどだったら、水気をぎゅっと絞る。大葉は千切りにして水に放つ。かいわれ大根は根を
    切り落として、3等分に切る。
  4.湿らせたすし桶に炊きたてのご飯をあけ、合わせ酢を回しかける。しゃもじで全体になじませる
    ように切り混ぜる。
  5.1分ほどおいたら、うちわで扇いで手早く冷ます。
  6.ほぐしたさんまの身、ちくわ、きゅうり、かいわれ大根、刻みねぎ、白炒りごまを加えてさっくり
    と混ぜる。
  7.器に盛り、水気を切った大葉をのせて出来上がり。


080818sushi2.jpeg


みょうがや千切りのしょうが、そのほかの薬味を加えてお好みの味に仕上げてください。
また、赤米や黒米を混ぜたすし飯で作ると、雰囲気が変わっていい感じになりますよ。

2008年08月18日 07:45コメント (2)

ひじき好き

080816hijiki.JPG


実は、お盆に入った途端に私が高熱を出してしまい、家で療養していました。
近所の買い物以外、どこにも出かけていません。
オットが夏休み中でよかった〜〜。


ここ数日はなーんにもやる気がしなかったのですが、今日はひさしぶりにひじきの炒め煮が
食べたいなと思って夕飯に作りました。
この乾燥ひじきは沖縄産のものでとっても美味しいのです。
もともとひじきは大好きですが、これは格別!
色が薄くて、柔らかくて、味も繊細。
ひじき好きが再燃しました〜〜。

2008年08月16日 21:08コメント (0)

数のかぞえ方

080814number.JPG


『ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、ごっつ、むっつ・・・』
と数をかぞえるりくたん。


え〜、ごっつっぅ???
驚きながらりくたんに「いつつ」だよと教えると、りくたんは


「だって、いち、に、さん、し、、やろ?」と。


あー、ホンマやと納得しかけたけれど、「さん」はちゃんと「みっつ」と言うてるやんかー。
ごっつは面白いけれど、一応、いつつと覚えておいてください。


2008年08月14日 23:59コメント (3)

終わっちゃったけれど

080809jakky.JPG


10日で終わってしまいましたが、すごーくよかったのでご報告だけでも。
「くまのがっこう」の原画展に行ってきました。
くまのがっこうシリーズは、独特の語り口ときゅーんとなってしまう可愛い絵が印象的な、くまの
兄妹のお話。
原画は色もタッチも繊細で、本当に素晴らしかったです。
ひとつのページに入る絵を決めるのに、何パターンも描かれていて、本が出来上がるまでの軌跡も
少しだけ垣間見ることができました。


イラスト作家のあだちなみさんの出身地(多治見市)にある『KIDSLAND こども陶器博物館』にも
いつか行ってみたいなー。

2008年08月13日 23:53コメント (2)

赤ちゃんのグー

080812lunch.jpeg


今日は、生後1ヶ月の赤ちゃんを連れて友人が遊びに来てくれました。
もう本当に小さくて、腕の中にすっぽりとおさまってしまうの!
何回か抱っこさせてもらったのですが、気持ち良さそうに眠ってくれて、こちらも幸せな気分に
なりました。
友人のママぶりもすでに板についていて、育児のストレスもなく楽しんでいるようで安心しました。

ランチはいろいろと作って・・・なんて思っていたのに、結局バタバタしていて、大したものは作れ
ませんでした。
それなのに、ぜーんぶきれいに残さず食べてくれて感動!


080812baby.JPG

赤ちゃんのグーの手が好きです。
握ったり、ゆるんだり・・・顔に負けないくらい表情豊かですよね。

2008年08月12日 22:03コメント (3)

クランベリーベーグル

皆さん、もうお気づきかと思いますが、先週末よりレシピブログがリニューアルいたしました〜!
(パチパチパチ)
レシピブログとともにはじまった私のブログも今月末で4年目を迎えます。
当時1歳だったりくたんはもう4歳ですよ〜。びっくりです。


「レシピ」ブログでありながら、「日常生活」ブログとなっているこんな私のブログを、毎日
多くの方が読んでくださっていることに本当に感謝しております。
毎日の積み重ねが、後にたくさんの実を結ぶことを信じて、いろんなことに前向きに
取り組んでいるつもりですが、なかなかうまくはいかないもの。。。特に子育てがそうですね。
温かいコメントに何度励まされたことか・・・!
今まで続けてこられたのは、毎日私のページをのぞいてくださる皆さんのおかげだと
思っています。
これからも変わらず日々のあれこれを書き綴っていきますので、どうか応援のほどよろしく
お願いいたします!


さて前置きが長くなってしまいましたが、今日のレシピはベーグル♪
リニューアル後初ということで、大好きなパンのレシピにしたいと思っていました。
クランベリーの甘さが引き立つベーグルは、「ふわむっちり」な食感な焼き上がりです。
暑い中の作業になりますが、ぜひ手づくりでお楽しみくださいませー!


080811bread.jpeg


<クランベリーベーグル>


 ■材料   やや小さめ8個分

  強力粉・・・350g  ※今回はキタノカオリを使用しました
  ドライイースト・・・2g
  三温糖・・・20g
  塩・・・4g
  水・・・160〜170ml
  ドライクランベリー・・・50g

  モラセス(ケトリング用)・・・お湯2リットルに対して大1


 ■作り方

  〔下準備〕ドライクランベリーはぬるま湯に10分ほど浸し、ザルにあげて水気をきっておく。

  1.ボウルに強力粉、ドライイースト、三温糖を入れて混ぜ合わせる。塩を加えて全体を混ぜたら
    水を加えて手で混ぜる。
  2.粉気がなくなってきたら台の上に取り出し、表面がなめらかになるまで10分ほどこねる。
  3.クランベリーを加えてさらにこね、均等に生地に混ざったら、スケッパーで8等分にする。
  4.生地の表面を左右にひっぱりながら下に巻き込み、とじ目を下にしてベンチタイムを10分とる。
    ※かたく絞った濡れ布巾をかけておく。 
  5.とじ目を上にして手で軽く押さえ、めん棒で上下にのばす。生地の方向を90度変えて、上から
    空気を抜くように少しずつ丸め、棒状にする。
  6.20cmくらいの長さになるようにコロコロと転がして伸ばす。片方の生地の端を広げ、輪にして
    から、もう片方の端の生地を包み込んでしっかりと留める。
  7.生地を並べ、かたく絞った濡れ布巾をかけて二次発酵させる。
    ※夏場なら常温で40〜50分くらい
  8.オーブンは210℃に予熱する。鍋に湯を沸かし、モラセスを入れて、生地の両面を茹でる。
    ※片面各1分
  9.水気を切って、オーブン皿にのせ、約20分焼く。
   

2008年08月11日 07:25コメント (5)

セミの声を聞きながら

080808muffin.JPG

真夏になると、秋冬のレシピのお仕事がはじまります。
お菓子は焼き菓子なんかも入っていたりして、オーブンはフル稼働。
室温は急上昇ですが、汗をかきかき頑張っています。
セミがすごい勢いで鳴いているので、なかなか秋モードに切り替われないのがつらい
ところです(笑)。

2008年08月08日 21:44コメント (2)