大切な人によろこばれたレシピです
よろこばレシピって?>>

イチゴの生チョコ《バレンタイン》

イチゴの生チョコ《バレンタイン》
この記事をお気に入りに追加する 108 おいしそう! 80
anさん
anさん
  •     子ども  友達
  •    普段の食卓 バレンタイン ひな祭り
子供の集まりに出したら女の子たちに人気ですぐになくなってしまいました^^
  • 調理時間:515
  • 人数:2人分

料理紹介

ピンク色が女の子らしい、甘酸っぱいいちごの生チョコ。
製菓用ストロベリーチョコレートはミルクチョコレートよりも溶けやすく、仕上がりも柔らかめになるので、普通の生チョコよりもやや水分量を減らすのがポイントです。
ハートで型抜きしたり、フリーズドライのいちごを混ぜ込んで、女子向けの友チョコにもぴったり。

材料

  1. 製菓用ストロベリーチョコレート 60g
  2. 生クリーム 20cc
  3. ストロベリーリキュール or キルシュ 好みで3cc
  4. フリーズドライストロベリー(ダイス) 好みで1g=軽く潰した状態で小さじ1
  5. 粉糖 適量

作り方

  1. 1.

    チョコレートは刻み、型にはオーブンシートやラップを敷いておく
     →底が50平方cmのミニパウンドやお菓子の型、タッパーなどがおすすめ

  2. 2.

    刻んだチョコレートと生クリームを一緒に50度程度の湯煎にかけ、チョコレートが溶けたら火からおろしてなめらかに混ぜ、洋酒を加える場合はここで加えて更にしっかりと分離しないように手早く混ぜこむ
     →洋酒を加える場合は特に、分離しないよう手早く、しかし空気が入らないように注意しながら混ぜる

  3. 3.

    好みでフリーズドライストロベリーを混ぜ込んで型に流し、冷蔵庫または冷凍庫で冷やし固めたら粉糖を振り、切り分けて切り口にも粉糖をまぶす

ワンポイントアドバイス

製菓用のストロベリーチョコレートは柔らかく仕上がり切り分けにくいため、冷凍庫で固めてから温めたナイフで切ってください。
またそれでも柔らかすぎると感じる場合は、生クリームのうち半量(=10g)を無塩バターに変えて一緒に溶かして固めると、切り分けたり型抜きもしやすくなります。

記事のURL:http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-11763027544.html

  • (ID: r852286)
  • 2015/01/09 UP!

他のチョコレートのレシピ(15,416件)

コメントを書くにはログインが必要です。ログインする>>

このレシピに関連するカテゴリ

もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑イチゴの生チョコ《バレンタイン》 | レシピブログTOP