みきママ連載:バリエいろいろ!藤原家のリメイク★お昼ごはん


みきママ

育ちざかりの7歳と3歳の男の子2人のママ。野菜ソムリエの知識を生かし、栄養バランスを考えた月2万円台の豪華な節約レシピを紹介するブログ「藤原家の毎日家ごはん」が大人気。現在はTVやイベント出演のほか、書籍「藤原さんちの毎日家ごはん」「藤原さんちの毎日家ごはん2」(主婦と生活社)が好評発売中。
ブログ:
http://ameblo.jp/
mamagohann/

最新の記事
カテゴリー
アーカイブ

連載ブログランキング

4位

たっきーママさん

関連カテゴリ

ランチのレシピ

 

2012年11月をもって連載を終了させて頂きました。
たくさんの方にご愛読いただきましてありがとうございました。

タンメン。

こんにちは〜!!藤原です。新学期が始まりましたー!!涼しくなってきて、もう秋か。

 

 

 

 

 

 

 

 

涼しくなると、ついパクパク、もりもり食べたくなっちゃんうんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、秋は、簡単デザートでも作りたい。栗やさつま芋が美味しいし、カスタードクリームに、生クリームに、生クリームに、生クリーム。生クリームが大好きでね。だから、ケーキが一番好きでね。学生のころはケーキ屋さんでバイトをしていたくらいです。よく持って帰って食べてたな。

 

 

 

 

 

 

 

 

あの頃は、生クリームが大好きすぎて、1ホールを1人でもりもり食べていたっけ。一体私は何を目指していたんだろう。あんなに一生懸命食べて。今となってはいい思い出です。

 

 

 

  

 

 

 

 

タルトもいいな。バナナカスタード生クリームタルトなんて言ったら、もう最高だな。あ〜、プリンケーキもいいね。皆さんは、甘いものは何が好きですか〜?

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ランチ。ケーキと大きくかけ離れてますが、一気にいってみよ〜!!

 

 

 

 

 

 

 

☆タンメン(1人前)☆

 

 

 

野菜炒めって残っちゃうんだよな。翌日、美味しく食べきりましょ。 5.jpg 

残ったらそのまま食べてももちろん美味しいんだけどね。もっと美味しくしましょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、残った野菜炒めを〜、

8.jpg

小皿1皿分150g。1人前ならこれでちょうどいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フライパンに野菜炒めと水と調味料を入れて、水溶き片栗粉でとろみをつけて〜、

6.jpg 

フライパンにざっくり切った野菜炒め・水(100奸法Ψ椶らスープの素(小さじ1弱)を入れて煮立て、水溶き片栗粉(大さじ1/2+水大さじ1)を回し入れてとろみをつける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

醤油ラーメンにのせて、タンメンができた〜!!!

7.jpg 

美味し〜!!いつものラーメンがもっと美味しくなった。刻んでのせるだけでもいいんだけどね、あんかけにした方がもっとうまい。野菜炒めあんかけ、ご飯にのせてもよかったな。よし、今日も美味しく食べ切れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

午後も元気に行ってみよ〜!! !

 

2011年9月 6日 13:40 | この記事のURL | トラックバック(0)

 

 


新着!連載ブログ記事
チーズリゾットのミート...
マイティさん
0525 up!
1人分89円調理時間1...
武田真由美さん
0525 up!
♡和えるだけ♡ツナと梅...
Mizukiさん
0525 up!
もちもち米粉ブリトー(...
Kaeさん
0525 up!
高円寺メタルめしのジョ...
ヤスナリオさん
0524 up!
初夏のドライブにもぴっ...
小春さん
0523 up!
サバ缶カレー、フライパ...
筋肉料理人さん
0520 up!
小鳥のお弁当
akinoichigoさん
0518 up!
香ばし雑穀ブレッド
あいりおーさん
0518 up!
にゃんこオムライスのお...
Mai*Maiさん
0517 up!
カリカリベーコンとスナ...
ぱおさん
0517 up!
お弁当にもぴったり♡2...
おにゃさん
0516 up!
一工夫でおしゃれ見え!...
HAPPYさん
0511 up!
旬を味わう♪さっぱりポ...
みるまゆさん
0509 up!
【彩りがっつりおかず】...
ゆーママさん
0501 up!
連載一覧へ
もっと見る>>みんなの投稿コーナー
アレンジ無限大♪冷ややっこ
もっと見る>>スペシャル企画
もっと見る>> 連載:人気ブロガーさんのレシピと暮らし
HOT TOPICS

↑PAGE TOP